LeaLea 新着情報ブログ

TEL:079-427-6606
メール:lealea@s6.dion.ne.jp

釣果情報

2018年04月22日 | 釣果情報
①鳥取ジギング

海伸丸さんに行かれ、風と潮でいつもと違う感じ。

早速上手く対応されガタージグにチェンジ。
これがバッチリ当たって、ヒラマサ80弱を2本キャッチ!!

船中でも5~6本くらい?ヒラマサが揚がり、他マルゴ(メジロ)や根魚とのことです。



②磯青物

先日地磯へ行かれたお客さん釣果をいただきました。

なんとなく気配の無い期待できそうにない海だったそうですが、γ60を引いてると突然出てミスバイト。
後が続かず、ルアーを色々ローテしながらデコマサⅡ180に出て良い引きを征しつつ足元に浮かせたのは80程のヒラマサ!
ところが、抜きあげに入った時にポロリ・・・

その後もγ60.75に忘れた頃に水面を割ることがあったそうですが、なかなか食わず。
TBO155スリムを使ってた場面で突然吸い込まれ、そのまま水面滑走で抜きあげ。
全然引かない・・・とのことですが、それでも80程のメジロキャッチ!!

連発も無いし釣れそうにない海に見えたそうですが、きっちりと「誘い出しができるアクション」で引いてると、本当に突然水面を割ったそうです。
続かないので中々しんどい釣りになりますが、きっちりと魚は回ってきてるので、あきらめずに投げ続けてください。


この記事をはてなブックマークに追加

入荷案内

2018年04月20日 | 入荷案内
<<マリンベイト>>

・極光100.150g
・彗星120.150g
欠品しておりました根魚・スローで実績大!

・橘花140
ヒラマサ・鰤などの青物用セミロングジグ。


どれらも今の鳥取・島根方面へジギングに行かれる方に絶対におすすめのジグです。

この記事をはてなブックマークに追加

釣果情報

2018年04月20日 | 釣果情報
チヌ&シーバス

良い天気に楽しまれたそうです。

夜が明けきらない開始早々にSPPスリム110のテロテロ巻きにガツンときて45程のチヌキャッチ!
張りの強いFCL UC10 2Sを叩く引きが気持ち良過ぎとのことです。

その後は移動しながら撃って行き、足元で卍に丸見えバイトでギラッ!
70程のシーバスキャッチ!!

魚を処理した数投目、今度は沖で卍にコツンときて、いきなり猛ダッシュ!
そのままハリ外れ・・・
良いサイズの青物だったみたいです。

ベイトっ気は感じられなかったそうですが、魚はボチボチ入ってきてそうですね。


この記事をはてなブックマークに追加

釣果情報

2018年04月19日 | 釣果情報
①根魚ジギング

賑やかな釣果で楽しまれたようです。
MOZ622LM+桜花リボーンが当たり、ウッカリ8・沖メバル2・アオハタ・レンコをキャッチ!!

他のジグだとまったく反応がなかったそうです。
この釣りは、本当にジグの差が出ますね!


②GT

沖縄遠征中のお客様からいただきました。

Ulutimo83M+ルグラン210でキャッチ!!

他にも5kgほどのも釣られたそうです。


③ヒラマサジギング

98cm・7.6kgをキャッチ!

同船者の方は、早巻のパターンでメジロ4とのことでした。


④ヒラスズキ

高反応!!

3バラシの後、ボコボコ当たったそうです。

更に

コンディションの良い魚ばかり!


⑤鳥取ジギング


トリトンさんに行かれたお客さん釣果をいただきました。

なんと一人だったそうです。
トリトンさんは一人から出船してくれます。(値段が変わります)

っで開始早々、プラチナジグのセミロック170gでヒラマサキャッチ!!
その後は根魚狙いに切り替え、船長と二人でボッコボコ!

デカイソイ・ウッカリ・アコウなんかでライトトランク満タンで早上がりを希望したとか(笑)


⑥サツキマス

いよいよ入ってきたようです!

前回レンツにチェイスがあったポイントでジャークベイトのモットツオイジャークを入れて深棚からの誘い揚げに食ったそうです。
以前作っていただいたLeaLeaオリジナルStreamPerformer78をご使用いただいたそうです。

ちなみに地味なカラーから派手なチャートバックピンクパーマークに変えた2投目だったそうです。

一雨しっかりと降ったら一気に入ってきそうですね。









この記事をはてなブックマークに追加

清流とドブ

2018年04月19日 | 釣行記
思ったほど雨が降らなかった・・・
それでも多少は変化があるだろうと渓流へ。

しかし、まったく無反応で魚どころか何の生命感も感じない。
虫すらほとんど飛んでない。
去年も感じたが、今年はいっそう何か変な感じがする。
漁協の放流実績(稚魚)ってのを見ると結構な放流が実施されているようだが、良く聞くアレか??っと疑いたくもなる現状だ。
何人かの出会ったエサ師の方もそんなことを仰っていて、渓魚に限らず川魚自体をどのように考えているのか、工事も多くて石が死んでるところが少なくない。
「○○だけで良くて他はどうでもエエと思ってるんやろ。その肝心の○○の現状も何年も近隣河川で最低クラスやのに、しょうもない見栄はっとるんや。高い鑑札を売りつけておいて、こんな現状は理解に苦しむ。」

年配の餌師のそんな話を聞き妙に納得してしまい、久しぶりに気持ち良くない渓流釣行だった。


しかし、それでも良い流れに癒されたのは間違いない。
釣果云々ではないのが渓流なんだけど、管理してる漁協の本質みたいなものが見えてしまい何か気分が削がれました。
あれだけの稚魚を放流していてくれれば、川が健全であれば翌年以降には、ほぼ天然モノと化しためっちゃ美しい魚に育ってくれていたことだろう。

餌師の方と話が一致したのは、変な成魚や外来種を放流するんなら一層のこと放流自体やめてくれ。
それで、鑑札料金下げてくれ。

ってことでした。


っでなんか満足感がまったくなくて、早々にやめて癒しのドブへ。
先ほどまでの清流とのギャップがタマラナイ(泣)

しかし、そこに住む魚達はいたって清らかなエエ子達♪
FCL 2.5DCに出るわ出るわ♪♪

ルアーの写真撮りたかったのだが全部外れてしまい、メーカー関係者みたいに後から付け直してもまったく味気ないので魚だけの写真なのが残念・・・

暑い中散々癒されて帰ってくることができました♪♪

ちなみに、いわゆるデイナマってのは、サイト以外はボサ下へ入れないとほとんど出ないので、渓流よりはるかに高いキャスト制度が要求される釣りです。
そして、エエ音させてくれるし何度もチェイスしてくれるのもタマラナイ!!

これがドブじゃないて清流なら最高なのに・・・


この記事をはてなブックマークに追加

釣果情報

2018年04月16日 | 釣果情報
日本海ジギング

またまた激シブに・・・

満船の中4本しか揚がらないメジロの内、1本をエアージグで何とか当てられたとのことです。
今年、かなり釣れてるジグで、こういった渋い時の1本を獲られてる方も多いですよ。

感度はかなりのものらしいので、また何かのタイミングで爆発するのに期待ですね。

この記事をはてなブックマークに追加

レプトン フォトン入荷

2018年04月15日 | 入荷案内
<<レプトン>>

フォトン90MD
フォトン90
フォトン90横アイ

サクラマス・サツキマスはもちろん、海でもヒラ・マル・青物・砂ものと色々釣れてます。

この記事をはてなブックマークに追加

FCLLABOルアー入荷

2018年04月15日 | 入荷案内
<<FCLLABO>>

EBISC115・135
これから出番の多いサイズのポッパーです。

SI55
大型のシングルフックにボディーがついてるフライみたいな作りのルアーです。
スモールベイト&ビッグフィッシュの時に是非!

SPPスリム110
ヒラ・マル・青物・カツオとなんにでも強い#2以上フック対応の水面系シンペンです。

SHKM175A・175AW
水面波動系のミノーで、大型ベイトはもちろん濁った状況や荒れた状況でも抜群の集魚力です。

2.5DC
アヒル同様、大人の鯰遊びに欠かせないノイジー系です。


ここのルアーは、とにかく釣れます!!
能書きばかりのルアーとは一味も二味も違うので、まだ使ったことの無い方は是非使ってみてください。

この記事をはてなブックマークに追加

釣果情報

2018年04月15日 | 釣果情報
シーバス+α

雨のニゴリとちょっとした増水で高活性!

Leaペン105SSで70クラスをキャッチ!!
他、水面系に小さいのが何度か出たそうです。

ベイトは不明ですが、何か小さいのがちょこちょこいたそうです。
ボイルもたまにあったそうですので、中々の活性になってるようですよ。

あと、この雨で活性が上がったのは他にもいました。
先日のシーバス釣行時にいっぱい見えたナマズをちょっと狙ってみたそうです。

PE5号のヘビーなベイトタックルにFCLのアヒルを付けて遊ばれ、バッコバコに出まくったそうです。
元よりキャッチ目的じゃないので、かかりの悪さは逆に丁度良かったとのこと。

今回に限っては「アヒル咥えた写真撮りたかったけどね・・・」とのことでした。

めちゃわかります。
何でも釣れるのが鯰の良いところでもありますが、だからこそあえて値の張る良いルアーで釣るのが大人の遊びですね。
要は、釣るだけじゃなくて気分を楽しむというのをプラスすると最高に面白い釣りになります。


この記事をはてなブックマークに追加

入荷案内

2018年04月14日 | 入荷案内
<<フィッシュトリッパーズビレッジ>>

リベルタンゴ エモシオン・・・完売
タンゲーラ210


この記事をはてなブックマークに追加

釣果情報

2018年04月14日 | 釣果情報
サクラマス

春本番!


魚じゃらし工房Saburou956FRでのシャローゲームで良い反応だったそうです。

そろそろサツキも来そうですし、気候や景色的にもトラウトゲームの良い季節です!


この記事をはてなブックマークに追加

釣果情報

2018年04月13日 | 釣果情報
①日本海ジギング

完全復活です!!

アルバトロスさんからの釣果情報です。
メジロ大~鰤が20本にメジロ36本!!

長かったイルカ恐怖症が完治したとのことですよ。

別情報では、キャストの誘い出しでもヒラマサが釣れだしてるようですので、そろそろ投げる用意があっても良いかと思います。



②九州遠征

少し前の釣果をいただきました。

Aquila711HH+デコマサⅡ220でヒラマサ17.6kgキャッチ!!
他、TBO220・チェリー200でも釣られたそうです。

後はジグが好調!
MOZ624HM+エアージグ190.215gでヒラマサ・鰤・メジロをかなり釣られたとのことでした。

デコマサⅡ220.180、TBO220.155.155スリム、チェリーパイ200、エアージグ150~215gしっかり在庫がございます。
GWを控えた春シーズンまっただ中、しっかり準備しておいてください!!




③ヒラスズキ

っと言っても磯やサーフではなく、シーバス本命で青物なんかもこないかな?っと入った場所とのことです。

明け方にちょろっとベイトが居たそうで、FCLのSPPスリム110を遠投してトロトロ引いてると潮目の中で食ったそうです。
サイズもこの辺りにしたら良い60ちょいクラスとのことです。

別情報では、磯周りでは80オーバーも揚がってるそうです。
一昔前では考えもしなかったサイズですが、きっちりと狙ってみるのも面白そうですね。

中々例年のようにはシーバスや青物の食いが立ちませんが、色々魚ははいっていそうです。
マゼが吹くたびに状況が変わるので、明日からの時化後に期待です!!




この記事をはてなブックマークに追加

入荷案内

2018年04月12日 | 入荷案内
<<シーフロアコントロール>>

メサイア260.300

本当に久々の入荷です。
カンパチ・ヒラマサ・ブリ・マグロにバッチリです!

この記事をはてなブックマークに追加

入荷案内

2018年04月11日 | 入荷案内
<<プラチナジグ>>

セミロック

170・210.260gが入荷!

スピニング・ベイト・ハイ・スロー・フォールと、何にでも対応可能!
しかも、そのどれでも実績抜群です。


<<ランブルベイト>>

エアージグ

150.170.190.215gが入荷!!

日本海・玄界灘のヒラマサ・鰤・カンパチに実績抜群です。

この記事をはてなブックマークに追加

釣果情報

2018年04月09日 | 釣果情報
①サクラマス

泊りがけでいかれてるそうで、最終日の終了ギリギリでの釣果です。

M&N TS806+フォトン90MDで59cmをキャッチ!!
朝から周りで揚がってるのを何本か見ていたそうで、最後の最後の来てくれて最高♪とのことです。

他にも釣れてるのを2本、やり取り中なのを何回か見たそうです。

※お写真をいただきましたが、背景の関係で掲載は控えさせていただきました。結構鱗がしっかりした魚で、他に見た魚もそうだったらしいので、入っていたのがまとまって動いたようです。


②シーバス

荒れた外海で好反応!!

キツイ向かい風の中、FCL UC10 2Sで風をものともせずに遊ばれたそうです。
しかし、荒れた海面でのタモ入れでミスりまくり、獲れたのはバイト多数で4つ掛けたものの70クラス1本だけとか。

なんでもとある所から「ルアーはフックがネットに掛かるから尻尾からすくうように」と言われたそうです・・・

恐ろしい・・・

「本当のところはどうなのですか?」と聞かれましたので、説明だけさせてもらいました。
下記に手順をまとめますので、参考になればと思います。

所謂「ランディングネット」ではなく、丸枠のタモを使っています。
浅く広いランディングネットとは形状が違い網が深いので、ランディングネットの場合は多少違うかもしれませんの調整してください。


①魚を浮かせて落ち着かせる
②タモを水に入れ、しっかりと「膨らませる」
③玉枠は水に対し90〜30°くらいの角度で調整して、「横から」入れにいくようにする
④魚を頭からタモへ遊動し、タモを押しながらラインテンションを抜く
 ※こうすることにより、頭が奥へと入る

この方法がしっかりとできるようになると、60cm丸枠で1m位の鰤やシーバスが普通に掬えます。
足場に合った長さの硬い「玉の柄」が絶対に掬いやすいです。
「ランディングシャフト」的な小継の物は、グニャグニャと柔らかいものが多いのでかなり難しくなります。

いよいよ本格的な春シーズンです。せっかくの魚、バッチリ取り込んでください!!



この記事をはてなブックマークに追加