みやけ司法書士・FP事務所のKOBE開業Diary 

神戸市北区で相続、成年後見、生前整理のご相談をお受けし、トータルで支援している司法書士、行政書士の事務所です。

スクラップブッキング勉強会に参加します

2022-08-15 10:00:00 | 生前整理・相続

こんにちは。

本日も、みやけ司法書士・FP事務所のブログにご訪問くださいまして、ありがとうございます。

当事務所のHPはこちら → https://www.miyake-hyogo.com/

日々感じたこと、実践したことを書いている note はこちら → https://note.com/miyake_hyogo

生前整理(一般社団法人生前整理普及協会HP)についてはこちら→ https://seizenseiri.net/

 

生前整理アドバイザー向けのスクラップブッキング勉強会が開催されることになりました。

スクラップブッキングとは、

お気に入りの写真を、様々なキットを用いて自由に飾るペーパークラフトです。

 

今回の講師は、

国際スクラップブッキング協会1級エグゼクティブインストラクターとしてもご活躍されている

ワンダーハウス アソシエイト講師の大北美鈴先生です。

 

この勉強会では、

事前にキットが送られてきて、

大北先生の解説動画で学んだ後、各自で作品を作ります。

 

そして、単に作品を作って終わるだけではなく、

後日、先生から直接アドバイスを いただく作品シェア会が開催されるのです。

 

今回、送られてきたキットはこれです



ベースとなるペーパーだけでも16枚も入っており、

ペーパーフラワーやタイトルとなるシート、ビーズ系の飾りなど、

たくさんのキットが入っていて、

見ているだけでも、ワクワクします

 

どんな作品を作ろうかな~と、うずうずしているのですが、

まずは、お気に入りの写真を決めなくてはいけません

 

スクラップブッキングの主役はあくまでも写真。

 

飾りは、あくまでも写真を引き立てるためのものなので、

やり過ぎには気を付けないと…と思っています

これだけ、いろんなキットが入っていたら、

あれもこれもと飾り付けたくなりますので

 

写真は取りっぱなしにするのではなく、

何度も見ることで生き生きと輝きます

 

当事務所では、

相続登記のご依頼とあわせて、

生前整理スクラップブッキングを作っていただくサービスを行っていますので、

しっかりと学んで、皆さんにお伝えしたいなと思っています。

 

本日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

生前整理講座情報

生前整理アドバイザー2級認定講座(一般社団法人生前整理普及協会認定講座)

 このほかにも、「生前整理」や「エンディングノート作成」に関することなど

 ご希望に応じてマンツーマンやグループでの講座も行います。

 内容や日程はご相談ください。(費用は内容や人数によって異なりますので、お問い合わせください。)

 詳細は、みやけ司法書士・FP/行政書士事務所のHPまで

  https://www.miyake-hyogo.com/


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年は、裁判所の調停制度100周年です

2022-08-08 10:00:00 | 司法書士

こんにちは。

本日も、みやけ司法書士・FP事務所のブログにご訪問くださいまして、ありがとうございます。

当事務所のHPはこちら → https://www.miyake-hyogo.com/

日々感じたこと、実践したことを書いている note はこちら → https://note.com/miyake_hyogo

生前整理(一般社団法人生前整理普及協会HP)についてはこちら→ https://seizenseiri.net/

 

令和4年(2022年)8月3日、司法書士制度150周年を迎えました

150年も続いてきた職業の重みを感じるとともに、

さらにいっそう精進していかないといけないと、身が引き締まる思いです。

 

この150年の中には、いろいろな変化がありました。

当事務所は、平成16年に事務所を開業しましたが、

その20年足らずの期間でも、様々な変化がありました。

 

登記のオンライン化、

登記だけでなく、多重債務や成年後見といった分野への取り組み、

スマホやタブレットを用いてのやり取り

などなど。

 

これからも時代の変化にともない、

この職業も大きく変化していくのでしょう。

その変化の流れに取り残されないよう、

150年の歴史をさらに次の世代に引き継いでいけるよう

しっかりと頑張りたいと思います

 

そして、なんと今年は、

裁判所の調停制度の発足100周年の年でもあります

令和4年10月、裁判所の調停制度は発足100周年を迎えます。

 

裁判では、証拠を出し合い、最終的に裁判官が結論(判決)を出しますが、

調停は、当事者が話し合いによって解決をしていくを目指します。

 

この調停制度は、

大正11年(1922年)に関東大震災のあと、

借地借家の紛争解決のために活用するところからスタートしたそうです。

 

そこで、こんなポスターができました。

 

 

どこかで、ご覧になることもあるかと思いますので、

その際は、そうなんだな~と思っていただけますと幸いです。

 

また、兵庫県司法書士会では、調停センターを設置しています。

 

「兵庫県司法書士会調停センターぽると」は、

裁判所の調停とも異なり、

調停人としてのトレーニングを受けた司法書士が、

当事者双方同席のもと、お話し合いのお手伝いをします。

(裁判所の調停は、当事者の一方からお話を聞き、その内容をお相手に伝える別席調停です。)

 

「兵庫県司法書士会調停センターぽると」については、こちらをご覧くださいね。 ↓ ↓ ↓

https://www.shihohyo.or.jp/porto/

 

本日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

生前整理講座情報

生前整理アドバイザー2級認定講座(一般社団法人生前整理普及協会認定講座)

 このほかにも、「生前整理」や「エンディングノート作成」に関することなど

 ご希望に応じてマンツーマンやグループでの講座も行います。

 内容や日程はご相談ください。(費用は内容や人数によって異なりますので、お問い合わせください。)

 詳細は、みやけ司法書士・FP/行政書士事務所のHPまで

  https://www.miyake-hyogo.com/


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

相続登記の新しいポスターができました

2022-08-01 10:00:00 | 司法書士

こんにちは。

本日も、みやけ司法書士・FP事務所のブログにご訪問くださいまして、ありがとうございます。

当事務所のHPはこちら → https://www.miyake-hyogo.com/

日々感じたこと、実践したことを書いている note はこちら → https://note.com/miyake_hyogo

生前整理(一般社団法人生前整理普及協会HP)についてはこちら→ https://seizenseiri.net/

 

司法書士の会報とともに、また新しいポスターが届きました。

日本司法書士連合会で相続登記をPRしてくださっている高橋惠子のポスターです。

 

実は、高橋惠子さんは、

今年の5月に、法務大臣よってに相続登記促進親善大使に任命されていたのです

 

新しいポスターはこれです。



今回の新しいポスターは娘さんもご一緒されています。

まさしく、家族に引き継いでいく相続にぴったりのポスターだと思います

笑顔の素敵なお二人ですね。

 

そしてお二人の手には、「トウキツネ」のぬいぐるみが。

トウキツネは

不動産登記推進イメージキャラクターです。

 

しっぽが筆になっているのですが、

最初は「登記」という文字を書くための筆かと思っていたのですが…。

 

「法務省だより あかれんが」のHPのインタビュー記事によりますと、

不動産登記では

土地の数を、一筆、二筆…と「筆」という単位で数えるため、

しっぽが筆のような形のキツネがキャラクターに選ばれたそうです。

 

それで、しっぽが筆になっていたのですね。

奥深い…

これは、調べてみなければ、気づきませんでした

 

2024年(令和6年)4月1日から、相続登記が義務化されます。

義務化されると、

不動産の相続を知ってから、3年以内に、相続登記をする必要があります。

 

とはいえ、

いろいろなご事情があって3年以内に新たな所有者を決められない場合もあります。

 

そのような場合は、新たな所有者としての相続登記ではなく、

義務化によって創設される「相続人申告登記」必要になるとされています。

 

相続登記の義務化の詳細については、

今後、このブログでもお伝えしていきますね。

 

本日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

生前整理講座情報

生前整理アドバイザー2級認定講座(一般社団法人生前整理普及協会認定講座)

 このほかにも、「生前整理」や「エンディングノート作成」に関することなど

 ご希望に応じてマンツーマンやグループでの講座も行います。

 内容や日程はご相談ください。(費用は内容や人数によって異なりますので、お問い合わせください。)

 詳細は、みやけ司法書士・FP/行政書士事務所のHPまで

  https://www.miyake-hyogo.com/


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

家系図作成について学ぶ~その1~

2022-07-25 10:00:00 | 生前整理・相続

こんにちは。

本日も、みやけ司法書士・FP事務所のブログにご訪問くださいまして、ありがとうございます。

当事務所のHPはこちら → https://www.miyake-hyogo.com/

日々感じたこと、実践したことを書いている note はこちら → https://note.com/miyake_hyogo

生前整理(一般社団法人生前整理普及協会HP)についてはこちら→ https://seizenseiri.net/

 

7~9月の生前整理アドバイザー向け勉強会のテーマは、「家系図の作成」について。

講師は、家系学を何度もご講義いただいている家系学研究所のおがわたかし先生です。

 

7月は、「家系図作成教室」の1回目で、

戸籍の取り方戸や

戸籍ができる前・江戸時代の調査方法

戸籍情報のレイアウトなど

について学びました。

 

当事務所は、司法書士事務所なので

相続登記のご依頼を多くお受けしており、

戸籍を取得したり、読み込んだりすることには慣れています。

 

ところが、業務上で戸籍を取得する場合と、家系図作成では、

取得する目的も範囲も違うのです

 

実は、自分の家系図を作ろうと、

去年から、ボチボチと戸籍を集めていました。

 

業務上で戸籍を取得するのは、あくまでも相続人を特定するため。

相続人が特定できさえれば、それ以上の戸籍は不要ですし、

個人情報ですので、むしろ必要のない戸籍は取得することはできません。

 

しかし、自分の家系図作成となると、

取得できる戸籍はすべて取得したい

さかのぼれるかぎりの戸籍を取りたいのです。

 

お恥ずかしながら、

曾祖父母(ひいおじいさん、ひいおばあさん)の名前を知りませんでしたし、

さらにその前の高祖父母が記載されている戸籍となると、全く知らない名前ばかりがでてきます。

また、人数も、

曾祖父母は8名、高祖父母は16名。

誰が誰だか、混乱するのです

 

今回の講座を受講する前は、

「戸籍は取り慣れているから大丈夫」

と、思っていたのですが、

私が取れる戸籍で、もれているものはないかのチェックや

整理が思いのほか大変。

 

どの程度の戸籍を取るかはその人次第なので、

「この範囲だけ」と決めて請求してもいいと思います。

ただ、私はすべて取得したかったので、

戸籍を徹底的に読み込み、もれがないかをチェックし、

取れそうな戸籍は追加請求しました。

 

congerdesignによるPixabayからの画像

 

家系図のまとめ方や整理の仕方を、今回の勉強会でしっかり学び、

家系図としてきちんと残したいと思います。

 

本日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

生前整理講座情報

生前整理アドバイザー2級認定講座(一般社団法人生前整理普及協会認定講座)

 このほかにも、「生前整理」や「エンディングノート作成」に関することなど

 ご希望に応じてマンツーマンやグループでの講座も行います。

 内容や日程はご相談ください。(費用は内容や人数によって異なりますので、お問い合わせください。)

 詳細は、みやけ司法書士・FP/行政書士事務所のHPまで

  https://www.miyake-hyogo.com/


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

司法書士制度150周年記念セミナー・相談会を開催します

2022-07-18 10:00:00 | 司法書士

こんにちは。

本日も、みやけ司法書士・FP事務所のブログにご訪問くださいまして、ありがとうございます。

当事務所のHPはこちら → https://www.miyake-hyogo.com/

日々感じたこと、実践したことを書いている note はこちら → https://note.com/miyake_hyogo

生前整理(一般社団法人生前整理普及協会HP)についてはこちら→ https://seizenseiri.net/

 

2022年(令和4年)8月3日、

司法書士制度開始150周年を迎えます

 

司法書士制度は、

1872年(明治5年)8月3日の太政官無号達「司法職務定制」の中の

「代書人」という職能から開始したものとされており、

今年2022年は、1872年から150年となりました。

 

これを記念して、

兵庫県司法書士会では、下記のとおり

司法書士制度150周年記念

「遺言・相続」の無料相談会とセミナーを開催します

 

          記

 

日 時: 令和4年8月7日(日) 開場:9時30分

会 場: 神戸国際会館 セミナーハウス9階(神戸市中央区御幸通8-1―6)

内 容: 1.無料面談相談会 ※予約制(10時~16時)  

      2.セミナー 

        ※第1部、第2部とも予約制(定員150名)

        第1部「相続で未来へつなぐ~『争族』にならないために知って安心~」

            神戸地方法務局・兵庫県司法書士会

        第2部「ナリワイをつくることは社会をつくることー仕事・生活・遊びの自主自立」

              伊藤洋志氏

その他:  入場無料・要予約(電話相談会については予約不要)

予約申込:兵庫県司法書士会HPの予約フォームにて受付

    (期限:8月3日(水)午後3時まで)

 

詳細、ご予約は兵庫県司法書士会HPをご覧ください。↓ ↓ ↓

司法書士制度150周年記念「遺言・相続」の無料相談会とセミナー – 兵庫県司法書士会 (shihohyo.or.jp)

 

また、このほかに、

「遺言・相続」無料電話相談会も同時開催(10時~16時)しています。

         専用フリーダイヤル: 0120-33-9279(そうぞくつなぐ)

         ※当日のみ通話可能

         ※電話相談は予約不要

 

ご興味のある方は、ぜひご参加くださいね。

 

本日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

生前整理講座情報

生前整理アドバイザー2級認定講座(一般社団法人生前整理普及協会認定講座)

 このほかにも、「生前整理」や「エンディングノート作成」に関することなど

 ご希望に応じてマンツーマンやグループでの講座も行います。

 内容や日程はご相談ください。(費用は内容や人数によって異なりますので、お問い合わせください。)

 詳細は、みやけ司法書士・FP/行政書士事務所のHPまで

  https://www.miyake-hyogo.com/


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする