ネイチャーワールド http://www2.odn.ne.jp/aao78440 子供の頃の自然の中での想い出・・・・・

神奈川西部の小田原、湯河原、箱根、真鶴等の自然の話題を提供します~自然体験・環境教育・自然観察・森林・癒し・散歩~

なかなか本になかったタマスダレ

2014年10月19日 | 
道端の緑の中で白く目立つ花を見つけました。
タマスダレです

名前の由来は白い花を玉にたとえ、葉が並んでいる様子を簾(すだれ)に見立たててこう呼ぶとか・・・
元々は中央・南アメリカ原産で別名「ゼフィランサス」「レインリリー」と言われ
園芸品種で庭などにも植えてあることもあるようですよ

ちょっとクリームのようでおいしそうなんていう心は危険です。
実は有毒植物で特に球根には注意が必要です
だから、虫も寄り付きにくいとか・・・

この時期は少し寒くなり春のように白い花も少ないので緑の葉の中でひときわ目立ちますね

タマスダレ(ヒガンバナ科)
花の大きさ:約3センチ
高さ:約20センチ
花期:8月~10月
園芸品種に分類されることもあり野草の本や図鑑にはないこともある


コメント   この記事についてブログを書く
« 富士山の初雪 | トップ | 葉っぱが宙に浮いている!!... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事