魔界の住人・川端康成  森本穫の部屋

森本穫の研究や評論・エッセイ・折々の感想などを発表してゆきます。川端康成、松本清張、宇野浩二、阿部知二、井伏鱒二。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鹿屋特攻基地『海の歌声』の著者・杉山幸照氏の現在の消息を教えてください。

2013-02-13 01:22:28 | 乞う ご教示
 杉山幸照氏は大正11(1922)年生まれ。中央大学法学部卒業。昭和18年12月、学徒出陣で海軍予備学生として出陣(第14期)。
 茨城県筑波郡の谷田部空で訓練を受けたのち、鹿屋特攻基地の昭和部隊として出陣を待ったが、突如、谷田部空への帰隊命令を受け、谷田部へ。このとき、海軍報道班員として鹿屋に一ヶ月(4月末~5月末)滞在した川端康成と知り合い、親しくなった。
 帰隊のとき、川端康成を乗せた飛行機で関東へ。
 『海の歌声』は、散華した戦友たちの鎮魂のため、詳しくその人柄、生活などを述べたもの。鹿屋基地の戦友たちの精神・内面の苦悩などが痛切な声として描かれている。
 川端康成についての記述もあって、貴重な書である。
 この著書を刊行した昭和47年(1972年)には、神奈川県小田原市東町に住んでおられたが、現在の消息は、わからない。
 ご健在なら、91歳。杉山幸照氏に面会して、川端康成についてのお考えや回想を、お訊ねしたい。そのためにも、現在のご住所、ご家族のご住所などを知りたい。
 杉山氏は、当時は珍しかったカメラを所持していて、鹿屋特攻基地の出撃の様子や戦友達の写真もたくさん撮影されたという。
 その写真も、貴重な資料である。ぜひ、杉山氏にお目にかかりたいので、少しでも情報をお持ちの方、ご教示ください。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 『早稲田文学』と近松秋江――... | トップ | 広津柳浪「今戸心中」論 »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私は娘です。 (野田サトミ)
2017-10-14 20:33:26
杉山幸輝は私の父です。残念ながら父はもうすでに亡くなって12、3年になります。

コメントを投稿

乞う ご教示」カテゴリの最新記事