ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ

2006-10-04 23:56:00 | 映画2006
 漏れも楽しかったよ。

 滝川市の小六女児イジメ問題では因果関係を認めない教育委員会。そんなの現場の教師が一番よく知ってるんだろうし、釈明するならするで、堂々と出て来い!などと憤りを隠せない今日この頃。この映画では先生も一緒になって特定の生徒をいじめているのです。観ているとヨーヨーを持ってこの高校に乱入したくなってくる・・・

 単純に悪い奴らを懲らしめるような内容ではなかった。イジメ問題に加え、爆弾テロ、ネット上の違法サイトの問題、さらに無用の長物と思われるお粗末な公安など、社会問題を痛烈に批判したような部分もあった。サイトを作ったのは誰だ?!と謎を解いていく前半と、イジメに遭った女子生徒の微妙な心理状態など、興味深い展開に手に汗にぎってしまいます。

 もともとが無茶な設定なのですが、急に特命刑事になって潜入捜査しろと命ぜられてヨーヨーが上手くなるはずがない。などといったツッコミをかわしたかったのか、最初はとても下手なヨーヨーのあやや。だけど、これが素敵。自分の投げたヨーヨーが頭に当たり気絶するところなんて最高でした。

 以前のテレビシリーズも全くと言っていいほど見てないのですが、斉藤由貴がこんなかたちで特別出演してくれるとなぜだか嬉しくなってきました。だけど彼女が出演してることは伏せておいたほうが楽しめたかもしれません。どんな役なんだ?とシリーズを知らない人でも想像できちゃいますもん。

 それにしても、竹内力はすごい!「力」とだけ書かれていたら安岡力也と間違えそうになるくらい、こんなに太ってたっけ?とビックリしてしまいます。しかも親子丼です。あややはカマトトぶって、知らないと言ってましたけど、明らかに親子丼です(意味不明)。

 ラストの戦いが『キル・ビル』を意識したような激しいアクション。時限爆弾のタイマーが起動して、残り3分の間に敵を蹴散らし、友人も救わなければならない。ウルトラマンでもこんな芸当はできません。大丈夫なのか・・・下手くそなヨーヨーで・・・がんばれあやや!

★★★・・

コメント (13)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
« レディ・イン・ザ・ウォーター | トップ | ゆれる »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あの日(笑) (しんちゃん)
2006-10-05 00:29:20
これを先に見て…そしてオトシモノでした(笑)



まったく違うテーマなのに、共通しているのは「友達」でしたね。今の子供たちに一番欠けているのが友達なんだなあってことを再確認(笑)



長門裕之がだんだん津川雅彦に似てきました(笑)



しかし…親子丼は意味深なセリフ(笑)次のカットでのあの写真立ての写真はなにを意味するのでしょうか(笑)
確かにヨーヨー下手でしたね (PGM21)
2006-10-05 01:26:30
何時もお世話になっております。

そういえば松浦のヨーヨーの扱い下手でしたね。

まあ観てなんでPG-12指定だったのかはわかりましたが、ああいうのを当たり前に観ている私にはそれほど違和感がなかったんですよね。

仕上がり的には深作監督らしい出来上がりになっていましたけれどね。
親子丼 (猫姫少佐現品限り)
2006-10-05 02:17:39
もうもう!

あのシーンはホントの親子丼!

ほんとの親子!でしょ?

そういう意味の親子丼じゃない、、、

どういう意味かというと、言えませんが、、、

そういう意味でとらえると、近親相○になってしまう親子でしょ?!

いぁ、過剰に反応してしまいました、、、
要素つめすぎたかな、ミタイナ (かめきち)
2006-10-05 02:42:29
大丈夫なのか、刃物で切れちゃう防弾スーツ。

こっちが気になってました。(笑)

学校・友情・それを利用する犯罪、そしてアイドルと

原作者の意向をだいぶ踏まえた作りだったですね。
テメェら全員ヤキいれてやるっ! (よゆぽん)
2006-10-05 08:55:15
『テメェら全員ヤキいれてやるっ!』っていう脚本でしたね。



あややの太ももは好きです(´▽`*)アハハ

ちょいとですがワイヤーアクションもやってたし、あややはがんばってましたね。



>竹内力

萬田の銀ちゃんが太ったのは、旨チョコミルクの食べすぎだと思います(笑)

http://www.youtube.com/watch?v=-Uk9bDS3-zY
ボンデージッ!!!!! (たましょく)
2006-10-05 10:25:57
 TBありがとうございますm(_ _)m



 オープニングシルエットでは、あんなに上手だった

のに…。でも、ヘタな方がいい。跳ね返ったヨーヨー

がぶつかるところで、鉄仮面でも付けていれば安全だ

ったかもw(もちろん、その後鉄仮面がパカッと)



 公安刑事がボンテージを着用!いやぁ~ホント、警

察機構にも自由なスタイルが取り入れられたんだと、

悦に浸ってしまいました。



 次回作は「スケバン刑事VSケータイ刑事」がやる

なら絶対観に行きます♪
ケータイ刑事 (よゆぽん)
2006-10-05 12:47:36
たましょくさんのコメントにちょっと反応(^▽^;)



>ケータイ刑事

銭形愛(宮崎あおいちゃん)でお願い致します。

(え?誰にお願い?笑)
刑事い (kossy)
2006-10-05 20:44:23
>しんちゃん様

あれ・・・どっちが兄さんでしたっけ。

長門裕之も南田洋子も年をとって・・・

そろそろ、二人の主演作を観たいものです。アルツハイマーものとか・・・



最近は友情ものが流行っているのでしょうか。どちらの映画もテーマが変わりつつあったのが不思議です。



親子丼はやっぱり親子丼でしょう(笑)アメリカに住んでるんだから、そんなスラングもわかんないだろうし・・・



>PGM21様

PG12はしょうがないですよね。

でも決定したのは「バトル・ロワイアル2」のイメージが残っていたからなのか・・・それともイジメがリアルすぎたのかよくわかりません。

3日間限定ということで、下手なヨーヨーも許されるのかもしれませんが、あややはホッとしたでしょうね~(笑)



>猫姫少佐現品限り様

まぁ、竹内力にはそんなつもりはなかったんだろうけど、結果的にシモネタまで想像しちゃいますもんね。

実は親子なんだ~~と言えないところを親子丼にすりかえるというのもアメリカの人にはわかりませんよね・・・



>よゆぽん様

ヤキ入れてやる~~

なんて、結構可愛かったりしました。

あややの着ていたセーラー服なんて高値がつくんでしょうなぁ・・・植草さんが落札する瞬間を見たいものです。



そうかぁ・・・旨チョコはそんなに太っちゃうんですね。CMと映画ではかなり太さが違うところもリアル!



>たましょく様

やっぱり下手なヨーヨーという設定がリアルで好きです。坂本真も妙にシリアスなリアクションでしたけど、彼の心理変化もよくわからないものでした(笑)





ケータイ刑事ってのも面白そうですよね。テレビでチェックしたかったのに、どうも時間帯があいませんでした。

まだ見てませんが (スポンジ)
2006-10-05 23:45:18
はじめまして。

マンガのスケバン刑事がかなり好きではまっていた時期があるので見るかどうか迷っていたのですが、こちらを読んでいて「見る」ことにしました。違った意味で面白そうなので
初めまして (ぱたた)
2006-10-07 22:39:42
読み専門ですが、つい書き込みしました。期限ギリギリの招待券で初日の昼に観ましたが、お客15名、、。動員数ベスト10圏外、、。しかし、でも、TVシリーズのテンションを超越したOPやアクションシーンは「おおっ!」と前のめり!ガンアクションは流石「あぶ刑事」のチーム!でこれも良かった!スタッフ、キャストの頑張りが動員数に結びつけばいいけど、、。

コメントを投稿

映画2006」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

19 トラックバック

【 スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ 】 (もじゃ映画メモメモ)
'80年代のTVシリーズだった『スケバン刑事』が復活、映画化。ヒロイン麻宮サキ役にアイドルの松浦亜弥。監督は深川健太。 ストーリーはどうでもいいよねアイドル映画だし。冒頭から、あややがセリフで「Fxxk!」って、ダメじゃんアイドルにそんなコト言わしちゃ ...
「スケバン刑事コードネーム=麻宮サキ」アクションシーン以外は犯人の愚かさと哀れさを示した今時の犯罪事件 (オールマイティにコメンテート)
「スケバン刑事コードネーム=麻宮サキ」(PG-12指定)は20年前にテレビドラマで一世を風靡した「スケバン刑事」の実写版として松浦亜弥主演で20年ぶりに復活した作品である。見所のアクションシーン並びに爆破シーンがあり20年前の作品に勝るとも劣らない仕 ...
スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ (そーれりぽーと)
どちらかと言うと『セーラー服反逆同盟』でバラを投げる中山美穂が好きでしたが、斉藤由貴がヨーヨーで敵を倒した懐かしい『スケバン刑事』が松浦亜弥主演の映画で復活するというので早速観てきました。 ★ 本気で今風にアレンジして製作したのか、かつての雰囲気 ...
スケバン刑事 コードネーム麻宮サキ 06年195本目 (猫姫じゃ)
スケバン刑事 コードネーム麻宮サキ 2006年   深作健太 監督   和田慎二 原作松浦亜弥 、石川梨華 、三好絵梨香 、岡田唯 、長門裕之 、窪塚俊介 、竹内力と、もう1人!! あややのおパンツ見えるかなぁ?と思って、前の方で、ふんぞり返ってみたの ...
朝イチ映画「スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ」 (てんぱっていきまっしょい。)
こんばんは、{/kame/} でございます。 この日曜は映画の日ということで、朝から なに見てやろうかと思っていたのでございます。 一本目はこちら、 スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ でございます。 やはり、元和田慎二マニアといたしましては たまにはちゃ ...
スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ(2006) 98分 (極私的映画論+α)
 不穏な噂が絶えない聖泉学園に潜入していた特命刑事が渋谷の雑踏で爆死する。学園内に広まる謎のアングラサイト【エノラゲイ】を捜査中の出来事だった。一方、母と2人で暮らしていたニューヨークから日本へ強制送還された少女Kが警視庁の特務機関へとやって来 ...
スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ (何を書くんだろー)
「スケバン刑事」コードネーム=麻宮サキ評価 ★★☆☆☆(1.7)『あらすじ』 渋谷のセンター街である学園に潜入していた特命刑事が謎の爆死を遂げる。事態を重くみた特務機関は、アメリカのCIAによって拘束されたひとりの少女の身柄を引き取る。全身を拘束 ...
「スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ」 人気シリーズを映像センス良くアレンジ (はらやんの映画徒然草)
最近邦画もかつての人気シリーズの復活が多いですね。 「スケバン刑事 コードネーム
スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ (欧風)
10/1映画の日の映画鑑賞、イオン下田TOHOシネタウンで、まず「ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT」を鑑賞。 そして2本目に観たのが、「スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ」。「スケバン刑事」って皆さん知ってますかね~。藤田まことじゃないですよ?あ ...
【劇場鑑賞106】スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
何の因果かマッポの手先・・・ フイに出会ったダチのため ”期間限定!”スケバン刑事、麻宮サキ!! 『タイマンはりてぇなら、一人でこい・・・』
スケバン刑事コードネーム=麻宮サキ ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
これは・・・あややか、石川梨華のファンくらいかなぁ?って思ってたけどん?意外に年配なひとも、いたような???猫が観にいったのは、漫画のファンだったから(笑)ついでに、結構TVドラマも観てたりして・・・結構、懐かしく思ってたんだけど、biglobeのサイ ...
スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ(映画館) (ひるめし。)
純粋で、凶器。 製作年:2006年 製作国:日本 監 督:深作健太 出演者:松浦亜弥/石川梨華/斉藤由貴/長門裕之/窪塚俊介/竹内力 時 間:99分 [感想] ホントはまったく観る予定じゃなかったのよね~この映画・・・。 でも観たい映画の時間が合わなくて時 ...
スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ (勝弘ブログ)
http://www.sukeban.jp/原作の映画化。スケバン刑事といえば南野陽子の人が多いのかな?自分もパート2が一番好きです。今回は4代目スケバン刑事ということで、パート1のスケバン刑事だった斎藤由貴が松浦亜弥の母親役で出てく
スケバン刑事/コードネーム=麻宮サキ (まじめにふまじめ★)
四代目・麻宮サキ、   またの名をスケバン刑事!     ・・・期間限定。 ◎ー
スケバン刑事 (いろいろと)
スケバン刑事 コードネーム=麻宮さき あやや主演の映画版 スケバン刑事 あやや、
真・映画日記(3)『スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ』 (CHEAP THRILL)
(2からのつづき) 午後4時半に家を出る。 吉川駅に着いてからマッサージ店「ナチュラル・ボディ」にケータイで予約をする。 いつもやってもらっているAさんがいなかったが、60分のボディ・コースを頼む。 午後5時、予約どおり「ナチュラル・ボディ」へ。 ...
スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ (お萌えば遠くに来たもんだ!)
やっと、やっと観れました~。 <新宿東宝トーア> 監督:深作健太 アクション監督:横山誠 原作:和田慎二 脚本:丸山昇一 ニューヨークから強制送還された一人の少女。スパイ容疑でアメリカに残された母を救うことを交換条件に、彼女は特命刑事「コー ...
スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ (O塚政晴と愉快な仲間達)
別に松浦亜弥のファンじゃないです。 「スケバン刑事」の世代なだけです。 ちなみに好きなキャラは「ビー玉のお京」(相楽晴子)。 ちょっとマニアックか!? スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ ★★☆☆☆ 奔放な母親(斉藤由貴)がFBIに ...
(映画)スケバン刑事(デカ)コードネーム麻宮サキ (ゼロから)
母親を司法取引により釈放させるために仕事を引き受ける羽目に。学園に潜入するが、学園の制服でなくセーラー服なのは、笑えます。