面白く、そして下らない

今の停滞した日本には何が必要なのか。政治・経済を中心に語ります。
ツイッターは凍結されたので、新しいのに変えました。

個人の力はちっぽけなものだ

2021-07-26 20:36:37 | 日本人への呼びかけ
日本が民主主義国家で国民が主権者とはいえ個人の力などちっぽけなものだ。1億2000万分の1にしかならない。はっきり言って無に等しい。一人で騒いでも社会も国家も動かないのだ。社会に国家に強い影響力を持つ国民もいる。政財官界及びマスコミの実力者だ。彼らはその役職に就いているから、富裕層の場合は富の場合もあるが、「権力」を振るうことができ、社会に国家に強い影響力を持つのだ。日本の場合は米国の強い影響力の下にあることも忘れてはいけない。 . . . 本文を読む
コメント

時代に合わない規則はどんどん捨てろ

2021-06-16 21:54:00 | 日本人への呼びかけ
日本には古くて時代に合わない規則や慣例が「伝統」という美名で残ってしまっている。決まっているルールを変えるのは面倒臭いことで結構労力が必要だ。以前書いたが身体測定で座高を測ることは意味がないのに長年続けられていた。中央(文部科学省)で専門家が機を見計らって廃止を提言してようやく廃止されたのだ。また少し変だと思うルールがあってもまあ良いかと大半の人はそれに従う。いちいち逆らうのが面倒だからだ。今回は学校の「校則」であるが、「ブラック校則」として問題になっているものを廃止していく方向になった。望ましい方向だ。学校の校則に限らず、企業、役所、社会の慣習も時代に合わないものはどんどん捨てたい。 . . . 本文を読む
コメント

国会議員も下には下がいる

2021-06-14 23:32:13 | 日本人への呼びかけ
質の悪い国会議員を指して「こんな国会議員に我々の血税から歳費を支払うのは許せない」とする声をネットで見掛ける。気持ちはわかるが、二重の間違いだ。代議士は選良とも言われるが、所詮幻想なのだ。下を見ればきりがない。下にはいくらでも下がいる。だから私でも国会議員になれそうだなんて思ってしまうのだが。 . . . 本文を読む
コメント (10)

積極財政の動きはある

2021-06-09 22:51:55 | 日本人への呼びかけ
政界や国民にも積極財政を求める空気があるということではないか。読売新聞はガチガチの緊縮財政派だから書きそうにないが、日経新聞は政界の動きを書かざるを得なかったのではないか。記事にあるように自民党の財政再建推進本部は大荒れになったのだ。反緊縮の積極財政派が頑張った。財務省の息の掛かった主流派に鎮圧されてしまったが。ロイターは日本のマスコミではないが、日本企業が設備投資に積極性が欠けており、このままでは競争に負けかねないと報じる。そこで経済産業省が省を挙げて重点投資分野に大規模な資金投入を提言するのだ。経済産業省が財務省の財政再建路線に反対することは心強い。消費税廃止ないし減税については言及しないかもしれないが。 . . . 本文を読む
コメント (2)

日本が変わり始める兆しなのか

2021-06-05 23:50:30 | 日本人への呼びかけ
日本は変わることができない。あるいは外圧によってでしか変わることができない。そう言われる。現在も経済が停滞して、日本全体が沈んでおり、改革騒ぎが繰り返し起こっているが、良くなる兆しはない。しかし時間が掛かるだけで日本は変わることができないわけではないのだ。黒船来航から明治維新まで15年掛かっている。その後も士族の反乱など体制が落ち着くまでさらに時間が掛かっている。現在もすぐには変われないのだ。しかし変わる兆しも見え始めている。反緊縮財政。消費税廃止ないし減税。積極財政。この流れができつつある。国民としてはこの流れを後押ししたい。秋までにある総選挙で反緊縮財政派、消費税廃止ないし減税派、積極財政派を一人でも多く国会に送り込みたいのだ。正直なところ自民党は適度に負けさせて菅義偉の首をすげ替えたい。菅義偉には消費税廃止ないし減税も積極財政もするつもりがないからだ。 . . . 本文を読む
コメント

愛国者もネット右翼も労力は建設的なことに使いたい

2021-05-31 19:37:00 | 日本人への呼びかけ
世の中を良くしたい、あるいは怒りをぶつけたいと考えるならもっと建設的に効率的に行いたい。たとえばツイッターのアカウントを取得するのはどうか。メールアドレスだけで取得できる。自分の思いの丈を好きなだけ書き込めるし、韓国や支那への怒りもいくらでもぶつけられる。鬱屈した思いをツイッターで発散すれば日本は少し良くなるし、貴方のストレスも発散されるというわけだ。現在の日本の最重要課題は「経済」だと考えている。とにかく金がないことが日本の問題なのだ。詳しくは私の経済カテゴリーの記事を読んで欲しいが、政府が国債を発行して国内に金を流すしかない。消費税減税ないし廃止でも良いし、軍事費や科学技術予算、公共事業を増やしても良い。また給付金を交付しても良い。とにかく国債を発行して減税か歳出を拡大することだ。そのことを政治家に意見して働き掛けて欲しいのだ。メールだけで良い。ツイッターをはじめとするSNSを持っている政治家も多いからそれで意見するのも良い。懲戒請求は「無駄」だし、逆手にとられて賠償させられる。しかし政治家への意見なら効果はあるし、賠償させられることもない。 . . . 本文を読む
コメント

「由らしむべし知らしむべからず」ではいけない

2021-05-12 21:53:54 | 日本人への呼びかけ
「由らしむべし知らしむべからず」とは人民を為政者の施政に従わせることはできるが、その道理を理解させることはむずかしい。転じて、為政者は人民を施政に従わせればよいのであり、その道理を人民にわからせる必要はないという箴言だ。国民、大衆、人民といったものを蔑視した見方かもしれないが、事実だろう。国民に為政者の施政の道理を理解させることは難しいのだ。だから政府は説明しようとしない。しかし民主主義国家でそれはいけない。政治家はその施政が国民になかなか理解されなくとも理解される努力を怠ってはならない。 . . . 本文を読む
コメント (2)

騙される莫迦から抜け出したければ勉強して本質を見抜け

2021-05-10 21:25:41 | 日本人への呼びかけ
なぜ政治、社会はこうなっているのか。誰がどんな意図で作ったのか。本質を見抜き自分なりの答えを出すしかない。そのためには勉強するしかない。学校の勉強はすべての基礎でよく考えられている。数学や漢文など社会に出てからは役に立たないと思いがちだが、思考力の基礎になっている。そして騙される莫迦から抜け出すためには勉強するしかない。私のブログもその考えるための一助になれば良い。 . . . 本文を読む
コメント

専門家に対する真贋を見極めよ

2021-05-06 22:34:20 | 日本人への呼びかけ
現代はあらゆる物事が細分化している。すべての物事に専門知識を持つことは不可能で、広く浅く教養や常識、思考力といったものを鍛えるべきだ。もちろん大学、大学院で専攻したり、興味があることに独学で自分が「専門家」になることは構わない。それはむしろ称賛されることだ。しかし法律の専門家は経済の専門家ではない。専門莫迦ではなく他の分野に知識を持っている知識人は少なくない。しかしその人に政治や社会が求めるのは「法律家」としての見識だ。わざわざ法律家に経済について訊ねることはない。重要なのはその専門家が信用できるのか見極めることだ。専門家の知恵と知識を借りないで現代社会は動かない。しかし専門家が詐欺師であることが往々にしてあるのだ。 . . . 本文を読む
コメント

日本人は一斉に休むべきではない

2021-04-22 22:35:05 | 日本人への呼びかけ
自民党が選択的週休3日制の提言をしているので、そのことに対する私の見解と日本人の労働と休暇に対する考えを書きたい。 . . . 本文を読む
コメント (2)