コナのシネマ・ホリデー

映画やイベントの感想などなどを・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ヒアアフター』再び歩み出すために

2011年02月26日 | じ~んときた映画
予告編を見たとき、「あの津波災害か!」「あのテロ事件か!」と、実際の出来事を思い出し、それだけで、この映画に込められたメッセージが分かった気でいました。でも、予想したよりももっと深く、じっくりと胸にしみ込んでくる映画でした。 . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (5)

『太平洋の奇跡~フォックスと呼ばれた男』 3つの奇跡に胸をうたれる

2011年02月25日 | じ~んときた映画
D・ジョーンズ原作の史実の映画化。数多くの悲惨なエピソードで語られることが多い太平洋戦争の中で、この物語が事実であるということは、まさに奇跡だと思う。日米双方の視点で描かれた真摯な作品に胸をうたれました。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

『ザ・タウン』 B・アフレック渾身の一作!

2011年02月14日 | じ~んときた映画
ベン・アフレック監督2作目であり、全米初登場1位の作品。俳優、脚本家、監督としても一流であることを見事に証明。『デアデビル』のことは、忘れることにします。ところで、この作品を観た夜、あるイメージが松田優作主演の『野獣死すべし』を思い出させ、さらに間もなく公開の『ショパン 愛と哀しみの旋律』へと連想ゲームのように繋がり . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (7)

『キック・アス』 必見!!生身のヒーローの痛々しい大活劇!

2011年02月08日 | 笑っちゃった映画
覚悟を決めたコミックオタクが、体を張ってヒーローに変身!最大の武器は、折れそうで折れない正義の心。殴られ、蹴られ、刺され、撥ねられ、瀕死になってもなお戦い続ける。R-15+の過激なコミック実写化。大手スタジオも難色を示した11歳少女の活躍に、度肝を抜かれました。 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (10)

『ヤコブへの手紙』

2011年02月05日 | しみじみした映画
フィンランドの片田舎、白樺に囲まれた林の中で、静かに語られる心温まる作品。今日も郵便配達人が盲目の牧師のもとへ、「ヤ~コ~ブ、手紙だよ。ヤ~コ~ブ。」と、手紙を届けにやって来る。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

『RED/レッド』 Let's Rock'n Roll !

2011年02月03日 | 派手だった映画
たとえ引退してたって、昔取った杵柄。ただのハゲオヤジじゃないこと、分からせてやろうか、この青二才が!!俺様を、グランパなんて呼ぶんじゃねぇ!!まだまだ、枯れちゃいないぜ。本物の男のラブ・ロマンス、しっかり見とけ!!・・・という、とっても元気の出る映画!! . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (15)

『GANTZ』 PERFECT ANSWERに期待。

2011年02月02日 | 派手だった映画
やはり、PGー12作品。飛び散りました、いろんなものが!!申し訳ないが、ぼくが小学生の父親なら、子供には見せられないと思う。たとえ、命の大切さを訴えるテーマであったとしても。若者には、刺激のある作品。高齢者なら、卒倒する作品か? . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (4)