忘備録-備忘録

技術的な備忘録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

OneDriveクライアントのインストール

2020-11-25 21:24:39 | raspberry ...
Raspberry pi OS 64bit β版の動作しているRaspberry pi 4BにOneDriveクライアントをインストールしました。

必要なソフトウェアのインストール
$ sudo apt install libcurl4-openssl-dev libsqlite3-dev libxml2 pkg-config ldc libnotify-dev

ソースコードのダウンロードとビルド
$ git clone https://github.com/abraunegg/onedrive.git
$ cd onedrive
$ ./configure
$ make clean; make;
$ sudo make install

動作確認
$ onedrive --display-config
onedrive version                       = v2.4.6-16-g106e114
Config path                            = /home/pi/.config/onedrive
Config file found in config path       = false
Config option 'check_nosync'           = false
Config option 'sync_dir'               = /home/pi/OneDrive
Config option 'skip_dir'               = 
Config option 'skip_file'              = ~*|.~*|*.tmp
Config option 'skip_dotfiles'          = false
Config option 'skip_symlinks'          = false
Config option 'monitor_interval'       = 300
Config option 'min_notify_changes'     = 5
Config option 'log_dir'                = /var/log/onedrive/
Config option 'classify_as_big_delete' = 1000
Config option 'sync_root_files'        = false
Selective sync 'sync_list' configured  = false
Business Shared Folders configured     = false

認証
コマンドを実行するとURLが表示されるので、ブラウザでアクセスします。OneDriveの認証画面になり、認証させると空白のページが表示されます。この時のURLを入力します。
$ chmod 700  /home/pi/.config/onedrive/
$ onedrive --synchronize
Configuring Global Azure AD Endpoints
Authorize this app visiting:
https://login.microsoftonline.com/common/oauth2/v2.0/authorize?client_id=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx <-ブラウザでアクセス


Enter the response uri: https://login.microsoftonline.com/common/oauth2/nativeclient?code=yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy <-ブラウザからコピー
Initializing the Synchronization Engine ...
Syncing changes from OneDrive ...
Creating local directory: ドキュメント
Creating local directory: 画像

認証に成功すると同期が始まります。同期するフォルダ・ファイルを制限したい場合は、[^C]で一度中断させます。

ファイル・フォルダの指定
ファイル"~/.config/onedrive/sync_list"をエディタで開き同期させたいフォルダ・ファイルを列挙します。
$ vi ~/.config/onedrive/sync_list
  ファイルの編集
$ onedrive --synchronize --resync  ファイルの同期
sync_listの例
Backup
Documents/latest_report.docx
Work/ProjectX
notes.txt

自動的に起動
自動的に起動するように設定します。
$ systemctl --user enable onedrive
$ systemctl --user start onedrive

参考
コメント

デフォルトユーザーpiの変更

2020-11-04 22:02:26 | raspberry ...
Raspberry pi OSの初期ユーザー名はpiとなっていますが、これを変更する方法です。

作業用ユーザーの作成
$ sudo adduser worku
ユーザ `worku' を追加しています...
新しいグループ `worku' (1001) を追加しています...
新しいユーザ `worku' (1001) をグループ `worku' として追加しています...
ホームディレクトリ `/home/worku' を作成しています...
`/etc/skel' からファイルをコピーしています...
新しいパスワード:
新しいパスワードを再入力してください:
passwd: パスワードは正しく更新されました
worku のユーザ情報を変更中
新しい値を入力してください。標準設定値を使うならリターンを押してください
        フルネーム []:
        部屋番号 []:
        職場電話番号 []:
        自宅電話番号 []:
        その他 []:
以上で正しいですか? [Y/n] Y
$ sudo gpasswd -a worku sudo
ユーザ worku をグループ sudo に追加
$

自動ログインの無効化

無効後に再起動させ作業用ユーザーworkuでログインします。

変更作業
workuでログイン後変更作業を行います。
$ who
worku    tty7         2020-11-04 14:14 (:0)
worku    pts/1        2020-11-04 14:15 (172.16.200.251)
$
他のユーザーがログインしていないことを確認してから、ユーザー"pi"を新しいIDの"newid"に変更します。
$ sudo usermod -l newid pi


あなたはシステム管理者から通常の講習を受けたはずです。
これは通常、以下の3点に要約されます:


    #1) 他人のプライバシーを尊重すること。
    #2) タイプする前に考えること。
    #3) 大いなる力には大いなる責任が伴うこと。


[sudo] worku のパスワード:
$ sudo usermod -d /home/newid -m newid
$ sudo groupmod -n newid pi
$ sudo passwd newid
この後設定ファイル内のユーザー"pi"を"newid"に変更します。
$ sudo vi /etc/lightdm/lightdm.conf
リストは抜粋 変更部部分赤字
#greeter-show-remote-login=true
#user-session=default
#allow-user-switching=true
#allow-guest=true
#guest-session=
#session-wrapper=lightdm-session
#greeter-wrapper=
#guest-wrapper=
display-setup-script=/usr/share/dispsetup.sh
#display-stopped-script=
#greeter-setup-script=
#session-setup-script=
#session-cleanup-script=
#autologin-guest=false
autologin-user=newid
#autologin-user-timeout=0
#autologin-in-background=false
#autologin-session=
#exit-on-failure=false


#
# XDMCP Server configuration
#

$ sudo vi /etc/systemd/system/autologin@.service
リストは抜粋 変更部分赤字
# getty.target didn't actually pull it in.
Before=getty.target
IgnoreOnIsolate=yes


# On systems without virtual consoles, don't start any getty. Note
# that serial gettys are covered by serial-getty@.service, not this
# unit.
ConditionPathExists=/dev/tty0


[Service]
# the VT is cleared by TTYVTDisallocate
ExecStart=-/sbin/agetty --autologin newid --noclear %I $TERM
Type=idle
Restart=always
RestartSec=0
UtmpIdentifier=%I
TTYPath=/dev/%I
TTYReset=yes
TTYVHangup=yes
TTYVTDisallocate=yes
KillMode=process
IgnoreSIGPIPE=no
SendSIGHUP=yes


$ sudo vi /etc/sudoers.d/010_pi-nopasswd
変更部分赤字
newid ALL=(ALL) NOPASSWD: ALL

最後に作業用ユーザーを削除して再起動します。
sudo userdel -r worku

参考
コメント

Raspberry Pi4を空冷

2020-11-04 20:04:00 | raspberry ...
発熱量が多いといわれるRaspberry Pi4にファンをつけて空冷してみました。


温度
CPU負荷率100%で1時間放置してみました。


回路


プログラム
ファン制御プログラム
#!/bin/sh
gpio -g mode 18 pwm
gpio pwm-ms
gpio pwmc 2
gpio pwmr 256
gpio -g pwm 18 0


while :
do
    DAY=`date`
    TEMP=`cat /sys/class/thermal/thermal_zone0/temp`
    echo "$DAY : $TEMP"
    if [ $TEMP -gt 70000 ]
    then
        gpio -g pwm 18 255
    else
        if [ $TEMP -gt 60000 ]
        then
            gpio -g pwm 18 200
        else
            if [ $TEMP -gt 50000 ]
            then
                gpio -g pwm 18 100
            else
                if [ $TEMP -lt 40000 ]
                then
                    gpio -g pwm 18 0
                fi
            fi
        fi
    fi
    sleep 3
done


参考
コメント

Raspberry Pi OS 64bitでgpio

2020-10-06 23:19:41 | raspberry ...
Raspberry Pi OS 64bitのβ版を使用していますが、標準でインストールされているWiringpiが動作しません。githubに最新のバージョンがあったので、これをインストールしたら動くようになりました。インストールの記録です。

$ sudo apt purge wiringpi
$ sudo apt autoremove
$ git clone https://github.com/WiringPi/WiringPi.git
$ cd WiringPi
$ ./build

以上でコンパイル&インストールが終わります。
コメント

VS codeをRaspberry Piで使う

2020-10-06 20:05:54 | raspberry ...
Rsapberry PiにVisual Studio Codeを簡単にインストールする方法を見つけました。インストールするのはオープンソース版のVSCodiumになります。

最初にパッケージ管理のシステム snapをインストールします。
$ sudo apt update
$ sudo apt install snapd

再起動を行い、
vscodiumをインストールします。
$ sudo snap install codium --classic
次のコマンドで起動します。
$ codium

追記
Visual Studio Codeのサイトから直接ダウンロードできるようになりました。

参考
コメント