音楽家ピアニスト瀬川玄「ひたすら音楽」

クラシック音楽の伝統を受け継ぐ真の音楽芸術家を目指して活動しています

12月11日(火)のつぶやき

2018年12月12日 | ◆一言◆
12月9日&10日 2日間に渡るオペラ公演が終わり、ホッとしております。 このメンバーで、必ず再演を実現させたいと思います! ドビュッシーの歌劇【ペレアスとメリザンド】終演 ー アメブロを更新しました #ドビュッシー ameblo.jp/kakutoru/entry… — 加耒徹 (Kaku Toru) (@torukaku) 2018年12月11日 - 17:45 . . . 本文を読む
コメント

12月10日(月)のつぶやき

2018年12月11日 | ◆一言◆
昨日の終演後の名残が、今朝ピアノの上にあり…なんだか感慨深く、写真を一枚♪ 今回の《ペレアスとメリザンド》公演ではここ【4幕4場】まで…悲劇的な終わりは「fff」という音量からも見えましょうか…ドビュッシーお得意の鋭く短いユニゾン… twitter.com/i/web/status/1… — Gen Segawa 瀬川玄 (@pianistGS) 2018年12月10日 - 10:30 . . . 本文を読む
コメント

12月9日(日)のつぶやき

2018年12月10日 | ◆一言◆
ドビュッシーの歌劇【ペレアスとメリザンド】初日の公演が終わりました! 難しい作品ですが、この作品に触れれば触れるほど、ドビュッシーの沼に更にハマっていくような気がします。 明日は18時半開演です💐 その前にこれから別のリハーサ… twitter.com/i/web/status/1… — 加耒徹 (Kaku Toru) (@torukaku) 2018年12月9日 - 17:47 . . . 本文を読む
コメント

あらすじ・・・ドビュッシー作曲《ペレアスとメリザンド》

2018年12月08日 | ドビュッシー Claude Debussy
【1幕1場】 昔々、アルモンド王国という所でのお話。(盲目となってしまった老アルケル王の治めるその国には兄弟、兄ゴローと弟ペレアスがいました。) ある日、ゴローは狩りに出かけたところ、深い森の中に迷い込んでしまいます…すると、水辺のそばに美しく若い女性が佇んでいるのが見えました。声をかけてみると女性は驚き、「近付くと私、水に飛び降りて死にます」と拒絶…どこから来たのか尋ねても、ただ「遠くから」 . . . 本文を読む
コメント

ドビュッシー作、オペラ《ペレアスとメリザンド》を解釈① ~ 登場人物のキャラクターについて

2018年12月08日 | ドビュッシー Claude Debussy
ついに…明日が、 ドビュッシー唯一の完成されたオペラ 《ペレアスとメリザンド》サロン公演の本番の日となりました… 今をご活躍中の素晴らしい歌手の方々にご参加いただき、 この公演が出来ますこと、心より感謝の念で一杯です!! よろしくお願いいたします♪ 明日と明後日、ご来場のお客様には、 オペラ音楽芸術としてお楽しみいただけますよう、皆で頑張る次第です♪ さて、そんな本番前日の練習の最中、ふと . . . 本文を読む
コメント

ドビュッシー作、オペラ《ペレアスとメリザンド》を解釈② ~ 登場人物の三角関係について

2018年12月08日 | ドビュッシー Claude Debussy
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ようするに《ペレアスとメリザンド》は、 男女の三角関係の話し、と言ってしまってよいようです。 その関係・成り行きについて、少々考えてみたく思います。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【1幕1場】で、ゴローは森の水辺にてメリザンドに出会う。 一人きりの彼女を心配して、ついて来るよう促す。 【2幕1場】でのペレアスとメリザンドの会話では . . . 本文を読む
コメント

12月6日(木)のつぶやき

2018年12月07日 | ◆一言◆
ドビュッシー唯一の完成されたオペラ《ペレアスとメリザンド》のサロン公演に向けて、ラストスパートが始まった気が… オペラという大作を、ピアノ伴奏で、場面も抜粋という変則的なものと成るしかないのですが… 演奏者皆のイメージと音楽が合わ… twitter.com/i/web/status/1… — Gen Segawa 瀬川玄 (@pianistGS) 2018年12月6日 - 22:26 . . . 本文を読む
コメント

12月5日(水)のつぶやき

2018年12月06日 | ◆一言◆
ピアノ演奏において、中音量を軸に、それ以上(f方向)とそれ以下(p方向)で、奏法が異なるよう、最近分かってきた気がします… 以上は、脱力奏法。これはここ数年、研究してきました。 以下の方については、脱力奏法ではない、別の方向の奏法… twitter.com/i/web/status/1… — Gen Segawa 瀬川玄 (@pianistGS) 2018年12月5日 - 23:14 . . . 本文を読む
コメント

良い洗髪方法と、良いピアノの音の出し方!?

2018年12月05日 | 音楽(一般)
夜な夜な、髪を洗いながら考えました・・・ 最近テレビで、天皇陛下の元理容師という方の番組を見ました。 それは、よい「洗髪の方法」を紹介する、という。 多くのほとんどの人が、始めの水洗いが短か過ぎとのこと、 (水洗いで、汚れの70%が落ちるとのこと) シャンプー洗いは、頭皮を洗うつもりで、とのこと、 濯(すす)ぎしっかり、毛穴の汚れを洗い流すイメージで、とのこと。 特に男性で気をつけねばならな . . . 本文を読む
コメント

12月3日(月)のつぶやき

2018年12月04日 | ◆一言◆
あらすじ・・・ドビュッシー作曲《ペレアスとメリザンド》 goo.gl/YUJd25 — Gen Segawa 瀬川玄 (@pianistGS) 2018年12月3日 - 16:19 . . . 本文を読む
コメント

音階を毎日のように練習する理由は「和声感」をこそ

2018年12月01日 | ◆一言◆
ドビュッシー《ペレアスとメリザンド》 泉と、中には王冠!? の演出です(笑)下手をすると学芸会のよう…!?いやいや!音楽芸術オペラを聴く上での想像力のお助けとなるよう、願います♪ (川か…滝のようにも見える!?(笑)夜な夜な… twitter.com/i/web/status/1… — Gen Segawa 瀬川玄 (@pianistGS) 2018年11月30日 - 10:1 . . . 本文を読む
コメント

音楽における「金・銀・銅メダル」とは!?

2018年11月29日 | ◆一言◆
音楽において、 メロディーは金メダル!? バスは銀メダル!? その他の声部は銅メダル!? そんな重要性でとらえたらよいかも!?と、ふと思いました。 — Gen Segawa 瀬川玄 (@pianistGS) 2018年11月28日 - 13:07 . . . 本文を読む
コメント

11月26日(月)のつぶやき

2018年11月27日 | ◆一言◆
!!ピアノ譜とスコアを見比べて、大きな見落とし(ミスプリ)を発見!! テンポがanimeと速くなっていたのを、いつ戻すのか… どこかで落ち着かないとおかしい…と思ってスコアを見たら、ピアノ譜には無い「tempo」という指示を見付… twitter.com/i/web/status/1… — Gen Segawa 瀬川玄 (@pianistGS) 2018年11月26日 - 11:58 . . . 本文を読む
コメント

基本的に音楽においては2拍子と3拍子しか無い…?

2018年11月25日 | ◆一言◆
音楽において…基本的には「2拍子」と「3拍子」のどちらかしか無いのでは!?とふと思われました… 複雑怪奇なドビュッシーの音楽(←ゆえにそのような素敵な表現が現れる!?)、4/6拍子とはいえ、その軸には3拍子、4/4なら2拍子が…そ… twitter.com/i/web/status/1… — Gen Segawa 瀬川玄 (@pianistGS) 2018年11月24日 - 12:21 . . . 本文を読む
コメント

ドビュッシーにとっての「天使」の表現!? ~ 手を交差させる奏法

2018年11月14日 | ドビュッシー Claude Debussy
ずっと以前から、そう思っていました。 ドビュッシーにとって、ピアノ演奏において 両手を交差させて弾く時、それが「天使」を表現しているのではないだろうか、 という印象・・・ 中期を代表するピアノ独奏曲《喜びの島》にて、 その制作に影響あったと言われる 画家ジャン・アントワーヌ・ヴァトーの作品「シテール島への巡礼」 その絵には、よく見ると、 確かに天使達の舞う姿が描かれています。 . . . 本文を読む
コメント