Lady'80

2020年02月16日 | Weblog
そう40年前の化粧品のキャンペーンのキャッチフレーズを覚えている方は懐かしいと思うだろう。今も手元の文庫に使っている販促品の栞が、これである。

当時のキャンペーンガールは松原千明さんだったろうか。強くしなやかな自立した大人の女性の時代が来ると、誰もが未来に希望をもって歩こうとしていた。
男女雇用機会均等法もなければ男女平等も無くセクハラ、差別も当たり前の時代から、今は女性が働くことは大分改善されているとはいえ、Me too運動にもあるように、女性の働きにくさは依然としてまだまだだ。

私達はなんて当たり前のことができないのか。平和、軍縮、核兵器廃絶、環境保護、身近なモラルを守る事まで、本当に単純に大事で簡単な事なのに。一人一人が思っていれば叶うことのはずなのに、何十年も前からあまりに時間がかかっている。かかりすぎて、どうやら子供の時代にまでとは。あまりに情けない。
グレタさんを批判している人達は、子供や地球の未来に考えが及ばないのだろうか。

コメント

「カラヴァッジョ展」 あべのハルカス美術館

2020年02月12日 | 美術
今年もあっという間に2月です。

今日は大阪のあべのハルカス美術館で開催している「カラヴァッジョ展」と国立国際美術館の「インポッシブル・アーキテクチャー」「現代日本の美術意識」を梯子です。
展覧会も久々ですが、カラヴァッジョは東京に来ないのです。《執筆する聖ヒエロニムス》《歯を抜く人》等なかなかな見られない作品と同時代の作家の作品も並べられ、イタリアでも揃わないだろう展覧会でした。
また、「インポッシブル…」もコンペで採用されなかった設計やミース・ファンデル・ローエから安藤忠雄まで幅広く展示。あの国立競技場で残念ながら採用とならなかったザハ・ハディドの模型模型興味深く、こちらだったら日本のイメージも変わったのにと思う。

国立国際美術館



コメント

「時効警察はじめました」

2019年12月08日 | 映画・DVD・テレビ
皆様お気づきでしょうが、最終回は神回でしたね。「熱海の捜査官」コラボですか?キャストも演出も嬉しくなってしまいました❗これだから、好きですねー
スタッフの皆さまありがとう😃

コメント

映画「蜜蜂と遠雷」

2019年10月08日 | 映画・DVD・テレビ
小説と映画は別なもの。

わかっていても、コンテストの一次から描いてある4人の感情の機微を、もう少し丁寧に表現してくれたら…
でも上映時間が限られているなか、本選までの脚本、演出は、小説とは違う設定だとしても上手く盛り上げられていたと思う。

それは審査委員をまとめたり、亜夜とマサルのピアノの先生が亜夜の母親になっていたり、二次の亜夜が触発される「春と修羅」がマサルのではなく明石になっていたりと苦労が垣間見られる。
それでも亜夜と塵の連弾や亜夜のコンチェルトの場面は胸を打つほど美しい。俳優も4人にぴったりで素晴らしい❗
個人的には、母親と亜夜のエピソードや蔵の中での明石の描写、亜夜が雨を感じる場面は懐かしい気持ちで鼻の奥がキュンとしてしまった。
コメント

「セミオトコ 」 ドラマ

2019年10月06日 | 映画・DVD・テレビ
終わってしまって、とても残念。
この夏の素敵なファンタジードラマでした。

脚本もキャストも演出も、不思議な設定をいとも容易く飛び越えて、見る人に優しいひとときをあたえてくれました。セミオの優しさにキュンとした方は多かったでしょう❗
こういうドラマは万人受けはしないけれどなくてはならないドラマです。刑事物や恋愛ゴタゴタ物、妙に作りすぎた複雑な脚本より、人を暖かくする優しいドラマは今の時代は必要ですね✨

それから最近の一押しはNHKの「これは経費では落ちません」でした。

多部未華子さんは素晴らしい女優です。舞台もみていますが佇まいも発声もパワーも凄い❗
実力派と言われる若手女優さんが多いなか、品があり悲劇も喜劇もできる方は彼女だけかとおもいます。
これからも楽しみです🤗
コメント

「蜜蜂と遠雷」 恩田陸

2019年10月06日 | 読書
「羊と鋼の森」を読んだ時もそうだった。

音楽を文章にすることで、こんなにも頭のなかにその時の音楽と情景が、鮮明に思い出すことがあるなんて。作者の筆力に圧倒される。

調律師とピアニストの違いはあっても自然の中から浮かび上がる人それぞれの音たちを、どうやったら自分のものにできるか、又は人の心に届けられるか。
そこに至るまでの葛藤、困惑、情熱、絶望などが描かれる過程で、自分のあらゆる感情がさらされ試されるような気がした。

人が持つ音楽や芸術への尊敬や憧れは小さな頃からの環境にもよるけれど、誰しもあり、それがあるから人生は救われているのだろう。
人も自然、地球の一部でありそこから生まれ土に帰るから畏敬の念を持って作り出す音楽や芸術は心を揺さぶられるのだ。

ずいぶん前に読んだが、最近映画が公開されたので再読。映画も見たら又感想書きます。
コメント

「それまでの明日」 原 寮

2019年08月07日 | 読書
読みはじめて暫く放置していた。3ヶ月もたつと読むのに惜しいような気がして益々読めなくなったのだが、この暑さで出かける気力もなく涼しい冷房の部屋で再開する。

いつもの新宿の光景から、紳士的な依頼者の描写から「長いお別れ」を彷彿させる。また懐かしい強面や刑事の面々とのやりとりもしかり。作家のチャンドラーへの心酔がよくわかる文体。
沢崎のプロとしての矜持やこだわりににやにやしながら、複雑に絡まった物事が少しずつほどけていく感覚の楽しさ、探偵ものの醍醐味がつまった作品だ。

ただ最後の数ページで、あまりに唐突で、残酷な終わり方には、、どうだろうか。

先日、ドラマ「朝顔」の第一話も途中で見られなくなって、自分でも困惑している状況なのに、この小説の最後にこれはあまりに辛すぎる。

ハードボイルドならそこに違った終わり方があるのではないか?
コメント

島津亜矢/山田涼介

2019年05月28日 | 音楽
あまり演歌は好きじゃないけど、この人は何を歌っても凄い❗
美空ひばりは好きじゃないけど、この人が歌うのは好き。本当にうまい歌手ってジャンルじゃないと思う。

今日は珍しくNHK歌番組みたら、なんと山田涼介君もソロで出てるとは❗
彼は演技もいいし(「グラスホッパー」の蝉は最高)グループとしても楽しい。Hey !Sey!JAMPでは中島裕翔君(「ピンクとグレー」をみて下さい!)もいいし。
最近のNHKは色々と冒険してるらしい。なんか得した気分の火曜日でした。(^○^)
コメント

「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション」

2019年05月21日 | 美術
イギリス、グラスゴーでしか公開されていないバレル・コレクションが改装工事のため一時的に日本にきている。

印象派のドガ、セザンヌ、ルノワール、など有名な作家はもちろんだが、
ブーダン、ヤーコブ・マリス、アンリ・ファンタン=ラトゥールの作品はウィリアム・バレルの審美眼の賜物でどれも素晴らしく、当時の生活を切り取ったものだったり経済的に発展していたイギリスの勢いだったり、小さな生物への慈しみだったりを丁寧に描いている。
また、ここで、大好きなドーミエの政治や時世を切り取ったような絵に出会えたのも喜びだった!

海運で財を成したバレルがこの作品たちをグラスゴーより他に出さないのも、それぞれの作品に思い入れがあるからこそ。
今でこそ自宅にいて美術館の作品を見られる時代に、そこに行かなければ感じられないものが自然だけではなくあることの大切さを感じる。

この貴重な機会をゆっくり堪能できて本当に幸せ。《一人》で自由な時間を持てることが私には絶対必要なんだと思う。

ヤーコプ・マリス《ドルドレヒトの思い出》
コメント

映画「ビル・エヴァンス タイムリメンバード」

2019年05月13日 | 映画・DVD・テレビ
ジャズピアノで一番好きなピアニスト。

繊細で美しい旋律と、トリオでのベースやドラムとの一体感。独特な進行のインプロビゼーション。
天才には天才の苦悩があり、薬物依存となってからも素晴らしい作品と演奏は続けられたが、身体はもたず51才で亡くなった。

彼の人となりを、関わった人々のインタビューで綴られたドキュメンタリーで、彼がどれだけ愛され尊敬されていたか、彼の音楽が、今もあらゆる人の心を揺さぶり続けていることかがわかった。亡くなるまでの過程はとても悲しいけれど、しみじみと愛と音楽に溢れた映画でした。

初めて聴いたアルバムは「Portrait in Jazz」。《Spring is Hear》《いつか王子様が》《Blue in Green》が大好き💕
「Waltz for Debby」は《My Foolish Heart》《My Romance》など。
これからチック・コリアやゲーリー・バートンを聞き出してマイルス・デイビスやジョン・コルトレーンに広がりジャズにはまった。
私のジャズの先生は永遠です。
コメント

そうそう、もうひとつ怒り

2019年04月28日 | 日記
友人と会うだけなのに、それが相手によって喜ばれたり、なんだそんな相手みたいな顔されたり。

いったいあなたの私の友人に対する基準はなんなんだ。

私の友人はどんな人でもあなたには関係ないだろう❗
コメント

お疲れ様です

2019年04月28日 | 日記
ようやく終わったことなのに、やはり落ち着いたとはいえない。

今回は特に王さまが、一人相撲に疲れて(自分でしきらないときがすまない性格のための自業自得)切れまくりお疲れモード。自分のお気に入りを侍らせたものの、仕事は回らず自分自ら自爆みたいな、、。

毎度のことながら回りの方々には感謝感謝の日々。皆様いなければこちらが暴走してどこかへ飛んでしまったかも。やはり人間関係は穏やかに明るくが、一番です。

これからの日々が、ずっと穏やかに過ぎますように。神様仏様におねがいしたい。ささやかな願いもかなかな聞き入れてはくれないけど、自分が自分でいられる時間を大事にして、平和な人生を祈ろうと思う。
コメント

「ベルリンは晴れているか」 深緑野分

2019年03月12日 | 読書
自分は平和な戦後に生まれたが、、祖母や父から色々と戦中戦後の暮らしの話は聞いてきた。テレビドラマや映画でも国内の戦中戦後の話は幾度となく語られ映像化されてるから、知ることも想像することも難くない。

しかし同じ敗戦国のドイツはどうだったのか?アメリカ映画ではドイツ軍は徹底して悪に描かれナチスの残虐さや冷酷さを強調していた。
でもドイツ国内には生活があり市民は日本の戦時中と同じように厳しい暮らしを強いられていた。

この小説を日本人が書いたのは、知識や調査では得られることはあっても、それだけでは表現できない。その同じ状況に共感できる精神的なものがあるからこそだったに違いない。
読み進めていくと、自国が他国の、それも主義の違う国々に分割されるという混乱した状況の中で力強く生きていかねばならない一人の少女の気持ちに、幾度となくおしつぶされそうになる。困難な旅を行く中で知る真実の悲惨さ。最後は悲しいけれど少しの希望もある。

筆者の圧倒的な表現力にぐいぐい引き込まれて最後まで一気に読んだ。
まだまだ知らないこと、知らねばならないことが多くあると考えさせられた小説だった。
コメント

「カササギ殺人事件 」 アンソニー・ホロヴィッツ

2019年03月06日 | 読書
古典的な英国ミステリーが好きで、カーター・ディクスン(ディクスン・カーとも)、アガサ・クリスティー、コナン・ドイルは勿論、ディック・フランシス、コリン・デクスター、P・Dジェイムスなど夢中で読んでいた時期があった。最近はごぶさたしていたが、ベストセラーだというのでよんでみた。

出版社の編集者がミステリーの人気作家の最新作をよむところから始まり、その作品がひとつの話になっていて、入れ子構造なので、後からもう一度読むとよく分かる。少し疑問もあるけれど複雑な話を良くまとめたもので、後書きにあるように、かなりの時間をかけて書かれた大作労作である。
小説内の探偵がすこし類型的で魅力に
乏しいのも、後から納得する事ができるほどに上手く考えられている。
どうすればこんな作品を考えつくのか愚鈍な頭ではわからないが、読んだあとが又楽しめる、二度美味しいミステリーだ。

最近はミステリーもすぐにドラマや映画になってしまうが、これを映像化するのは難しいだろうし、やはりミステリー小説を読んで想像を廻らす楽しみは読書でしか味わえないと思う。



コメント

「屍人荘の殺人」今村昌弘

2019年02月01日 | 読書
少し前だが、積ん読本の中に埋もれていて最近読んだ本。
鮎川哲也賞を受賞し《このミステリーがすごい2018年版》第1位のミステリー。
確かに題名からして、また、大学映画サークルの夏合宿でおきた殺人の本格ミステリーとのことだったので、最初は有栖川有栖や綾辻行人のような期待をしてたのだが、読み進めていくと、、、密室ものではあるのだがその展開があまりに突飛で途中から(^◇^)が。
映画化したらさぞやホラーやスプラッターものが好きな観客が来そう、と思っていたら今回神木隆之介で映画になるらしい。
グロが苦手な私は映画版は行けないかも(^^;
トリックも設定も本格?なのだが、動機については少し甘いところが新人なのかな⁉️少々物足りなさはあるが、面白かった。
この探偵コンビはシリーズ化もありそう。
コメント