特定非営利活動法人 動物愛護団体ワンハート大阪

動物のために個人で活動している仲間で結成された団体。
保護した犬猫の里親募集を中心に日々の活動など記載していきます。

27年度全国殺処分数・・・

2017-04-04 14:25:33 | 殺処分数

うっかりぽっかりで・・もう4月に入ってるじゃん 

新年度も始まり・・いろいろご報告しなけりゃ

ってことで・・まず最初は・・27年度全国殺処分数

っていっても・・皆さんSNS等ですでによくご存知ですよねぇーーー

 

行政「殺すのではなく生かす方向で 殺処分ゼロを目指して」のスローガンのもと・・積極的にてな社会風潮・・

数年前までは・・マジ風に揺らぐ旗のごとくスローガンだけで内実はバンバン殺してたっ

噛むから・・病気だから・・で何の手立てもせず・・「一般譲渡は無理」でその「命」諦めて が前提にあった

環境省発表の行政殺処分数などなど2015年度からしっかり公表されるよぉになって・・ネットSNS拡散も手伝って・・

具体的にどこの都道府県・・譲渡に向けて努力実践してるのかどこがその努力してないか目の当たりにできるよぉになって・・

が・・わずか10年~15年ほど前の話

 

なんせ・・日本の「動物愛護管理法」・・・昭和48年(1953年)に制定されてから・・

平成11年(1999年)・・平成17年(2005年)・・さらに平成25年(2013年)平成28年(2016年)の4回の改正

終生飼育はもちろん・・適正飼育の基準 ネット販売の規制や子犬子猫の販売できる生後月齢の規制・・虐待や遺棄罰則規制などなど具体的な「管理法」に変わってきてるぅ

んだけど・・そうなってきたのは2000年を過ぎた頃から

つまり・・実質的な「殺処分ゼロ」に向けての行政規制・・動き出したの・・たかだか15年程度

熊本市センターみたく・・行政単独で「殺処分ゼロ」宣言も

当時・・「前人未踏」「実現不可能とも思える」とかの目標2002年に立ち上げたっ

今まで「部外者立ち入り禁止」てな雰囲気で・・建物中に立ち入ることすら嫌悪してたセンター・・

登録制度とか使って・・愛護団体への譲渡実施や「一般の方への譲渡会」実施も進んで・・

 

3年か4年ほど前から・・

ちゃんの殺処分数・・減ってるのにぃ・・ちゃんの殺処分なかなか減らないへの注目と関心高まり・・

その原因として・・

ちゃん・・「畜犬登録」や「狂犬病予防」義務などなどで飼い主さま・・規制できるけど・・

ちゃん・・そういった法的拘束・・全くなく・・

引越しだから・・飽きたから・・懐かないから・・旅行に行くから・・てな理由でちゃん捨てる置き去りにする飼い主・・後を絶たない・・

避妊去勢手術実施せず捨てるから野良さん繁殖期あって・・ぜんぜん減らない

無責任な餌やりさん・・いろいろ呼びかけても・・やっぱり減らず・・繁殖期くれば・・野良さん・・やっぱり増えていくぅ

野良さん・・可哀想でおうちの中に連れ帰って・・避妊去勢手術せず増え放題で気付けば60匹100匹てな多頭崩壊・・続出して・・やっぱり殺処分減らない・・

授乳中や離乳食中のちっちゃなちっちゃなちゃん・・譲渡もその「命」繋ぐことも難しい

で・・殺していけば・・やっぱり殺処分数減らない・・

 

地域の中で・・餌やりさんや野良さん問題・・やっぱり減らない

その対策として・・「まちねこ」とか「地域猫」って認識で

野良さん・・殺処分するんじゃなくって・・手術実施してその余生・・地域のみんなで見守りましょうてなTNR進める傾向強まる

昨年だったか・・大きな団体さま協働で・・野良猫一斉TNR活動も各所で実施されたっ

 

一方で・・昨年あたりから・・

動物愛護への並々ならぬ熱意を持って下さってる・・ある有名タレント?女優さんたちの提言呼びかけから・・

「殺処分ゼロ」が最終目的じゃないてな声も挙がってきてる・・の現実

根本は「無責任な飼育放棄ゼロ」の社会実現を忘れちゃいけないそれが「殺処分ゼロ」に繋がるんだっの声

その通りだっ


その落とし穴として・・

・行政が引き取りを拒否すれば殺処分はゼロ  確かに受け入れなければ・・殺すこともない

てか・・飼い主さまからの引き取り拒否できるよぉになったもんねぇーーー

本来は・・その飼い主さま終生飼育をセンター職員が説得するの目的だったのにぃ・・

飼い主にはちゃんと「指導」しましたっって正々堂々と宣うセンターも多い

そのちゃんちゃん・・その後どうなったのかなーーーんて知っちゃこっちゃないてなとこ多いもんねぇーーー



・積極的な殺処分をせず、どんな不適切な環境であろうと生かしておけば殺処分はゼロ  確かに

ずっとずっとゲージの中で生かしておけば・・飼い殺ししてれば・・殺処分数に上がってこない

病気になってもケアせず・・「病死」「自然死」扱いすれば殺す必要もない



・動物愛護団体が受け皿になって引き取れば殺処分はゼロ  確かに

動物愛護団体にまる投げすれば・・自身の手で行政の手で処分機のボタン押す必要ない

てか・・愛護団体だって・・散歩もいかずゲージの中で飼い殺してなとこあるって聞いたことあるなぁーー

つまり・・ちゃんちゃんにとっては・・センターか愛護団体シェルターか・・飼い殺しの場所が変わるだけてこと

 

・行政の数字にカウントされない流通過程での処分や衰弱死の数字があることも忘れてはいけない  昨年だったか・・ある機関・・行政通して・・流通過程での死亡病死等のアンケート実施されたっ

年間約5000匹の・・可愛いちゃん・・「商品破損」で死亡したそぉ

 

つまり・・殺処分数にこだわるんじゃなくって・・

真にちゃんやちゃんの生活状況把握して・・数より質をきちんと把握求めること大切てことかなぁ

やっとやっとホントの意味でちゃんちゃんの幸せに目を向けられるよぉになったってことかなぁーー

ホントの意味での「殺処分ゼロ」の実現も近いよねぇ

 

ってことで例年のごとく・・全く個人的興味趣向で・・・ちょっぴり検証

下の数字・・・環境省発表資料もとにしてますぅ

計算間違いなんか・・あったら是非是非教えて下さい

 

まず・・・27年度全国殺処分数・・・

犬殺処分数・・・15.811頭    うち幼齢犬・・・3.449頭

猫殺処分数・・・67.091頭    うち幼齢猫・・・44.068頭

 

過去データー・・・

全国殺処分数・・・

23年度 17万 ⇒ 24年度 16万 ⇒ 25年度 13万 ⇒ 26年度 11万 ⇒ 27年度 82.902

犬殺処分数・・・・

23年度 4.3万  ⇒ 24年度 3.8万 ⇒ 25年度 2.8万 ⇒ 26年度 2.2万 ⇒ 27年度 1.6万

猫殺処分数・・・・

23年度  13.1万 ⇒ 24年度 12.3万 ⇒ 25年度 10万 ⇒ 26年度 8万 ⇒ 27年度 6.8万

 

相変わらず・・ちゃんの幼齢(離乳していない個体)殺処分多い・・

で・・相変わらず・・ちゃんの幼齢(離乳していない個体)殺処分ダントツ多い・・

てか・・授乳中とか離乳食中の猫ちゃん譲渡しないてな条例ある行政・・結構多いもんねぇーー

てか・・生後数時間数日のちゃん・・数時間放置すれば・・そのまま低体温と脱水で死んじゃうもんねぇーー

それでも・・ちゃんと殺処分するのぉ

 

 

27年度・・・全国行政による・・・

ちゃん殺処分数・・・  香川県 1.805頭    茨城県 1.241頭・・・

香川県やっぱ上がってきましたねぇーーーー

愛護団体さまとか個人活動家の方とか・・めちゃくちゃ頑張って下さってるみたいなのにぃだねっ

 

ちゃん殺処分数・・・ 長崎県 2.235頭   茨城県 2.209頭 

確か・・26年度殺処分数・・2番目 長崎県だったよぉなーーー

確か・・26年度・・犬殺処分数・・茨城県トップだったよぉなーーー

上位ランクの位置は・・色んな形でキープってこと

 

そうそう・・上記県別殺処分数・・「指定都市」とか「中核市」とかのデータ加算されてないとこある

で・・の独断で・・ちょっと足し算してみたっ

大阪府・・指定都市とか中核市・・猫殺処分頭数合計・・・2.445頭

ギョェーーーーーー またまたトップじゃんって思ってたら・・

なんと兵庫県・・指定都市中核市・・猫殺処分頭数合計・・3.516頭のダントツトップだった

 

殺処分数・・上手に分散させれば・・

上位に上がってきて批判されることもない生かすための努力やってますっの言い訳通用するぅ

殺処分ゼロを目指しててな数字にこだわると・・こんな落とし穴隠れ蓑あるんだねぇーーー

 

動物愛護にめちゃくちゃ熱心な・・ある議員の方のFBで見かけた記事では・・

27年度全国犬猫殺処分数・・

 大阪府全域で 7.308頭 (引き取り頭数 4.675頭)てな情報だったけどなぁーーー

ちなみに・・その方の情報では・・

 山口県 6.462頭 (引き取り頭数 4.508頭)

 兵庫県 6.110頭 (引き取り頭数 4.568頭)

 茨城県 5.984頭 (引き取り頭数 4.683頭)

 愛媛県 5.754頭 (引き取り頭数 4.331頭) てな数字

 引き取り頭数よりも殺処分頭数の方がはるかに多い どういうこと

 

センターで「殺処分」逃れ・・譲渡会のための・・看板ちゃんとかちゃんとかの名目で飼育されてたちゃんたち・・殺処分されたぁ

それとも「多頭崩壊現場」でのレスキュー・・自主回収ってことで「引き取り」頭数に含まれてない

 

殺処分ゼロを目指しててな数字にこだわると・・どんな落とし穴隠れ蓑あるんだろぉーーー

 

昨年同様・・・個人的趣向でランダムに・・・ちょっと割り算してみたっ

27年度犬猫殺処分数・・引き取り頭数から殺処分の割合・・ワースト10

 奈良県 92%   

 和歌山県 90%  

 豊中市 89%  

 富山市 89% 

 大阪府 87%  愛媛県 87%  山口県 87% 秋田県 87%  

 長崎市 86% 

 東大阪市 86%

ほらねっ色んな数字の分散で・・全く表面化してこない都道府県も堂々の高確率での殺処分やってるぅ

てか・・ワースト10内に大阪府下・・3都市も

しかもしかも・・ワースト10内に・・奈良県や和歌山県・・など近畿圏

どうしてなんだろぉ

近畿圏・・無責任な飼い主さまが多い意識レベルの低い飼い主さまが多いってこと

なんだか悲しいなぁーーー

 

ちなみにぃ・・

大阪府・・87%の犬猫殺処分率で・・昨年度に比べ1%  猫殺処分率96%(猫受け入れ1.225頭 うち離乳前の幼齢1.122頭)

大阪市・・83%の犬猫殺処分率で・・昨年に比べ7% 猫殺処分率89%(猫受け入れ2.014頭 うち幼齢1.868頭)

堺市・・63%の犬猫殺処分率・・昨年比2% 猫殺処分率72%(猫受け入れ155頭 うち幼齢142頭) 

高槻市・・71%犬猫殺処分率・・昨年比7% 猫殺処分率83%(猫受け入れ66頭 うち幼齢65頭)

豊中市・・89%犬猫殺処分率・・昨年比3% 猫殺処分率95%

枚方市・・24%犬猫殺処分率・・・猫殺処分率28%

東大阪市・・86%犬猫殺処分率で・・猫殺処分率92%

 

そして・・ついでに

兵庫県・・85%犬猫殺処分率・・猫殺処分率91%

神戸市・・77%犬猫殺処分率・・猫殺処分率88%

姫路市・・36%犬猫殺処分率・・猫殺処分率56%

西宮市・・22%犬猫殺処分率・・猫殺処分率28%

尼崎市・・73%犬猫殺処分率・・猫殺処分率80%

 

同じ大阪府・・兵庫県でも市によって大きな差

これって・・地域性そこに住んでる住民性人間性

よく分からんなぁーーー

 

そしてそして・・昨年度から大きな愛護団体さま・・センター全頭引き出しの快挙されたところ・・とか・・

県センターから全頭のちゃん引き出しするてな記者会見までされて・・「ふるさと納税」利用の寄付金集めて・・てな大きな団体さま現れて・・とか・・

数年前・・殺処分ゼロの実践するって言ったら「前人未踏」とか「不可能だ」とか言われれた社会時代とは明らかに違った社会になってきてるっ

てな数字・・たくさん出てきたよぉ

 

 広島市 27年度犬猫殺処分数・・・2%  相模原市 2% 

 千葉市 3%  越谷市 3%

 熊本市 6%

 神奈川県 9%  川崎市 9%

 さいたま市 10%

10%以下の都道府県指定都市・・こんなにも増えたっ  凄いねぇーーー

この数字達成するために・・どれほど多くの方々・・どれほど多くの職員の方々・・

ちっちゃな「命」たちのために柔軟に前向きに必死で努力されたことかっ

素晴らしいよねぇーーー

やっぱ人間って・・前向きに努力するから素晴らしいだよねぇーー

諦めないで・・ただ単に排除するんじゃなくって・・

ちっちゃな「命」も大きな「命」も一緒に幸せになろぉって努力できる「生き物」なんだよねぇーー

 

「殺処分ゼロ」を目指してのスローガンの前で・・いろんな落とし穴隠れ蓑あるのかも知れない

でも・・これだけの数字・・叩き出してる行政・・どんな方法で実践されたのかっ

ワースト上位・・毎年毎年キープされてる都道府県 指定都市・・その方法・・教えて貰えばいいのにぃねっ

他県とか市とかの垣根・・取っ払って一緒に・・ちっちゃな「命」繋いで貰いたいよねっ

 

 

「27年度全国殺処分数」発表見て・・・

その数字にこだわることの怖さ落とし穴・・みんなでしっかり見極めないとの実感

やっぱりちゃんの殺処分・・減らしてくの無くしていくの・・難しいんだなぁーーの実感

そのためには・・ 現状応急対策として・・TNRが一番近道

一方・・ちゃんもちゃん同様・・法的保護・・絶対必要ってことだよねっ

 

想像以上に意外に続いてる・・空前のちゃんブーム

ちゃんみたいに・・毎日のお散歩いらないしぃ・・

生活スペース・・考える必要なしぃ・・

数日程度だったら・・お留守番だって出来ちゃうしぃ・・

医療費だって・・ちゃんに比べダントツに安価だしぃ・・

最悪の場合・・野良たち沢山生息してて・・誰かご飯の面倒・・見てるみたいだしぃ・・一緒に生きていけるでしょ

夜中にソッと捨てれば・・バレないしぃ・・

てな・・無責任な飼い主・・ちゃんブームで拍車かけてるの現実

 

猫カフェ・・大ブームで・・保護カフェも出てきて・・

蓋を開ければ・・バックに悪徳繁殖業者やペットショップでの売れ残り・・サバく場所

可愛いちゃん製造する道具・・機能しなくなったら・・保護カフェで里親募集

下手に愛護団体に下請けさせたり・・センターに持ち込んだりすれば・・批判の嵐

保護カフェなら・・優しい飼い主さまに出会って上手に処理

 

愛護団体・・長年やってきて・・ちっちゃな「命」たちのために活動してるつもりが・・

いつも・・結局・・人間の意識飼い主さまの意識の大きな壁に突き当たるぅ

遺棄や虐待の罰則・・もっと厳しくすれば・・その飼い主の意識高まるんだろうかぁ

海外のよぉにすべてのペットマイクロチップ導入して・・どんな形でも遺棄すれば即座に飼い主判明とか・・

てか・・罰則規制しなけりゃ・・ちっちゃな「命」守れない社会ってどうなのぉ

「物」じゃなくって・・人間と同じよぉに喜怒哀楽感じる「命」への思いやり慈悲ない社会ってどうなのぉ

 

・・・殺処分数発表の度にいつもいつも思うこと

27年度全国殺処分数・・・あくまでも行政による殺処分数

行政殺処分数に計上すらして貰えない・・「モノ言えない」ちっちゃな「命」・・・ちゃんたち・・・

たくさん沢山いるぅの現実・・知って欲しい忘れないで欲しい

今も・・どこかで栄養不足でガリガリなのにぃ・・繁殖期やってきて・・ただ生きようとしてるちゃん

自分の食べるものすら難しいのにぃ・・必死で子育てしてる野良ちゃん

可哀想な野良ちゃんのために・・・餌やりするけど避妊去勢手術は無理

どうせ生まれた子供・・育たないから 早めに見つけてどこかに捨てれば増えないから

何のために生まれてきたのか・・生まれてきて良かった生きてて良かったそう思える瞬間すらも与えて貰えず・・

ボロボロになって亡くなくってく・・ちっちゃなちっちゃな「命」たち

行政殺処分数の2倍3倍まだまだあるの現実・・・忘れないで欲しい知っててほしい

 

ちっちゃな「命」も大きな「命」も・・すべての「生きとし生けるもの」・・・

生きてて良かったぁ

生まれてきて良かったぁ楽しかったぁ

そう思える社会に日本に街に・・世界になるよう・・これからも皆で・・ちっちゃな「命」守っていきましょ

 

 

 

 


 里親さま募集中の猫ちゃんたち  里親ご希望の方は・・・譲渡条件ありますぅ

譲渡までの流れ」をよく読んで戴いて・・「譲渡条件 & お願い」ご確認の上

お問い合わせ先:oneheartosaka@mail.goo.ne.jp まで お知らせ下さい よろしく お願いします



 gooddoでのご支援ご協力・・あなたの「いいね」クリック・・・

毎日の「応援する」 クリックでのご支援ご協力・・・よろしくお願いしますぅ

http://gooddo.jp/gd/group/oneheartosaka/?from=fbn0

 上記のリンクからgooddoの「動物愛護団体ワンハート大阪」のページに

http://gooddo.jp/gd/group/oneheartosaka/?from=fbn0

 ページ内のサポーター企業のFACEBOOKページに「いいね」して頂くだけで・・

 「いいね」×10円の支援金が「動物愛護団体ワンハート大阪」に届けられます

 楽天でのお買い物でもご支援頂くことができるようになりましたっ

購入額×0.5%~が支援金が団体に届けられますので ぜひご活用いただければ幸いです



 フリーマーケット参加決定

 4月9日(土) 時間:10:00~17:00(予定)

場所: 弁天町ORC200(オーク200)大阪市港区弁天1丁目2-4-700 オーク200オーク広場2Fアトリウム


 4月29日(土・祝日) 時間:10:00~16:00(予定)

場所: 花博記念公園鶴見緑地 ハナミズキホール付属展示場

入場料: 大人300円 子供100円

 

 

 ご支援・ご協力のお願い

ちゃんフードなど日用品・・・「ご支援物資などなど・・・お願い」 

ご家庭で眠ってる不用品などありましたらフリマ用品のご協力お願いします

 支援物資送り先  〒587-0065 大阪府堺市美原区小寺750-1

  「動物愛護団体 ワンハート大阪」 宛     電話番号:080-9122-6737

上記送り先はご支援者さま事務所を物資受け取り窓口としてお借りしております

物資等の直接の持込はご支援者さまにご迷惑がかかりますのでご遠慮下さい

 

 

 お問い合わせ先

メールアドレス:oneheartosaka@mail.goo.ne.jp

電話番号: 080-9122-6737

 里親さまお迎えについてはメールでの対応のみとさせて頂いておりますぅ

コメント

26年度全国殺処分数・・・・

2016-01-16 11:01:17 | 殺処分数

こんにちはぁ~ですぅ

昨年より・・・ずっとずっと楽しみにしてた・・・

「26年度全国殺処分数」・・・いよいよ発表されたみたい

 

世の中・・・どんどん・・・意識向上して・・・

愛護団体とか・・・活動家とか・・・大きな看板背負ってなくっても・・・

ツイッターやFB・・・リアルタイムで発信

情報拡散力・・・益々アップして・・・

 

最終殺処分保護施設・・・持ち込みじゃなくって・・・

一般の方々・・・ネット通じて・・・沢山の方々・・・力あわせて・・・

本来なら・・・行政・・・実施しないといけないこと・・・もっと細やかなこと・・・

沢山の方々・・・たくさん沢山・・・ちっちゃな「命」のために・・・

 

その刺激・・・受けて・・・行政・・・最終処分保護施設職員の方々も・・・

昔の「暗くて閉鎖的」ムード・・・なくなって・・・

どんどん・・・譲渡に向けての門扉・・・広げて下さって・・・

日本という国・・・全部で・・・

ちゃん・・・ちゃん・・・ちっちゃな「命」のために・・・

めちゃめちゃ・・・お力・・・貸して下さってるぅ

 

その効果・・・その実践効果・・・

やっとやっと・・・少し「26年度全国殺処分数」に反映されてくるぅ

どれほど・・・行政・・・殺処分数・・・減ってるのか・・・・・めっちゃ楽しみだったのぉ

 

たくさんの人たち・・・行政含め・・・

そのちっちゃな「命」繋ぐために・・・どれほど・・・努力して下さったのか・・・

その実績・・・はっきりした数字で・・・出てくるはず

野良ちゃんTNRだって・・・・

TNRしたからって・・・すぐには・・・その効果・・・出てこない・・・

最低でも・・・1年以上・・かかるぅ

 

法改正・・・社会的風潮・・・殺すんじゃなくって・・・生かす方向に

行政だけじゃなくって・・・ごく一般の人たち・・・・社会全体・・・みんなで力・・合わせて

その効果・・・出すために・・・どれほど・・・たくさんの方々・・・

自身・・食事するのも忘れ・・・

眠る時間も惜しみ・・・走り回って・・・駆けずり回って・・・

必死で・・・繋ごうとして下さった方々あったのか・・・・

力・・・貸して下さる方々・・・たくさん増えて・・・

暗くって・・・辛い・・自己犠牲満載の・・・愛護活動じゃなくって・・・・

みんなで力・・・合わせて・・・出来ること・・・たくさん増えて・・・

繋がった・・・ちっちゃな「命」・・・たくさん増えて・・・

 

そんな期待満載で・・・・・・めっちゃ楽しみに待ってたのぉ

で・・・で・・・

「26年度全国殺処分数」環境省発表・・・出てるよぉ出てるよぉ

 

ってことで・・・全く・・・個人的興味趣向で・・・ちょっぴり検証

下の数字・・・環境省発表・・・資料もとにしてますぅ

計算間違いなんか・・あったら・・・是非是非教えて下さい

 

まず・・・26年度全国殺処分数・・・

犬殺処分数・・・21.593頭    うち幼齢犬・・・3.592頭

猫殺処分数・・・79.745頭    うち幼齢猫・・・47.043頭

 

過去データー・・・

殺処分数・・・

23年度 17万  24年度 16万  25年度 13万  26年度 101.338

犬殺処分数・・・・

23年度 4.3万   24年度 3.8万  25年度 2.8万  26年度 2.2万

猫殺処分数・・・・

23年度  13.1万   24年度 12.3万  25年度 10万   26年度 8万

ちゃん・・・2万頭・・・減ってるねっ

でも・・・ちゃん・・・6千頭・・・だけ・・・

うち・・・3.592頭の幼齢犬・・・・

ってことは・・・野犬と・・・その子供たち

てか・・・どうして・・・野犬がいるのぉ

 

26年度・・・全国行政による・・・

ちゃん殺処分数・・・  茨城県 1.728頭    沖縄県 1.514頭・・・

そういえば・・・茨城県・・・野犬大量殺処分毒餌まいたとか・・・撒かなかったとか・・・

てな噂・・・あったよなぁーーー

 

ちゃん殺処分数・・・ 山口県 2.633頭   長崎県 2.436頭 

 

あっちなみに・・・「指定都市」とか「中核市」とかのデータ・・・

殺処分数・・・加算されてない県都市・・・あるから・・・

少し・・変わるかもねっ

 

例えば・・・大阪府の場合・・・

大阪府・・・殺処分数・・・1.644頭ってなってるけど・・・

その数には・・・大阪市も豊中市も堺市・・・とかとか・・・加算されてないからねっ

で・・・大阪府・・指定都市とか・・・中核市・・・

加算トータルしてみたら・・・

なんとなんと 犬猫殺処分数・・・4.563頭だったぁ・・・

しかもしかも ちゃん殺処分数・・・4.185頭・・・・

つまり・・・大阪府全域で・・・ほとんどの殺処分・・・ちゃんってこと・・・

やっぱ・・・大阪府・・・殺処分数・・・全国ワーストだっ

てな噂・・・ホントだったのぉ・・・・・

 

てな話したら・・・ある方・・・

やっぱり都会は・・・犬猫の受け入れ数・・・多いからねぇーーーーって

都会って・・・野犬や野良猫・・・多いのぉ

ってことは・・・やっぱり飼い主からの破棄・・・遺棄・・・多いってこと

ってことは・・・都会の飼い主の方が・・・

ちっちゃな「命」に対する意識・・・低いってこと

都会にある・・・たくさんのペットショップで安易に購入して・・・

安易に捨てる・・・・飼い主・・多いってこと

 

 

昨年同様・・・個人的趣向で・・・ランダムに・・・

ちゃん受け入れ数から・・・殺処分の割合・・計算してみたぁ~~

25年度・・・26年度の推移・・・計算してみたぁ~~~

 

北海道・・・・26年度 28%の殺処分・・・昨年度より12% 

茨城県・・・・26年度 75%・・・昨年度より16%

滋賀県・・・26年度 60%・・・昨年度より32%

京都府・・・26年度 60%・・・32%

大阪府・・・26年度 86%・・・10%

てか・・・大阪府・・・総数・・・あってないんだけど

兵庫県・・・26年度 80%・・・17%

奈良県・・・26年度 93%・・・5%

和歌山県・・・昨年も・・・総数あってなくって・・・・26年度 92%・・・8%

大阪市・・・26年度 90%・・・5%

堺市・・・26年度 65%・・・9%

高槻市・・・26年度 64%・・・27%

豊中市・・・26年度 86%・・・13%

東大阪市・・・26年度 86%・・・12%

神戸市・・・26年度 79%・・・18%

西宮市・・・26年度 28%・・・45%

尼崎市・・・26年度 66%・・・47%

熊本市・・・26年度 6%・・・0%

旭川市・・・26年度 22%・・・9%

さいたま市・・・26年度 30%・・・10%

千葉市・・・26年度 3%・・・27%

相模原市・・・26年度 3%・・・2%

長野市・・・26年度 8%・・・6%

 

この数字・・・ご覧になって・・・みなさん・・・どう思われますかぁ

 

「26年度全国殺処分数」の割合・・・計算してみて・・・

90%~80%台の都道府県・・・都市・・・

50%前後台の都道府県・・・都市・・・

10%以下の都道府県・・・都市・・・

てな感じで・・・はっきりくっきり・・・分れるのぉ

 

それって・・・どういう意味

必死になって・・・民間団体・・・個人ボランティアの方々・・・協働で・・・

殺処分・・・減らすために努力した・・・行政・・・

一生懸命・・・努力したけど・・・限界あるんですぅ・・・てな・・・行政・・・

環境省・・・法改正・・・さらに各都道府県・・・条例に従い・・・

業務・・・滞りなく・・行っておりますぅ・・・・てな・・・行政・・・

てな姿勢カラー・・・はっきりくっきり

しかも・・・殺処分数・・・・増えてる市もあるしぃ・・・

またまた・・・ブリーダーからの下請け殺処分

 

でねっでねっ

「殺処分数」・・・めっちゃ少ない・・・・今まで見たこともない数字・・・出てきたよぉ

 広島市 26年度殺処分数・・・1%

犬猫引き取り総数・・・1.411頭  譲渡数・・・1.327頭

 千葉市 3%  相模原市 3%

 熊本市 6%

凄いよねぇーーーー

この数字・・・達成するために・・・

職員の方々・・・始め・・・どれほど多くの人たち・・・・

行政・・・民間・・・柔軟に力合わせて・・

言葉では言い表せられないほどの・・・努力の積み重ね

だと・・・思う

凄いよねぇーーーー

立派だよねぇーーーー

 

てか・・・たとえば・・・

広島市・・・殺処分数 1%なのにぃ・・・・

広島県・・・75%

どうして

やっぱ・・・市と県じゃ・・・譲渡条件とか・・・団体譲渡とか・・・

ちっちゃな「命」・・・生かすための方法・・・大きく違う

なら・・・県の行政・・・素直に・・・市のやり方・・・教えて貰えばいいのにねっ

ちっちゃな「命」・・・・繋ぐために・・・

県とか・・・市とかの垣根・・・取っ払って・・・一緒に協働すれば・・・いいのにねっ

 

「26年度全国殺処分数」発表で・・・

本気で・・・殺処分ゼロ・・・・目指して・・・達成しようとする行政

建て前だけの努力・・建て前だけの努力目標てな・・・行政

くっきりはっきり

職員の方々始め・・・県市政・・・取り組み方・・・色濃く・・・違いあるぅ・・・・

その違いって・・・何

 

後数年もすれば・・・

殺処分ゼロ達成できてる県や市・・・・くっきりはっきり

何年経っても・・・

殺処分ゼロ達成できてないやりたくない県や市・・・くっきりはっきり

その違いって・・・県民性 市民性

・・・難しくって・・・わからん

 

 

「26年度全国殺処分数」発表・・・・見て・・・

やっぱりちゃんの殺処分・・・減らしてくのぉ・・・難しいんだなぁーーの実感

 

ちゃんたち・・・ちゃんたちみたいに・・・登録制度ない・・・

安易にペットショップで購入して・・・

あそこには・・・野良たち・・・たくさんいるから・・・一緒に生きていけるだろぉ

ちゃんだから・・・外で・・・ひとりでも適当に生きていけるだろぉ

てな感じで・・・安易に破棄する人・・・やっぱり・・・後を絶たない・・・

登録制度ないから・・・破棄しても・・・バレなしぃ・・・

優しい人に・・・拾って貰って・・・てな人・・・やっぱり・・・後を絶たない・・・

 

そして・・・そして・・・昨年末からの・・・

今までにないほどの・・・ちゃんブーム・・・・・

ペットショップ・・・ショーウィンドー・・・ちゃんスペース・・・どんどん増えてるぅ・・・・

 

無責任な飼い主の・・・尻拭い

ちっちゃな「命」・・・商売道具にしてる・・・ブリーダーの尻拭いの悪循環・・・

なら・・・ちゃん登録制度・・・作るとか・・・

ペットショップでの「生体販売」禁止する・・・とか・・・

行政にしか出来ないこと・・・

行政だからこそ・・・できること・・・あるんじゃないかなぁーーー

殺処分数・・・減らすための努力も・・・もちろん大切だけど・・・

「蛇口」閉めるための法規制・・・両立する方法・・・・ないのかなぁーーー

 

 

で・・・・・・殺処分数・・・発表の度に・・・思うこと・・・

26年度全国殺処分数・・・あくまでも・・・行政による殺処分数

法改正に伴い・・・基本飼い主からの行政引き取り拒否・・・できるようになって・・・

法改正に伴い・・・ブリーダーからの行政引き取り拒否・・・できるようになって・・・

一方で・・・

ブリーダー不要犬猫・・・引き取り業者・・・出てきて・・・

山中や離れた場所への・・・遺棄増えて・・・

行政殺処分数の上に・・・計上すらして貰えない・・・

ちっちゃな「命」・・・ちゃんたち・・・たくさん沢山いますぅ・・・

 

栄養不足で・・・ガリガリなのにぃ・・・

繁殖期の波壊れちゃって・・・年中・・・子供・・・産んじゃって・・・

必死で・・・育ててる・・・野良母さん・・・

 

可哀想な野良ちゃんのために・・・餌やりするけど・・・

避妊去勢手術までは・・・ムリ

どうせ・・・生まれた子供・・・生きていけないから

で・・・何のために生まれたのか・・・

暖かい手も家族も知らず・・・ボロボロになって・・・亡くなってく・・・ちっちゃな子供たち・・・

 

行政殺処分数の・・2倍3倍・・亡くなってく・・・ちっちゃな「命」

まだまだあるの・・・・現実・・・・

 

ワンハート大阪・・・保護ちゃんのためのシェルター・・・持ってなくって・・・

まだまだ未熟で・・・ちっちゃな団体・・・・

それでも・・・ワンハート大阪にしか出来ないこと・・・

ワンハート大阪・・・だからこそ・・・出来ること・・・

「26年度全国殺処分数」環境省・・・発表契機に・・・

少しずつ・・・少しずつでも・・・ますます・・・頑張ろぉ

 

人も・・・ちゃんもちゃんも・・・すべての「生きとし生けるもの」・・・

生きてて・・・良かったぁ

生まれてきて・・・良かったぁ楽しかったぁ

そんな風に思える社会・・・街・・・日本・・・世界になるよう・・・

これからも・・・みんなで・・・ちっちゃな「命」守っていきましょ

 

 

 

 

 

 

フリーマーケット参加決定

 1月23日(土) 時間 : 10:00~16:00

場所 : 堺浜シーサイドステージ・スワップミート

 

 2月6日(土) 時間 : 10:00~16:00

場所 : 花博鶴見緑地公園(水の館付属展示場)

 

 2月27日(土) 時間 : 10:00~16:00

場所 : 堺浜シーサイドステージ・スワップミート

 

 

ご支援・ご協力のお願い    「ご支援物資などなど・・・お願い

図々しいお願いで・・・ホントにホントに・・・心苦しいんですが・・・

以下のちゃん日用品・・・緊急ご支援のお願いですぅ

 猫ブランケット・・・ご不要になったブランケット or  毛布などありましたら・・・

ご支援頂くと助かりますぅ

 猫缶詰・・・成猫用であれば・・・銘柄特定ありません

 猫砂

 システムトイレ専用チップ

 

バザー用品のご協力などなど・・みなさんのお力 お貸しください

 支援物資送り先   〒587-0065 大阪府堺市美原区小寺750-1

  「動物愛護団体 ワンハート大阪」 宛     電話番号:080-9122-6737 

 

 

                                    

 

 

 お問い合わせ先

メールアドレス:oneheartosaka@mail.goo.ne.jp

電話番号: 080-9122-6737 

 里親さまお迎えについては・・・メールでの対応のみとさせて頂いておりますぅ

 

 

                                       

 

 

以下のちゃんたち里親募集で~す よろしくお願いしますぅ  

  

  

めちゃめちゃ人が大好き甘えっこ 穏やかな優しい女の子ですぅ 推定3才程度

避妊去勢手術近日予定

 

 

   

   

まだまだ怖がりさん

ゆっくり時間かけて・・お付き合いして下さる方にお願いしますぅ

 

 

   

  

 自分からスリスリごろごろないけど・・・

ちぃっちゃなかすれた声で・・・ぶにゃって挨拶してくれるツンデレ甘えっこさん

 

 

  

  

天真爛漫で陽気なんだけど・・・意外に淋しがり屋の甘えっこ

ホントはお膝の上・・大好き 遊んで貰うの・・・大好き  現在体重2.3k

 

 

  

   

ちょこまかちょこまかマイペースで・・・ちょっぴり不思議女史 な~んか・・・もこもこ感

らったった~の陽気な女の子 遊んで貰ったり・・・構って貰うの・・・大好き 現在体重 2.4k

 

 

   面談予定   

 

 

  

  

面談予定でしたが・・・急きょ・・・先方さまよりキャンセル 

陽気で明るくって・・・チョー甘えっこ 人が大好き 

人を見ると・・・遊んでくれるのぉ~って・・大喜びで突進

 

 

 

   

生まれた時から・・・人の傍にいたので・・・かなりの甘えん坊 肩乗りアピール満載

最初は・・・そっと人の傍に寄り添って・・・様子見な慎重派 マイペースな男の子

 

 

   

  

まだまだ怖がりで・・抱っこ苦手だけど・・・ナデナデしてあげると・・・ゴロゴロ

玩具で遊ぶの大好き 缶詰やおやつの時間だけ・・・傍にやってきてスリスリ

 

 

  

  

いつも・・・なんだかちょっと困った顔の・・物静かな甘えっこ 目が合うと・・・

小さな声で・・にゃっってお返事してくれますぅ ナデナデ大好き・・・で・・そのまま爆睡

避妊去勢手術済  現在体重 2k程度

 

 

  

  

抱っこは苦手だけど・・・大好きな缶詰・・・ちょこんと座って催促   現在体重3k弱

ストーカー並みについてきて・・・気が向けば・・・お膝の上  とっても健気な女の子

 

 

  

  

誰にでもスリスリ めちゃくちゃ甘えん坊 

肩乗り・・・抱っこ・・・催促満載 ちょっぴりお喋り

 

 

  

  

自分から抱っこせがんだりしないけど・・・抱っこしてあげると・・・いつまでもゴロゴロ

人が大好きな・・・陽気で・・・ひょうきんな女の子 優しい・・甘えっこ  現在体重 3.4k程度

 

 

   

片目失明・・成長して・・・おっとりてか・・キミ・・でっかくなってるじゃん 別猫さん

物静かで・・・ホントは甘えっこなんだけど・・・抱っこ苦手でシャイな女の子

 

 

  

左目白濁で失明・・抱っこ大好き・・・チョー甘えっこ 現在体重 3.4k

可愛い声で・・・一日一回は・・首元チュッパチュッパ要求する・・・キス魔 

 

 

里親ご希望の方は・・・  譲渡条件があります。

ご希望の方は 「譲渡までの流れ」をよく読んで戴いて・・「譲渡条件 & お願い」ご確認の上

お問い合わせ先:oneheartosaka@mail.goo.ne.jp まで お知らせ下さい。

よろしく お願いします。

コメント (1)

25年度全国殺処分数・・・

2015-04-19 08:46:37 | 殺処分数

こんにちはぁ~ですっ

 

実は・・・

個人的に・・・「26年度全国殺処分数」・・・環境省からの発表・・待ってたんですぅ

昨年・・・このブログで・・・「24年度全国殺処分数」・・・紹介させて頂きましたぁ

本来なら・・それに続いて・・・「25年度全国殺処分数」が当然

なんだけど・・・

世の中・・・変化変動・・スピード・・・かなりアップしてて・・・

環境省の発表・・・一昨年のデーターって古い

 

ここ1年

行政の方々の努力・・・愛護団体さまや個人活動家の方々の努力・・・

めっちゃ著しくって・・「26年度全国殺処分数」・・・

もっと変わってるはず

ってな思いあって・・・期待もあって・・・

ずっと「26年度全国殺処分数」環境省発表・・・待ってたんだけど・・・

 

でも・・「25年度全国殺処分数」環境省発表・・・内訳・・・

26年度への方向性出てるぅ

で・・・ちょっぴり検証

あっ下の数字・・・環境省発表・・・資料もとにしてますぅ

数字記載等・・・間違いあったら・・・教えて下さい

 

ってことで・・・まず・・・25年度全国殺処分数・・・

犬殺処分数・・・28.570頭    うち幼齢犬・・・4.373頭

猫殺処分数・・・99.671頭    うち幼齢猫・・・59.712頭

 

過去データーから見ると・・・

殺処分数・・・

22年度 20万  23年度 17万  24年度 16万  25年度 128.241 

犬殺処分数・・・・

22年度 5.1万  23年度 4.3万   24年度 3.8万  25年度 28.570 

猫殺処分数・・・・

22年度 15.3万   23年度  13.1万   24年度 12.3万  25年度 99.671

ちゃん・・・1万頭・・・減ってるねっ

ちゃん・・・2.3万頭・・・減ってるぅ

 

全国的に・・・殺処分減少・・・方向

嬉しいですねっ

 

で・・ちょっと内訳・・・

25年度・・・全国行政による・・・「譲渡数」・・・

ちゃん・・・ 千葉県  1.024頭

ちゃん・・・ 北海道 1.492頭

行政の方々・・・愛護団体や個人活動家の方々の・・・

めちゃくちゃ頑張られた・・・努力の結果だよねっ

凄いよねぇ~~~

 

一方・・・25年度・・・全国行政による・・・「殺処分数」・・・

ちゃん・・・ 茨城県  2.102頭  うち幼齢・・・811頭

         香川県  1.932頭  

ちゃん・・・ 兵庫県  3.221頭  うち幼齢・・2.492頭

          沖縄県  2.826頭  うち幼齢・・913頭

          福岡県  2.658頭  うち幼齢・・1.986頭

 

ちゃん殺処分多い・・・茨城県・・・・幼齢殺処分少ない割には・・・殺処分数多い・・・

ってことは・・・野犬が多い

だから・・・今・・・行政の方々・・・

野犬・・・一生懸命・・・捕獲してるぅ 

で・・・殺してるぅ

噛むから 人に慣れないから 病気もってるから

でも・・・もともとの野犬なんて・・・今の日本には・・いなよねぇーーー 

 

ちゃん殺処分・・・兵庫県・・・ダントツだねぇーーー

しかも・・・幼齢の殺処分も・・・かなり多い・・・・

ってことは・・・地域猫活動・・・TNR活動・・・進んでないのぉ

破棄されて・・・産まれては・・・捕獲されて・・・殺されてるぅ

つまり・・・放置状態ってこと

ちなみに・・・

殺処分全国ダントツTOPの・・・兵庫県・・・・

犬猫受け入れ総数・・・4.186頭

犬猫譲渡数・・・204頭

犬猫殺処分・・・3.906頭

やっぱ・・・野良ちゃん・・・ほとんど・・殺処分ってこと

野良ちゃん産み落とした・・・ちっちゃなちゃん・・・ほとんど殺処分ってこと

でも・・・知ってる・・兵庫県在住の・・・団体さまや個人活動家の方々・・・

野良ちゃん・・・TNR活動や譲渡活動・・・めちゃめっちゃ頑張ってらっしゃるよ

兵庫県・・・他の都道府県に比べ・・・

野良ちゃん総数・・・はるかに多くって・・・

団体さまや個人活動家の方々・・・行政の方々・・・

必死で頑張って・・・ちっちゃな「命」「生かす方向」に頑張ってらっしゃるけど・・・

それでも追い付かないから・・・全国ダントツトップの殺処分数ってこと

 

 

二番目に殺処分多い・・・沖縄県・・・

確か・・・今年始め大きな団体さま・・・一斉TNRされたって

26年度は・・・殺処分減ってるかなぁ~~~

 

総数的に・・やっぱちゃん捕獲・・・受け入れ・・・殺処分・・・多いねぇ・・・

 

以下・・・個人的趣向で・・・ランダムに・・・

ちゃん受け入れ数から・・・殺処分の割合・・計算してみたぁ~~

北海道・・・・40%の殺処分(受け入れ:2.527  殺処分:1.018)

茨城県・・・・91%殺処分・・・(受け入れ:2.880  殺処分:2633)

滋賀県・・・92%殺処分・・・(受け入れ:789  殺処分:730)

京都府・・・92%殺処分・・・(受け入れ:1.216   殺処分:1.140)

大阪府・・・96%殺処分・・・(受け入れ:1.790   殺処分:1.716)

兵庫県・・・97%殺処分・・・(受け入れ:3.318   殺処分:3.221)

奈良県・・・98%殺処分・・・(受け入れ:1.413  殺処分:1.389)

和歌山県・・・なんか総数・・・合ってなくって・・・受け入れ総数よりも殺処分の方が多い・・・

ってことで・・・100%  (受け入れ:1.951   殺処分:1.964)

大阪市・・・95%殺処分・・・(受け入れ:2.677   殺処分:2.552)

堺市・・・74%殺処分・・・(受け入れ:204   殺処分:151)

高槻市・・・91%殺処分・・・(受け入れ:105   殺処分:96)

豊中市・・・99%殺処分・・・(受け入れ:151   殺処分:150)

東大阪市・・・98%殺処分・・・(受け入れ:406   殺処分:400)

神戸市・・・97%殺処分・・・(受け入れ:1.264   殺処分:1.230)

西宮市・・・73%殺処分・・・(受け入れ:135    殺処分:99)

尼崎市・・・19%殺処分・・・(受け入れ:878    殺処分:171)

熊本市・・・6%殺処分・・・(受け入れ:208    殺処分:12)

旭川市・・・31%殺処分・・・(受け入れ:523   殺処分:163)

さいたま市・・・40%殺処分・・・(受け入れ:328   殺処分:137)

千葉市・・・30%殺処分・・・(受け入れ:214   殺処分:64)

相模原市・・・5%殺処分・・・(受け入れ:75   殺処分:4)

長野市・・・14%殺処分・・・(受け入れ:144   殺処分:21)

 

この数字・・・ご覧になって・・・みなさん・・・どう思われますかぁ

 

殺処分ゼロ目指して・・・必死の努力されてる自治体・・・都道府県・・・

ある程度・・・はっきりしてきますよねぇ

で・・26年度・・・殺処分ゼロ達成された都道府県・・・あるそぉ

凄いよねぇーーーー

立派だなぁーーーーって感動するぅ

ただのスローガンだけじゃなくって・・・

その目的達成のために・・・民間・・行政・・・柔軟に力合わせて・・

言葉では言い表せられないほどの・・・努力の積み重ね

だと・・・思う

 

一方で・・・殺処分ゼロ・・・継続する難しさ・・・痛感しちゃう

でも・・・目的達成するために・・努力されてる姿勢

ちっちゃな「命」・・・ひとつひとつ大切に・・・慈しむ・・・その気持ち

それさへあれば・・・必ず・・・殺処分ゼロが・・・当たり前になるよねぇ

 

やっぱ・・・野良ちゃんのTNR活動の・・10年単位での継続・・・

地域猫活動の・・10年単位での継続・・・

行政はもちろん・・・団体さまや個人活動家の方々の・・・

地道な継続活動・・・功を奏してるの実感だよねっ

ただ可哀想・・・だけじゃ続けられない・・・立派な行動だよねぇ

事務的・・・業務的・・じゃ・・・目的達成には及ばない・・

強い意志もって・・・積極的活動・・・立派だよねぇ

 

 

でね・・・全国で・・・二か所・・・

返還数0 譲渡数0・・ってな都道府県・・・あったぁ・・・・

それって・・・一切・・譲渡せず・・・飼い主への返還もせず・・・

持ち込まれたり・・・受け入れたちゃん・・・すべて殺処分ってこと

和歌山県・・・総数合ってないけど・・・

10頭・・返還・・・35頭・・譲渡って記載されてるぅ・・・

それとも・・・返還数0 譲渡数0の都道府県って・・・・

ちゃん受け入れも・・・0ってこと

てな訳ないかっ・・・・・

 

 

でね・・嬉しいのは・・・

ちゃん殺処分数・・・・25年度・・・尼崎市・・殺処分1頭

ブリーダーからの不要犬・・受け入れ殺処分してた事件発覚以来・・・

行政中心に・・動物愛護推進委員監修のもと・・・

殺処分ゼロ目指して・・・実行して下さったんだねっ

千葉市・・・仙台市・・・川崎市・・・旭川市・・・共に・・・殺処分2頭

地元の団体さま・・・個人活動家の方々の努力の賜物だよねぇ

もう少しで・・・殺処分ゼロ

やっぱ・・・26年度・・・環境省発表・・・楽しみだねっ

 

で・・・ちゃん殺処分数・・・相模原市・・・4頭

67頭の幼齢ちゃん・・・受け入れて・・・

63頭の赤ちゃん・・・無事・・・飼育・・・育てて・・譲渡してるっ

凄いよねぇーーーーー

 

幼齢ちゃん・・・育てるの・・・めっちゃ難しい・・・

幼齢ちゃんって・・・ほとんど・・・目も開いてない・・・ヘソの緒ついてるぅ・・・

ちゃんの栄養状態・・・野良生活・・長ければ・・・母体状態・・悪くなる・・・

ちゃんの母乳・・・飲んでない可能性・・・大きい・・・

保護されるまでの・・・悪環境・・・

幼齢だから・・・余計に・・・その悪環境の影響・・・全身に受けちゃう・・・

どこに行くのも連れ歩いて・・・・・

2時間から3時間置きの授乳しなけりゃいけない・・・

さっきまで・・・元気にミルク飲んでたのに・・・急に・・ぐったりてなことも多々・・・

行政の職員さんだけじゃ・・・かなり難しい・・・

民間団体や個人活動家の方々の・・・大きな協力・・・あったんだねぇ

民間と行政・・・力合わせて・・・

ちっちゃな・・目も開いてない・・・ヘソの緒ついたちゃん・・・育てて・・・譲渡していくっ

めっちゃ難しいこと

その難しいこと・・・乗り越えて・・実行されてるぅ

凄いよねぇーーーーー

ちっちゃなちっちゃな「命」・・・ひとつひとつ大切に・・・慈しみ・・・生かしていく・・・

地味で・・・手間と時間と努力・・惜しまず・・・

そんなステキな人たちが住んでる街

きっと・・・住民ひとりひとりにも・・・優しい思いやりのある街だよねっ

で・・・もう少しで・・・殺処分ゼロ

やっぱ・・・26年度・・・環境省発表・・・楽しみだねっ

 

ある最終処分施設に委託された・・・愛護団体の方・・・

月齢の小さなちゃん・・・育てるのは無理ですっって・・・

はっきり公言されてたぁ・・・・

ある獣医さま・・・ちゃんレスキューには手を出すなっ

ちゃん・・・ちゃんに比べ・・人に懐くまで・・・難しい・・・

ちゃん保護・・・きりがない・・・

だから・・・ちゃん保護には手は出すなっ

って・・・ご指導頂いたことあるぅ・・・

 

でも・・・相模原市の25年度の状況・・・拝見したら・・・・

ちゃんの殺処分数ゼロも・・・必ず・・達成できるっって思うよねっ

 

ちっちゃなちっちゃな「命」・・・ひとつひとつ大切に・・・慈しみ・・・生かしていく・・・

地味だけど・・・手間と時間と努力・・惜しまず・・・

その継続・・・惜しまず・・・

そんなステキな人たちが住んでる街

住民ひとりひとりにも・・・優しい思いやりのある街

そんな街・・・どんどん増えたら・・・・いいなぁ~~~

そんな日本に・・・そんな社会に・・・なったらいいなぁ~~~

 

行政の・・・手が届かない部分・・・

愛護団体や個人活動家の方々の・・・協力・・・頂いて

愛護団体や個人活動家の方々の・・・手が届かない部分・・・

行政の・・柔軟なお力・・・お借りして

愛護団体同士 個人活動家の方々同士・・行政・・・

それぞれの垣根・・・取っ払って

ちっちゃな・・ちっちゃな「命」・・・生かされる社会になれば・・いいなぁ~~

 

今・・・各都道府県の方々も・・・その社会・・・目指して・・・頑張って下さってるぅ

ちゃんの保護活動・・・きりがない・・・とか・・・

ちっちゃなちゃん・・・育てるの・・・無理・・・とか・・・

その「命」・・・諦める切り捨てるんじゃなくって・・・

その「命」のために・・・努力・・・惜しまない社会・・・

そんな社会の実現・・・だんだん・・・現実味・・・帯びてきたねっ

嬉しいなぁ~~~~

「26年度全国殺処分」・・・「27年度全国殺処分」・・・環境省の発表・・・

めっちゃ楽しみだねぇ

そのうち・・・「全国殺処分」環境省発表・・・な~~んてもなくなるぅ

うひょっひょひょ

いいじゃんいいじゃん

 

人も・・・ちゃんもちゃんも・・・すべての「生きとし生けるもの」・・・

生きてて・・・良かったぁ

生まれてきて・・・良かったぁ楽しかったぁ

そんな風に思える社会・・・街・・・日本・・・世界になれば・・いいねっ

 

 

 

 

フリーマーケット参加決定で~~すっ  

 日時 : 4月25日(土) 10:00~16:00 

場所 : 花博公園フリマ

(大阪市鶴見区緑地公園・花博記念公園鶴見緑地 ハナミズキホール付属展示場)

大きな公園の中での・・フリーマーケット

少し離れた場所には・・ワンちゃんお散歩もできる公園も

 

 

ご支援・ご協力のお願い    「ご支援物資などなど・・・お願い

 

以下のご支援ご協力・・・緊急でのお願いですぅ

 子猫用ミルク

 哺乳器用乳首 細口タイプ 

 子猫用レトルトパウチ

 使い捨てカイロ・・・時期的に・・市販されてない可能性ありますぅ

ご自宅にて未使用の物あれば・・・是非ご支援下さい

図々しいお願いで・・・ホントにホントに・・・心苦しいんですが・・・

ご協力ご支援・・・よろしくお願いしますぅ

 

フリーマーケットもどんどん参加する予定

バザー用品のご協力などなど・・みなさんのお力 お貸しください

 支援物資送り先   〒599-8111 大阪府堺市東区日置荘北町20-1

  「動物愛護団体 ワンハート大阪」 宛     電話番号:080-9122-6737 

 

 

                                    

 

 

以下のちゃんたち里親募集で~す よろしくお願いしますぅ 

 

  

  

めっちゃ穏やかで・・お淑やか 食欲旺盛で・・ちょっぴり怖がり  スリスリ大好きの甘えっ子

男の子・・ちょっぴり苦手だけど・・・・気の優しい女の子ですぅ   1才半程度

 

 

  

  

片目失明・・でも陽気で明るい・・少々お転婆な女の子 

玩具で遊ぶの大好き見える目でよ~~く定めて・・ジャンプ ちょこちょこ探険家

最近・・・めちゃくちゃ甘えっ子 スリスリ娘になりましたぁ

  

 

  

   

破棄された後・・カラスに突かれたようで・・・左目白濁で失明・・眼球溶解

日常生活には全く支障なし 陽気で明るい性格ですっ 可愛い声で啼く・・キス魔 

一日・・一回は・・抱っこのチュッパチュッパ要求ですぅ 

 

 

  

  

 小さなおメメで・・抱っこ~~~ 遊んでぇ~~ ご飯ちょうだいのアピール  

めちゃ甘えたさん ゴロンで・・喉元ナデナデしてあげると・・・そのまま爆睡

 

 

 

 

遊ぶの大好き 好奇心旺盛で・・甘えん坊の癖に・・・ちょっぴりシャイ

現在・・・めちゃくちゃ元気で・・白血病関連の発病恐れ・・全くなし 体重4K越え   

 

 

 

  

食欲旺盛で・・とっても元気遊んで貰うの大好き めちゃくちゃ甘えん坊 

 

  

 

里親ご希望の方は・・・  譲渡条件があります。

ご希望の方は 「譲渡までの流れ」をよく読んで戴いて・・譲渡条件 & お願い」ご確認の上

お問い合わせ先:oneheartosaka@mail.goo.ne.jp まで お知らせ下さい。

よろしく お願いします。

コメント (1)

24年度全国殺処分数・・・

2014-03-09 18:38:19 | 殺処分数

こんにちはぁ~で~すぅ

先日・・・お友達の絵の展示会を見に行ってきましたぁ・・・・

花の絵に・・・ホントのお花が満載    春ですねぇ~

確定申告などなど・・春は・・締めくくりの時

というわけで・・今年も・・・

環境省から「24年度 犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況」が公表されましたぁ・・・

殺処分数・・・

犬・・・・3.8万・・・うち幼齢個体・・・0.7万

猫・・・・12.3万・・・うち幼齢個体・・・8.2万

この「幼体個体」ってのは・・・「離乳していない個体」だそう・・・・

つまり・・

目も開いてない・・・母体のおっぱいしか飲めない・・ホントにちっちゃ子犬ってことだよねぇ・・・

1歳未満の・・・離乳食中のちゃんやちゃんは・・・「幼齢個体」ではない・・ってこと・・・

どっちにしても・・・やっぱりダントツにちゃんの殺処分数が多い・・・・

 

過去の数を見たら・・・

殺処分数・・・22年度 20万   23年度 17万   24年度 16万

犬殺処分数・・・・22年度   5.1万    23年度 4.3万    24年度  3.8万

猫殺処分数・・・・22年度 15.3万    23年度  13.1万    24年度 12.3万

減少はしてるけど・・・・23年度の大幅減少に比べると・・・24年度の減少は・・・少ない・・・・

 

なんでなんだろう・・・・

里親募集を運営して下さってるネットサイトでも・・・毎日・・・新しい募集記載がアップされてる・・・

ペット飼育人口が・・・飽和状態

でも・・・ペット産業・・・生体販売は・・・相変わらず・・繁盛してるぅ・・・・

 

で・・・・・・細かい数字を調べてみたぁ・・・・

「犬猫の引取」について・・・・

飼い主からの持ち込み・・・・・・

犬・・・およそ1.7万・・・うち「幼体」は・・0.3万

猫・・・およそ3.2万・・・うち「幼体」は1.9万・・・・・犬猫合計・・・およそ4.9万

 

そして・・所有者不明・・・つまり・・・飼い主が分からない・・・

犬・・・およそ5.5万・・・うち「幼体」が・・1万

猫・・・およそ10.5万・・・うち「幼体」8万・・・・・・犬猫合計・・・およそ16万

 

数年前までは・・・行政最終処分施設での殺処分のうち・・・

60%は飼い主からの持ち込みって言われてた・・・

でも・・・この数字だと・・・「所有者不明」のちゃんちゃんの方がはるかに多い・・・

つまり・・・野良や野良の行政による捕獲が多いってこと

通常・・・野良ちゃんは・・・地域からのクレームがない限り・・・行政は捕獲しない・・・

野良ちゃんの不妊去勢手術を行って・・・

その地域で見守るっていう「地域猫活動」「まち猫活動」推進とかで・・・

大人の野良ちゃんを捕獲する行政は少ない・・・・

 

飼い主の意識が向上して・・・

このちゃん・・・病気だから殺して下さい・・・とか・・・

このちゃん・・・年を取ったから殺して下さいっていう・・・飼い主が減って・・・・

迷子ちゃんや迷子ちゃん・・・野良ちゃんや野良ちゃんが増えてるってこと

それとも・・・それとも・・・

あんまり考えたくないけど・・・

このちゃん・・・病気だから殺して下さいと行政に持ち込まず・・・捨ててる

このちゃん・・・年を取ったから殺して下さいと行政に持ち込まず・・・ただ捨ててる

うちのちゃん・・・子供産んじゃったから・・・

で行政に持ち込まず・・・段ボールに入れて・・捨ててる

それって・・・誰かが拾って・・・助けてくれるって思ってる

殺して下さいって行政に持ち込んだら・・・残酷だから・・・・黙って・・捨ててる

それって・・・飼い主の意識向上とは言えないんじゃん・・・・・・

 

 

迷子ちゃんや迷子ちゃんの・・飼い主が分かって・・・その飼い主にお返ししましたぁ~の数・・・

犬・・・1.6万・・・うち幼体96個体

猫・・・・295個体・・・うち幼体58個体

合計・・・16.452個体・・・・この数字は・・全国でだよぉ・・・

つまり・・・迷子ちゃんの場合・・・飼い主に戻るケースはあるけど・・・・

迷子ちゃんの場合・・・飼い主に戻るケースは・・・ほとんど無いってこと・・・

ってことは・・・やっぱり・・・ただ捨ててる

 

やっぱり・・・ちゃんちゃんの生死は・・・の都合・・・・・

拾って貰ったが・・・いい人だったら・・・生きられるけど・・・・

拾って貰ったが・・・いい人じゃなかったら・・・殺される・・・・

拾って貰わなければ・・・・そのまま・・・餓死 病死 事故死

 

そして・・・多くの行政でも・・・殺ろすのではなく生かす方向で・・・っていう法改正を受けて・・・

積極的に譲渡活動もされてる・・・・

で・・・ちゃんの譲渡数・・・・全国で・・・1.7万・・・うち幼体0.6万

ちゃん譲渡数・・・全国で・・1.5万・・・うち幼体1.7万

ちゃんの場合・・・殺処分数の半分くらいが・・・新しい家族に

でも・・ちゃんの場合は・・・殺処分数の・・1割程度だけ・・・

しかも・・・そのほとんどが・・・離乳食前の子ちゃん・・・・

ってことは・・・

生後2週間以上3週間以上の子ちゃんたちは・・・・・すべて殺されてる・・・ってこと・・・・

 

 

うちのちゃんが・・・勝手に外に出て・・・うちの中で子供産んじゃって・・・・

行政に持ち込んだら・・・殺されて・・・可哀想だから・・・・

誰かが助けてくれるかも・・・誰かに拾って貰って・・・育てて貰ったら・・・・ってこと・・・・

突然・・・かあさんちゃんから引き離されて・・・・捨てられて・・・・

恐怖と不安と・・・飢餓と孤独と・・・そんな中で・・・必死に生き抜いてきたちゃん・・・

野良だからって・・・捕まえられて・・・集められて・・・・殺されてる・・・ってこと・・・・

 

そして・・・この数は・・・全て 行政環境省で発表された数だけ

実際に・・・亡くなってるちゃんやちゃんは・・・計り知れないんですぅ

 

ちゃんやちゃんを飼っている飼い主さん

どうか・・・その子の最期まで・・あなたの傍に置いてあげて下さい

仔犬や子猫が生まれて・・・育てられないのなら・・・・

ちゃんと不妊去勢手術をしてあげてください

身体に傷をつけて可哀想だとか・・自然のままがいいんじゃないかっとか言って・・・

ちっちゃい「命」が傷ついたり・・・捨てられたり・・・殺されるのは・・・もっと残酷

 

あなたの傍で・・・安心して眠ってるちゃんも・・・

お日様ポカポカ当たる場所で・・・伸びて・・眠ってるちゃんも・・・あなたの家族です

同じ命 ちっちゃい命 みんなで力を合わせて・・・守っていきましょ

1匹のちゃんも・・1匹のちゃんも・・・

知らない・・暗いところで亡くなっていくことがないよう・・・

「安楽死」と言われて・・ガス室に入れられ・・苦しみ死んでいくことがないよう・・・

突然・・・恐怖と不安と飢餓と孤独の中に放り込まれ・・・亡くなることがないよう・・・

ちっちい「命」 ひとつひとつが・・・もっともっと大事にされる社会になるよう・・・

幸せな団子が・・沢山たくさん見られる社会になりますよう・・・・

24年度全国殺処分数・・・公表をきっかけに・・・どうか・・皆さんのお力・・お貸しください

 

 

 

嬉しいお知らせをひとぉ~つ

団体HPが作成されましたぁ~~

まだまだ未完で・・・ですが・・・

これから・・少しずつ少しずつ・・改善改良したいと思ってますぅ

団体HPにアップして欲しいなぁ~なんてご提案があれば・・・是非 ご意見ご指導下さいねっ

 

 

 

3月16日(日) 「神戸猫ネット合同譲渡会」参加しますぅ

「小夏」ちゃん   

「さんま」ちゃん   

良かったら・・是非 直接 抱っこしに来てやってください

       時間:午後1時~午後3時まで

場所:神戸市中央区浪花町59番地 (神戸朝日ビル21階) 株式会社 フェリシモ商談室

主催 :特定非営利活動法人 神戸猫ネット     協力 :株式会社 フェリシモ 猫部 様 

 

 

 

フリーマーケットに参加しま~~すぅ

  ちゃんの医療費 飼育費を確保するために・・・ 

 

日時 : 3月15日(土)10:00~16:00 <雨天振替・・・3月22日(土)>

場所: サンシャインワーフ神戸 サンシャインガーデン

         〒658-0027 兵庫県神戸市東灘区青木1丁目2-34

がすぐ傍にあって・・・駐車場もたくさんあって・・・

ショッピングや遊ぶところ・・・お食事するところも満載

ご家族揃って・・・是非・・遊びがてら・・覗いてみて下さい

 

日時 : 3月22日(土) 10:00~16:00 < 雨天振替・・・後日お知らせ>

場所 : 堺浜シーサイドステージ・スワップミート

の近く・・・温泉やゲームコーナー お食事場所もあって・・・

たっくさんのフリーマーケットが並びますぅ

見てるだけでも・・・めっちゃ楽しいよぉ

 

ワンハート大阪の目印   ご参加  お待ちしてます

3月15日(土)サンシャインワープ雨天延期の場合・・・

堺浜シーサイドステージ・スワップミートと重なりますが・・・・

メンバー手分けして・・・両場所とも参加する予定ですっ

是非 お近くの会場へ・・・お越しください

 

合わせて・・・バザー用品のご協力 ご支援 お願いします

 支援物資送り先 

   〒599-8111 大阪府堺市東区日置荘北町20-1

       「動物愛護団体 ワンハート大阪」 宛   電話番号:080-9122-6737 

なお・・・避妊去勢手術証明書などの郵送は・・・今までとおり・・・以下住所までお願いします

   〒574-0014 大阪府大東市寺川郵便局止め

      「動物愛護団体ワンハート大阪」 宛

  

 

以下のちゃんたち・・・里親募集で~す どうぞ よろしく お願いしますぅ 

 

    

     

マイペースで好奇心旺盛 抱っこは苦手だけど・・人の周りをチョコチョコ

玩具で遊んで貰うの大好きで・・・何かに集中すると・・・いつも 舌がちょろん 

 

   

    

  

好奇心旺盛で なかなかのお転婆 とっても人懐っこくて・・人が大好き

右目白濁が残っていますが 視力はあります めちゃくちゃ元気ですぅ 

 

   

     

  

 とっても甘ん坊で・・・人もちゃんも大好き 良く遊び・・とっても元気です

左目眼球がありませんが・・普段の生活に支障なし 

 

  

  

エイズ・白血病検査ともに陰性・ワクチン接種済・去勢手術済  

 

 

右目に混濁・・でも ちゃんと視力はあります 去勢手術済  

  

  交通事故の後遺症で 左足が曲がりません 

でも足引きずりながら・・しっかり歩いてます 去勢手術済  

    

   <エントリー保留> 

交通事故の後遺症で 後ろ足がよれ・・・耳が聞こえていない・・目も見えていないことが分かりました

この子に残された感覚は・・臭覚だけ それでも 自分でちゃんとご飯食べてますぅ 去勢手術済

  

   

<エントリー保留> 左前足負傷で・・関節が折り曲がって・・固まってしまってます。

たぶん 交通事故の後遺症で・・・筋肉がつかない・・など様々な症状が出てきています

それでも・・・ちゃんと 自分でご飯たべて・・ウンチも補助して貰いながら・・頑張ってますぅ  

 

 

里親ご希望の方は・・・  譲渡条件があります。

ご希望の方は「譲渡までの流れ」 を読んで戴いて・・譲渡条件 & お願い」をご確認のうえ

お問い合わせ先:oneheartosaka@mail.goo.ne.jp まで お知らせ下さい。

よろしく お願いします。

  

 里親さまのおひざの上にお届けした猫ちゃんたち☆

こちらも ワンハート大阪の大事なメンバーたちですっ

 

 

                                          

 

 

猫ちゃんを家族に迎えるのは難しいけど・・・私もなにか手伝いたい

そう思ってくださってるあなた

支援金、支援物資のご協力をお願いします

支援物資のご協力  (バザー販売を実施し、犬猫の治療費、去勢不妊手術費用に充てたいと思います)  

〒599-8111 大阪府堺市東区日置荘北町20-1   

    「動物愛護団体 ワンハート大阪」 宛      電話:080-9122-6737

支援金のご協力  (行政機関に持ち込まれる犬猫たちは、様々な病気を抱えている場合が多く、

また産まれたての仔猫の場合、体調が安定するまで数ヶ月かかり、それらの飼育費用、治療費に充てたいと思います)

  ご協力金送金先:ゆうちょ銀行 郵便口座:14040-66629351 動物愛護団体ワンハート大阪

  他の金融機関からの場合:店番408 (よんぜろはち) 普通預金 口座番号 6662935

コメント

23年度全国殺処分数が発表されました!

2013-03-23 13:27:04 | 殺処分数
こんにちは~「た~にゃん」ですぅ
 
すっかり春ぅ~~でしょうかぁ このまま 本物の春ぅ~になってくれたら 嬉しいですねぇ~~
 
こんな陽気の日は 猫さんとお昼寝がいちばんですぅ
 
 
さてさて 23年度全国殺処分数が公表されました
 
行政による犬・猫殺処分数
 
22年度    20万頭           23年度   17万頭 
 
大幅減少です
 
行政をはじめ 多くの愛護団体、個人ボランティアの方々、獣医様などなど
 
みんなの 「殺したくない」という思いの結集ですね
 
殺処分ゼロ も 夢じゃないですねっ
 
その実現に むけて・・・ さらに みんなで力を合わせて  がんばりましょっ
 
 
 
で、犬の殺処分数は・・・・・・・
 
22年度   51,964頭        23年度   43,606頭  
 
 
そして 猫の殺処分数は・・・・
                           
22年度   152,729頭       23年度   131,136頭          

 
そしてね・・・・・・
 
「猫に関してはTNR先行型事業が各地で行われ2万頭以上の減少が見られます。」と記載されています・・・・

 

確かに・・・・確かに  一年間で 2万頭の殺処分を減らすのは 凄いことですよねぇ
 
でねっ・・・・ 
 
23年度の犬の殺処分数   43,606頭 のうち  幼齢犬の殺処分数は・・・・7,486頭 
 
そして・・・猫の殺処分数  131,136頭 のうち 幼齢猫の殺処分数は・・・・82,322頭 
 
 
犬と猫の殺処分数の違いに まず 
 
犬1頭 : 猫3匹 の割合で 殺処分されている計算になります・・・・・
 
そして・・・幼齢犬:幼齢猫の割合は・・・なんと  12倍 です
 
 
そして・・・猫殺処分数では 63%が 1歳未満の子猫 です
 
 
 
 
つまり・・・ワンちゃんの場合
 
年を取ったから・・・
 
病気になったから・・の飼い主による持ち込みで殺処分が多い・・ということでしょうかぁ
 
 
そして、猫さんの場合は 子猫の破棄放置による殺処分
 
 
野良猫さんが子供を産んで・・・の持ち込みによる殺処分
 
 
避妊していない飼い猫が子供を産んでしまって・・・の持ち込みによる殺処分
 
 
定期回収によって 野良猫さんが生んだ子猫の回収率が高い
 
 
 
そして・・・そして・・・一番 怖いのは・・・・
 
この殺処分数は あくまでも 行政の最終処分所で殺処分された犬猫の数ということです
 
 
老犬が 病気の犬が そのまま放置され・・・亡くなる
 
避妊していない飼い猫が子猫を産んで・・・飼い主が取り上げ・・・そのまま放置で・・・亡くなる
 
 
その数は 計り知れないんです  
 
 
 
ワンちゃんや 猫さんを飼っている飼い主さん
 
どうか その子の最期まで あなたの傍に置いてあげてください
 
仔犬や子猫が生まれても育てられないのなら・・・ちゃんと避妊手術をしてあげてください
 
あなたの傍で安心して眠ってるワンちゃんも 
 
お日様ボカボカ当たる場所で眠ってる猫さんも あなたの家族です
 
 
 
同じ命  みんなで力をあわせて  守っていきましょっ 
 
 
1頭のワンちゃんも 1匹の猫さんも 知らない、暗いところで亡くなっていくことがないよう・・
 
 
「安楽死」と言われながら、ガス室に入れられて・・苦しみ死んでいくことがないよう・・
 
 
生まれて目も開いていない子猫が ビニール袋に入れられて 息絶えていくことがないよう・・
 
 
23年度殺処分数の公表をきっかけに・・・どうか どうか 皆さんのお力、貸してください
 
 
そうそう・・・4月 「ワンハート大阪」フリーマーケットしますぅ
 
場所や時間は 後日のお知らせ
 
バザー用品などのご協力 いただけたら・・・嬉しいですぅ
 
   
                                     

私もなにか手伝いたいけど・・・なにか活動したいけど・・・と思ってるあなた

支援金、支援物資のご協力をお願いします

支援物資のご協力

(バザー販売を実施し、犬猫の治療費、去勢不妊手術費用に充てたいと思います)

  送り先:〒574-0014 大阪府大東市寺川郵便局止め  動物愛護団体ワンハート大阪

支援金のご協力

(行政機関に持ち込まれる犬猫たちは、様々な病気を抱えている場合が多く、

また産まれたての仔猫の場合、体調が安定するまで数ヶ月かかり、それらの飼育費用、治療費に充てたいと思います)

  ご協力金送金先:ゆうちょ銀行 郵便口座:14040-66629351 動物愛護団体ワンハート大阪

  他の金融機関からの場合:店番408 (よんぜろはち) 普通預金 口座番号 6662935

 

私たちはこんな活動をしています

★動物に関する啓蒙活動★今現在、動物たちが置かれている状況を伝えたい!

★里親捜し★行政処分所などからの犬・猫の引き出し

人間との信頼関係を回復させ、幸せな家族の一員になってもらえるよう送り出す活動を行います。

★地域猫・TNR活動★野良猫をむやみに殺処分するのではなく《 捕獲→避妊去勢手術→元の場所に戻す 》

この事によって、数の増加を防ぎ、一代限りの命を全うさせるための活動を行います。

★ドッグセラピー★老人ホームなどへ出向き、犬とのふれあいの場を提供していきます。

★他の愛護団体とのネットワーク作り★他の動物愛護団体との連携や情報交換を行います。

 
   
コメント