ひだまりの中での~んびり

カフェと花が好き
ビスクドールを趣味で作っています
日記帳の替わりです

額装4回目 箔を剥ぐ

2014-05-31 10:47:15 | 手作り・趣味・アート
5月も最終週を迎え、額装講座も
4回目となった。
今回は4隅に金箔を貼った部分と
全体に銀箔を施した額の加工を
やりながら、ニス塗りを重ねた。

四隅の金箔に軽くヤスリ掛けをし
下に塗っていた色が見えてくる
ようにした。その後マスキングテープを
撤去!一番初めに塗った色が
現れた。


絵具を自由に盛りあげ、その後
銀箔で覆った額にもヤスリ掛けを
施し、その後水でかなり薄めた
ブルー、そして黒をかけた。

画像中央の銀箔の額が

こんな感じに
この額に立体物を入れる事に
決め、寸法を先生に伝えた

残った絵具と箔をテキトウに
置いていった額は

これにスモークを掛けアンティーク感が
出て来るとどうなるのか??
まだまだイメージははっきりしないが
それでも、後2回を残すのみとなった。
コメント

「はなのうか」すこしとくべつガーデニング

2014-05-25 15:11:28 | 花・庭
リブ・アートでハンギングバスケットと
多肉植物の寄せ植え
竹中園芸「はなのうか」が開かれている。
用があって残念ながらワークショップ
には参加出来なかったが
元気の良い花々と多肉植物
に出会えた。
竹中園芸の英国王立ハンギングマスター
竹中圓さん、園芸療法士の
伸枝さんとお話しも出来
短いけれど素敵な時間が過ごせた。

多肉植物を額に仕立てて

元気な花々のハンギングバスケット

小ぶりの茄子も鉢植えに~

ゼラニウムとラベンダー

圧倒的なグリーンで魅せるセダム
コメント (6)

杉浦史典展 或る男ふたたび!

2014-05-18 00:36:13 | 手作り・趣味・アート
リブ・アートで~5/20(火)まで
杉浦史典展が開かれている。
メーンは作者によく似た陶人形と
李朝の肌を思わせる陶器だ。
リブ・アートの雰囲気が
小粋な感じにセッティングされ
制作過程も実演してくれていた。

実演で作成された作品
襟元がそれぞれ違う

手の中から人形の表情が現れて

そっくりである

小さな粘土片から鼻が出来た

目は二重に

どんどんと出来上がってくる

作品群

いい感じ



山本容子の「シュールなフランス語講座」他
「吉田式球体関節人形制作技法書」
などが並ぶ本棚



コメント

額装3回目 金箔を貼る

2014-05-16 19:53:50 | 手作り・趣味・アート
NHKカルチャーでのオリジナル額縁作り
昨日は第3回目の講座だった。
今日は、色を置き乾燥させた
3個の額縁に金箔、銀箔を
貼っていく。
糊の役目はワニスが果すので
何度か塗った後、テレビなどで
よく見る和紙を間に挟んだ
箔を竹の挟みでやんわりと
はさんで貼っていった。
素人の手さばき!なので
途中で破れたり貼れない部分が
出てきたりとキャとかワッとか
言いながらなんとか終了。
次回は折角苦労した?^^;箔部分を
少々削っていく作業になるようだ。
これで6回の内、半分が終了した。
さて出来上がりはまだ見えて来ない
先のお楽しみって所だ。

金色ですが、金ではありません

左手のひらに乗せてから
竹の挟みで摘みあげます
この額は四隅の赤い部分だけ
金箔を貼ります

手前の外枠から中央、内枠へ
ふんわりと倒していきます

先生は次々と順調に



私も取敢えずすべて貼りました♪
細かい部分は気にしないで良いとか~
貼り終わったら布で余分な
所を落としていきます。
落とした破片は別の額縁へ
ぱらぱらと振掛けました

金箔を貼るとこんな感じ
豪華でいい感じです~


下の子から母の日のプレゼントが
届きました。
美味しそうなサクランボでした(^^)v

コメント

計画通りには

2014-05-14 22:13:32 | 花・庭
植えて1年目にはまったく
成長せず、あ~あ土が悪かった?
それとも日当たり?と諦め半分。
そして2年目の昨年ぐんぐんと
伸びてくるのを見て、肥料を追加し
誘引をし、5月には黄色の花を
一杯付けている風景を想像して
楽しみにしていたモッコウバラ
ほとんど惨敗に近い花付!で
季節も終了しようとしている。
車で走っていると其処ここで
満開のモッコウバラの庭を目にすると
あんな風になっていたはずなのに
と思わず目を外したり・・^^;
そして、もう一つ計画通りに
いかないものが金木犀。
ずっと以前は庭の奥で他の樹に
押されて日あたりも悪くほとんど
気が付かないくらいだった。
私がこっちへ帰る前後に
ジャングル状態だった庭木を整理。
そしてようやくまともに日光を
浴びる状態になったが、切過ぎか
花はほんの少々で辺りに匂いを
漂わせるまでには至らなかった。

植物は生きている。当たり前の
事なのだがこっちの思う様には
育ってくれない。
もともと、ダメ元で育てている
所為もあり、夏の暑さで負けて
しまう植物は淘汰され庭から
いつの間にか消えている。
大きく新芽を伸ばしたモッコウバラと
金木犀にさて次回咲かせるには
どうすりゃいいのかと高枝切鋏を
手に眺め上げている。
散り始めたポール セザンヌ

よく咲いてくれました

替わりに咲き始めたミニバラ

今年は少しだけ強くなった

オリーブ 実が採れるかな


コメント