面白く、そして下らない

今の停滞した日本には何が必要なのか。政治・経済を中心に語ります。
ツイッターは凍結されたので、新しいのに変えました。

天皇陛下は統治されておられないが、君臨されている

2021-04-14 19:02:48 | 皇室
戦後日本の天皇陛下には政治的権能は一切ない。天皇陛下も自制する形で政治に意見を述べられることはなかった。しかしである。天皇陛下は我が国の中心なのだ。日本人の心の拠り所なのである。日本教ないし天皇教の祭司なのだ。天皇陛下に政治的権能は一切ないが、その言動は日本と日本人に影響を与えずにいられない。その一挙手一投足が日本と日本人を大きく揺るがすのである。 . . . 本文を読む
コメント

皇位継承を「有識者会議」で決めるべきではない

2021-03-24 22:08:34 | 皇室
皇位継承に限らず政府は「有識者会議」を設置するのが大好きだ。だが有識者会議に何の裏付けがあるのだろう。彼らは国民に選ばれたわけではないし、官僚のように専門家でもない。それぞれ知識人であるかもしれないが、天皇、皇室、皇位継承に関する専門家でもないのだ。人選は誰が行ったのだ。内閣府の官僚だろうか。菅義偉が官僚を更迭する際の口癖は「政治家は国民に選ばれた」、だ。だが有識者会議の有識者は国民に選ばれたわけではない。彼らに委ねるのが正しいとは思えない。国会で国会議員が議論すべきではないか。 . . . 本文を読む
コメント (4)

旧宮家の皇室復帰が具体化するのか

2020-11-07 21:38:05 | 皇室
皇位継承を安定的なものにするにはGHQに皇室を離脱させられた旧宮家の皇族の子孫の男系男子を皇室に復帰させれば良いと書いてきた。その考えは今も変わらない。 . . . 本文を読む
コメント

皇位継承を安定的なものにするには旧宮家復帰しかない

2020-04-15 23:20:15 | 皇室
皇位継承を安定的なものにするには旧宮家の皇室への復帰しかない。政府による有識者への聴取で旧宮家の皇室への復帰に関する考えを尋ねていたことがわかった。旧宮家の皇室への復帰が実現すれば良いのだが。 . . . 本文を読む
コメント (2)

奉祝。令和初の天長節。

2020-02-23 23:58:14 | 皇室
今日は令和初の天長節だ。皇室及び天皇陛下は我々日本人のアイデンティティだと私は考えている。日本人として依って立つ支えなのだ。 . . . 本文を読む
コメント

皇后陛下の御優しさ。少女の健気さ

2019-11-11 22:57:34 | 皇室
皇室が心を寄せられて来られた病や障害と闘う子供たち。天皇皇后両陛下の愛知県御訪問で足に障害がある女の子の願いが叶うという小さな奇跡が起きた。私も少し泣いた。女の子の健気さに。やはり皇室は日本にとって欠かせない存在だと思うし、日本人にとって「特別」な存在なのだ。男系男子のみの皇位継承がなされてきたのは歴史の知恵であり決して女性差別などではない。それを間違えないで欲しい。 . . . 本文を読む
コメント

天皇陛下の「即位の礼」終了

2019-11-10 23:53:41 | 皇室
本日の「祝賀御列の儀」をもって一連の天皇陛下の「即位の礼」の儀式は終了した。11万9000人もの人が祝賀パレードに集まり、天皇陛下の御即位を祝福された。天皇陛下は国民を愛し、国民もまた天皇陛下を愛する。しかしこのめでたき日にも左翼はイチャモンをつけてくる。連中は日本を貶めることしかしないのだ。全くどうしようもない。 . . . 本文を読む
コメント

即位礼正殿の儀の各国出席者の格落ち

2019-10-28 23:38:53 | 皇室
即位礼正殿の儀は我が國最大の行事だ。天皇陛下を戴く我が国には即位礼正殿の儀は最大にして最重要の行事だ。だが世界各国から出席した要人の「格」がいまひとつということだ。国家元首が出席して然るべき儀式なのだ。それはその國が日本を重視しているならばという条件が付くが。日本を軽んじているならば格下げされよう。それはやはり経済の停滞のせいかもしれない。失われた30年では日本の地位も低下しよう。 . . . 本文を読む
コメント

即位礼正殿の儀を終えて

2019-10-22 23:50:27 | 皇室
天皇陛下が御即位を内外に宣明をされる「即位礼正殿の儀」が執り行われた。「即位礼正殿の儀」に出席する各国要人の格でその國が日本と仲が良いか、あるいは日本を重視しているかがわかる。外交の面白さだ。そして皇位継承の問題だ。次代の皇位継承者が悠仁親王殿下しかおられない現状を変えるには旧宮家の方々に皇族に復帰して戴くしかない。皇統を守るために。 . . . 本文を読む
コメント

天皇陛下を実権のない世襲大統領的存在に

2019-08-30 23:41:16 | 皇室
これも温めていた案というほどではないが、憲法を改正するなら天皇陛下を国家元首として明記して貰いたい。私には当然の話だと考えるのだが、この考えは「保守的」「保守寄り」となるらしい。その際天皇陛下にはドイツなどのように実権は首相が持つ國の世襲大統領のような存在になって戴きたい。あくまで実権は国会で選ばれた国民の代表である首相が握るが、世襲大統領的存在として首相に睨みを効かせる存在になって戴きたいのだ。 . . . 本文を読む
コメント