ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

アース

2008-01-14 02:49:03 | 映画2008
 ナヌーは助けにこないのか?

 主演は渡辺謙ではなく、46億歳になる地球だ。映像は北極から南極までを縦断し、各地に生息する野生動物やダイナミックな自然を描いている。『ディープ・ブルー』のスタッフがNHKでも放映された「プラネット・アース」の膨大な映像を劇場用に再構築したものだそうです。

 最初に登場するのは北極のシロクマ。『北極のナヌー』と同じ視点で始まるものだから混乱しそうになりつつ、針葉樹林、広葉樹林とロケ地を移動し赤道直下の熱帯地方へと旅をするのです。定点カメラのコマ撮りなんだろうけど、季節の移り変わりを数秒で描いているのは美しくもあるけど、CG処理してあるのではないかと勘違いしそうになる。

 絶滅危惧種のシロクマ、アムールヒョウなどはいいとして、地球温暖化がテーマでもあるんだし、多くの動物を登場させるとその分ぼやけてしまう。たしかに珍しい生態や決定的瞬間は魅力的だし、大きなスクリーンの迫力は鑑賞の値はあるものの、長く印象には残りそうもない。一昨年観た『ホワイト・プラネット』も覚えてないんだし・・・。最近の自然ドキュメンタリー映画は『皇帝ペンギン』や『北極のナヌー』のように、ターゲットを絞ってドラマチックに編集することが求められるのかもしれません。

 こども500円キャンペーンが示しているように幼児も対象にしているためか、残酷シーンの一歩手前で編集されているのも特徴で、サバンナの夕日が映えているせいでヤコぺッティの世界を期待した人は眠くなってしまうかもしれません。オオカミに襲われるトナカイ、チーターに襲われるガゼル、ライオンに襲われるアフリカ象などなど、美しい地球を追及するあまり、その後のシーンを映さずに捕食や生態系のバランスなどは学校で習いなさいと言ってるようなものなのです。

 そんな中、これまで見たことなかったアネハヅルのモンゴルからインドへ向かうためのヒマラヤ越えは印象に残りました。朝青龍がサイババに会うためにヒマラヤ登山するようなものかもしれませんが、“アネハ”と聞いて、どこかに偽装工作があるんじゃないかとも疑ってしまいました。

★★★・・

観る予定のない人でもLOVEEARTH.COMは楽しめると思いますよ!

コメント (27)   トラックバック (54)   この記事についてブログを書く
« キャンディ | トップ | PEACE BED アメリカVSジョン... »
最近の画像もっと見る

27 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (ミチ)
2008-01-14 09:16:51
CG処理は一切無いのかどうか、かなり気になりつつ見ていました。
「アネハ」と聞いただけでなにやら胡散臭いものを感じてしまって一生懸命に山越えするツルに申し訳なかったです。
自然の大切さを感じる映画でした (PGM21)
2008-01-14 12:03:42
何時もお世話になっております。
今季開幕作品を観た後(環境汚染丸出し)なのでこの作品に点数を付けるのはある意味困難でしょうね。というより点数は1つしかないでしょう。
とにかく自然の凄さとその大切さを確り伝えていたのが良かったです。編集した作品ではありますが、今の現実をありのまま伝えた点は評価に値するでしょう。
アネハ (きらら)
2008-01-14 13:48:03
わははー思いっきり笑ってしまいました☆
私は普段この手のドキュメンタリーを見ることはなかったので、
いろいろな動物見れて良かったです☆
子供は500円なんですかー!
結構いっぱいでウザかった
Unknown (はらやん)
2008-01-14 14:28:49
kossyさん、こんにちは!

ドキュメンタリーは最近になって観るようになったので、映像に圧倒されました。
定点カメラや空撮の映像はすごかったです。
雨期にアフリカの砂漠が水に満たされていくところは、地球のダイナミックさを感じました。

家族連れが多かったのはキャンペーンをやっていたからなんですね。
映画を見慣れていない人が多いためか、途中入場や退出が無神経だったのがやや気になりました。
教育熱心なのはいいけれど、マナーも教育して欲しいところです。
アネハ (祐。)
2008-01-14 17:50:30
アネハで何故 偽造工作とリンクするのだろうと考えてしまいました。 世間知らず痛恨しました。

それはともかく、 高度8000mを飛ぶアネハツルですが時々迷子になって鹿児島県出水に飛来します。
ぜひ、篤姫と同様、かわいがってください。
ヤコぺッティ (OK)
2008-01-14 18:27:55
やはり捕食シーンで血が映るのはマズイんでしょうね・・・ 
しかしあれだけ何度も生死を賭けた弱肉強食シーンを見せられて、その全部がモヤ~っと終わってしまうのは・・・物足りないというかなんというか(笑)
ヤコぺッティなら「もういいよ」ってぐらい全部見せてくれたでしょうね。 
・・・PG15ぐらいになっちゃうけど・・・ 映画の主旨も完全に変っちゃうけど・・・ 

でも数多の大迫力映像に圧倒され・・・新しい大画面TVが欲しくなった・・・映画でした。
僕は地球。46億歳、独身です。 (kossy)
2008-01-14 19:32:14
>ミチ様
CG処理は気になるところでしたよね。大自然の中で定点ポイント。さすがに雪が積もるとCGではないように感じました。
やはりミチ様も姉葉を想像?
もしかしてお住まいは高層マンションなんですかぁ?

>PGM21様
たしかに映画を観た誰もが感じなければならないという点で、評価すること自体間違ってるのかもしれません。だけど映画館へは自家用車で向かってしまうし、暖房もしっかりきいたシネコンだし・・・自分を反省するしかありませんよね。
俺の評価が3点になってるのは、「北極のナヌー」に感動してしまったからです・・・

>きらら様
俺はそうなる事態がわかっていたので、深夜の回を選びました!
静かすぎて眠くなる恐れもあったのですが、癒されると逆に眠気が吹っ飛んでしまいますね~

>はらやん様
特筆すべき映像の力!
いやはや恐れ入りましたです。
なぜこんなに綺麗に撮れるんだ?
地軸の23.5度がここまで自然を豊かにしてくれていると考えると、ほんとに神様だとしか思えません。

せっかく癒されるための映画なんだし、子供が多い時間帯は劇場側でも案内してもらいたいですよね~
俺はわかっていたので深夜を選びました。

>祐。さま
すみません・・・姉歯と書けばわかりやすかったかもです。さすがにヒマラヤに耐震設計偽装はないだろうと思い、そこまで書けませんでした(汗)

そうかぁ~アネハさんは鹿児島まで飛んでくるのですね。それでも十分暖かいとは思うのですが、ちゃんと故郷に帰れるのか心配ですね。

>OK様
ヤコペッティの映画を観てるのなら、別にこの映画にもそれを求めなくてもいいんでしょうけどね・・・子供たちはそこに何を感じるのだろうかと考えると、ちょっと心配でもあります。
でも、主人公が地球なんだし、そこまで求めちゃいけないんでしょうね。

俺も大画面TV欲しいです・・・その前に置くスペースを確保しなきゃいけないかもだけど・・・
こんばんは。 (ジョー)
2008-01-14 20:33:58
たしかに時間がたつと数多くある動物ドキュメンタリーのひとつとして記憶されるだけの映画になってしまうかもしれませんが、撮影クルーの苦労を想像するとそれだけではもったいない気がします。メイキング映像でも公開したらどうでしょうね。
コメントありがとうございました。
戸惑い (かのん)
2008-01-15 11:12:03
絶賛記事が多くて、それももちろんわかるんですけど、何か釈然としないものが後味に残ったんですよね。私も捕食の場面を最後まできちんと見せないことに違和感を覚えたんです。でもkossyさんの感想が私と近い感じがして、ちょっと安心。

そしてその通り「北極のナヌー」なんですよね。こちらも激しく共感、とても嬉しいです。この「アース」のホッキョクグマに感動した方にはぜひ観てほしい作品ですよね。
前後左右、人一杯でした (ぱたた)
2008-01-15 16:19:38
イオン三川で2週間限定の「ゾンビ3D」の客が日曜なのにたった4名だったので、続けて観る本作品もさほど混まないかと思ったら、前後左右ヒト一杯でした。
前ではちびっこが騒ぐし、左はシーン毎一人で喋るお婆さんで、後はガサガサビニールから何やら出すし、、。
貴重な映像を堪能しようかと思ったら、気が散って仕方なかったです。
(次の回に観たツレも混んでて落ち着かなかったって言ってました)
公開初日付近は今後避けたいと思います。。

コメントを投稿

映画2008」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

54 トラックバック

映画 【アース】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「アース」 『ディープ・ブルー』のスタッフが再集結し、地球上の生命の神秘に迫るドキュメンタリー。 DISCOVERYチャンネルは大好きでよく見ますけれど、大きなスクリーンに映し出される地球上の命のドラマは圧巻です。 ドラマのスタート地点は北極点。ホッ...
アース earth (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年1月12日 公開作品 今、私はとても興奮しています!!! これは見事としか言いようがありません。 40名の専門クルー 制作期間5年 撮影日数のべ4500日 撮影地は全世界200箇所 北極ではホッキョ...
アース(2007年、独英) (泉獺のどうでも映画批評)
 この映画は、USENの株主総会の後に行われた試写会(会場は中野サンプラザ)で観
「アース」地球の危機を訴えた自然に生きる動物たちの生存競争 (オールマイティにコメンテート)
「アース」は地球の北極圏から南極圏の自然を追ったドキュメンタリーで地球の今を刻銘に映像化した映画である。人類の住む地球の今を追い、そして地球の危機を伝えている。
アース (★YUKAの気ままな有閑日記★)
子どもを連れて『ディープ・ブルー』を鑑賞した際に、物の見事に爆睡されたので鑑賞を躊躇っていたが、、、「観たいっ」と言って来たので、今年初の劇場鑑賞にコチラをチョイス―今度は寝ないでよぉ~勿体ない(セコッ)【内容】50万年前、巨大な隕石が地球に衝突し、その...
映画 『アース』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆大ヒットした『ディープ・ブルー』のスタッフが再集結し、地球上の生命の神秘に迫るドキュメンタリー。氷の地から熱帯の森、深海で営まれる動物たちの命のドラマを、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のフルオーケストラにのせて映し出す。製作5年、...
「アース」 太陽と、水と、生きものと (はらやんの映画徒然草)
カメラとともに僕たちは北極から赤道を越え、そして南極まで旅をする。 その旅で感じ
「アース」:東雲一丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}なんだ、このカラフルな外壁は。 {/hiyo_en2/}ウットリするわねえ、この虹のような色彩・・・。 {/kaeru_en4/}しかし、何で虹なんだ? {/hiyo_en2/}自然を大切にしろっていうメッセージをこめているのかしら。 {/kaeru_en4/}うーん、いくら自然環境問題がブ...
アース(日本語吹き替え)(2007年) (勝手に映画評)
ヒットした海洋ドキュメンタリー『ディープ・ブルー』のスタッフが再結集。5年の制作期間を経て、生きた地球を表すドキュメンタリー。日本語吹き替え版では、渡辺謙がナレーションを担当しています。 5年前撮り始めたときは、それほど話題にもなっていなかった地球温暖化...
アース earth (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
かつてない生命の旅が始る。旅は極北の大地から始った。氷の原野の熱い闘争、命を育む広葉樹林帯、熱帯雨林、生命の饗宴。2000分の一秒で目撃するサバンナの死闘、旅の終焉、熱帯の海から南極へ__。 今から50万年前、巨大な隕石が地球に衝突。その衝撃は深く、...
アース (Akira's VOICE)
地球が大好きだ!!
アース 東京国際映画祭 (メルブロ)
アース 186本目 上映時間 1時間38分 監督 アラステア・フォザーギル マーク・リンフィールド 出演 地球の生物 評価 8点(10点満点) 会場 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ スクリーン7  今年も東京国際映画祭の季節がやってきましたが、今年度鑑賞するのは...
『アース』 (『座敷牢からなんかニョロ~っとトビ出したようなカンジの.......』)
(2007/独+英/アラステア・フォザーギル)   【期待度】★★★・・ 【満足度】☆☆☆☆・   【やっぱスゲぇよな地球、いやホント地球に生まれてよかったぁー度】★★★★★  
「アース」 (首都クロム)
 一瞬一瞬に命を刻みつけ、生命を謳歌する。そういう惑星は他にはなく、自然の前に生き物は単なるエキストラだということ、横柄な振る舞いが禁忌であったこと、自分たちが宇宙の一部として生かされていることに気付かせてくれる作品でした。また、野生動物たちの生命力を...
アース(Earth) (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
観ているうちに眠気を催し、うとうとする。映像は美しいし、特段難しいストーリーもないし、外は寒いが館内は暖かいし。ちょうど赤道付近で眠気はピークに達した。
earth-地球温暖化を真剣に考えよう (AL+ViのわんわんLIFE)
本当に久しぶりに映画を観に行った。 earth 地軸がたまたま傾いたために、「四季」というすばらしい自然を手に入れた地球。 その地球が今「温暖化」の危機にあるのは、皆さんご存知のことだ。 でも改めてこの映画を観てみよう。
映画鑑賞記「アース」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:08.01.14 鑑賞場所:シネマイクスピアリ 主演:46億歳、地球。 <この映画について> (シネマカフェより引用)  はるか50万年前、地球という星に巨大な隕石が衝突した。宇宙の大惨事に匹敵するこの衝突事故こそが、この星に生命が誕生する瞬間...
アース (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『主演:46億歳、地球。 奇跡の星の、見たこともないドラマを体感する究極のノンフィクション。』  コチラの「アース」は、1/12公開となった"「ディープ・ブルー」「プラネットアース」のBBCが贈るかつてない命の旅"なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  ...
アース (5125年映画の旅)
地球・46億歳。生命溢れるこの惑星の姿を、北極から南極まで壮大な映像美で描いていく。場所や季節によって極彩色に移り変わるその姿。それはこれまで耐える事無く営まれ続け、そしてこの先途絶えてしまうかもしれない命の姿。 海洋ドキュメンタリー『ディープ・ブルー...
アース 36点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
が生んだ 正義のマグマ 公式サイト 海洋ドキュメント映画『ディープ・ブルー』のスタッフが製作、などと宣伝しているが、要するにNHKで放送されているBBC製作のネイチャードキュメント番組『プラネットアース』の総集編的な作品である。 ために同番組で既に既出の...
【映画】アース (KOHの青赤な日々)
つい最近上映された映画「アース」を見に行きました。 現代は地球温暖化の影響で北極
アース@映画 (徒然なるサムディ)
一年ほど前「不都合な真実」を観て母なる地球の「温暖化」という 環境悪化に衝撃を受けた。あの映画をきっかけに世界的にも 「地球温暖化」への関心は急速に高まったのだろう。 それからほぼ一年経ち、「アース」という名のこの映画が公開された。 BBCの数多くのフ...
earth を観ました。 (My Favorite Things)
TVの映画コーナーでは異様な紹介状態でした…。だからつい観たくなったのです。
アース (シネ山ムビ彦の日々の映画+α)
 今日は彼女と休みがあっているので、一緒にネイチャー・ドキュメント映画「アース」を観てきましたよ。  さすがに今日は成人の日で休みということもあり、そしてなによりこの映画がこども500円のキャンペーンをしているということもあってか、作品の話題性の割に...
アース EARTH/46億歳の地球とその子供たち (カノンな日々)
何でも近年はドキュメンタリー映画が興行的に当たるようになったんだそうで、この「アース」もドキュメンタリー作品としては今までに例がないくらいの大々的な宣伝をしていて、情報番組でちょくちょく取り上げられ紹介されてましたね。さらには保護者同伴の子供は料金500...
アース (小部屋日記)
EARTH(2007/ドイツ=イギリス)【劇場公開】 監督:アラステア・フォザーギル / マーク・リンフィールド 日本語ナレーター/渡辺謙 主演、地球 46億歳―。 "DEEP BLUE"の スタッフが贈る かつてない生命の旅。 大ヒットした『ディープ・ブルー』のBBCのスタッフが再...
アース (八ちゃんの日常空間)
っていうか、英語版のナレーション、パトリック・スチュワートじゃないですか!(狂喜)
アース earth (cocowacoco)
映画 「アース」 earth (日本語吹替版)を観ました         アラステア・フォザーギル / マーク・リンフィールド 監督            2006年 渡辺 謙 ナレーション 大自然を大きなスクリーンで観る機会は逃したくない。 いつもは映画料金の安い時間...
「アース -earth-」みた。 (たいむのひとりごと)
嫌いじゃないけれど、好きでもない、動物と大自然のみの映像。子供の頃に見させられた『野生の王国』のナレーションが当時は退屈だったからかもしれない。「アース」も正直迷った。けれど、純粋な映像を目にすること
アース (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  地球に住む生物たちの、神秘的な命のドラマを描く壮大なドキュメンタリーである。北極から南極まで、神々しい大自然の風景が、そして真摯な生命の息吹が、輝くばかりの美しい映像となってスクリーンに蘇る。そしてべルリン・フィルハーモニーによる管弦楽のB...
アース (ルナのシネマ缶)
地球-46億歳 今しか観れない地球の 映像です!って言われたら まあ、観ないわけには いかないですよね~。 お子様500円ってことで、 映画館でのお子様苦手な 私としては、お子様の 少なそうな平日に観てきました! さすがに、きれいな映像でやはり大きな画面...
アース(映画館) (ひるめし。)
地球、公開。
【アース】 (+++ Candy Cinema +++)
【原題: EARTH 】 監督 アラステア・フォザーギル/マーク・リンフィールド    脚本 デヴィッド・アッテンボロー/アラステア・フォザーギ...
アース (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 ドイツ&イギリス  ドキュメンタリー  監督:アラステア・フォザーギル  出演:(ナレーション)      パトリック・スチュワート      (日本語版)      渡辺謙 【物語】 海洋ドキュメンタリー映画「ディープ・ブルー」を大ヒットさせた英国...
映画「アース」 (FREE TIME)
話題の映画「アース」を鑑賞しました。
劇場 『アース』 (らぶらぶシネマ)
★★★★ 製作年:2007 製作国:ドイツ、イギリス 原題:EARTH ジャンル:ドキュメンタリー 監督:アラステア・フォザーギル 、 マーク・リンフィールド 出演者:地球と生き物 ストーリー:50万年前、まだ若い地球に巨大な隕石が衝突した。その影響は大きく、地...
アース (ダイターンクラッシュ!!)
1月20日(日) 16:10~ 日比谷スカラ座 料金:1250円(有楽町の金券屋で前売りを購入) パンフ:600円 『アース』公式サイト TOHOシネマズで一回見たきりの「レクイエム・フォー・ドリームズ」の音楽を使った「地球を守ろう」がテーマのような映像と映画「アー...
「earth(アース)」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
今から約50万年前、広大な宇宙で或る出来事が発生した。太陽系の惑星として生まれて間もない地球に、巨大な隕石が衝突したのだ(動画)。衝突により地球の地軸は約23.4度も傾いてしまうのだが(動画)、この傾きこそが地球に“奇跡”を生み出す事となる。この傾きが...
『アース』鑑賞レビュー! (★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!)
『アース』鑑賞レビュー! 2007年 ドイツ/イギリス 公開日::::2008年1月12日(土) 上映時間::::96min(1時間36分) シネマスコープ/ドルビーデジタル 配給::::ギャガ・コミュニケーションズ アップル - QuickTime - Movie Trailers ...
『アース』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アース」□監督 アラステア・フォザーギル、マーク・リンフィールド □ナレーター 渡辺 謙■鑑賞日 1月13日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> この映画を観る前日に、丸ビルで開催さ...
≪アース≫遅ればせながら映画感想。。 (キネマ徒然草)
22日付の映画感想で、時間がなくて書ききれなかった≪アース≫の感想と星取り表をUPしておきます。 ≪アース≫★★★ アラステア・フォザーギル監督作品 2003年に公開された『ディープ・ブルー』のスタッフによって製作されたネイチャードキュメンタリーだそ...
「アース」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2007年・ギャガ/監督:アラステア・フォザーギル&マーク・リンフィールド) NHKと英BBCが、五年の歳月をかけて撮影・制作したテレビ・ドキュメンタリー、「プラネット・アース」
【2008-9】アース(earth) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 地球──46億歳。 神秘と美しさに溢れる 未体験のスペクタクル 地球、公開。
アース (C'est Joli)
アース’07:ドイツ=イギリス ◆原題:earth◆監督:アラステア・フォザーギル「ディープ・ブルー」 マーク・リンフィールド◆STORY◆50万年前、まだ若い地球に巨大な隕石が衝突した。その影響は大きく、地球の地軸は23.5度も傾いてしまう。しかしこの傾きがあった...
earth -アース- (創作といろいろ)
   2008年は幕開けから温暖化問題がクローズアップ。 映画「earth」を鑑賞してきました。 地球の生き物達にスポットを当て、北極から始まる地球横断の旅。 シロクマから始まった命の旅は、 様々な生命の美しさと残酷さを丁寧にとらえ それを包む自然...
映画『earth』劇場鑑賞 (蛇足帳~blogばん~)
3週連続で水曜日は映画館に行っている私(笑)。本日は映画『earth』を観て来ました。Alastair Fothergillをはじめとする、あの『Deep Blue』のスタッフが再集結して、地球上の生命の神秘に迫るドキュメンタリー作品です。日本版では渡辺謙さんが案内人(ナレーション)を...
EARTH ~アース~ (HAPPYMANIA)
主演、地球、46憶歳地球って凄い、素晴らしい。こんなに素敵なホシに住んでいるんだと 改めて感じた壮大なスケールで描かれている 大自然や動物たちを見ていると人間ってなんてちっぽけなんやろと思った自然をありのままに受け入れて 状況に自分たちが合わせて生活し...
映画「アース」(2007年、独・英) (富久亭日乗)
  ★★★★★  英BBCと「プラネット・アース」の制作陣が作ったドキュメンタリー。 原題は「Earth」。  偶然、地軸が23・5度傾いているために四季に恵まれた地球。 北極から赤道、南極へと縦断しながら、 地球上に生息する動物と自然を紹介する。  冬眠から目...
『アース』 (cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー)
やっと今日観てきました、ネイチャー・ドキュメンタリー『アース』。NHKでやってたという話の「プラネットアース」という番組を知らない状態で観に行った自分にとっては大自然の映像を大きなスクリーンで楽しめたってことだけで十分魅力的な時間でした。砂漠の景色の自然....
映画[ earthアース ]大変なのは地球だけ? (アロハ坊主の日がな一日)
映画[ earthアース ]を新宿オデヲン座で鑑賞。
8●アース (レザボアCATs)
「主演 : 地球 46億歳 」 っていうキャッチコピー、初めて見た気がする。すごくいいよね、この言葉。もう、絶対大画面で見るしかないって思った。
アース (mama)
EARTH 2007年:イギリス・ドイツ 監督:アラステア・フォザーギル、マーク・リンフィールド 音楽:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 海洋ドキュメンタリー映画「ディープ・ブルー」を大ヒットさせた英国BBCが、今度は対象を地球全体に広げ、再び徹底的に映...
『アース』'07・独・英 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ今からおよそ50億年前、巨大な隕石が地球に衝突しその衝撃により地球は23.5度も傾いてしまう。この傾斜は四季の移ろいや多様な地形を地球にもたらし生命の誕生に重大な役割を果たすこととなった・・・。感想こういうの嫌いちゃうし、面白かったっちゃ~面白....
映画評「アース」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2007年イギリス=ドイツ映画 監督アラステア・フォザーギル、マーク・リンフィールド ネタバレあり