ネタバレ映画館

最強寒波が来るから
早めに映画観ておいた方がいいですよ!

パンズ・ラビリンス

2007-12-31 19:34:03 | 映画2007
 恐怖の口裂け男!

 1944年のスペイン。内戦終了してもフランコ政権に反発するゲリラが闘争を繰り広げていた山間部。劇中ではノルマンディー作戦らしき情報も入っていたことから6月くらいなのだろう。スペイン内戦について詳しくは知りませんけど、内戦後も相当ひどい弾圧があったことは、ビダルの残忍性を見れば想像に難くない。そんな状況下で、新しい父親のもとへ母に連れられて向かう少女オフェリアが神秘的な世界へと迷い込む・・・

 ビダルの子を宿したオフェリアの母カルメンの心情はよく伝わってこなかったけど、「一人じゃ生きていけない」との言葉から察すると、弾圧を逃れたい、娘オフェリアを守りたい母性が感じられました。一方、ゲリラ側からメイドとして潜入していたメルセデス(マリベル・ベルドゥ)にもオフェリアへの愛情が感じられ、彼女たちの物語だけでも成り立ちそうな関係でした。

 鬼才ギレルモ・デル・トロ監督によるダークファンタジー。ファシスト政権対ゲリラの構図を少女の目から映し出し、悲しさ切なさ溢れる作品となっているのですが、中には残虐な拷問シーンや血も涙もない冷徹軍人の姿も浮き彫りにされている。「この世から逃げ出したい」と言わせてるとおり、平和な時代からは考えられないほどの現実逃避をちょっと不気味なファンタジーに仕上げているのです。

 全てがオフェリアの空想?と思ってもみるが、マンドラゴラやチョークのエピソードがある限りそれはないのか。ひょっとするとラストシーンだけが夢なんじゃないかと考えると、もっと悲しくなってしまう。メルセデスの忠告にあった「パンに近づいたらいけない」という言葉が重くのしかかってくるのです。しっかり現実を見つめないといけない・・・ような。

★★★★・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (31)   トラックバック (48)   この記事についてブログを書く
« 2007年 kossy映画賞 外国映画 | トップ | 新年のごあいさつ »
最近の画像もっと見る

31 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ゆく年、くる年 (祐。)
2007-12-31 20:09:21
2007年最終週に上映されたので、今年最後に見に行こうと思っていたのですが、小雪が舞う金沢の街を歩くのを敬遠して、2008年最初に見る映画にしました。
一歩先行くkossyさんに、2008年も遅れないようについていきます。 よろしく!!
今年の締めくくり (kossy)
2007-12-31 20:43:05
>祐。さま
年末にはあまり向いているとは思えないのですが、新春初鑑賞にも向かない映画かもしれません(汗)
今日の昼には雪はすっかり融けていて、道路も空いていましたよ~
俺もなるべくペースを上げないように努力したいとおもいますが、来年もよろしくお願いいたします!
この作品は・・・ (kisen)
2007-12-31 22:46:35
少女が主人公のファンタジーかと思いきや、なんともダークな仕上がりでしたね。

kossyさん、こんばんは。

スペイン内戦の映画は「大地と自由」など、いろいろありますが、これは少女が主演だし予告もファンタジーチックだったので、油断(?)しておりました。

ところがところが・・・。内容は非常にしっかりしたもので、私なんかは「大地と自由」よりも印象に残ってしまいました(ケン・ローチさん、ごめんなさい)。

ギレルモ監督は特殊効果はお手の物でしょうが、今回は少女が主人公だっただけに美しいけれど悲しかったですね。
臨月なのにあんなつらい道中を強いられたお母さん共々。

まぁいろんな立場はあるのでしょうが、この期に及んでも「息子には私のことを伝えてくれ」という男のサガ。

ラストは「え?うそ?助かるんでしょ・・・」って絶句しましたが、その後が美しく仕上げてあったので救われました。でも、やっぱり・・・争いって、悲しい・・・。
今年もよろしく (kossy)
2008-01-01 00:29:55
>kisen様
明けましておめでとうございます。
これだけ遅れての鑑賞だったのに、ちょっと騙されました(笑)
いや、でもラストはハリウッド映画とは違うし、これが現実なんだと衝撃を受けますよね。

スペイン内戦を扱ってはいるけど、それを全くの子供視線で描いていたし、争いごとの多い現実から逃げたい気持ちがよく伝わってきました。
「名前も教えないわよ!」というメルセデスの言葉だけは爽快でしたが・・・
あけましておめでとう! (butler)
2008-01-01 10:40:13
「パンズ・ラビリンス」は、僕の2007年外国映画ベストワンです。
最後まで「ミツバチのささやき」が頭から離れませんでした。

本年もどうぞよろしく!
重く、切ない・・・ (0120 Blog)
2008-01-01 11:05:14
明けましておめでとうございます。
今年も何かとお世話になることが多いと思いますが、よろしくお願いします。

『パンズ・ラビリンス』、テーマもそうでしたが、戦争と言う中に置かれたそれぞれの人々の悲しい生き様が描かれていたと思います。
結局、誰も真の幸せには届かないんですね・・・。あの、『フン フン フン フン フン フン フ~ン♪』のメロディーが物悲しく耳に残りました。
ベストワン (kossy)
2008-01-01 13:53:35
>butler様
明けましておめでとうございます。
ベストワンに選んでいる方は多いみたいですね~
俺もかなり気に入ったのは確かなんですけど、もう少し何かが欲しかったといったところです。

本年もよろしくお願いいたします。

>0120Blog様
明けましておめでとうございます。
戦争中の子供の視点。本当に痛々しい心情が伝わってきました。残酷な現実と厳しい空想の世界。逃げ出したいオフェリアにも感情移入。
結局人間の醜さからは逃れられないのか・・・優しさが夢の中だけだなんて悲しいですよね。
明けましておめでとうございます (しゅぺる&こぼる)
2008-01-01 22:03:52
いつも参考にさせていただいてます。
途中でちょっとブレイクされていたので気になっていたのですが、まあ、マイペースでいつもの「kossy節」でお願いします(笑)
「パンズ・ラビリンス」ロングランですね。
かなり評価高いです。
わたしもこれは劇場で観てよかったなと思いました。
「ミツバチのささやき」と重ね合わせるとさらに深みが増すと思います。
今年もよろしく!
ミツバチ (kossy)
2008-01-01 23:11:50
>しゅぺる&こぼる様
明けましておめでとうございます。
「ミツバチのささやき」ですか~。そんな映画があったなんて知りませんでした。今度レンタル店にいったらチェックしてみます!
スペイン内戦の頃の映画でいうと「誰がために鐘はなる」とか「蝶の舌」くらいしか観てなかったり・・・それでもよくわかってません(汗)

今年はコンスタントに映画を観るよう心掛けます!
今年もヨロシクです。
あけましておめでとうございます♪ (くろねこ)
2008-01-01 23:44:12

楽しい映画が好きな私ですが、この作品は
思わず★5つをつけてしまいました♪

今年もいい作品と出会いたいですね!
今年もよろしくお願いいたします

コメントを投稿

映画2007」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

48 トラックバック

『パンズ・ラビリンス』を観ました。 (0120 Blog)
そもそもこの作品が気になりだしたのは2007年の1月。 Trailerを観て、その世界に引き込まれた訳ですが、スペイン内戦とそれに巻き込まれる少女の不幸な?生涯が描かれていました。 観た人同士、語り合える作品だと思います。 以前の記事『気になる新作』(2007年01...
パンズ・ラビリンス (シャーロットの涙)
ファンタジーは現実と共にあるべき・・・
パンズ・ラビリンス(10/6公開) (第八芸術鑑賞日記)
 07/10/6、恵比寿ガーデンシネマにて鑑賞。8.0点。  文句なし。21世紀最初の十年に作られたファンタジー映画としては『ロード・オブ・ザ・リング』三部作と共に語り継がれるべきダーク・ファンタジーの傑作。。こういうレベルのものを観てしまうと、昨年のナルニアとか...
パンズ・ラビリンス (Akira's VOICE)
哀しみと希望が交差するダークファンタジー。
パンズ・ラビリンス(映画館) (ひるめし。)
この無垢な魂が、世界を変える。
「パンズ・ラビリンス」 不透明な時代のファンタジー (はらやんの映画徒然草)
先日、いつもお世話になっているブロガーさん方とお食事をした時に、みなさんが高評価
パンズ・ラビリンス (愛情いっぱい!家族ブロ!)
今もっとも注目される監督の一人、 スペインのギレルモ・デル・トロの「パンズ・ラビリンス」 わたしは彼の作品は初めてだと思っていましたが、 出てくる虫を見て、「ミミック」の監督だったのかと分かりました。 あれは英語でしたからね。 このスペイン語にわた...
パンズ・ラビリンス (★Shaberiba ★)
ありのままの現実は,生きるにはつらすぎた。 だから少女は幻想の国で永遠の幸せを探した・・
パンズ・ラビリンス (えいがの感想文)
2006年/メキシコ=スペイン=アメリカ 監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:イバナ・バケロ    セルジ・ロペス    マリベル・ベルドゥ 悲しみにあふれた濃密なファンタジー。 「大人のための」と言ってもいいのかも。 12歳の少女オフェリアにと...
「パンズ・ラビリンス」 (首都クロム)
 あくまで私個人の抱いたイメージですが、昨夏の「ローズ・イン・タイドランド」が“現実世界で生きる手段の一つとしての妄想”なら、今作は“現実世界で生きることを拒絶するための妄想(或いは幻想)”という位置付けなのかも知れません。厳しい現実に対して、前者は不...
パンズ・ラビリンス (そーれりぽーと)
今年のアカデミー賞中継を見ていて、ひときわ目を引いたのが、この『パンズ・ラビリンス』。 何が面白そうって、独特な造形が目立つファンタジーの世界。 鬼才ギレルモ・デル・トロ監督作なんて代名詞が付くこの映画、この監督に鬼才なんていつから付いたんだろう? 半年...
パンズ・ラビリンス (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『だから少女は幻想の国で、 永遠の幸せを探した。』  コチラの「パンズ・ラビリンス」は、フランコ独裁政権下のスペインが舞台のPG-12指定のダーク・ファンタジーで、10/6公開となっていたのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  既にご覧になられた方の間では、...
パンズ・ラビリンス (to Heart)
だから少女は幻想の国で、永遠の幸せを探した。 原題 EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH 製作年度 2006年 製作国・地域 メキシコ/スペイン/アメリカ 上映時間 119分 監督 ギレルモ・デル・トロ 脚本 ギレルモ・デル・トロ 音楽 ハビエル・ナバレテ 出演 ...
『パンズ・ラビリンス』 (Sweet*Days**)
監督:ギレルモ・デル・トロ CAST:イバナ・バケロ、セルジ・ロペス 他 アカデミー賞美術賞、メイクアップ賞、撮影賞 他受賞 19...
パンズ・ラビリンス (El Laberinto del fauno) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ギレルモ・デル・トロ 主演 イバナ・バケロ 2006年 メキシコ/スペイン/アメリカ映画 119分 ファンタジー 採点★★★★ もうこの位の歳にもなると、ほとんど見なくなった悪夢。稀に見たとしても途中で「あぁ、夢を見ているんだな」と気付いてしまい、もう興醒め甚...
スペイン版、ダーク・ファンタジー杜子春●パンズ・ラビリンス (Prism Viewpoints)
パンの迷宮を抜け出す鍵の名は心。 『Pan's Labyrinth』 『パンズ・ラビリンス』 ウィキペディア(Wikipedia) スペイン内戦で父親を亡くした...
【パンズ・ラビリンス】 (+++ Candy Cinema +++)
【原題: EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH 】 監督・製作・脚本:ギレルモ・デル・トロ     製作年度:2006年  日本公開:2007年10月6日  上...
#155.パンズ・ラビリンス (レザボアCATs)
毒々しい残酷なファンタジーに喝采を!ああ、素敵だな・・・ウットリするよ。素晴しい!本当に素晴らしい!
『パンズ・ラビリンス』 (『座敷牢からなんかニョロ~っとトビ出したようなカンジの.......』)
(2006/メキシコ=スペイン=米/ギレルモ・デル・トロ)  【期待度】★★★★・ 【満足度】☆☆☆☆☆  【ビダル大尉も怖いし牧神パンも怖い・・・もう全部怖い度】★★★★★  数多の映画賞で高い評価を得、第79回アカデミー賞でも撮影・美術等3部門を制したダー...
パンズ・ラビリンス(06・スペイン・メキシコ) (no movie no life)
ブラックなリアルに対抗する、ダークファンタジー。 軍事政権とそれに対抗するレジスタンスの戦いが激化する、1944年のスペイン。内戦で父を亡くしたオフェリアは、母の再婚相手である大尉のもとにやってくる。しかし、新しい父は残酷なファシストで、オフェリアにばか...
「パンズ・ラビリンス」  EL LABERINTO DEL FAUNO (俺の明日はどっちだ)
実は観る前は少女が主人公で何気に毒気のありそうなファンタジーという予告編から受けた印象から、どこかギリアムの「ローズ・イン・タイドランド」みたいな作品を勝手に想像していた。 ところがどっこい、実際に観てみるとその予想とは大きく異なり、単なるファンジーに...
パンズ・ラビリンス■悪意に満ちたダーク・ファンタジー (映画と出会う・世界が変わる)
「美少女とスペイン戦争」といえば神秘的なまでに優れた作品になるようだ。「パンズ・ラビリンス」を見ながら思い出したのは「ミツバチのささやき」だ。主人公の美少女をめぐる現実ともうひとつの世界。どちらもスペイン戦争がフランコの勝利に終った後の時代。もうひとつ...
パンズ・ラビリンス(T_T)/~~~迷宮へようこそ・・・・。 (銅版画制作の日々)
ファンタジーの中に、現実を見る   10月26日、「題名のない子守唄」鑑賞後、この映画を鑑賞した。どちらもかなり重たい作品だった。特にラストシーンは、かなり衝撃的だったでも多分主人公自身は幸せだったような感じがするんだけどね。 主人公の少女が出会う...
パンズ・ラビリンス (ぷち てんてん)
2008年、初映画です。あちこちのブログさんで評価の高い「パンズ・ラビリンス」こちらで公開してくれるなんてうれしいですよ。やはり評価の高さを耳にする人が多いせいでしょうか、結構お客さんがいて驚きました(こういう映画っていつもならお客さんがいないんですよね)...
「パンズ・ラビリンス」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2006年・スペイン・メキシコ/監督:ギレルモ・デル・トロ) メキシコ出身で、「ミミック」でハリウッドに進出し、「ブレイド2」、「ヘルボーイ」など、スタイリッシュかつダークなファ
パンズ・ラビリンス■現実世界と物語世界の残酷な関係 (映画と出会う・世界が変わる)
この映画には大変にひきつけられた。周辺の方々も含めて、この映画の素晴らしさとすごさを伝えたいのであるが、どのような言葉でそれが出来るのか、心乱れている。スペイン戦争について、スペインの歴史、そこに住む人々の生き方、宗教、そしてギリシア神話についてもっと...
夢はもうひとつの人生である…―「パンズ・ラビリンス」 (豆酢館)
少しだけ追記しました。ちょっと誤解を招く表現がありましたので。 これだけは劇場で観ておきたいと思い、念願の鑑賞と相成りました。 だから少女は幻想の国で、永遠の幸せを探した。 「パンズ・ラビリンス」(2006年製作) 公式サイトはこちら。 監督:ギレルモ・...
映画 【パンズ・ラビリンス】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「パンズ・ラビリンス」 ギレルモ・デル・トロ監督による、アカデミー賞3部門受賞のダーク・ファンタジー。 おはなし:1944年のスペイン内戦で父を亡くし、独裁主義の恐ろしい大尉と再婚してしまった母と暮らすオフェリア(イバナ・バケロ)は、この恐ろしい...
パンズ・ラビリンス■ビダル=パン (映画と出会う・世界が変わる)
この映画には2種類の人間が登場する。まず、現実と直接的に向き合って、そこから生きる術を得ていく人。オフェリアの母、小間使いメルセデス、医師、そしてゲリラたちが、それに相当する。もうひとつは、現実と自分との間に「物語」を置く人。主人公オフェリアである。従...
mini review 07076「パンズ・ラビリンス」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
解説: 1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジー。『デビルズ・バックボーン』のギレルモ・デル・トロ監督がメガホンをとり、ファシズムという厳しい現実から逃れるため、架空の世界に入り込む少女...
パンズ・ラビリンス■プロローグとエピローグが語るものとは? (映画と出会う・世界が変わる)
まず、映画の冒頭でひとつのエピソードが語られる。それは、地底の世界に病気も苦しみもない王国があり、その国には美しい王女様がいた。彼女は、日の光、青い空、風に憧れ夢見ていた。そんなある日、彼女は、お城をこっそり抜け出して人間の世界へ行った。しかし、明るい...
映画~パンズ・ラビリンス (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆本年度アカデミー賞3部門受賞作品1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジー。1944年、フランコ独裁政権下のスペイン。冷酷で残忍な義父から逃れたいと願う少女オフェリア(イバナ...
映画『PAN'S LABYRINTH』劇場鑑賞 (蛇足帳~blogばん~)
去年の10月に『スマステ』の「月イチゴロー」で吾郎ちゃんが、「コトイチ!(今年一番!)」と大絶賛していた映画『PAN'S LABYRINTH』をやっと観に行くことができました。 単館ロードーショー向けの作品なんですが、去年の10月に公開されたにも関わらず、口コミなどで話...
1年越しでようやく見れたぁ!「パンズ・ラビリンス」 (こたえがあるなら)
この映画が、アカデミー賞3部門を獲って、早1年。 (ちなみに獲ったのはアカデミー撮影賞、アカデミー美術賞、アカデミーメイクアップ賞) そして「月イチゴロー」で吾郎さんが絶賛した日から、早2ヶ月。 よーやく、よーーーーやく当地にも上映が巡ってきました(感涙...
パンズ・ラビリンス [監督:ギレルモ・デル・トロ] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
今後10年間は、NZ産ゲロキモ感動巨匠VSメキシコ産ゲロキモ感動巨匠の『キウイvsタコス(どちらも中には気持ち悪い生物がびっしり入ってる)~ゲロキモゆえに感動対決』で楽しませてくれそうだ。
パンズ・ラビリンス (C'est Joli)
パンズ・ラビリンス’06:メキシコ=スペイン=アメリカ ◆原題:EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH◆ 監督・脚本:ギレルモ・デル・トロ「ヘルボーイ」「ミミック」◆出演:イバナ・バケロ 、 セルジ・ロペス、 マリベル・ベルドゥ、 ダ...
青、緑、金色「パンズ・ラビリンス」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
昨年公開されて数々の映画ベストテンにランクインされたギレルモ・デル・トロ監督作品「パンズ・ラビリンス」(第79回アカデミー賞では撮影賞、美術賞、メイクアップ賞を受賞)。その世界観はまさにイメージの洪水
パンズ・ラビリンス (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  少女が主役で、妖精やモンスターが登場するファンタジー映画なのだが、『ナルニア物語』とか『ライラの冒険』などの娯楽フアンタジーとは全く異なる作品である。 というのも、この映画のファンタジー部分は、主人公の少女オフェリアが、現実逃避するために...
パンズ・ラビリンス (とんとん亭)
「パンズ・ラビリンス」 2007年 メキシコ/スペイン/アメリカ ★★★★★ 王国に迎えられた、姫・・・・。その国で幸せになって欲しい・・・ 悲惨な現実社会から、逃避したいと願う少女が描いた妄想。 1944年、スペイン。 内戦終結後も、山で....
パンズ・ラビリンス ─ そんな残酷な面だけが現実世界ではない ─ (Prototypeシネマレビュー)
─ そんな残酷な面だけが現実世界ではない ─ ラビリンスと言えば、以前デヴィッド・ボウイとジェニファー・コネリーが共演していた、ミュージカル風のファンタジー映画を思い出しますが、そのダークサイド版とも言えるこの作品『 パンズ・ラビリンス 』(2006年/メキ...
パンズ・ラビリンス ~新作DVD~ (利用価値のない日々の雑学)
公開以前からオスカーを賑し話題になっていた作品であるが、日本公開後も一段と世間の話題をさらったという印象がある。第79回(2006年)アカデミー賞では、メキシコ/スペイン/アメリカ合作ながら、撮影賞、美術賞、メイクアップ賞を受賞。この勢いで外国語映画賞も獲得する...
『パンズ・ラビリンス』 (・*・ etoile ・*・)
これはホントに見たかった! 見逃していたのでDVDにて鑑賞。これは映画館で見たかった・・・(涙) 「1944年フランコ独裁政権下のスペイン。父を亡くしたオフェリアは、身重の母と共に継父ビダル大尉の元へ向かう。息子の誕生にしか興味のない大尉との辛い日々の中、オフ...
『パンズ・ラビリンス』'06・メキシコ・西・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1944年、内戦終決後のスペイン。父を亡くした少女オフェリアは、身重の母と共にゲリラが潜む山奥で暮らし始める。そこは母が再婚したビダル大尉の駐屯地だった。体調の思わしくない母を労りながらも、冷酷な義父にどうしても馴染めないでいた彼女の前に妖精が...
パンズ・ラビリンス (Blossom Blog)
パンズ・ラビリンス EL LABERINTO DEL FAUNO 監督 ギレルモ・デル・トロ 出演 イバナ・バケロ セルジ・ロペス マリベル・ベルドゥ メキシコ...
【映画】パンズ・ラビリンス…良作、高評価、オススメ!…然し再鑑賞は躊躇 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
さて(個人的に)三連休の真ん中な本日ですが、今日も雨{/kaeru_rain/}&特にすることも無いピロEKです{/face_ase2/} 来月(7月)は、職場の引っ越しやらナニやらで実に忙しそうで、週末の休みがあんまり取れそうにない{/face_hekomu/}ので今回の三連休は貴重なんですけ...
映画評「パンズ・ラビリンス」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2006年スペイン=メキシコ映画 監督ギエルモ・デル・トロ ネタバレあり
パンズ・ラビリンス (mama)
PAN'S LABYRINTH 2006年:スペイン・メキシコ 監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:セルジ・ロペス、イバナ・バケロ、アリアドナ・ヒル、マリベル・ヴェルドゥ、ダグ・ジョーンズ、マリベル・ベルドゥ 再婚した身重の母に連れられ、山中でレジスタンス掃討の指揮を...
パンズ・ラビリンス (RISING STEEL)
パンズ・ラビリンス / EL LABERINTO DEL FAUNO              PAN'S LABYRINTH 独裁政権下のスペイン。御伽噺が好きな少女オフェリアの前に牧神パンが現れる。 パンによるとオフェリ...