福井の良材屋の明日はどっちだ!

自然素材や無垢材を使った、家造りのお手伝をしたいっ! という思いのもと日々の気づきや考えを綴った日記です・・・   

どちらを購入するか

2019-01-16 23:11:35 | 中古住宅・マンション

県外への移住を考えておられる50代後半の夫婦。

 

中古住宅と中古マンションのどちらがいいか?との相談。

 

中古住宅はリフォームが必要。マンションはリフォーム済み。

 

立地から考えるとマンションかなと思いますが

 

耐久性と資産価値を確認して

 

家計のバランスを考えて検討する事が必要です。

 

マンションも戸建て住宅と同じようにメンテナンスが必要です。

 

修繕積立金と管理費が必要です。

 

これは値上がりする事もあります。(大規模修繕で当初の予算を大きく上回った場合)

 

戸建てもマンションでもしっかり計画する事が大事です。

 

目先の金額だけで大きな買い物をする事は避けてください。

 

人生100年の時代です。長い期間でも計画作りをしてください。

 

えんちゃんのお家相談室

コメント

火災保険

2019-01-10 18:31:15 | その他

住宅を建ててから最後にくる火災保険。

 

10年で15~20万円くらいの出費になります。

 

以前は最長35年というのがありましたが今は最長10年です。

 

火災保険は長期にかける方が割安です。

 

ですが保証内容であれもこれもと付けると金額もどんどん上がります。

 

わたしは最低の保証でいいのではないかと思います。

 

もちろん住宅の価値にもよりますが。

 

想定外のよほどの事が起こったら、それはそれでしょうがありません。

 

予算とにらめっこをして決めてください。

 

どこまで万が一を想定するかです。

 

生命保険も同じですよね。

 

あっ・・・満期になったら見直しも忘れずに。

 

えんちゃんのお家相談室

 
コメント

不安になったら止まる

2019-01-08 18:46:29 | 建設会社・工務店

資金的に余裕のある人は、なるべく面倒な事はしたくない

 

住宅づくりはエネルギーをたくさん使うから年配になるほどその傾向は強い。

 

早く契約して楽になりたいと思っているのを営業マンは知ってます。

 

契約書に早く捺印させようとします。

 

あまりにスピードが早いと不安が大きくなってくる。

 

納得して捺印したつもりでも

 

不安が大きくなり始めたら

 

ストーップ!!!

 

ストップしても損はないです。

 

むしろ進んでしまう方が損をします。

 

えんちゃんのお家相談室

コメント

遠距離での家づくり

2019-01-07 21:04:38 | 住宅計画

すっかりご無沙汰になってしまいました。今日から仕事始め。ブログもボチボチ書いていきます。

 

あと数年で転勤が終わり出身地に帰る。奥さん(旦那さん)の出身地に行く。

 

帰ったときに住宅があるといい。完成しておきたい。

 

う~ん。大変ですよ・・・

 

家づくりは精神的にも体力的にも大変です。

 

地元にいても

 

工務店探しや土地探しもちろん大変。

 

ましてや遠方では打ち合わせや現場確認も無理になります。

 

妥協しがちになります。

 

それより帰ったからしばらく賃貸に住む!そこで住宅計画づくりを始める!

 

家づくりに効率を求めないでください。

 

えんちゃんのお家相談室

 

コメント

住宅ローンは目先の金利だけで・・・

2018-12-21 19:42:49 | お金

現金を持っている方はローンを少なくして

 

現金払いの部分を多くしようとします。

 

少しでも金利の払いを少なくしたいから。

 

一概には賛成できません。

 

お子さんが小さくて旦那さんがバリバリ働いているなら

 

現金を手元に残しておくことをオススメします。

 

 

もし旦那さんが亡くなった場合に団体信用生命保険で家のローンが無くなります。

 

が・・・現金を残してないので残るのは借金の無い住宅だけになります。

 

ローンを組んでいれば現金が手元に残り家のローンも無くなります。

 

低金利の時代の今ならなおさらです。

 

目先の損得だけをみないでください。

 

 

えんちゃんのお家相談室

AD
コメント

土地が見つからない・・・

2018-12-20 20:55:38 | 土地

土地を探している人で

 

中々希望の土地が見つからない

 

欲しいと思っていた土地が売れてしまった

 

という人って少なからずいると思います。

 

 

たくさんの土地をみている人ほど上の様な思いをしています。

 

 

もしかしたらもっといい土地があるんじゃないか?

 

これを繰り返すと土地が買えなくなります。

 

希望ばからが増えるので

 

そうすると予算でおさまらなくなります。

 

 

なんとなくいいなぁと思っていた土地が売れてしまうと

 

その土地が最高だったのに~に変わり

 

それ以外の土地はダメな土地になってしまいます。

 

 

 

土地探しをする時は

 

・必要な土地面積を知る

 

・必要な土地予算を知る

 

・大きな問題が無いようなら買う覚悟を持って見に行く

 

 

 

見に行った土地が希望の70%をクリアしてたら即決で買いです。

 

えんちゃんのお家相談室

コメント

10年目の点検で

2018-12-19 19:33:55 | 工法と建材

築10年で家の点検に建築会社が来ます。(来ないところも多いです。)

 

ハウスメーカーなら必ず来ます。

 

外壁の塗り替えとコーキングの打ち直しが必要だと言われた。

 

外壁なので足場も必要になります。

 

ハウスメーカーは「他所ではできません。弊社にオリジナルの商品ですし」

 

と言われるでしょう。

 

「もし他所でやると保証が無くなります」とも言われたりします。

 

大体、2~300万円くらいのメンテナンス工事になります。

 

10年毎にかかります。

 

新築の契約前に必ず聞いてください。将来のメンテナンスの事。

 

新築時に選ぶ材料によって将来のメンテナンス費用は大きく違います。

 

特に外部は使う材料はチェックしてください。

 

安いものでいいものはありません・・・

 

えんちゃんのお家相談室

 

 

 

 

コメント

まずは自分たちがどうしたいか

2018-12-17 19:58:50 | 家族

最近は親が子どもと一緒に住みたくないと思っている方が増えてきています。

 

お子さん夫婦が一緒に住もう

 

二世帯にしよう

 

と言っても本当は住みたくないと思っていても

 

お子さんたちに

 

住みたくないと言えない方もいらっしゃいます。

 

まずは自分たちがどうしたいか

 

その事を夫婦で話し合う

 

出した結論をしっかり伝える

 

 

一緒に住んで感情のぶつかりがあった場合

 

「あなたたちが住もうと言ったから  ”住んであげた”  のに」

 

と言ってしまう可能性があるなら

 

一緒に住まない方がいい

 

えんちゃんのお家相談室

コメント

新築後にも家のかかるお金

2018-12-14 18:09:50 | 工法と建材

住宅は建てて終わりではなく

 

維持するためにメンテナンスコストというものがかかります。

 

エコキュートが壊れた

 

給湯器が壊れた

 

外壁の張替えが必要になってきた

 

IHが壊れた

 

小さい事なら玄関の鍵が壊れたなど

 

10年から15年を超えてくると

 

メンテナンス工事が必要になってきます。

 

建築場所や住宅の規模にもよりますが

 

消費者さんには固定資産税とメンテナンスコストを

 

月に3万円くらいは用意してくださいと伝えています。

 

新築時に建設会社さんにメンテナンスコストの相談もしておくといいですよ。

 

 

えんちゃんのお家相談室

コメント

土地探し

2018-12-11 21:21:57 | 土地

土地を探している方って

 

何となくこれくらいの広さかな

 

何となくこれくらいの予算だろう

 

で探します。

 

自分たちが住む土地の必要な広さを知らないし

 

これくらい土地に使ってもいいという予算も知りません。

 

住宅計画づくりでは

 

・適正な建築予算

・適正な建築面積

・最低必要土地面積

・使える土地予算

 

が分かります。

 

それが分かれば、必要な土地面積で予算内の地域がどこにあるかが分かります。

 

そこからこれだ!という土地を選べばいいんです。

 

まずは上の4つの数字を知ってください。

 

やり方は教えますよ!

 

 

中にはその地域は嫌だ!高いけど違う地域がいいっ!

 

という方は予算を増やすしかありません。

 

収入を増やすか、支出を減らすかの2つです。

 

こちらのやり方もたくさんあります。

 

こちらのやり方も教えますよ。

 

えんちゃんのお家相談室

 

 

 

 

コメント