たつのこ半畳記 350

書院建立、四季折々の様子を伝えるときどき日記。
平成23年に開創350年を迎えた起雲山大龍寺のブログです。

★それぞれの場所で、それぞれに禅を。

2020年03月05日 | 四季折々 寺事折々
令和2年3月7日晩の定例坐禅会、8日朝の初心坐禅会は、
新型コロナウイルスCOVID-19への対応のため中止とします。




道元禅師は毎日4回の坐禅「四時坐禅(しじざぜん)」を説かれました。
 黄昏  こうこん;夜
 後夜  ごや;未明
 早晨  そうしん;午前
 晡時  ほじ;午後
ただ現代では、本山内でも日中は様々な法務・寺務があるため、
永平寺での安居修行中、四時坐禅をコンプリートできたのは数えるほどでした。

全山での坐禅をしないときは「各寮坐禅」といって、
各部署の事情に応じてそれぞれの持ち場で坐禅をしたり、
坐禅以外の職務を行じるという時間もありました。




ある日、晩の坐禅が「各寮坐禅」になりましたが、
私が配属されていた寮にも、私自身にも、
その時にしなければならないことが何もありませんでした。

いつも坐禅をしている「僧堂」で坐ってみよう!と思い立ち、
こんな時に僧堂で坐る人はいないだろうと思いながら堂内に入ると、
意外にも、何人かの先輩雲水が坐っていました。


毎日、多くの雲水が坐っている僧堂ですが、
この時は数えるほどの人が、ポツン、ポツンと坐っていました。

他の人からの距離を保って坐る場所を定め足を組みます。
周囲の状況が違ってはいても、坐禅に変わりはありません。

僧堂に吊り下げられている裸電球。
わずかに聞こえてくる水路の音。

畳に落とされている私の影…。

五感は普段以上に研ぎ澄まされていきますが、心は動きません。

思い計りに染汚されることなく、坐禅が坐禅をしています。


配属先によっては、各寮坐禅中に仕事をしている雲水もいる。
道元禅師のお膝元、永平寺で、いま、だれもが、
純一無雑に、弁道精進の一日を行じつづけている。




あ、あー。

本山で行じられていること全てが禅だな。


大きな行事や、全員が法堂に参集する法要に出ると、
永平寺全体が一つのことをしている一体感を法悦と言うかもしれないけれど、
この一体感には始まりと終わりがある。“ひととき”の感覚でしかない。

数名の雲水が、いま、僧堂で坐禅をしているのと同じように、
多くの雲水が、いま、自らの役割をきちんと果たしている。

濃淡もなく、裏表もなく、貴賤もなく、オンとオフもなく。

ただの禅を、ただの雲水が、ただただ、行じている。




このCOVID騒ぎで、出歩く機会が減っている人もいるでしょう。
年度末のこの時期に、これを良いチャンスにすることができないでしょうか。


普段の忙しさに紛れて見過ごしていてること。
雑事への対応で優先順位を下げてしまっていること。
この3月は、一度立ち止まって、ひと息ついて。
やるべきことをきちんとできたらなと思います。


コメント

★一点の曇りもなく、気持ちよく。

2019年12月29日 | 四季折々 寺事折々
本堂正面階段の手摺りに引き続いて、
11月下旬から12月上旬に本堂外壁の塗装をしました。


半月ほど、本堂周囲に足場をめぐらしていました。


手塗りでキレイになりました。



そして追加で、正面道路との地境にあるブロック塀の塗装もしなおしました。
塗装前後で比べてみると、ちがいは一目瞭然です。


正門左側のブロック塀(塗装前)


正門左側のブロック塀(塗装後)




正門右側のブロック塀(塗装前)


正門右側のブロック塀(塗装後)




あまった塗料で、塗り直してくれました。



新年を清々しい気持ちでお迎えできるようで何よりです。
コメント

★搗き方にもフォームはあります。

2019年12月11日 | 四季折々 寺事折々
地元の原町2丁目町会で、12月恒例の餅搗きがありました。





搗いて食べて、搗いて食べて…





隣のマンションの影のため、午前中は日が差さない寒い中でしたが、





南中を過ぎたころから日が差してきました。





来年12月も第2日曜日に開催予定とのこと。餅米は20升。





つき手はまだまだ十分ではないので、来年に向けて募集していきます!
コメント

★本堂手摺りの再塗装

2019年10月10日 | 四季折々 寺事折々
本堂正面の階段にしつらえている手摺りは、
書院の建設のついでに塗り直しをしていましたが、
竣工からもう9年が経ち、だいぶ傷んできました。

秋のお彼岸があけた10月のはじめに手摺りの再塗装をしました。








前回は建築という大きな仕事の中で手摺りを階段から取り外して、
“どぶ漬け塗装”という方法をとりましたが、
今回はその場で塗装するという手軽な塗装方法でした。







以前と比べものにならないくらい松・月桂樹・ヒバが育っていて、
樹液や鳥の糞なども時々落ちてきます。
次の塗装までは何年くらい持つでしょうか。
コメント

★お彼岸明けの学び

2019年10月01日 | 四季折々 寺事折々
秋のお彼岸が開けて9月27日。
カンボジアの小中学校の先生・教育行政の方たちが教育現場の視察研修のため、
長崎と東京を9日間で回られ、帰国前日、拙寺で坐禅をされました。





カンボジアでは日本と同じく小中学校9年間の義務教育があるけれど、
中学への進学率がガクンと落ちる…
家庭の中でこどもへの教育が二の次三の次になっているそう。

また当時の軍事政権のため45歳以上の識字率が低いとも。

日本滞在中に背負ったたくさんのものを一旦全部下ろして、
そしてあらためてイチから背負い直す。
その切っ掛けとして坐禅を帰国前日にしたかったのだそうです。







本日の坐禅会の御礼の品として
カンボジアのシルクスクリーンをいただきました。





少しでも力になれていれば何よりです。





 
 
夕方は八王子で開催されている「私たちは買われた展」へ。

経済的な貧困・人間関係・教育環境・自尊感情など、様々な言葉が去来します。

不安定な未成年女子を守る仕組みがない。
守ろうとする仕組みはゼロではないけれど、
きちんと効果的なものにはなっていない。


そんなことを考えさせられた展示会は、
公共施設の広くはない会議室が会場でした。

展示会を出たら90分も経っていました。

コメント

★令和元年9月台風15号

2019年09月12日 | 四季折々 寺事折々
9月9日朝に関東地方を直撃した台風15号の被害により、
停電・断水などで困難な生活を強いられてる方々に
心よりお見舞いを申し上げます。



大龍寺は大きな被害はありませんでした。

朝は大量の落ち葉などが境内に溜まり、掃除に難儀しました。




永代供養搭・永遠の光(とわのいのち)




本堂前




本堂階段




何かのカバーが、枝に引っかかっていました。
コメント

★錠前男前

2019年08月30日 | 四季折々 寺事折々
大龍寺の本堂ができて来年あたりで築40年になります。
最近の言葉を使うと、アラフォーな本堂です。


本堂の各所がこの月日の積み重ねを経てシックリしてくる部分と、
補修が必要になってくる部分も出てきています。

壁面の再塗装や、屋根替えは定期的にしてきましたが、
先日、初めて手を入れた部分がありました。

本堂正面のクレセント錠です。




一般的なクレセント錠はこちらです。



三日月のことをクレセントと言いますが、確かに三日月にみえますね。
語源としては、他にも、回すほどだんだん強く締まるからとか、
海外の金物メーカークレセント社のヒット商品だったからなど、
いくつか考えられているようです。





錠を固定している木枠が痩せてきたことから、
実は戸をガタガタと揺すって引くと、外からでも開いてしまう状態でした。


 * 外からあける必要がないので鍵は不要

 * 錠が木枠の面から飛び出さない

 * 雰囲気が馴染む


という点を気に留めて付け替えをしました。
どんな錠になったのかというと…















こちらに上げるのは控えます。

どんな錠になったのかは、実際にご覧下さい。







木枠の加工は半日程度で済みました。



施行して下さったのは、福島県の (有)わたなべ さんです。
書院建築工事以来のお付き合いをいただいています。
コメント

★境内点景(令和元年5月・6月)

2019年06月01日 | 四季折々 寺事折々

桜が咲いて、梨が咲いて、夏に向けて花々が境内の各所を彩っています。

 

 

コメント

★フェアウェルヨガ・坐禅

2019年03月10日 | 四季折々 寺事折々
昨年9月に早稲田大学を卒業されたマレーシアからの留学生さん。

早大への留学前に1週間ほど寝食を共にしたという縁もあって、
在学中は大龍寺の坐禅会にしばしば参加されていました。
いろいろな国からの留学生さんを連れてくることもありました。



その彼とは9月の卒業時には日程が設けられず、
この3月に再来日される機会をいただいて、
縁の深かった数名で“フェアウェルヨガ&坐禅”の一時を持ちました。

当日はヨガ40分、坐禅30分、お話30分、懇親50分という感じ。
時期は3月の中頃。寒さも感じますが、ヨガには丁度良い空気でした。






https://viralifeacademy.com/
コメント

★夏休みこどもサービス部

2018年09月07日 | 四季折々 寺事折々
東京には東京の、海と空と緑があるのです。
こどもの夏休み中に、計画性無くフラリと出掛けた記録集です。






ある日、湯島聖堂・神田明神へ


実は私自身も初めて訪問しました。神田の湯島聖堂。重厚な伽藍です。



巨大な孔子さま。威圧感すごい。






またある日は、お台場へ


お台場・東京湾散歩



クラゲもたくさん。泳げる感じでは全く無いです。



お台場のお台場たる由縁、お台場からフジテレビ社屋。



同じく、レインボーブリッジを臨んで。






そのまたある日は、城南島へ。


お弁当を持って城南島へ。ここは、羽田空港の対岸の島です。



北の方から飛行機が近づいてきます。



その先の羽田に向けて高度を下げて上空を通過します。



あるいは離陸する飛行機を見ることもできます。人工の砂浜から。




夏休み中は、こどもがきっかけとなって半日のお出かけが時々ありました。
こういうことも、あと数年なんでしょう。
コメント

★愛知と東京の行事がかぶり…

2018年03月31日 | 四季折々 寺事折々
毎年3月28日・29日に妙厳寺(豊川稲荷)の開山忌に随喜させていただいていますが、
今年は仏教情報センター主催の「いのちを見つめる集い」が大龍寺を会場に開かれようになり、
3月の集いは、会場が大龍寺に決まる前から、3月29日に開催されることになっていました。



開山忌というのは、そのお寺の初代住職の命日の法要です。
妙厳寺は全国的に知られてもいる大きなお寺ですし、
曹洞宗のお坊さんの系譜のひとつである寒巌派という
派を代表するお寺でもあるので、お師匠さまと私が揃って
開山忌にお焼香させていただくことは大事なお勤めです。

一方で、「いのちを見つめる集い」は
普段は佛教に関する電話相談を運営しているセンターの
定期的なリアルの仏教講座で、大龍寺がかいじょうとなって2回目。
しかも3月の講師は曹洞宗のお坊さんで中野にあるお寺の御住職さん。
こちらも不在で全てお任せしてしまうのは難しい状況でした。



今回はやむを得ず、
 28日 車で愛知県へ開山忌へ
 29日 朝の法要まで随喜して、単身新幹線で集いへ
 30日 新幹線で愛知県に戻り、車で帰ってくる
という慌ただしい感じになってしまいました。





29日朝です。日の出直後の朝の光が、本殿に差し込みます。
そのようになることを計算して建てられているのだと思いますが、
当初設計したとおりに、今でも朝日が差し込んでくるということは、
影を作るような高い建物が東方向にないということですから、
今日の東京ではまず考えられない素晴らしい環境です。





全国各地の信者さん、講の会員さんのご供養をしています。
東京の信者さん、講の立ち上げなどに祖父は関わってたそうです。
大龍寺の講、太田家の先祖代々の供養もしていただいています。





かつて法堂があった場所に、現在は参拝者の受け入れ施設・研修施設が建っており、
同じ建物に法堂も含まれており、ご本尊さまもお祀りされています。







29日午後です。大龍寺に戻り「いのちを見つめる集い」の準備、そして講座が始まりました。
ハワイで12年間にわたり曹洞宗の寺院で執務していたお坊さんによる講座です。
ハワイの日系人やアメリカ人の宗教事情をみることで、自分自身の信仰について考える講座でした。





さあ、30日この午前中に新幹線で愛知県に向かいましたが、
家を出るまさに5分前に幼稚園に通う娘に「一緒に行こう!」と。
今はまだ新幹線の切符が必要ないのでできる荒技でした。



豊川駅について、なぜかスケートの小平選手の真似だというポーズ…







5歳。このようにして豊川稲荷をお参りするのは初めてのことです。





その日のうちに師匠を乗せて帰りに日帰り温泉に寄って帰宅しました。
コメント

★平成30年1月の大雪

2018年01月25日 | 四季折々 寺事折々
新年大般若修正会の翌日、22日には東京区部でも大雪が降りました。
東京は一年中ノーマルタイヤの車が多いということもあって、
都内各所で渋滞・立ち往生が発生してしまいました。



書院玄関から境内方向です。





書院2階から若松墓地方向です。





玄関前のお地蔵さんも雪仕様です。





夜中に都内の景観スポット、神宮外苑に行ってみました。





大龍寺には大雪の被害はありませんでしたが、
国内各地ではたくさんの重大な被害がありました。
皆さまにお見舞いを申し上げます。
コメント

★仏縁、ほっとけん。

2018年01月05日 | 四季折々 寺事折々
今年のお正月も赤坂の豊川稲荷で新年を迎えました。

多くの人が初詣に来られ一年の祈りを新たにされますが、
皆さんをお迎えする側の人もたくさんいるわけで、
そちら側のお手伝いさせいただくようになって十数年が経ちます。
私は例年通り立願所(受付)でご祈祷のお申し込みを受け付け、
それをご祈祷の準備・法要のお坊さんたちに取り次ぐ係です。

多くの人と顔を合わせる部署だけに、様々な出会いもあります。








今年は特に、豊川稲荷の引き合わせかなと思うことも2つほど。



1つは自分のこと。
永平寺で修行していた頃の仲間と十数年ぶりに出会い、
隣の席で共に初詣のお手伝いをすることになりました。
聞けばこれまでずっと非常に近いご縁でつながりはあって、
彼は彼なりに、そして私は私なりに道を歩んでいたようなのです。

彼にとってははじめてのお手伝いとのことで、
たくさんの人がこのように様々な願いをもってお参りをしているとは!
と感慨深げに話されていたのが印象的でした。



2つ目は私と同じようにお手伝いに来ていたお坊さんのこと。
ご祈祷のお申し込みにそのお坊さんと同じ苗字の方が来ました。
苗字が同じであったことから“お札の氏名の記入”をその坊さんに頼むと、
数秒の間、固まってしまい、そして「これ、私の兄です!」と。
間合いを見てご祈祷待ちのお兄さんのもとへ駆け寄って行きました。

後で話を聞くと、これまでの十数年間、どこに住んでいるかもわからず
縁も切れ、離れ離れになっていたお兄さんであったとのこと。

まさか自分がお手伝いに来ているお寺にお兄さんが初詣に来ていたなんて!
お兄さんが申し込まれたお札の氏名を自分が書くという偶然が重なってようやく、
これまでとても近い所ですれ違っていたことがわかり驚いたと。
笑いながら「いきなり甥っ子ができた」と喜んでもいました。









仏教の説く四苦の1つに「愛別離苦」というのがあります。
離れがたい人とも離れざるを得ない苦しみが説かれていますが、
この世に“自分とは関係のない人”は一人もいなくて
誰もが何かしらの関係性が結ばれているのかもしれません。
ならば離れている人とも実はどこかでつながっているのかもしれません。

私たち人間の認識できる一番遠いところ=「縁(ふち)」よりも
もっと遙かに広い人との繋がりも「縁(えん)」なのでしょう。
縁(えん)は人間の認識の縁(ふち)で感じるもの。

私たちは、まだ気付いていないたくさんのご縁に囲まれているようです。
コメント

★年窮歳尽 やり残したことばかり…

2017年12月31日 | 四季折々 寺事折々
平成29年も皆さまにお世話になりました。
私自身は至らない点ばかりでありましたが、  
様々な方とのご縁により多いに刺激をいただき、
もう2度と無い、尊い1年間になりました。


 


 
 
 
 
 
やり残したこと、継続中の懸案、新年に始めることもたくさん…。
自分への備忘録的に。
 
 
 
★平成30年中におこなうこと
 
 書院建築に関係する宗派への手続き
 
 住職辞令に関係する宗派への手続き
 
 定例坐禅会の内容再検討
 
 定例写経会のお試し開催
 
 2月「禅といま」寒中勉強会の開催に向けて
 
 7月夏期大学講座「禅といま」の開催に向けて
 
 大龍寺の図書資料の整理・活用 
 
 
 
★皆さんの意見を聞きながらおこなうこと

 寺院規則・墓地管理規則の見直し
 
 檀信徒名簿の再整備
 
 夏目坂通り拡幅事業に関係する大龍寺の今後のビジョン
 
 ふらっとホールの利用方針についての再検討
 
 佛縁(ほっとけん)
 
 
 
★新しく関わること

 2月~「いのちを見つめる集い」の会場寺院

 4月~『禅の友』(宗派が発行する月刊小冊子)関係




平成30年もどうぞよろしくお願いいたします。
誰にとっても希望の広がる新鮮な年になりますように。
コメント

★平成29年12月の「おさらい」

2017年12月31日 | 四季折々 寺事折々
新年の足音が近づいてきて…今のうちに、この2ヶ月をざっと書きとめます。(その2)



★12月2日「定例坐禅会」



今年の定例坐禅会は12月で一区切り。
来年は写経会も平行して開催することになり、
時々、坐禅会との同日開催という事もあります。



★12月6日「禅といま友の会 1日坐禅研修会」

「禅といま友の会」の会員を対象とした1日坐禅研修を、
当会スタッフでもある藤田一照老師の茅山荘(葉山)で開催しました。

会場の都合で参加者は20名限定。
開催案内を発送して僅か2日で20名に達してしまいました。
その後の問い合わせ・参加申込もありましたが申し訳ありませんでした。




茅葺き屋根の母屋です。お昼のお弁当を食べて一人一言自己紹介。
様々な方が、それぞれの想いを胸にこの研修に参加されていることを知りました。





敷地内に川が流れ、橋があって、小坂をのぼると坐禅堂があります。







坐禅のための身体の準備、こころの準備。
ただ坐る。「坐る」ということを離れた「ただ坐る」へ。
禅といまでも、坐禅指導・いす坐禅指導をお願いしておりますが、
今回のように3時間通してというのは初めてでしたが、
あっという間に終わってしまった感じでした。






バスで10分ほどの所にある長者が崎に寄りました。
午後4時30分の日没予定、数分前に現地について、
みんなでお日さまをお見送り。





★12月9日檀信徒有志清掃奉仕会

恒例の奉仕会を開催しました。











これまで全てお檀家さんの主催・運営で続けていただき
毎年2回で今回が28回目ということは足かけ14年です。

毎回有り難うございます。綺麗に年末をお迎えすることが出来ました。






★12月10日原町二丁目町会主催餅つき大会











今年もたくさんの人たちが寄って下さいました。
大人が搗くのは勿論ですが、町会の餅つき大会は子供サイズの杵臼も。
寒空の下で、お正月に向けての風物詩がひとつ伝えられました。









コメント