リリオーの日記

気が付いたことを書きます。

又、又、金曜日の話し

2006-07-30 22:34:18 | Weblog
先週も書いたけれど、北新地の金曜日は人通りが多くなってきた。
タクシーも忙しそうだ。営業が終わり、いつものタクシー乗り場
に行くと木曜日まではたくさん並んで客待ちしているはずのタク
シーはいない。ダ--と勢いよく御堂筋を走って止まろうとしな
い。今日は忙しい金曜日、乗る客は多い、それなら遠くまで帰る
上客を乗せようと走っている。そんな客は早々いないよ。
私みたいに毎日乗る客の方が、大事じゃないのと言いたくなるけ
れど止まってくれない。バブル時代までには戻っていないけれど、
少し思い出す感じだ。
でも、この前、乗ったタクシー運転手の話--
「僕は、タクシー待ちをしてくれているお客さまの前を素通りし
ない。お客さまを選ぶなんてとんでもない。お客さまが選んで下
さるんだから。運転手は土曜日、日曜日は、全然だめと言うけれ
ど、僕は一緒の売上をあげるんですよ、土曜日は何処を走ればお
客さまが待っているか、日曜日は--と解っているから、その場
所に行くんです。さぼらないですよ」
「偉いなあ、色々考えて走っているのね、勉強になるわ」と答え
た。私なんか、月曜日はだめなんです。土曜日なんてとんでもな
いと決めつけてしまっている。閑なら閑で何か方法はあるはずな
のに---。色んな人に教えてもらうわね。
今日はその運転手さんは何処を走っているかな。近くでもいやな
顔しないで、いつものペースで楽しく走っているだろうな。又、
乗せて欲しいと思う運転手さんだ。

チェンジアップ

2006-07-27 14:34:54 | Weblog
日経新聞の豊田泰光の辛口、なるほどと感心するコラムは好きで毎回
読んでいる。豊田は前にも書いたことがあるけれど西鉄ライオンズ時
代、大ファンだった。眉毛が濃く男前。野球を見るようになったのは
豊田のお陰だ。
でも、今日のコラムは--?新庄の行動はおふざけと見て支持してき
たけれど、電光板仕込みのベルトは余計、技を見せてくれるだけでよ
ろしいとあった。
私個人の意見としては良いんじゃないのと思う。ピッチャーの川上と
打ち合わせ済みでやっただって、球宴だからこそ出来ること。粋な計
らいの川上も好きになった。森本も楽しいパフォーマンスで沸かせた。
森本もファンの人に喜んでもらいたかった、でもそれだけではないと
本業もやらないとと頑張ったと言っていた。勿論、新庄も美技を見せ
てくれた。
10年?位前かな、球場にオールスター戦を見に行ったことがある。
その名の通り、スターを見に行っただけで、面白くなかった。
来年も今年のように面白くやって欲しいと思う。お祭りなんだから。
ベンチでの席次がしっかりしていた昔の球宴、今はなし、自由過ぎる
のも---とも書いてあった。これは言える。私達の世界も一緒だ。
何時の時代も守らないといけないことはある。


トラックバック (1)

となグラ!

2006-07-25 14:19:42 | Weblog
漫画本を見ますか?「コミックラッシュ」買って欲しい。
お客さまIさんの息子さんが2004年1月発売のこの雑誌で
デビューすると聞き、買い、今ではすっかりファンになっている。
分厚い本で490円安い。
ちょっと「オタク」ぽいけれど、だんだん慣れてくると、良いじゃ
ん、面白いじゃん、ストーリーもなかなかじゃん。
そう、思っていると同時に火がつき単行本となり、今月4巻目
が出た。とそして今度はテレビ化された。凄い!
初めて書いたコミックでこんなにヒットするなんて素晴らしい!
みんなもテレビを見て!昨日で2話目、13話まで続くという。
オープニング、エンディングテーマもなかなかの出来よ。1つ
のアニメでこんなに沢山の人たちが携わっているのかと感心し
つつ、心楽しくなるアニメと思った。そのタイトルは

「となグラ!」 作画 筧 秀隆 
関西方面の放送 
    サンテレビ  毎週月曜日  24:00~24:30
    KBS京都  毎週水曜日  25:30~26:00
         眠かったらビデオに撮ってね。 
単行本も買ってね ジュンク堂、紀伊國屋書店など。
お店にも置いていまーすよ。
雑誌は毎月26日発売




金曜日の夜

2006-07-23 15:29:29 | Weblog
北新地は忙しさが戻ってきたか?私の店は、ここ何年か横ばい。
悪いまま。全般的にもう一つと思うんだけれど、金曜日の通りは
賑やかになってきたみたいに思う。25時、26時になっても沢
山の人が歩いている。最近の金曜日は雑誌片手に通りを歩いてい
るサラリーマンやOLを見かける。食文化豊かというか、手頃な
値段で食べて飲んで、あとは気楽なスナックやカラオケボックス
で朝まで、北新地を楽しむ若者が多いと言う。北新地にカラオケ
ボックスが出来たときはびっくりしたけれど、今ではそれなりに
様になっていて、慣れると何ともなくなるんだと思った。この金
曜日も飲み過ぎて、苦しそうに倒れ込んで戻している人を見た。
私が入っている店のエレベーターの中が汚れていたことがあり、
後始末をする管理人さんが大変だった、通りで戻すと誰が掃除を
するんや、自分でしいやと思いながら、タクシー乗り場に歩いて
いく私。「バ-イ!又、来てや」とどこからか聞こえてきた。私
が働いていた店のママは深々と頭を下げて「有り難うございます」
とお送りしていた。私もずっと見習っているけれど「バーイ」か-
--。



巣立ちました。

2006-07-21 14:06:43 | Weblog
ともこは巣立っていきました。
Oさん、Yさんが送別会をして下さり、私、女の子達みんな集まり送った。
飲んだ。
今まで、数え切れないくらいの女の子がやめたね。それだけ入店して
いるってことだけど。移り変わりの激しい北新地。私も長くいすぎた
かな。未だ、短いかな?
この前、40年営業している店がある、いや、50年やっている店も
あると聞いた。凄いなあ。尊敬するわ。一度、連れて行ってとお願い
した。話を聞いてみたい。その時は報告するわね。

巣立っていきます

2006-07-20 13:47:51 | Weblog
今日で、1人、女の子(ともこ)が巣立っていきます。
5年半もの間、良く頑張ってくれました。色んな事に挑戦する子で朝
から夜中まで動いていましたね。今年になって少し、体をこわしたよ
うだけれど、若さで直ぐに快復。
(私なんか、倒れたらもう終わりだわ。だから倒れないように、飲ん
で気持ちを切り替えているの。オットー単なる飲みすけだけか)
真面目な子だから、これからも幸せな人生を送ると思う。頑張ってね!
このブログを今日、読んでくれた人、お店に集まれ!送ってやって!



ダーダーダーダダダダダン

2006-07-16 17:18:08 | Weblog
ダーダーダーダダダダダン ダダダダダン 哀愁を帯びて流れる
チターの調べ。今年4月の新聞で、アリダ・ヴァリ死す。出演作に
「第3の男」と載っていた。
どんなスターだったかと、有名な曲を思い出し見たくなった。
今、著作権が切れた映画は500円でDVD化し売っている。早速
買って見た。
モノクロでゆっくり流れていくストーリー、第3の男は誰?と興味が
深く、アリダ・ヴァリの上品な美しさに感銘し、並木道を歩いていく
ラストシーンは最高に感激した。
いつ頃からかタイトルは映画そのままのカタカナ。興業が悪いと日本
語に訳したタイトルが悪かったからになってしまいそうだし、現代社
会では英語は日常化しているから別に日本語に変えることはないと
聞いたことがある。バ、バ、えーとバイレーツ・オブ・カルビア---も
勿論良いけれど、逢い引き 旅情 ひまわり 哀愁 風と共に去りぬ
等々、日本語のタイトルで一層見たくなる映画はいっぱいあるよね。
ローマの休日も著作権が切れて安くなったんだって。安いから見ると
言うわけではないけれど---買うわね。
14日の誕生日で、昔見た映画をもう一度見たくなる年齢になったんだ。




赤い薔薇

2006-07-15 15:56:49 | Weblog
青色発光ダイオードの開発で青色の薔薇も出来て、私は、勿論、好き
だし、綺麗と思っているけれど---。
誕生日に頂いた赤い薔薇を花瓶に入れ眺めているの。ベランダから
入ってくる日差しを受けて赤色から深紅に変わってキラキラ光る薔薇。
心も燃えていく色、綺麗!ビューティフル!気に入った、私、薔薇は
赤と決めたわ。Aさん、有り難う!
他にも、胡蝶蘭やひまわり等、沢山頂いたの。Iさん、Xのママ、M
さん方々、有り難う。。7月14日を忘れず何時も来て下さる
Oさん、Iさん、Fさん方有り難う。汗をかきながら京都から駆け
つけて下さったOさん、有り難う。スタッフのみんなもプレゼント
を有り難う。やめた女の子達からもメールをもらった。有り難う。
当日、来て下さらなかったけれど気に留めて頂いている皆さん有り難う。
赤い薔薇を眺めながら、ビールを飲みながら、素麺を食べながら、
涙しながら、嬉しいと泣きながら、ながら、ながら喜んでいます。

嬉しい誕生日

2006-07-14 14:44:04 | Weblog
今日は楽しい誕生日!素直に喜びたいと思います。
この暑い7月、エアコンもない時代にポッコリ産んでくれた母に感謝
です。感謝を込めてお墓詣りに行ってこよう。
掃除機、洗濯機、ガスもなかった時代。母は私を背中におんぶして
ハタキを掛け、箒で掃除、たらいに洗濯板でゴシゴシ、カンテキで、
サンマを焼いていた。背中におんぶしてもらった産まれたばかりの
事は覚えていない。でも、母の背中と赤ん坊の胸が重なってユサユサ。
気持ちが良く寝てしまってよだれが流れて---。母と子の背中のふ
れあい、ぬくもりは体感で覚えている。体が忘れていないのだ。
大きくなって、母とは喧嘩もした。でも、殺そうなんて考えもしなか
った。当然でしょう。母と子は一体なんだから。
最近、子供が母を殺すニュースが多い。何故?
トラックバック (1)

クッキーが送られてきた!

2006-07-11 12:28:22 | Weblog
青森県三沢にいるSちゃんから、大きな段ボール箱が送られてきた。
開けてびっくり、ナッツ、クッキー、チョコやらピクルス、英語で
書かれたお菓子類がいっぱい。6月に子供を連れてくると言ってい
たけれで、小さな子供2人連れての移動は大変で行けそうにないと
のこと。残念、是非、来て欲しいと思う。先々週、尋ねてくれたM
ちゃんはお茶やお菓子を持って来てくれた。何も要らない元気な顔
を見せてくれるだけで良いと思っているのに気を遣ってくれる、有
り難う。嬉しいです。又、礼儀やマナーが解る子供達に満足してい
ます。お店にナッツなど、置いています。一緒に食べて欲しいわ。
(Sちゃんは10年くらい前に店をやめた、Mちゃんは去年やめた
女の子です)