音楽家ピアニスト瀬川玄「ひたすら音楽」

♪クラシック音楽の伝統を受け継ぐ真の音楽芸術家を目指して活動しています♪

◆なぜ「ナポリの6」と呼ばれるのか!?

2010年10月14日 | 音楽(一般)

クラシック音楽における和声・ハーモニーに関する専門用語で、
「ナポリの6」と呼ばれる、ある魅力的な和音があります。


数字を省略して「ナポリ」と呼ばれることもありましょう。


それにしても、イマイチ分かりづらいのは、
なぜ「6」という数字が付くのか!?ということ・・・


この疑問を持っている人は、きっと
多勢いるのではないでしょうか!?(自分を含めて)


そこで、
ちょっとじっくり考えてみて、
まずは簡略にまとめてみるよう、試してみたいと思います。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ナポリ」の和音を、まずは
●「サブドミナント(下属和音)」であると捉えます。

「サブドミナント」とは、すなわち
「IV」の和音ということとなります。


そして、普通の和音(三和音、基本形)は、下から
「第1音・第3音・第5音」
という順番で、音符のお団子が並ぶわけですが、
ここで、
この普通の「サブドミナント」の和音が「ナポリ」と呼ばれる特殊なものになるのは、
●「第5音」が「ひとつ上がって(上方変位)」それが「第6音」となる、
これが

「ナポリの6」

と呼ばれる由縁なのだそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★この解釈は、私のドイツ留学中の和声の先生
 W.G.ライデル教授から指導を受けたものです。




さて、ここから先は、
より正確に、専門的に「ナポリの6」について書きまとめてみようと思いますので、
ご興味おありの方は、どうぞお付き合い下さいませ。



「ナポリの6」の特徴を挙げてみますと、
●このサブドミナントは、常に「短調サブドミナント」に限られ(長調サブドミナントでは「ナポリ」は出来ません)、
さらに、
●上方変位した「第6音」は、「短6度」である必要があります。


具体的に「移動ドの階名」でこれを表記してみますと、
まず、
●「短調サブドミナント」は、「ファ・ラ♭・ド」となります。
●この第5音「ド」が上方変異して短6度の音程を取ると「レ♭」となり、
すなわち、

「ファ・ラ♭・レ♭」

という三和音となり、
これが「ナポリの6」と呼ばれるのです。



ここでもうひとつ分かることは、
多くの音楽理論書等において
●「ナポリの和音は、第一転回形で現れることが多い」
と言われる由縁は、
この「ファ・ラ♭・レ♭」という和音を、まずは
●三度ずつのお団子、すなわち基本形「レ♭・ファ・ラ♭」
と解した場合、
●これの「第一転回形」となるのが「ファ・ラ♭・レ♭」であり、
よって、
「ナポリ」の和音が「第一転回形で現れることが多い」という話は
このような理由からと考えられるのではないでしょうか。


もうひとつ補足しますと、
ちょっと上記しました「長調サブドミナント」で「ナポリ」が出来ない理由は、
長調三和音の「ファ・ラ・ド」、
この第5音を上方変位させてみると「ファ・ラ・レ♭」となり、
これをさらに3度ずつの三和音の形に直すと

「レ♭・ファ・ラ」

という・・・歪(いびつ)な和音(増5度という音程ゆえ)が出来上がってしまい、
よって、
「長調サブドミナント」からは「ナポリは出来ない」ということが
ここに証明されそうです。



もうひとつ、
別の考え方と照らし合わせてみますと、
「ナポリ」は、時に「ナポリの2」と呼ばれることもあるようで、
その由縁きっと、
上記の「レ♭・ファ・ラ♭」を基盤としたとき、
この根音である「レ♭」は、
主音「ド」から数えて2番目(より正確には短2度・半音上)の音となり、
よって、
これが「ナポリの2(正確には「ナポリのII」と記した方が良いのかもしれません)」
とも言われる要因なのではないでしょうか。

もしかすると、
この「主音の半音上の音」が現れた場合に注意し、
「これはナポリかな!?」と判断するのが一番しやすい方法かもしれず、
「主音の半音上」というのは、
簡易で便利な「ナポリを探すコツ」と言えるかもしれません。

 

OGPイメージ

楽曲解析(Youtube用字幕付き):J.S.バッハ《インヴェンション第6番 E-Durホ長調》

■楽曲解析:J.S.バッハ《インヴェンション第1番 C-Durハ長調》 https://www.youtube.com/watch?v=Tw...

YouTube

 

■(動画の18分53秒あたりから「ナポリ」についての説明をしております)

 

最後に、
「ナポリの6」の和音の音楽的効用・力について考えてみます。

私個人としては、「ナポリ」の音楽的効用・力を考える上では、やはり
最初にご紹介いたしました基本の
「サブドミナントの第5音が上方変位したもの」という考え方が
最も理に適っているように思われます。

音楽として、
人が次に来るであろうと予想される「普通のサブドミナント」が
予想を裏切られて「第5音が上方変位されたサブドミナント=ナポリ」となることで、
上方変位された音ゆえに、感情的にも「上方変位」、すなわち「上がる」ような感触を
覚えるのではないでしょうか。

下手な例かもしれませんが、
車に乗っていて、立体交差などで急な下りに入るとき、
体が「ふわっ」と気持ち悪く浮く感触になることがありますが、
(これを「マイナスG」と呼ぶのだそうです、さらには
人はマイナス2G以上になると気を失うとか!?)
この「ふわっ」というのが、
音楽における「ナポリ」の感覚にちょっと似ているのかな?・・・なぞと
私は考えたりもしています。



以上、
「ナポリの6」の和音について、
ちょっと考え・まとめてみました。




この記事がお役に立ちましたらOFUSEご支援いただけましたらありがたく!よろしくお願いいたします。

https://ofuse.me/ofuse/pianistgensegawa


コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◆ショパン国際ピアノコンクー... | トップ | ◆「豊かな響き」の演奏をする... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。