忘備録-備忘録

技術的な備忘録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

OneDriveクライアントのインストール

2020-11-25 21:24:39 | raspberry ...
Raspberry pi OS 64bit β版の動作しているRaspberry pi 4BにOneDriveクライアントをインストールしました。

必要なソフトウェアのインストール
$ sudo apt install libcurl4-openssl-dev libsqlite3-dev libxml2 pkg-config ldc libnotify-dev

ソースコードのダウンロードとビルド
$ git clone https://github.com/abraunegg/onedrive.git
$ cd onedrive
$ ./configure
$ make clean; make;
$ sudo make install

動作確認
$ onedrive --display-config
onedrive version                       = v2.4.6-16-g106e114
Config path                            = /home/pi/.config/onedrive
Config file found in config path       = false
Config option 'check_nosync'           = false
Config option 'sync_dir'               = /home/pi/OneDrive
Config option 'skip_dir'               = 
Config option 'skip_file'              = ~*|.~*|*.tmp
Config option 'skip_dotfiles'          = false
Config option 'skip_symlinks'          = false
Config option 'monitor_interval'       = 300
Config option 'min_notify_changes'     = 5
Config option 'log_dir'                = /var/log/onedrive/
Config option 'classify_as_big_delete' = 1000
Config option 'sync_root_files'        = false
Selective sync 'sync_list' configured  = false
Business Shared Folders configured     = false

認証
コマンドを実行するとURLが表示されるので、ブラウザでアクセスします。OneDriveの認証画面になり、認証させると空白のページが表示されます。この時のURLを入力します。
$ chmod 700  /home/pi/.config/onedrive/
$ onedrive --synchronize
Configuring Global Azure AD Endpoints
Authorize this app visiting:
https://login.microsoftonline.com/common/oauth2/v2.0/authorize?client_id=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx <-ブラウザでアクセス


Enter the response uri: https://login.microsoftonline.com/common/oauth2/nativeclient?code=yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy <-ブラウザからコピー
Initializing the Synchronization Engine ...
Syncing changes from OneDrive ...
Creating local directory: ドキュメント
Creating local directory: 画像

認証に成功すると同期が始まります。同期するフォルダ・ファイルを制限したい場合は、[^C]で一度中断させます。

ファイル・フォルダの指定
ファイル"~/.config/onedrive/sync_list"をエディタで開き同期させたいフォルダ・ファイルを列挙します。
$ vi ~/.config/onedrive/sync_list
  ファイルの編集
$ onedrive --synchronize --resync  ファイルの同期
sync_listの例
Backup
Documents/latest_report.docx
Work/ProjectX
notes.txt

自動的に起動
自動的に起動するように設定します。
$ systemctl --user enable onedrive
$ systemctl --user start onedrive

参考
コメント   この記事についてブログを書く
« デフォルトユーザーpiの変更 | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

raspberry ...」カテゴリの最新記事