大好き!野菜の時間

家庭菜園歴9年目に突入です。
野菜自給率100%を目標に無農薬栽培しています。

暖冬 南禅寺とハクサイ

2019年01月22日 | 白菜
2019/01/20


今年も仕事で南禅寺の近くまで来たので、
ちょこっと寄ってきました。







だいたい毎年この時期には雪が積もっています。
↓2014年1月20日の南禅寺





今年は全然…





背中、腰、足先にカイロを貼ってきましたが、
暑い…
今年は本当に暖冬です。


ということで、
ハクサイも寒さによる傷みが少ないです。





1玉、ご近所さんにおすそ分けして、
1玉、持って帰りました。












コメント

葉菜・根菜 2番走者から3番走者にリレー

2019年01月21日 | ホウレンソウ・小松菜・青梗菜・水菜・春菊
2019/01/17


葉菜 2番走者 (タネまき10/17・19)

*ビタミン菜・小松菜



*水菜・ホウレンソウ



*チンゲン菜(間引きの移植)



収穫ラストスパートです。


葉菜・根菜 3番走者 (タネまき12/4)

*ビタミン菜・小松菜



*ホウレンソウ



*水菜



*日野菜カブ



*二十日ダイコン




1週間前の写真です。

不織布ベタ掛け+穴あきビニールのWトンネルに加え、
ここ数日のポカポカ陽気で、
今はさらに大きく成長。ベビーリーフは卒業しています。

*三角畑の春菊(タネまき11/8)



柔らかく、生食できます。

葉菜・根菜、上手く2番走者から3番走者にバトンパスできたようです。
4番走者(アンカー)のタネまきはこれから三角畑の予定です。
バトンつなげるかなー。


















コメント

「三重なばな」の収穫・追肥

2019年01月20日 | なばな
2019/01/18


「三重なばな」のネットをめくってみました。



たくさんの脇芽が出ていそうです。



横から見るとこんな感じ。



脇芽を葉っぱ2枚ほど残して切り取ります。







一株分です。



「なばな」は長さ約20cmの茎葉を食用とします。
名前は似ていますが花芽を食べる「花菜」や「菜の花」とは異なります。

今日は5株収穫。



20株栽培しているので、1週間に5株ずつ収穫して1ヶ月で一回り。
そしたらちょうど次の脇芽が大きくなっています。

枯れた下葉などを取り除いて、株の中心まで日が届くようにして
次の脇芽の発生を促します。



さらに追肥。
マルチをしているので穴施肥です。
穴施肥の様子→こちら



これで3月頃まで長期収穫します。

みずみずしくてやわらかく、ほのかな苦味が特徴。
おひたしや、炒め物、和え物など様々な料理に合いますよ。







コメント (1)

茎ブロッコリー「スティックセニョール」の収穫と追肥

2019年01月19日 | ブロッコリー
2019/01/18


先日12/22に防鳥ネットを被せた茎ブロッコリー「スティックセニョール」です。



とっても簡易な設置でしたが、
その後、強い風や雨にも問題なくブロッコリーをヒヨドリから守ってくれています。

防鳥ネット設置の様子→こちら

ネットをめくって、さあ、収穫。



暖冬のおかげ?
側花蕾がグングン伸びていました。



この側花蕾↓は脇芽のもの。



がっしり太い脇芽で収量アップになっています。 



で、こんなに収穫できました。



美味しい茎も長くて、
まるでカタログに載っている写真見たい。



大満足な収穫となりました。


収穫後、追肥をしました。
元肥に「野菜百撰」(50~100日元肥一発タイプ)を使いましたが、
9月からの栽培なのでボチボチ肥料切れかな。
春まで頑張ってほしいので畝の肩に追肥をしました。



マルチをしているので、穴施肥です。

穴あけ君で畝の肩に穴をあけます。



穴にじょうごを差し込んで、肥料をひとつかみ入れます。



これでお終い。
超簡単。

じょうごの形はこれ↓ 



ハイスピードじょうごです。
足がキュッと細くなっているものは肥料が詰まってしまうのでNGです。



あっという間に追肥完了。
ネットをもとにもどしておきました。









 



コメント

Wトンネルで凍害なしのレタスたち

2019年01月18日 | レタス
2019/01/13


11月中旬ごろだったかな、
間引きやバックアップの苗がよかったので
集めて一畝レタス類の畝にしました。


(再掲)


(再掲)

そしたら先に選抜苗を植えつけた畝以上に良くなりました。
選抜苗の畝はアブラムシがいっぱいで…(泣 すでに終了。

秋まきなので、タネまき・生育前半は適温期でしたが、生育後半は厳寒期、
結球したレタスは寒さに弱いので、保温が必要です。

で、年末に穴あきビニールを追加しWトンネルにしました。
マイナス1度以上に保温できればOKなんだって。


(再掲)

そんな過保護のレタスたち、収穫しました。

*玉レタス「シスコ」


*サニーレタス


心配したアブラムシの発生もないようです。

今年は青梗菜やレタスの間引きを移植したおまけ栽培が絶好調。
移植をすると少し成長が遅れるのでうまい具合にずらし栽培になり、収穫期も長くなります。



寒い時期はタネまきしても発芽が難しいので、
こんな方法も良いですね。
















コメント (4)