ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

M:i:III

2006-06-24 23:30:51 | 映画2006
 「“ラビット・フット”っていったい何なんだ?」「それは、妻に自分が特殊エージェントであることを秘密にしていた役を演じた俳優のこと。しかも子供の写真が3億円もする」「そ、それって、またアナグラムですか・・・」

 などと考えていたら、殺されそうになる妻ジュリア(ミシェル・モナハン)が「実はわたしもスパイだったの」と素性を明かすサプライズがあるんじゃないかと妄想してしまいましたが、彼女が看護婦であるという伏線が生かされていただけでした。また「IMFって何だっけ?」という疑問にも答えてくれたので、「国際通貨基金だ」というギャグが通用しなくなってしまいました。

 しかし、「私の頭の中の爆弾」という冒頭のシーンと最初のミッションであったリンジー救出シーンによって、最後のパターンが読めてしまうんです。もうひとつの裏切者に関する意外性にしても読めてしまうし、全体のストーリーには満足できませんでした。
 もっとも、アクションシーンを楽しむべき映画ですので、むしろほんの1日で計画したミッションの手際よさやハイテク技術に驚かされます。衛星からの精密な映像はもちろんですが、特にバチカンへの侵入やそこで即座に作った変装マスクや声帯模写が面白かった。それもアカデミー賞を取ったフィリップ・シーモア・ホフマンの名演技のおかげかと思います。

 他には紅一点のエージェント、ゼーン(マギーQ)がなかなか良かったですけど、ローレンス・フィッスバーンはなんだかなぁ・・・鼻から爆弾を入れらた仲間がいても、マトリックス世界に行くんだと安心していたのかもしれないです。トム・クルーズもカッコいいシーンがありました。一発しか残ってないのに「弾はある?」「十分だ」と答えるところ。それにイタリア語、チェコ語も話せるし、読唇術だってできちゃうんですもん。

★★★・・

コメント (97)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デタラメ映画館 その18 | トップ | ヒストリー・オブ・バイオレンス »
最新の画像もっと見る

97 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
赤い洗面器(笑) (しんちゃん)
2006-06-24 23:54:45
 kossyさんは古畑任三郎みてた?

私はラビット・フットの扱いが「赤い洗面器」みたいになって(笑)次作も引っ張るのかと(笑)



 上海での高層ビルのシーン・・・あの端折り方は笑ったよ(笑)



 まあ「2」よりかはスパイしてたけど、それでも「私事」ってのが気に入らないんだけどね(^^;



上海 (kossy)
2006-06-25 00:12:50
>しんちゃん様

上海のビルは凄い端折り方でした!(笑)

それほど重要じゃないにしても・・・



「赤い洗面器」って、すごく興味わいてきたんですけど。

面白い?
あのね・・・ (しんちゃん)
2006-06-25 00:28:10
 「向こうから頭に赤い洗面器を乗せて歩いてくる人がいます」「それはなんですか?」「実はね・・・」



 ってパターンのお話が古畑の中で何回か出てくるんです。結局それは謎のままで終わってしまったんですが・・・って、観てなかったらこの説明じゃわからないよね・・・ごめんちゃい(^^;



 あの「ラビットフット」がいったいなんであるか・・・そういうところが「赤い洗面器」の話を思い出させたの(^^;
なるほど (kossy)
2006-06-25 00:36:02
>しんちゃん様

そういうネタだったのですかぁ~(笑)



ラビットフットは何だろう?

兵器であることは間違いなさそうだし、『亡国のイージス』に出てきたグソーにも似てたし・・・
ウサギ足 (charlotte)
2006-06-25 00:40:34
私の頭の中の爆弾…笑いました~

女性が皆美人揃いでしたね。

マギーの乗っていた車はなんでしょう?フェラーリ?

壊すなら欲しいくらいです。笑

あの音楽がなると妙にそわそわするこの頃です。

もうさすがにシリーズ完結かしらね。



見ました~♪ (ミチ)
2006-06-25 00:40:50
こんばんは♪

うーん、「ラビットフット」で第四弾を作る気かしら?

トムは東京を舞台にしたがっているみたいだけど、いかがなものでしょう?

最近『デイジー』でも見たばかりなので、「読唇術」はスパイの必須科目なのかと思いました。
ラビット関根 (kossy)
2006-06-25 01:21:23
>charlotte様

すみません、またわけのわからないことを書きまして。

消しゴムで消せたらと書こうかと思ったのですが、こだわりすぎてますよね(汗)

あれはランボルギーニだったのかな?フェラーリだった?どちらにしても、とても買えないくらいのお値段の車です。

シリーズはどうなのかなぁ・・・



>ミチ様

東京を舞台にした「ワイルドスピード×3」があるようですから、いつのことになるのやら・・・う~む。

読唇術は難しいですよね~

英語だったら、唇の動きが重要だし、日本語よりは難しくないのかな・・・
Unknown (ジュン)
2006-06-25 01:38:29
私はこのシリーズはもう派手なアクションに大喜びできれば満足

と思ってしまうところがあるので単純に喜んで帰ってきました。

頭の中の爆弾はあんな処理の仕方で後遺症なく生還できるなんて

おかしい・・・絶対ありえない・・・と

つい思っちゃいましたけど、この作品はもう何でもありってことで。。。

今日は他の作品と続けてTBさせていただきました。

実は二人は (nikidasu)
2006-06-25 02:06:09
どう考えても二人が結婚したあとの名前は

スミスに違いないと思うのはおいらだけ?
爆弾 (kossy)
2006-06-25 03:20:26
>ジュン様

たしかにそうですよね。

ストーリーは気にしないほうがよさそうです。

頭の中の爆弾もカプセルだったから溶解してしまうのかなぁ~などと考えても、その後に適切な処置が必要ですよね。



>nikidasu様

やはり、そう思われましたか~(笑)

人を殺してしまって、銃の扱いも慣れてしまったことだし、医学知識もありそうだし、IMFでかなり重宝されそうな予感もしました。

コメントを投稿

映画2006」カテゴリの最新記事