人生をひらく東洋思想からの伝言

様々な東洋思想の言葉やその精神を通じて、ともに学びながら一緒に人生や経営をひらいていきましょう。

第11回 「ゆく河の流れは絶えずして、しかも もとの水にあらず」(「方丈記」鴨長明)

2021年11月18日 | 日記

【人生をひらく東洋思想からの伝言】 

第11回 

「ゆく河の流れは絶えずして、しかも もとの水にあらず」(「方丈記」鴨長明)

 

「方丈記」は 昔からこの冒頭の名文句によって 愛されてきたので、

どこか 馴染みがある文言かもしれない。

冒頭の文言の続きを紹介すると、

「よどみに浮かぶ うたかたは、かつ消え、かつ結びて 久しくとどまりたる例(ため

し)なし。世の中にある、人と栖(すみか)と、またかくのごとし。」

まことに練り上げられた、無駄のない完璧な文章である。

これだけで 鴨長明のいいたいことは、自然と伝わってくる気がする。

存在するいかなるものも ひとつも同じ状態でいることはなく、

自然も人事も 万物は必ず流転してゆく。無常、すなわち常なるものは

何もないということ。

そこのことを、鴨長明が心の底から真実として、伝えようとしていることがわかる。

仏教に、「諸行無常」という言葉があるが、まさに同じような意味合いである。

我々、日本人の中には四季があるように、この感覚が体に刻まれている。

でも、知らないうちに、当たり前だったことが 当たり前にできなくなると、

「今まで できたのに、なぜできないのか?」と

いろいろな面で 執着するこころが出てしまうのが、我々人間である。

これからの時代を どのように生きていけばいいのかを、

我々はこの瞬間瞬間 問われているが、

このような無常観をもっていると、多少はこころが楽になる。

移りゆく 変わりゆく その時々で、楽しめるこころを持ちたいものだ。

 

参考文献 『すらすら読める 方丈記』(中野孝次著 講談社文庫)

 


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 第10回「盲亀腐木の縁(もう... | トップ | 第12回「五労」(「安岡正篤... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事