鳥とパイプと日本酒のおっさんメモ

おっさんの日々の散歩における鳥たちの写真と、好きなパイプタバコの感想
好きな日本酒の感想、等を、写真でメモ

モエレの鳥たち 11/30 ハジロカイツブリはまだ残っています

2021年12月01日 | 野鳥2021
2021/11/30 火曜日

この日のモエレの様子を振り返ります
前日は今にも飛び立ってゆきそうなカモたちの集合があったですが
この日訪れた時はやはり予想通り 多くのカモたちの姿はもう見えなくなっていました…
さすがに予想通り ほとんどのホシハジロの群れと一緒に居残っていたカモたちも飛び去って行ったのだと思われます

ホオジロガモはまだいると思っていたのですが 
カンムリカイツブリとハジロカイツブリはこのホシハジロの群れと一緒に飛び去ってゆくのだと思っていました
しかし予想に反して ハジロカイツブリの姿は ホオジロガモやミコアイサの姿とともに
このモエレにありました そんな様子となります


中の橋の東側にはまだカモたちが残っていたのですが



ほとんどがオオバンになり ヒドリガモも少し残っているようです
しかし 前日見かけた橋の西側に集合していた ホシハジロとかその他のカモたちは
おそらく皆飛んで行ってしまったものと思われます

沼の氷こそ暖かくなったので完全に溶けているのですが
カンムリカイツブリもおそらくいなくなったかと思われます


中の橋の西側にはかろうじて

オオバンと ヒドリガモが所々に見える程度になります



沼の外周を西側に歩いてゆくと
まだ居残っているホオジロガモを見つけます

どうやらこのホオジロガモメスの成鳥のようなのですが
C-D 海峡のこちら側を出たり入ったりしています








ホオジロガモはじっとしていませんので でてきたかと思ったらすぐにまた水に潜ってしまうのですが
尾羽の先が割れていませんので 幼鳥ではありません
この個体は メスの成鳥だと思いますが 先日より見続けているこのホオジロガモ
実は複数の個体がいるのだということがわかります



この個体は 目の色が白っぽく見え くちばしの先の橙色があまり濃くはないようです
また首の上のところが白が強く出ています それが特徴になります



そんなホオジロガモを追い続けていると
上空にオジロワシが現れます

 


上空をゆっくりと旋回してゆくのですが
翼下のラインはもう消えていますが
くちばしの先に黒いところが残っており
尾羽の縁にも黒いところが点在しているのがわかりますので
いわゆる亜成鳥ということになります



逆光気味で 顔が暗くてはっきりしませんが 見たことがあるような顔つきです
しかし 誰とは特定できず不明オジロワシということになります
七郎とか三郎などを考えもしますが 参考にしかなりませんね


このオジロワシは 数回ゆっくりと沼の上を旋回しながら 南の空へと消えてゆきます
豊平の方へ抜けたのだと思われます 様子見に来たんだと思います


ホオジロガモの姿はまだ見えますが 
C-D 海峡のところにはまだ残っていた

ホシハジロが見えます



こちらの右側のホシハジロが 首が長く見えますので
まさかの大ホシハジロを思い浮かべますが まさかかと思います


この辺りから 中洲岬の方を望むと

今はもう 中洲の右側にかすかにカモたちの姿があるだけで
昨日までの喧騒は噓のようです…

右下の手前に見えるのは

複数残っているミコアイサになります




そのままB-水門を通り過ぎ A-水門の手前まで行ったとき
前日もこの辺りで見かけた ハジロカイツブリを発見します
カンムリカイツブリの姿はもうありませんが ハジロはまだホオジロガモと一緒に
ここに残っていたようです


岸のそばで割と近いので



赤い目の色がよくわかります






中洲の方を見つめていますが


ここでうしろから仲の良さげなオオバンがやって来ます


いつもこの辺りで活動しているオオバンかと思われますが


左へ行くそのオオバンに

ハジロが後からついてゆきます



オオバンを見つめる

ハジロになりますが



じっとその姿を見ていたのですが



突然

首を伸ばしたと思ったら
いきなりここで



そのオオバンを追って駆けだしました!










何が気になったのかはわかりませんが











オオバンの横にまた近づいてゆきます


2羽でじっと

こちら岸の見えないところを見つめていたのですが
オオバンはこの後岸の方へと駆けてゆきました


残ったハジロは







やはりまた B-中洲の方を見て そちらの方へと消えてゆきました
誰を探しているのでしょうか…? 気になるところです



水門の向こう側を探すのですが ホオジロガモの姿は見つかりません…
また引き返してくると 先ほどハジロを見つけた辺りで
岸から出てきたカモがいました

そのカモが

後ろからでもそれとわかる目の白っぽいホオジロガモでした


このホオジロガモは 先細の個体と少し違っているように見えましたが

その違いは







①首の上部があまり白さが目立たない
②くちばしの先の橙が先ほどの個体より大きくて良く目立つ
③目の虹彩がこちらの方が黄色っぽい(先ほどのはもっと白いです)
④雨覆いの白いラインが3つのマダラになって見えます(特に左側)

こちらはさっきの個体になりますが




その違いは明らかです

どちらもメスの成鳥かと思いますが 2羽の別個体かと思われますので
複数のホオジロガモがいるのだと思われます



ミコアイサがその辺りにいたのですが

そのミコアイサを追ってゆくと


うしろから

ハジロカイツブリが現れます



どうも彼らは




仲良しみたいですね ミコを探していたのかもしれません




ホオジロガモを含めて
今モエレに残っているのは
水に潜るカモが多いようです



カモたちの姿がめっきり少なくなった 中洲周辺の様子となります
そんな終盤のモエレになります
それでは また

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« モエレのホオジロガモ 11/30... | トップ | モエレのオジロワシ 11/30 ... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (85)
2021-12-02 21:41:32
ホオジロガモとハジロカイツブリ、仲が良くて微笑ましいですね。28日、久しぶりにモエレに行きました。雁来に抜ける道路の橋付近で、ミコアイサの雄を取りまして、寒かったので道路が凍結する前に帰りました。帰る途中の川でカワセミを見つけました。
カワセミですか (おっさん)
2021-12-03 12:27:06
こんな遅くになってもいるんですね 越冬するのでしょうかね
もう自転車は危ないですからお気を付けください
それでは また

コメントを投稿

野鳥2021」カテゴリの最新記事