ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

ハチミツとクローバー

2006-07-20 23:22:51 | 映画2006
 『頭文字D』の主役の車はハチロクだが、この映画の略はハチクロ。『NANA』のハチは宮崎あおいだが、この映画のはぐみは蒼井優だ。と、ろくでもない書き出しになってすみません。

 この作品のタイトルは原作者の羽海野チカがスピッツのアルバム「ハチミツ」とスガシカオのアルバム「clover」を聴いていたことによって決定したらしいけど、この映画のテーマソングにもなっているスピッツの「魔法のコトバ」が情感たっぷりに歌われて、思わず青春君したくなってきました。スピッツが主題歌を歌うといったら、どうしてもTV『白線流し』を思い出してしまいますが、このハチクロも同じく若者5人が中心人物でした。映画の中で、「長野県民の4割は海を見たことがない」という台詞が妙に印象に残ってしまうのですが、『白線流し』も海のない長野県が舞台。そして原作者の名前といい、舞台となる大学が浜美大といったことからも、クローバーよりも海がテーマだったに違いありません(違います)。

 やっぱり青春モノは男3女2がピタリときますが、最近はTVドラマにしろ映画にしろドロドロな関係になってしまうパターンが多いのに、この映画は純情すぎるほどの登場人物ばかりで、片思いばかり。「まるで中学生」という言葉にも表されているように珍しいくらいの純情路線なのです。そこがかえって新鮮に映り、日頃から鬱積した肉欲的雑念を洗い流してくれるほど。映画鑑賞後には海へ行って「好きだー!」と叫びたくなること間違いなしです。

 美大というトコロは入ったこともないので、どれだけ精神的自由が約束されているのかわかりませんが、これほど自分を表現できる教育機関はないでしょう。在籍中のまま個展を開き、作品を発表できるなんてうらやましい限りです。『純情きらり』の時代だったら、特高警察に全部没収されるところですよ。しかも森田が最後にとった行動は、現代の金銭至上主義に対抗してるかのようで、むしろ清々しい思いにさせてくれました。

 蒼井優ならこの台詞の少ない役柄は難なくこなすだろうと安心して観ていられたし、関めぐみの演技もちょっとキュンっとなってしまうほど良かった。青春しすぎてバカっぽく見えるのに慶応出身の櫻井くん。彼はかねてより憧れの修復師に出会うけど、飲酒運転だけはしないように心がけてもらいたいものだ。万が一捕まったら、「美大生って面白・・・」などと言われますよ!

★★★・・
CGの猫も気になります・・・
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (50)   トラックバック (74)   この記事についてブログを書く
« ナイスの森 | トップ | クライング・フィスト »
最近の画像もっと見る

50 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
クックック (ぢもと)
2006-07-21 00:12:28
公開延期にでもなったらどうしようかと思ったのですが、

無事公開されるとのことで良かったです。

なんかすんごい人気みたいですね。

私は、ひとごみがきらいなので、

少し空いた頃に観にいきます(笑)

まぁ、予告で号泣してしまったくらいですから、

満席で泣くのはちょと・・という。

超「青春」ってかんじで清々しくて大ファンです。

先日発売されたコミック9巻は意外な展開になってきましたが・・。



やっぱしビミョウに早い。 (Ageha)
2006-07-21 09:10:20
明日から公開です~~。

でも、ミニシアター扱いで、

近場ではガーデンシネマしかない。

整理券発行で何時の回に入れるやら。

(京都シネマは行ったことない~。混むのかな。)



原作はもちろん読んでるし、

最近アニメもパート2が始まったので

すっかりハマっております。

胸キュンになるあの感じが実写でも見れるなら

それでよいです。



・・・谷原章介さんの「歯がキラリ」も

何か定着してしもたけど

伊勢谷友介さんの変人ぶり(わわわ)も

残りそう・・・。森田は確かに変わりもんですが。

松子、ハチクロ、

・・ミカエルはどうなんだろうって。(笑)
人気です・・・ (kossy)
2006-07-21 12:12:41
>ぢもと様

すごい人気です!

映画を観て、なんとなく人気の秘密を垣間見たような気がするのですが、やっぱり女性中心。試写会会場は95%ほどが女性でした・・・熱気むんむん。



超青春!

その言葉がピッタリ♪

俺も大学生に戻りたくなりました。

いや、美大に進学、絵を勉強するために高校生時代くらいに戻りたく・・・・



>Ageha様

ふむふむ、ミニシアター中心なのですかぁ~

Ageha様の言葉からすると、アニメでも胸きゅんできるってことなんですね。『ラブ★コン』とどちらがキュン死できるのでしょうか。

ひょっとして「デスノート」の死因に「キュン死」と書いたら、その通りになるのでしょうか・・・



伊勢谷友介の演技は「雪に願うこと」よりも良かったです。そんなに変人という雰囲気ではなかったけど、大学8年生という雰囲気はよく表現されていました(笑)
青春恋愛映画 (祐。)
2006-07-21 21:22:14
蒼井優はこの手の映画は 苦手らしいです。

でも私は見に行きまつ。

蒼井優 (kossy)
2006-07-21 23:43:38
>祐。さま

女性だらけの予感。

水曜日なんかは男性はシャットアウトされそうです(笑)



蒼井優よりも関めぐみに胸キュンでしたよん♪
見ました~♪ (ミチ)
2006-07-22 17:43:22
こんにちは♪

原作ファンには胸キュンエピソードの詰め込みというかダイジェストという感じがしました。

やっぱり好きな原作の映画化にはどうしても辛口になりますね。

蒼井優ちゃんはさすがでした!

あとは、うーん・・・・(汗)

美大生って奇抜な感じがするので、竹本君のフツーさが浮いていて面白いものですね。
櫻井くん (kossy)
2006-07-22 19:46:19
>ミチ様

ダイジェスト版でしたか。

胸キュンがお好きならば、もしや『ラブ★コン』もOKかも~

2作品を比べるとラブコンのほうが若干良かったかもしれません。



櫻井くんはフツーさ表現するのは楽だったのかな?
スガシカオ (kazupon)
2006-07-22 20:51:00
kossyさんスガシカオの"clover"は結構聴いてて

好きなアルバムなんですけど、由来のひとつなんで

すね!オドロキ。というかあのアルバムってかなり

歌詞がドロドロしてたと思うんですけど、(笑)

この物語は「今時めずらしい」という言葉を

使ってしまいそうになるくらいピュア物語

でしたね。たまにはいいかぁこういうのも!

って思いました。
むねきゅん (祐。)
2006-07-22 20:56:07
ラブコンより、ハチクロの方が私的には切なかったです。はぐみちゃん やはり難しい役どころだったと思いました。蒼井優さんは、ふたつ↑のコメント「青春恋愛映画」に蒼井ちゃん地震の感想をリンクしていますのでミチさん見てくださいね。



関めぐみ、もう切なくてせつなくて 「8クリ」とはぜんぜん違うキャラで楽しましてもらいました。



芸術家の卵の苦悩もあり、単純なラブコメでなかったのがよかったです。



エンディングでロケ地の紹介が楽しみにしていたのですが、ぜんぜんわかりませんでしたわ。くやしいなぁ・。

Unknown (トロロ)
2006-07-22 21:00:12
『全員が片思い』...なるほど そういうアプローチで、きたか。

はぐちゃんの周りは、素敵な騎士(ナイト)ばかりで、どっちに転んでもいいじゃんと思っていたので、そういえばそうだったと。

私には、ちょっとタルい映画で だんだん切なくなってきて...。

最後には、あぁスピッツっていいなあ~と、しみじみ思った。

日テレの『ラブカツ』も(きつこの日記ではヤラセとあったが)スピッツの曲を使うだけで、どんなに眉毛が細いコだって初々しい表情に見えるし純度がキュンと上がる。スピッツ、恐るべし。

山田さんと真山君は、前から見ても横から見てもマンガとフォルムがそっくり。でもでも、真山君はも少しカッコイイほうが良かったな。マンガだと、山田さんは男らしくて女の子らしい(意味になってないけど、マンガじゃ そうなんじゃ)線の太さがあるけど、映画では やっぱ蒼井優ちゃんのほうが、圧倒的に存在感を感じた。 

かなり変人でエライ人の森田さんと堺正人の花本先生は、いや~ハマってました。

櫻井君は『木更津キャッツアイ』の純情なバンビも良かったけど、今時ぼおーとした朴訥な雰囲気な出せるなんて ジャニーズ、恐るべし。

コメントを投稿

映画2006」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

74 トラックバック

あ~片想い「ハチミツとクローバー」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
恋はくるくる巡る ! 全員片想い !! 「月刊コーラス」連載中の羽海野チカの「ハ
映画「ハチミツとクローバー」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ハチミツとクローバー」 羽海野チカの同名コミックを映画化した青春ラブストーリー。 原作が大好き。「ハチクロ」といえば、胸キュン、片思いの切なさがキーワード。映画化でどこまであの空気感を出せうるだろう。 登場人物の誰もが片思い。いまど ...
ハチミツとクローバー (It's a Wonderful Life)
夏休みは映画好きとしては結構つまらないシーズンかも? シネコンの大半は超大作とアニメでスクリーン占拠されてしまいますし、 洋画の目玉作は字幕、吹替えって2スクリーン使うのが定石。 数本観てしまうと、もう観るものが無くなってしまうというか・・ ...
ハチミツとクローバー「天才変人5人による恋愛模様も問題ありの数々・・・」 (オールマイティにコメンテート)
「ハチミツとクローバー」は人気漫画「ハチミツとクローバー」の実写版でとある美大に通う変わり者5人の美大生による恋愛群想起である。話題のある映画だったが、シーンの数々で首を捻るシーンもあり、恋愛模様も変わり者たちによるものでかなりの理解度を求めら ...
ハチミツとクローバー★★★ (三日坊主ふたたび)
『ゆれる』は今日も満席だったので、 (『メトロミニッツ』効果かも……) 先に『ハチクロ』を見てきました。 思いがけず 『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』の予告編を見られたので うれしかった。 アニがメイド喫茶で「ご注文は?」と訊かれたときに 「 ...
『ハチミツとクローバー』 (アンディの日記 シネマ版)
青春度[:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:]    06/07/22公開   (公式サイト) 切なさ[:失恋:][:失恋:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:] 【監督】高田雅博 【脚本】河原雅彦/高田雅博 【原 ...
ハチミツとクローバー/櫻井翔、蒼井優 (カノンな日々)
美大が舞台の青春群像劇なんてまさに私の大好物、好きなバナナは食べ物です、です。さらに嬉しいことに加瀬亮くん、関めぐみちゃん、蒼井優ちゃん、堺雅人さん、西田尚美さんと大好きな俳優ら思わず小躍りしちゃいますヨ。苦手な伊勢谷友介くんもいるけどまぁヨシ ...
『ハチミツとクローバー』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日は某雑誌で当選した 『ハチミツとクローバー』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★
「ハチミツとクローバー」 甘くて苦くて酸っぱい (目の中のリンゴ)
しつこく話題にし続けていた 映画、 「ハチミツとクローバー」(2006年 日本) 本日封切り! あ、↑のクローバーハチミツは、Afternoon Teaで購入したものです。 小説や漫画が映画化される時、原作と映画はベツモノと 心に言い聞かせるのだけど原作が大好きな ...
連ドラにした方が映える物語。『ハチミツとクローバー』 (水曜日のシネマ日記)
人気コミックを実写版として映画化した作品。美大生たちの恋愛を描いています。
『ハチミツとクローバー』 (ラムの大通り)
----これって昨日公開されたばかりの映画だよね……。 「うん。メイン館がシネマライズ。 ここで公開された映画はほとんどがヒット。 まあ、時代の風にあっていると言うことなんだろうけど、 これって鶏が先か卵が先かに似ていて、 シネマライズでやるから そのブ ...
感想/ハチミツとクローバー(試写) (APRIL FOOLS)
言わずと知れた大人気ガールズコミック『ハチミツとクローバー』の映画化。お待たせしましたいよいよ7月22日公開! エンタメ好きなら絶対見逃し不可だぜ! 映画『ハチミツとクローバー』 ストーリーは割愛ね。コミック読んだとき、あんなに小動物なはぐみを実 ...
ハチミツとクローバー (えいがの感想文)
出演:櫻井翔    伊勢谷友介    蒼井優    加瀬亮    関めぐみ 監督:高田雅博 男女5人の美大生の恋愛ストーリー。「ハチミツとクローバー」 あうー。何度心臓がきゅぅ~~んとしたことか。 タイムリーな世代にもちろんウケるだ ...
映画:ハチミツとクローバー (駒吉の日記)
ハチミツとクローバー@シネマライズ 「人が恋に落ちる瞬間を初めて見てしまった」 全員片思い。好きな人に何ができるかを必死で考えて、笑ってくれたり一緒にゴハンしたら一日にやにやしてしまう、キラキラなストーリーでした。 何かをしてくれたから、好 ...
映画「ハチミツとクローバー」試写会@よみうりホール (POP中毒者の酒記(裏の裏))
七夕に気になってた「ハチクロ」試写会へ。会場となったよみうりホールの整列となった
映画 ハチミツとクローバー (エリ好み★)
 キラキラとした切なさでいっぱいです。片想いってのが、成長途上の彼らにピッタリ。少し危うくて、限りなく純粋で、まっすぐです。
いや、ローマイヤ先輩は出ないから… (キャスポ)
「ハチミツとクローバー」観ました。 何か色々と勿体無いなぁと思ったのが正直なと
ハチミツとクローバー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
幅広い世代の支持を得る、羽海野チカの同名コミックを映画化した青春ラブストーリー。美大に通う男女5人を中心に、甘酸っぱい恋と青春の物語が展開する。主人公・竹本を演じるのは人気グループ「嵐」の櫻井翔。そのほか、『雪に願うこと』の伊勢谷友介、『花と ...
『ハチミツとクローバー』 (京の昼寝~♪)
人が恋に落ちる瞬間を初めて見てしまった。     ■監督 高田雅博■脚本 河原雅彦・高田雅博■原作 羽海野チカ■キャスト 櫻井 翔、蒼井 優、伊勢谷友介、加瀬亮、関 めぐみ、西田尚美□オフィシャルサイト  『ハチミツとクローバー』 ある日 ...
ハチミツとクローバー (haljion_blog)
公開をずぅっと待っていた映画『ハチミツとクローバー』を観て来ました。 空とか海と
ハチミツとクローバー (そーれりぽーと)
劇場で観た「ハチミツとクローバー」の予告編。出演者が面白そうだったので興味を持ってたんですが、原作は少女漫画なのね。 単館で観るつもりだったのですが、小さな映画館で観るのにはこっ恥ずかしいので、大きなシネコンで上映しているところを探して観て来まし ...
ハチミツとクローバー (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「ハチミツとクローバー」の感想です
僕と少女の違い (俺は何とか生きてるよ!ミンナはどうだい?)
本日は、一人きりの休日でしたので映画でも観にいこうかな、と思い立ち梅田へ。 「ハチミツとクローバー」を観てきました。 えっ、数ある映画の中から何で?? これ少女マンガが原作でしょ、男一人で?? あんた何考えてんの?? 気持ち悪っ!! ...
ハチミツとクローバー映画 (                †DIARY†  )
レディースデーということで見てきましたハチクロ原作のファンです感想としてはまぁ面白かったです・・・所々詰め込んでて少しもったいない気もしましたがまずここのキャラでしたがほとんど原作イメージそっくりで驚きました特にはぐちゃん本当に可愛い!!蒼井優 ...
ハチミツとクローバー (映画日記)
【鑑賞】試写会 【公開日】2006年7月22日 【製作年/製作国】2006/日本 【監督】高田雅博 【出演】桜井翔/蒼井優/伊勢谷友介/加瀬亮/関めぐみ 【原作】羽海野チカ「ハチミツとクローバー」 浜美大に通う、竹本、はぐ、森田、真山、あゆの5人。ある日 ...
【劇場映画】 ハチミツとクローバー (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ ある日のこと、竹本は恋に落ちた。それは一瞬のことだった。彼の瞳の先にいたのは、一心不乱に筆を走らせるはぐみだった。そして竹本が恋した瞬間を、真山が目撃していた。真山自身はアルバイト先の女性に想いを寄せている。竹本も真山も、そして ...
「恋愛寫眞」のような映画。~「ハチミツとクローバー」~ (ペパーミントの魔術師)
レディースデイの梅田ガーデンシネマ。10:10。 整理券を発行しますということだったんで 初日はやめたんですが、水曜日なんで30分まえには到着。 圧倒的に女性客だったんですが、ラブ☆コンよりも かなり年齢層が上。(笑)今回は安心して混じりました、 ...
ハチミツとクローバー☆独り言 (黒猫のうたた寝)
予告で・・・あぁ 思い切り少女マンガだなぁ~と思った『ハチミツとクローバー』どんな絵柄なんだろうなぁ~?と想像したのは太刀掛秀子 蒼井優扮する ”はぐみ”のふわふわ感からの連想ですが(笑) あーーそんな乙女ちっく少女マンガの映像化なのかなぁ~? ...
「ハチミツとクローバー」群像劇として説得力なし (再出発日記)
片想い映画というのは、全世界で年何本も作られる。三角関係になったりなんかすると、仏映画「冒険者たち」「歓楽通り」のようにたいていは悲劇で終わるだろう。監督:高田雅博出演:櫻井翔、蒼井優、伊勢谷友介、加瀬亮、関めぐみこの映画はそんな片想い映画には ...
ハチミツとクローバー 評価額・1050円 (Blog・キネマ文化論)
●ハチミツとクローバーを観賞。 美大に通う竹本は、研究室でひとりの少女に出会う。
ハチミツとクローバー (cinema village)
コメント無きTBは削除させて頂きます。 ハチミツとクローバー ~恋に落ちた瞬間~ ★★★★ 更紗評/なんとも甘酸っぱい青春時代の恋♪ 懐かしいような、今でも切ないようなそんな気分になりました。 そして見終わると好きな人に会いたくなる。 やっぱ結婚する ...
「ハチミツとクローバー」 (With you Revolution!!)
ハチミツとクローバー 監督:高田雅博 主演:櫻井 翔、ほか 恋をした それだけのことなのに 世界はまぶしい 手先は器用だが、人間関係は全く不器用な純朴青年・竹本。クールで優しい真山。そして天才的な才能を持ち、突然いなくなってはふらりと帰ってく ...
ハチミツとクローバー(2006) 116分 (極私的映画論+α)
 浜美大に通う純朴青年、竹本。彼は花本研究室で知り合った森田、真山、あゆら先輩美大生たちと騒がしくも楽しい学園生活を送っていた。そんなある日、花本先生の姪のはぐみが入学してくる。可憐な容姿に似合わぬダイナミックな絵を描くはぐに、竹本は一瞬にして ...
【劇場鑑賞74】ハチミツとクローバー(honey and clover) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人が恋に落ちる瞬間をはじめて見てしまった 僕は、この日のこと、この日から始まったことの全てを忘れ決して忘れないだろ う 僕は、自分が彼女のために出来ることの少なさ、小ささに、愕然としていた 僕が彼女のために出来ること・・・
『ハチミツとクローバー』 (ねこのひたい~絵日記室)
四つ葉のクローバーは、葉に白いスジのないシロツメクサの群生から探すと見つけやすい。
ハチミツとクローバー (マボロシログ)
ハチミツとクローバー原作:羽海野チカ監督:高田雅博出演:櫻井翔/蒼井優/伊勢谷友介/加瀬亮/関めぐみ/他ある日のこと、竹本は恋に落ちた。それは一瞬のことだった。彼の瞳の先にいたのは、一心不乱に筆を走...
ハチミツとクローバー (ルナのシネマ缶)
大人気らしい羽海野チカの 同名コミックを映画化した 青春ファンタジーって 感じでしょうか!! 全員が片思いという ピュアな作品です。 美大の建築科の竹本(櫻井翔)は、真山(加瀬亮)や 陶芸科の山田(関めぐみ)達と花本先生(堺雅人)の研究室を ...
芸大生が原作読まずに観た「ハチミツとクローバー」(+ちょっとゲド戦記(笑)) (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ )
まさに期待を裏切られた、良い意味で。邦画の良さを、芸大の良さを、恋の良さを、ストレートに感じた瞬間だった。ハチミツとクローバー、原作の漫画ファンでもないし、公開場所も時間も少ない(近畿は梅田ブルグへ急げ)が、是非お勧めしたい一作である。 邦画 ...
ハチミツとクローバー (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <シネマライズ> 監督:高田雅博 原作:羽海野チカ 脚本:河原雅彦 高田雅博 うーん。観終って正直微妙なキモチでした。 映像はキレイ。 ストーリーはよくまとまってる。 配役もナカナカ。というか蒼井優チャンは存在感も演技もずば抜けて ...
ハチミツとクローバー (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
月刊「コーラス」に連載され評判を呼んでいる美大を舞台に学生たちの青春を描いた羽海野チカの同名漫画の映画化です。 浜美大に通う、竹本、森田、真山、あゆの4人は、花本研究室で知り合った仲間。ある日、竹本は花本教授のいとこの娘で浜美大に入学してきたダ ...
映画・ハチミツとクローバー (halftime ハーフタイム)
今日は、父と一緒に映画を見に行ってきます☆ 父は毎週土曜日に映画を見に行っています。 いつもは一人で…。先週は「日本沈没」を 見に行きました。そして、あらすじを 私に話す!! 「みなみ、日本は沈没しかけたが、 最後まで残ったのは○○○だった。 ...
ハチミツとクローバー (ロビ子の I LOVE CINEMA 別館)
監督 高田雅博 ストーリー ある日のこと、竹本は恋に落ちた。それは一瞬のことだった。 彼の瞳の先にいたのは、一心不乱に筆を走らせるはぐみだ った。そして竹本が恋した瞬間を、真山が目撃していた。真山 自身はアルバイト先の女性に想いを寄せている。 ...
ハチミツとクローバー(映画館) (ひるめし。)
恋に落ちる瞬間を初めて見てしまった 恋をした それだけのことなのに 世界はまぶしい CAST:櫻井翔/蒼井優/伊勢谷友介/加瀬亮/関めぐみ 他 ■日本産 116分 昨年「NANA」がヒットしたため?なのか知らないけど、今年も少女漫画の実写化の映画が多いな~。 ...
ハチミツとクローバー (シネマ de ぽん!)
ハチミツとクローバー公開中ストーリー ☆☆☆☆☆映画の作り方☆☆☆☆☆総合評価 
【 ハチミツとクローバー 】 (もじゃ映画メモメモ)
美大に通う男女5人を描いた羽海野チカ原作の少女コミックを実写映画化。 少女マンガなんで原作は未読。原作読んでいるとついつい比べてしまうんだよね、思い入れが強いと文句も多くなるし。 大学生とは到底思えないほどの純愛が繰り広げられます、これが少女マ ...
ハチミツとクローバー (knockin' on heaven's door)
一方通行のベクトルが幾重にも交差するお話は、淡い色彩が重なり合うようで、そして何だか懐かしい香りがする。 でもハチミツの甘さだけではない、選ばれた才能の存在が意味するものが見え隠れする、ちょっとビターな群像劇。
ハチミツとクローバー (ギョニー・デップの界王拳)
評価/★★★☆☆ (ユナイテッドシネマにて鑑賞)  観る観る言っている『時かけ』も『ゆれる』もほっぽといて今週見たのが『ハチクロ』w  『太陽』などの話題作も無視して『ハチクロ』w  両映画とも混まなくなって早く混まなくなって欲しい。(『ゆれる』 ...
ハチミツとクローバー~切なくときめく恋 (Osaka-cinema-cafe)
「デスノート」、「笑うミカエル」、「神の左手、~」 「花田少年史」など勢いある邦画界は漫画原作が 次々と映画化されていますね。 こちらもそのひとつで、現在、アニメも好評ということです。 映画「ハチミツとクローバー」 略して「ハチクロ」 ハチミ ...
ハチミツとクローバー = 日本 (a day on the planet)
  人が恋に落ちる瞬間をはじめて見てしまった 恋をした それだけのことなのに 世界はまぶしい 爽やかな青春ムービー。
ハチミツとクローバー (欧風)
土曜日に「八戸フォーラム」で観た映画、1本目は「東京フレンズ The Movie」でしたが、2本目に観たのがこの、「ハチミツとクローバー」。去年少女漫画を映画化した「NANA」が大ヒットしましたが、NANAに続くのはハチクロだ!とかいうニュースをちらほら ...
「ハチミツとクローバー」 (映画を中途半端に斬る。)
・・・・恋をした。それだけのことなのに、世界はまぶしい。 ★★★☆☆ 監督:高田雅博 主演:櫻井翔、蒼井優、伊勢谷友介、加瀬亮、関めぐみほか 人間何にはまるのかわからない。会社の先輩に借りて、噂の「ハチクロ」にはまってしまった。匁はナレーション(心 ...
映画「ハチミツとクローバー」 (日記とか文章披露?)
ハチミツとクローバー観に行ってきました。
「ハチミツとクローバー」84点。 (mountain77 D.Reverse side 映画のムコウ)
「ハチミツとクローバー」hp ハチミツとクローバー オリジナル・サウンドトラック あー、青春の結晶。眩しい。。。 ←クリックして今年最後のスイカ食うよ。
映画「ハチミツとクローバー」 (遠い海から来た・・)
ハチミツとクローバー ―PHOTO MAKING BOOK価格:¥ 1,260
「ハチミツとクローバー」 (永遠の自分探し  って迷子やん!!)
原作の大ファンの私。たびたびこのブログでも記事にしてきた。 期待しすぎていたのだろうか、原作がすばらしすぎるのだろうか、 キャスティングが完璧すぎるのだろうか、予告の出来がよすぎたのだろうか、 私が大切にあたためすぎていたのだろうか。 決して、原作 ...
映画「ハチミツとクローバー」 (teeter-totter)
2006年7月22日公開 ジャンル:青春 製作年:2006年 製作国:日本 配給:アスミック・エース エンタテインメント 監督:高田雅博 音楽:菅野ようこ 出演:櫻井翔/蒼井優/伊勢谷友介/加瀬亮/関めぐみ 堺雅人/西田尚美 「草原をつくるには クローバーと蜜蜂がいる ク ...
ハチミツとクローバー (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆ 観客がマバラなせいか、季節外れの半袖シャツのせいか、まるで冷凍室に閉じ込められたようにクーラーが冷たい。 この映画の原作は少女マンガらしい。そしてそれとなく始まり、それとなく終わってしまった。始まりもなく終わりもない感じだ。 ハチミツと ...
[ ハチミツとクローバー ]片思いとは身勝手なものである (アロハ坊主の日がな一日)
[ ハチミツとクローバー ]@渋谷で鑑賞 去年は[ NANA ]、今年は[ ハチクロ ]ブームで盛り上 がった夏だった。 本作は美大生5人「全員が片想い」という切ない恋愛模様を 描いた作品。現在「コーラス」誌上で絶賛連載中、売上部数 は累計480万部を突 ...
ハチミツとクローバー (八ちゃんの日常空間)
ラブ・ストーリーというより青春映画といった感じだが、どうしても櫻井翼をフィーチャーしたアイドル映画の粋を越えていないような気がする。 とはいうものの、「美術」と「青春」を上手くミックスして片思いの切なさをきれいに表現している。簡単にあきらめて次 ...
魔法のコトバ (藻、たくさんの日々。)
目黒シネマで二本目に観たのは、「ハチミツとクローバー」。 原作コミックのファンで、ずっと観たいと思っていたのです。 ようやく実現。 観終わっての感想は…、 映画オリジナルの部分もあったりして、 まあまあよかったかなと思います。 ただ、最後は ...
ハチミツとクローバー (Akira's VOICE)
ハチロク,もといハチクロ
ハチミツとクローバー (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画(DVD)「ハチミツとクローバー」         (高田雅博:監督/羽海野チカ:原作)    美大生たちの恋と青春。  私は原作を読んでいないんですが、  その青春具合が、なんだかすごく少女マンガっぽい。  いや、これ、よい意味で言ってるんですよ。 ...
ハチミツとクローバー (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
製作年度 2006年 製作国 日本 上映時間 116分 監督 高田雅博 原作 - 脚本 河原雅彦 、高田雅博 音楽 菅野よう子 出演 櫻井翔、伊勢谷友介、蒼井優、加瀬亮、関めぐみ (allcinema ONLINE) 解説: 幅広い世代の支持を得る、羽海野チカの同名コ...
ハチミツとクローバー DVD (★しゃべりば ★)
 遅らばせながら 本日DVDで鑑賞しました♪ 美大の教員・花本のもとに集まる貧乏生活をおくる多くの美大生たち。 真山はバイト先の建築デザイナー・理花に。山田さんはこの真山に恋してる。 純情青年竹本も花本の従兄弟の娘はぐみに一瞬にして恋してしまう。 みん...
TAKE 50「ハチミツとクローバー」(実写版) (映画回顧録~揺さぶられる心~)
第50回目は「ハチミツとクローバー」(実写版)です。 この映画は作者:羽海野チカによる伝説的マンガ「ハチミツとクローバー」を 実写映画化したものです。この映画の原作を読んだことはありませんが 深夜枠でアニメーションでやっているのを観...
『ハチミツとクローバー』 (すきなものだけでいいです)
  そのメガネだけでご飯3杯は・・ (以下略) 突然ですが質問です。 Q.もし、あなたが片思いしている相手が誰かをストーキングしていたら、あなたはどうしますか? A.気にならない。なぜなら自分もストー
「ハチミツとクローバー」 素直な恋ごころを忘れたくない (はらやんの映画徒然草)
大学はデザイン系でした。 映画の中で描かれているように学内のそこかしこで、誰かが
DVD『ハチミツとクローバー 』 (みかんのReading Diary♪)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産) (2006/日本) 美大に通う竹本は、ある日、一心不乱に絵を描く少女・はぐみに恋心を抱く。彼女は大学の教授・花本の親戚で、天才少女とうわさされる転入生だった。はぐみのことが頭から離れない竹本...
映画評「ハチミツとクローバー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2006年日本映画 監督・高田雅博 ネタバレあり
<ハチミツとクローバー>  (楽蜻庵別館)
2006年 日本 117分 監督 高田雅博 脚本 高田雅博  河原雅彦 撮影 長谷川圭二 音楽 菅野よう子 出演 櫻井翔  蒼井優  伊勢谷友介    加瀬亮  関めぐみ  堺雅人    西田尚美  利重剛  銀粉蝶
ハチミツとクローバー(ネタバレ) (RE:ねこのうたたね)
ハチミツとクローバー(2006) Director : 高田雅博 Cast : 櫻井翔, 伊勢谷友介, 蒼井優, 加瀬亮, 関めぐみ, 堺雅人 Genre : 青春/ロマンス/コメディ Runtime : 125 min Company : アスミック・エース 参考リンク → allcinema ONLINE / CINEMA TOPICS ONLINE 『ハ...
『ハチミツとクローバー』 (Sweet*Days**)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)(2007/01/12)櫻井翔、蒼井優 他商品詳細を見る 監督:高田雅博 CAST:桜井翔...
ハチミツとクローバー (C'est Joli)
ハチミツとクローバー’06:日本 ◆監督・脚本:高田雅博◆出演:櫻井翔/ 伊勢谷友介/ 蒼井優/ 加瀬亮/ 関めぐみ ◆STORY◆美大生の竹本は、サークルで知り合ったはぐみに恋をする。そんな2人の前に現れたのは、自信過剰で図々しい森田。最初は森田...
ハチミツとクローバー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『恋をした それだけのことなのに 世界はまぶしい』  コチラの"ハチクロ"こと「ハチミツとクローバー」は、7/22公開になった羽海野チカ原作の人気少女マンガの映画化です。美大に通う男女5人が繰り広げる全員片想いの切なく甘酸っぱい青春ラブストーリーですっ♪ ...