面白く、そして下らない

今の停滞した日本には何が必要なのか。政治・経済を中心に語ります。
ツイッターは凍結されたので、新しいのに変えました。

なぜそれが内閣総理大臣在任中にできなかった

2021-07-18 18:54:33 | 経済
安倍晋三はMMTないし経済、国債、財政を完全に理解していることを証明する動画だ。長くはない動画なので見て欲しい。ここで思うことはひとつしかない。なぜそれを内閣総理大臣在任中にやらなかったのか、だ。国債の発行にはインフレという上限があることも安倍晋三は完全に理解している。増税をすれば景気が経済が萎むこともだ。だが安倍晋三が在任中にやったことは消費税を2倍の10%に増税することであり、歳出を搾る緊縮財政であった。当然の帰結としてGDPはゼロ成長であった。それは東日本大震災で縮小した時期を除けば悪夢の民主党政権より低いのだ。安倍晋三は経済を完全に理解しているのになぜそれが内閣総理大臣在任中にできなかったのだ。全くわからない。 . . . 本文を読む
コメント

消費税を廃止した際の経済効果について試算してみる

2021-07-10 23:58:17 | 経済
消費税を廃止した際の経済効果について試算してみる。 . . . 本文を読む
コメント

なぜ経済が最重要なのかを考察してみる

2021-06-20 23:01:39 | 経済
私にはブログやレポートで思いついたことをそのまま書いてしまう悪癖がある。なぜを真剣に自分に問うてテーマと知的格闘しなければなるまい。「論拠がない(弱い)」と繰り返し指摘されるのもそのせいかもしれない。初めから上手くいくはずもないが(初めてのことではないが)、「面白い」と思われる文章を書くにはその作業が欠かせない。大学時代レポートを書く際にもテキストと格闘しろと指導された。どうしてもラクな方へラクな方へと手を抜いてしまうが、繰り返し自分に問いかけねばなるまい。 . . . 本文を読む
コメント (12)

一に経済二に経済三四がなくて五に経済

2021-06-19 19:27:21 | 経済
一に経済二に経済三四がなくて五に経済。とにかく経済が重要だ。帝国主義の時代は外交、安全保障が経済より重要だっただろうし、現在でも外交、安全保障を軽視するわけではない。経済を重視したら外交、安全保障を軽視するごとに繋がるわけではないからだ。どちらか一方を選ばなくてはならないものではない。国民生活が苦しいのは政府の経済政策の間違いで橋本龍太郎の消費税増税と歳出削減による緊縮財政からずっと停滞いや衰退している。小渕恵三の積極財政は正しかったが如何せん短すぎた。財政再建派の政治家、財務省、御用マスコミ、御用学者らが政府債務を過度に心配して増税と歳出削減による緊縮財政を主張し、実際に実行されてきた。これが致命的な間違いだった。増税と歳出削減による緊縮財政では経済は絶対に成長できない。それが証明された24年だった。消費税減税か歳出拡大による積極財政に転じなければならない。とにかく経済、経済、経済だ。選挙だけでは駄目だ。経済、財政、貨幣について正しい知識を身につけて声を挙げ、政治を変えなくてはならない。この24年の教訓だ。 . . . 本文を読む
コメント (4)

2020年度のGDP戦後最悪の下落。そして選挙について少し

2021-05-18 23:27:04 | 経済
新型コロナウイルスによって経済活動の抑制を強いられたため、2020年度のGDPは過去最悪の下落を記録した。しかし米国は現金給付などの財政出動を積極的に行ったためGDPはもうコロナ前の水準に近い。日本は財務省を筆頭に緊縮財政派が権力の中枢を占めているからろくに財政出動をしないのだ。三橋貴明によれば菅義偉の周りを財務省の息が掛かった連中で固めているから財政出動など考えもしないそうだ。その結果が戦後最悪のGDPの下落だ。何度も繰り返しているが、不況期は民間の消費、投資がともに落ち込みから政府が国債を大量に発行する積極財政をするしかないのだ。経済を上向かせるためにはそれしかない。中学の公民、高校の政経レベルの話だ。そして財政破綻寸前といわれる政府債務には何の問題もないことを繰り返してきた。 . . . 本文を読む
コメント (2)

コロナ禍でも経済が好調な米国と日本の違い

2021-05-16 20:59:09 | 経済
このコロナ禍でも米国経済は好調だ。七転八倒して苦しんでいる日本とは雲泥の差だ。政府、政治家、財務省の違いだが。米国は財政出動をして経済を下支えしているからだ。 . . . 本文を読む
コメント

大局を見れない日本の癌・経済同友会

2021-05-14 21:02:34 | 経済
そもそも論として強調しておきたいのが「基礎的財政収支の黒字化」には何の意味もないということだ。歳出を税収の範囲内で賄ってもそれまでの累積債務が返済できるわけではない。1年に1兆円ずつ返済しても1000年掛かる計算だ。それ以上に均衡財政を強行すれば待っているのはとてつもない不景気だ。財界の団体なのにそれがわからない経済同友会は日本の癌としかいえない。また誰かの債務は誰かの資産なのだ。政府債務を返済してしまうと国民の資産も消えてしまう。正しい貨幣観がなくてよく大企業の社長などやれるものだ。商売とは求められる才能が別種のものだが、GDPが成長しなければ小さなパイを奪い合うことになるのだ。富は技術と労働と正しい経済政策があれば環境が許す限りいくらでも増やせるというのに . . . 本文を読む
コメント

あらためて積極財政が必要な理由を説明したい

2021-05-09 22:26:42 | 経済
現在の日本経済が停滞していることに異論を持つ人はおるまい。停滞している経済を再び成長させるには何をすれば良いのか。国債を発行して歳出を増やす、(消費税)減税でも良いのだが、積極財政だ。ブログでは繰り返し主張してきたことだが、私のブログを初めて読む人にはその説明が足りなかったかもしれない。今回あらためて説明しておけば「論拠」とする際この記事を貼るだけで事足りる。 . . . 本文を読む
コメント

政策は絵に描いた餅では意味がない

2021-04-24 22:00:42 | 経済
安藤裕ら「若手」(当選回数が少ないと「若手」扱いはなあ)議員らの提言は正しい。消費税を廃止して国民には現金を給付し社会保険料を減免する。教科書に書かれるような不況時に採るべき正しい経済政策だ。しかし受け取った二階俊博が無言だったり、引用記事に出てくる自民党幹部が「どこにそんな財源があるんだ」と冷ややかに見ている辺り実現の可能性は限りなく低い。だが小選挙区比例代表制度の元で中堅・若手議員が執行部に反旗を翻すことは期待できない。仮に「反乱」を起こしてもいとも容易く「鎮圧」されてしまうだろう。それでは意味がない。だから執行部に潰されないされない形で、提言を実現させるべきなのである。そんな都合の良い方法があるのか疑問に思うかもしれないが、それがあるのだ。議会政治の王道。議会での「演説」だ。演説を妨害することはできない。そんなことをすれば民主主義に反するとマスコミと国民から袋叩きにあってしまう。そこに機会があるのだ。 . . . 本文を読む
コメント

日本を救うには積極財政しかない

2021-04-23 22:53:02 | 経済
政府は4月25日から5月11日まで3度目の緊急事態宣言を出すことを決めた。緊急事態宣言の期間は5月11日を過ぎることもあるという。新型コロナウイルスの感染者が増えている現状では緊急事態宣言はやむを得まい。しかし緊急事態宣言は経済を冷やす。企業は倒産に追い込まれるし、国民は失業する。それを救済するのは政府の役目なのだ。 . . . 本文を読む
コメント