特定非営利活動法人 動物愛護団体ワンハート大阪

動物のために個人で活動している仲間で結成された団体。
保護した犬猫の里親募集を中心に日々の活動など記載していきます。

野良猫さんとお付き合い

2013-02-17 20:50:43 | 日記

みなさま、はじめまして

ここで少し野良猫のお話をさせていただきますね。

野良猫たちの為に悩んでいらっしゃる方、どうぞご相談承ります!


さて、昔から野良猫にまつわるいろんなトラブルがありました

「子猫が産まれている」

「野良猫が爆発的に増えたように思う」

「かわいそうで餌をやっていたが増えてしまった」

「ご近所から餌をやるな!!とクレームがきた」

など、いろんな事がありますよね。


猫さんは、犬さんと違って繁殖がたしかな確率で増えていきます。


また昔は殺処分して目先だけを解決しようとしました。


でも、これからは安易に殺せなくなってきています。


また、野良猫は本来日本にはいませんでした。

人間が捨てた。 これが野良猫のはじまりです。


寒さにはめっきり弱いのに。。。 考えるとソワソワしますよね。


では、野良猫を減らすには、どうすべきか。


それは・・・

「TNR 法」

「地域猫活動」  が、おすすめです

捕獲し、手術。⇒地域の餌やりサンのお力で一代限りで命をまっとうしてもらう。

全国で、昔から猫がお好きな方もしている活動です。


今これから、この活動がメインになることだと思います。


カラスに殺されたり、車に引かれたり、悲しい状況を少しでも減らしていきませんか。


今まで私が活動しているブログを随時アップしていこうと思います。

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございます☆

http://animal.fukuwarai.net/

コメント

動物愛護団体「ワンハート大阪」 自己紹介

2013-02-16 11:30:46 | 日記

 初めまして。

動物愛護団体「ワンハート大阪」は 昨年末 団体として立ち上がりました

私たちは 長年それぞれがバラバラに 活動してました

 

でも・・・ひとりでする活動には限界があって・・・

今までの活動をもとに  もっと活動範囲を広げたい

ひとりではできずにあきらめていたことも 仲間と一緒にやれば できることがある

一頭でも一匹でも もっと多くの動物を救いたい

犬や猫が置かれている現状を もっと 多くの人に知って貰いたい

この活動の輪を広げていきたい

 

そんな思いが集まって・・・

みんなの力をひとつに・・・ワンハート           

犬も 猫も 人間も ひとつの命・・・・ワンハート   

         まだまだ未熟ですが、資金もありませんが、

これから よろしく お願いします

 

 

「動物愛護団体ワンハート大阪」HP

http://www.facebook.com/home.php#!/OneHeartOsaka?fref=ts

*日々の活動 個人の活動などなど メンバーそれぞれが 色んなことをアップしていきます。

 

「動物愛護団体ワンハート大阪」gooブログ

http://blog.goo.ne.jp/oneheartosaka

*保護した猫ちゃんやワンちゃんの里親募集を記載していきます。

ときには  里親さん宅にいって 幸せになった猫ちゃん、ワンちゃん情報も載せますねっ

 

私もなにか手伝いたいけど・・・なにか活動したいけど・・・と思ってるあなた

支援金、支援物資のご協力をお願いします

支援物資のご協力

(バザー販売を実施し、犬猫の治療費、去勢不妊手術費用に充てたいと思います) 

  送り先:〒574-0014 大阪府大東市寺川郵便局止め  動物愛護団体ワンハート大阪 

支援金のご協力

(行政機関に持ち込まれる犬猫たちは、様々な病気を抱えている場合が多く、

また産まれたての仔猫の場合、体調が安定するまで数ヶ月かかり、それらの飼育費用、治療費に充てたいと思います) 

  ご協力金送金先:ゆうちょ銀行 郵便口座:14040-66629351 動物愛護団体ワンハート大阪 

  他の金融機関からの場合:店番408 (よんぜろはち) 普通預金 口座番号 6662935

 

私たちはこんな活動をしています

★動物に関する啓蒙活動★今現在、動物たちが置かれている状況を伝えたい! 

★里親捜し★行政処分所などからの犬・猫の引き出し

人間との信頼関係を回復させ、幸せな家族の一員になってもらえるよう送り出す活動を行います。

 ★地域猫・TNR活動★野良猫をむやみに殺処分するのではなく《 捕獲→避妊去勢手術→元の場所に戻す 》

この事によって、数の増加を防ぎ、一代限りの命を全うさせるための活動を行います。

 ★ドッグセラピー★老人ホームなどへ出向き、犬とのふれあいの場を提供していきます。

 ★他の愛護団体とのネットワーク作り★他の動物愛護団体との連携や情報交換を行います。 

 

 

コメント (3)