ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

キャンディ

2008-01-09 00:15:44 | 映画2008
 そばかすなんて気にしないわ・・・

 そんなソバカスだらけの女流画家かと思っていたら、とても綺麗でした。しかも鼻も高いし、オーバードーズでイッちゃってる顔までもが魅力的。オープニングでは遊園地によくある遠心力でぐるぐる回る乗り物(?)で戯れる2人が描かれるのですが、この時点からすでにトリップ状態でした。

 定職に就かない自称詩人のダニエル(ヒース・レジャー)はこうやってキャンディ(アビー・コーニッシュ)と恋仲になり、やがて彼がやってたドラッグに興味を持った彼女がずるずるとジャンキーへの道へと突き進む。金が無くなったら親に無心。頭の中は詩とドラッグだけのダン。どうしようもないダメ男ぶりが似合ってました。そして、よき理解者であるキャスパー(ジェフリー・ラッシュ)も曲者で、大学講師の職を得たのに一緒にラリったりしているのです・・・

 とりあえず2人は結婚するものの、収入源といえば、キャンディが体を売ったりしている始末。大金を手に入れたりもするけど、結局は悪銭身に付かずといったところでしょうか・・・。まぁ、ヤク中から抜け出せないのは戒めとして、結末も理解できるし、つい大人目線で彼らを見てしまいます。

 愛し合う2人は羨ましくもあるけど、共感はまず出来ないと思われる映画で、芸術家としても魅力がなかったところが残念でした。まぁ、イギリス産のドラッグ映画よりはほのぼのとしてるし、どこか大陸的な心まで感じてしまう。あれは若気の至りだったなぁ~と回想する作者の気持ちも伝わってくるのです・・・が、とても眠かった・・・

★★・・・

コメント (12)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 更新が・・・ | トップ | アース »
最新の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私、結構好きです (kisen)
2008-01-10 22:11:30
kossyさん、こんばんは。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

ということで「キャンディ」です。

私、これを見たときはとっても切なかったです。
なぜって、彼も彼女も、とてもいい子だったからです。
育ちだっていいし、決してやくざな(?)友人に囲まれていたわけでもない。

だんだんと転落して行く人生も、見ていて「さもありなん」と、頭では理解できるのですが、それでも残念でなりませんでした。

もちろん、それぞれの人生は、本人が満足していればそれでいいのであって、外から「この方が幸せ」と押し付けるものではありません。

でも、いい子たちだったし、父親がわりのジェフリー・ラッシュも味のある大人だった。それだけに、本当にありそうな感じがして、残念でなりませんでした。

ラストはきれいにまとめてありましたね。でも、お互いに立ち直れたのなら、またいつか一緒になって欲しい気もします・・・。
ラスト (kossy)
2008-01-10 22:40:51
>kisen様
いつもコメントありがとうございます。
今年もよろしくお願いします!

鑑賞中から女性の評判はいいだろうな~と思える映画でした。もしかすると男の方が現実的で、逃避するのが耐えられないのかもしれません。
ストーリーとしては、キャンディがなぜそこまでダンにのめり込んでいくのか?そこをもっと描いても良かったんじゃないかと・・・ダンの愛ばかりが感じられてしまいました。

またいつかきっと・・・そっか、そうやって彼らの将来を考えるのもいいかもしれないです!
あらら・・ (祐。)
2008-01-11 19:25:01
★二つですか。。。

この映画、切なくて、悲しくて、人の弱さと愛を感じました。
世界の若者に見てたくさんのキーワードを感じて欲しいと思いました。


PS
愛に理由は要らないです。。。
そう言えば・・・ (kisen)
2008-01-11 23:25:08
kossyさん、再びごめんなさい。kossyさんのコメントを読んで思い出しました。
そういえば、一緒に鑑賞した男友達も「なんであんなになっても、やっぱり彼のところに戻ってくるんやろな」って真剣に言ってました。

女である私は、そこになんの疑問もはさまずに見ていたので「え?」と思ったのを覚えています。

人それぞれでしょうが、あくまで私個人としては、能動的に愛するよりも、受動的に愛されたい。だから、相手の愛情を感じることができれば、やっぱり離れ難いと思う・・・。

(変なこと書いて、ごめんなさい)
やっぱり愛 (kossy)
2008-01-12 00:08:15
>祐。さま
やっぱりどこかで共感する部分がないとダメなのかもしれない。それとも自分がダメ人間だから見るに耐えられなかったことも原因か・・・
なんだかんだ言っても、周りの人が結構優しかったりするのが悔しかったのかなぁ・・・と、自分の心を分析してみたりして・・・

>kisen様
そっかぁ。
どうも低評価をしてるのは男性ばかりのようで。
2人の愛についてはアレコレと文句をたれないでいたいのですが、彼女もジャンキーとなってしまって愛情にも麻痺してしまったところもあるのかな~なんて。

などと言いつつも、体を売る行為を黙認してしまったところが許せなかっただけかもしれません・・・あぁ。
遅くなりましたが (D)
2008-01-13 09:22:50
あけましておめでとうございます!
昨年はお世話になりました♪
今年もよろしくお願いします


この作品は、気になりつつ
題材に首を傾げる私です・・
星二つ!レンタルを待つことにします
二つ (kossy)
2008-01-14 05:22:08
>D様
星二つというの気になさらないで!
女性受けはとてもいいんです。
俺的には恋愛面よりもその他の部分でマイナスが多かったため、ちょっと低めにしてしまいましたが・・・

てなことで、今年もよろしくお願いいたします。
珍しくおきています^^ (とんちゃん)
2008-03-02 02:22:25
kossyさん、こんばんは~★
ジャンキーでなかったら、理解不能な事ばかりでしたね^^
私は、ヒースが演じてなければ、このキャンディに説教がましい事を書いていたでしょう^^

親が泣くぞ!みたいなね。

あ~だけど、私がヒースの大ファンだからなのかも
しれないけど、やり切れなくて涙が零れました。



ヒース・レジャー (kossy)
2008-03-02 10:20:18
>とんちゃん様
ヒースが亡くなった後に観たら、涙なしでは見れないでしょうね・・・
俺も追悼の意味でもう一度観たら・・・泣いちゃうかもしんないです。なんせ涙もろいもんで・・・
ヒース・レジャー (Aki)
2009-01-31 04:07:10
愛し合う二人。
ジャンキーの二人。
文句なしの名演でした。

でも、あまりにダメダメなダンとキャンディーでした。

作品の最後は、希望を含んでいるけれど、ちょっとユルイ気がしました。

まず、薬物に手を出してはいけません。

親に金をかり、売春し、子供を流産し、病院送りで、再生でしたが、二人とも死んでいたかもしれないし、お金のために、人を殺していたかもしれません、自制心などぶっとび、もっともっと悲しく、悪い結末になっていてもおかしくありません。

愛し合っているのなら麻薬なんてなくても、十分に幸せなはず。

せつない、悲しいという以前に、麻薬に手をだしたらおしまい。
ダンもキャンディーも自業自得。同情の余地なしです。

海外の作品ではよく登場する麻薬と銃。

観る側は、もっと過敏に反応し、拒否すべきではないでしょうか。

日本でも、簡単に手に入ります。

一回だけならという、安易な好奇心や軽い気持ちが大敵です。

愛と麻薬は別々に語るべきではないでしょうか。

コメントを投稿

映画2008」カテゴリの最新記事