ネイチャーワールド http://www2.odn.ne.jp/aao78440 子供の頃の自然の中での想い出・・・・・

神奈川西部の小田原、湯河原、箱根、真鶴等の自然の話題を提供します~自然体験・環境教育・自然観察・森林・癒し・散歩~

ツバメが地上を歩く姿はめずらしいですよ!

2014年04月29日 | 
季節は春、新しい芽吹きもあり野原には色とりどりの花が咲いています
鳥たちも同じで新しい命が生まれる時期です。

よく見るツバメも多くは東南アジアから早いと3月に渡ってきて巣を作り始めます
この春から夏に渡ってくる鳥を夏鳥といいます。

多くはオスが先に渡ってきてメスを見つけてつがいになり子育てを行います。
そう、この時期は鳥は子育て時期となり、鳥をよ~く見るとカップルが多いのはこのためなんですよ

さて、ツバメといえば空をすばやく飛んでいる姿か巣にいる姿はよく見かけますよね。
実は地上を歩く姿はなかなかみれません。

しかし、水たまりのところでツバメが歩いて水を飲みに来ているではあーりませんが
それもカップルで・・・つまり、デート中だったということですね
この2匹も日本に来てカップルになったのでしょう

子育てもがんばってと願うこの頃でした

追伸:すぐに飛び立ちました!
コメント

長興山のシダレザクラがすばらしい!!

2014年04月05日 | 樹木


小田原市入生田に大変有名な桜の木がありこの時期は観光客でにぎわっています。(外国の方々もいました)

県内では最大級の枝垂桜で神奈川の樹木100選に選ばれ小田原市の特別天然記念物にも指定されています
大きさは約13メートル、樹齢は300年以上、樹木のまわりを一周すると約40メートルです
人の姿を比較するとこの大きさがわかると思います

春の4月となり、色々と新しく始まる季節ですね・・・・




       出店も出て大賑わい
コメント