チマタの声明(ショウミョウ)カウンセラー《日乗》

『親鸞和讃』をご一緒にうたいましょう。
発声は、「身心柔軟」への近道です。


レスポンスを考える。

2008年09月30日 23時08分48秒 | 日乗

長い間、カウンセリングの勉強を続けてきた。
カウンセリング眼目は、何といっても、レスポンスにあるのだろう。

今日読んでいた『唯信鈔』(聖覚法印)の中で、次の言葉を見つけた。

信心といふは、ふかく人のことばをたのみて疑はざるなり。たとへばわがためにいかにもはらぐろかるまじく、ふかくたのみたる人の、まのあたりよくよくみたらんところををしへんに、「そのところにはやまあり かしこにはかはあり」といひたらんをふかくたのみて、そのことばを信じてんのち、また人ありて、「それはひがごとなり、やまなしかわない」といふとも、いかにもそらごとすまじき人のいひてしことなれば、のちに百千人のいはんことをばもちいず、もとききしことをふかむたのむ、、これを信心といふなり。

「ふかく人のことばをたのみて疑はざるなり」

これぞ、カウンセラーの「聞」「聴」

 

  生涯学習・教育ブログランキング参加用リンク一覧   心理カウンセリングブログランキング参加用リンク一覧 応援感謝  

コメント

清原選手 引退試合

2008年09月30日 22時25分39秒 | 日乗

清原選手が引退するそうだ。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/kiyohara/?1222767386

 

PLの卒業生では、何となく桑田選手の方が好きだったが、本当にお疲れ様でした。
10月1日のソフトバンク戦が引退試合なる。
指名打者で出場するそうだ。
親友のイチロー選手もアメリカからかけつけるそうだ。
長渕剛が生歌で『とんぼ』を歌う。

お疲れ様でした。

  生涯学習・教育ブログランキング参加用リンク一覧   応援感謝  

コメント

江東区小学校選択徒歩圏内に範囲縮小

2008年09月29日 22時55分40秒 | 日乗

讀賣新聞 YOMIURI ONLINE

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyo23/news/20080927-OYT8T00108.htm

の記事が目についた。

江東区小学校選択徒歩圏内に範囲を縮小、制度一部変更

江東区は、学区外の学校を自由に選択できる「学校選択制度」を一部変更し、小学校では学校の選択範囲を原則徒歩圏内とすることを決めた。来春入学する新1年生から適用される。区教委学務課は、「地域の一体感を維持し、コミュニティーの希薄化を防ぎたい」としていると。

 

学校選択制は、私が退職の少し前に、各区で始まった。
当時、私や私の回りの者は、ほとんどが学校選択制に反対であった。
その反対の理由は非常にシンプルなものであった。
当時の教育行政や管理職は、「地域に根ざした学校」と「学校選択制」をしきりに遂行しようとしていたように思う。
一目で、対立するスローガンであることは明瞭である。

基本的に、自宅から歩いて通える小学校に通うのがよい。
満員電車やバスで通わせなくても良いだろう。

学校選択制に止まらず、教育の場でも変なことが多すぎるようにように思う。

 

  生涯学習・教育ブログランキング参加用リンク一覧  応援感謝

 

 

コメント

愛語

2008年09月28日 11時59分06秒 | 日乗

親鸞聖人が『大経』から引文した言葉を、『教行信証・信巻』から拾いました。

「欲覚・愼覚・害覚を生ぜず。欲想・愼想・害想を起こさず。色・声・香・味の法を着せず。忍力成就して衆苦を計らず。小欲知足にして染・恚・痴なし。三昧常寂にして智慧無礙なり。虚偽諂曲の心あることなし。和顔愛語にして、意を先に承問す。勇猛精進にして志願惓きことなし。もつぱら清白の法を求めて、もつて群生を恵利しき」

道元禅師の『正法眼蔵』から拾う。

「愛語に廻天の力あり」

 

  生涯学習・教育ブログランキング参加用リンク一覧 応援感謝

 

 

コメント

吟醸の会

2008年09月27日 23時23分39秒 | 日乗

只今、9月の吟醸の会から帰宅しました。

本日のお酒は、

特別純米「喜楽長 ひやおろし」
特別純米「綾 花」
純米吟醸「庭のうぐいす」
純米吟醸「墨廻江 中垂れ」
純米大吟醸「勢起」
純米大吟醸「瀧自慢」

でした。

今晩は、「勢起」「瀧自慢」が好評でしたが、7月 8月のお酒の方が好評でした。

 

今晩のお酒の評定は、下記の吟醸さんのホームページでごらんください。

http://www2.ttcn.ne.jp/~ginjo/

 

 生涯学習・教育ブログランキング参加用リンク一覧 応援感謝  

 

コメント

くりのみ会・会報10月号

2008年09月27日 15時37分21秒 | 日乗

先程、くりのみ会会報10月号をホームページに更新しました。

今月号から、レイアウトを変更しました。

 皆さんのお出かけをお待ちしています。

 http://www.bb.isas.ne.jp/kurinomi/

 

 

 生涯学習・教育ブログランキング参加用リンク一覧 応援感謝。

 

 

 

コメント

独生独死…

2008年09月27日 09時08分12秒 | 日乗

仏典は、「身体と心の智慧袋」ですよね。

今朝は、『佛説無量寿経』から、次の箇所を拾いました。

 

「人、世間愛欲のなかにありて、独り生まれ独り死、独り去り独り来る。行に当たりて苦楽の地に至り趣く。身みづからこれをうくるに、代わるものあることなし」

復人在世間。愛欲之中。独生独死。独去独来。当行至趣。苦楽之地。身自当之。無有代者。

 

 生涯学習・教育ブログランキング参加用リンク一覧  応援感謝  

 

コメント

「日本もここまで…」

2008年09月26日 22時02分09秒 | 日乗

浅草で悲しくなるような場面に遭遇した。

雷門の近くを歩いていたところ、後期高齢者と思われる老爺さんが観光客と思われる中年の白人の女性に、お金をもらっているのだ。

昔、ローマを歩いていた時、ジプシーと思われる家族に取り囲まれたことがある。
また、ヨーロッパのターミナルには、結構大勢物乞いがいたことを思い出す。
一方、外国人に物乞いする日本の老人をみたことは全く思い出されななかった。

 

日本の国の、どこかが狂って来たように想い、本当に情けなくなった。

この頃、日本の国の行方が気になるような出来事が多い。
今日の一件も、気持ちが滅入ってしまった。

 

 

 生涯学習・教育ブログランキング参加用リンク一覧  応援感謝。

 

コメント

「てめー ふざけんな…」

2008年09月26日 00時40分49秒 | 日乗

今朝、仕事に出かけるためにJR総武線に乗った。
電車は、秋葉原に到着。ドアが開く。
突然、一つ隣のドアー付近から、大声。 「てめー ふざけんな。分かっているんだ。ずっとさわっていただろう。降りろよ…」と。
車中が、一瞬、冷え切った。
痴漢をしていた若者は、腕を捕まれて降ろされそうになるが抵抗。
その内に、ドアが閉まる。
「お茶の水で降りろよ」と。
離れていたので様子が分からなかったが、痴漢騒ぎらしかった。
お茶の水駅に着くと、混雑していたホームを、若い男は逃げようとする。
叫んだ若い女性は、男の腕を捕まえる。
数人、若い女性・男性が取り押さえようとする。 「駅員を呼んで」と言うが、駅員は来ない。
その内、電車は発車したので、その後の様子は分からない。
ヤクザな若い女性の大声にもびっくりしたが、痴漢をしたであろうと思われる若い男性は青い顔で一言も発せないでちじまって逃げることしか考えていないようであった。
痴漢は、悪いことに決まっている。
ただ、今回の事件がどのように進行したのか分からないので、事件の事についてのコメントは控える。

 ただ、この事件を遠くからもくげきして、「安全」ということについて考えた。
この数年、合理化でラッシュのホームに駅員さんが極端に少なくなった。
その分、ビデオカメラ等による機械的な安全対策は、大変向上しているようだ。

ただし、本当に「安全」を確保するためには、生身の人間の配置が必要ではあるまいか。
いくら優秀な機械を導入しても、機械は「応用問題」を解決してはくれない。
経費削減・合理化の行きすぎの弊害が、各所で顕在化しているように思う。

 

  生涯学習・教育ブログランキング参加用リンク一覧    応援感謝

 

コメント

それはないでしょう。

2008年09月25日 23時35分59秒 | 日乗

夜学の帰りに、夜食をとるために居酒屋に立ち寄った。
ビール1杯、ウーロンハイ2杯いただいた。
テレビのニュースで、小泉元首相の引退表明のニュースを見た。
隣の席で一杯やっていたおじさん達のひと言が面白かった。

「小泉さんも厚生大臣をやっていたでしょう。だから、年金や食の安全にも関係しているんだよ。やばいから引退したのに決まっているよ」と。

もう一人は、
「どうせ、息子に地盤をつがせるのだよ」と。

帰宅して、yahooニュースを開いてみた。
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/house_of_representatives_election/?1222337469

 

やはり、小泉元首相は引退して、後継は次男だそうだ。

小泉元首相にしても、地盤を私しているようでは、国民の政治不信は加速するばかりだ。

昨日も書いたことだが、政治家(屋)の世襲には、もっと注目しなければならないと思う。

 

   生涯学習・教育ブログランキング参加用リンク一覧   応援感謝。

 

 

コメント