ひだまりの中での~んびり

カフェと花が好き
ビスクドールを趣味で作っています
日記帳の替わりです

臥龍山荘 大洲

2012-05-30 18:18:51 | 日記
今日は朝からコンクリート打ちで
家から出られなくなる前に外出。
新緑の臥龍山荘へでも行くかと
なった。
明治後期に貿易商が情熱を注ぎ
込んだ数寄屋造りの山荘だ。
肱川を臨む三千坪の地。
茶人なら泣いて喜ぶという
凝った造りだった。素人の
私たちは単純に新緑の庭を
楽しんだ。
 
河の上に建つ不老庵
寝転がって天井を眺める!
 
元、風呂場を2代目が茶室に
改修したという知止庵
 
6月から鵜飼いが始まるので
準備中の船

昼食は武家屋敷と庭を楽しめる
旬という所で旬彩弁当を
楽しんだ。女性向きでもあり1050円と
リーズナブル。芋炊の定食も
懐かしい味だったようだ。
帰りに6月から始まる菖蒲園に
寄った。まだ少しだけだった
けれど綺麗。
 
 
コメント (2)

海の見える駅 夕日

2012-05-27 23:24:12 | 日記
昼寝をしてぐずぐずしていたら
もう夕方だった。夕日を目当てに
出掛けると旦那が言うので
付いて行った。
JR下灘駅 寅さんやキムタクも
撮影で来たとか。知らなかった。
海の彼方にきらきらと沈んでゆく
太陽の光が映り、時間と共に
海岸に向かって光の道が伸びて
来る。黄金の道がこちらに
向かって一本通り、見とれて
しまった。時間にして一時間
程度。ウグイスの声やその他の
鳥の声だけが響く。長閑な
時間だった。
 
夕日の中、列車が行く。

どんどん沈んで行く真っ赤な太陽
携帯ではこれが限界だが
実際はもっと真っ赤で美しい。
コメント (2)

立ち止まらない

2012-05-24 13:49:50 | 日記
大阪で頼りにしていた
マッサージの上手な知人。どうしているかと
メールを送った。13日に母が亡くなりました
と書いてあった。昨年、彼女の家で話を
している時に父から電話で呼ばれ
同時期に彼女も母親が入院。
一度退院していたが3月に
再入院していた。

「市役所通い、書類の山!なんでと
言うくらい色々あるよ」と彼女。
そして、「あの時、こうしていたら、
こんな選択もあったのでは?と
考えだしたら前に進めない。」

これで良かったのだと自分に
言い聞かせ、振り向かない。
二人ともそうそうと言い合った。
忙しいのもある意味いい事だ。
コメント

ごーりごり

2012-05-23 20:20:34 | 日記
3か月ぶりかなマッサージ??
肩はゴリゴリだし、何か倦怠感も!
で今日は昼から行って来た。
自転車でフラリと寄れる所
だったのに、開店して約2年
経ち最近は予約がないと
入れなくなって来ている。
かなり来てますねぇ??と
言われながらほぐして貰った。

ソリューション事業部のおじさんに
司法書士にとこの所あれこれ
ある。話好きが多いものだから
結構面白く時間は過ごせるのだが
合間に工事の変更打ち合わせが
入りバタバタの毎日。日曜は寝てるぞ!と
決心するのだが・・・。
コメント

東洋のマチュピチュ 別子

2012-05-21 20:01:18 | 日記
我が家は朝からコンクリートの斫作業
だ。朝、工事車両がやって来て
作業を始めると同時に避難を
兼ねて出かけた。
夕方5時までとなると少々の
遠出になる。芍薬を見に、
旧住友別子銅山(昭和48年に閉山)
現マイントピア別子へ。
山の中!!運転に自信のない人
はちょっとと言うような所だ。
そんな山中に煉瓦造りの建物が
残り、独特の雰囲気を醸し出す。
正面から眺めたかったが
あまりの階段に断念!ほんとに残念
だった。

インクライン(傾斜面を走る軌道)は現在
220段の長階段に・・・・・
 
芍薬が咲き誇り、バラとは異なる
東洋的な美しさだなぁと眺めた。
 
 
 
 
コメント