読書と映画とガーデニング

読書&映画&ガーデニング&落語&野球などなど、毎日アクティブに楽しく暮らしたいですね!

映画・海街diary

2015年07月22日 | 映画(国内)

 

2015年 日本

 

鎌倉
ある夏の朝、祖父母が遺してくれた古い日本家屋に暮らす、幸(綾瀬はるか)・佳乃(長澤まさみ)・千佳(夏帆)の三姉妹のもとに父の訃報が届きます
15年前、父は家族を捨てて出て行き、母(大竹しのぶ)もその後再婚して今は札幌に暮らしており鎌倉に戻ってくることはありません
父の葬儀で山形を訪れた三姉妹は中学生の腹違いの妹・すず(広瀬すず)と出会います
葬儀を終えて駅のホームで見送るすずに「鎌倉で一緒に暮らさない?」と声をかける幸
暫し迷ったすずでしたが「行きます」と動き出した列車に大きく手を振ります
そして、秋になりすずが引っ越してきて、四姉妹の生活は穏やかに始まります

 

幸たち三姉妹はすずの存在を通して許せない父や母をどうやって受容れていくのでしょう
自分が産まれたことで誰かを傷つけたと知ったすずは自らの生をどうやって肯定していくのでしょう

 

四人が本当の意味で姉妹になり、家族になっていく一年を鎌倉の美しい風景と共に描いていきます

 

物語の中心にいるのは幸とすず
その傍に佳乃と千佳
そして、その周囲にいる大人たち

リリー・フランキーさん、堤真一さん、加瀬亮さんなど男性陣は、四姉妹や大竹しのぶさん、樹木希林さん、風吹ジュンさんら女性陣の引き立て役でしたね

 

若い女優さんたちの姿勢の良さに惚れ惚れしました
しみじみと心に沁みる台詞やシーンがたくさんありました

 

カンヌでは無冠でしたが、これは良い映画ですね~
何度も観たいと思える作品です

 


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 7/19 入り待ち | トップ | 小路幸也「猫と妻と暮らす ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(国内)」カテゴリの最新記事