たつのこ半畳記 350

書院建立、四季折々の様子を伝えるときどき日記。
平成23年に開創350年を迎えた起雲山大龍寺のブログです。

★お粥の中に、生活がつまっている。~朝粥の会2019開催のお知らせ

2019年07月11日 | おしらせ
夏の早朝、禅の修行道場の作法で「朝粥」をおごそかにいただく…だけではありません。
“粥前”には、プロのインストラクターの指導で体を動かし、
“粥後”には、現代の「食」の話で頭を動かします。
 
一杯のお粥を通して、私たちの体と食について意識してみませんか。




①むくみ・腰痛改善!身体を支える足のセルフケア

  山崎貴博:スポーツインストラクター


②禅道場の作法で食べる「朝粥」

  太田賢孝:大龍寺僧侶


③ 育ててわかった! おいしいお米のヒミツ

  藤森由莉沙:(株)リジョブCSV推進室




日 時
  令和元年8月4日(日)朝7:00~8:45
  朝6時30分より受付開始


場 所
  大龍寺(新宿区原町2丁目62番地)


対 象
  どなたでも(未就学児は親御さんと一緒に)


定 員
  30名程度


持ち物
  運動用タオル・ご飯茶碗・小皿・箸・ふきん・筆記具


参加費
  1000円(18歳未満は無料)


参加方法
  当日参加にも対応しますが、事前の参加申し込みをお願い致します。
  下記リンク先のフォーム・主催者へ電話・FAX・メール・コメント欄などにて、
  参加者全員の氏名・年齢・住所・連絡先をおしらせ下さい。


参加申込
  https://forms.gle/RZwpf7aHQD9NCd8r7


主催・申込先 起雲山大龍寺
  TEL 03-3203-8394
  FAX 03-3203-8396
  メール nonin_kenko@ybb.ne.jp


協 力
  あみあみ-iamamiami-/新宿こども食堂



コメント

★年に1回、自分の“みなもと”を確かめる日

2019年07月08日 | おしらせ
「おぼん」は、亡き人を、かつて生きていた頃と同じように、
ご自宅へお招きをし、ゆっくりお過ごしいただこうとする、伝統的な仏教行事です。

亡き人を前にして生前のことを振り返るのは、お盆に限ることではありません。

ただ私達は、節目節目を大切にすることで、『思い』を受け継いできました。
一生涯を通して変わらない「自分のみなもと」「ご先祖さまとのきずな」を確かめるため、
年に一度の「おぼん」を大切にお迎えいただければ幸いです。





■1■ 初盆会法要(大龍寺にて)

7月12日(金)午前11時より

四十九日忌の後、初めてお盆を迎える新亡さまが該当します。
ご家庭より少なくとも1名は必ずご参列下さい。
初盆の方には、先祖代々・新亡さま戒名のお塔婆を建立していただきます。



■2■ 初盆会宅経(初盆の方ご自宅にて)

7月12日午後 ~ 16日

新亡さまご供養のため、初盆にあたる方のご自宅ご仏前にて、
初盆の読経供養を致します。訪問日時は各家庭に別途お伝えしています。



■3■ 盂蘭盆会(大龍寺にて)

7月13日(土) 午後3時より

初盆にあたらない全ての檀信徒が対象となります。
なるべくご都合をつけて、ご法要にご参列をお願い致します。
お塔婆を建立される方は、事前にお申し込みをお願い致します。
お塔婆のお布施は1本3000円を標準にしています。



■4■ 盂蘭盆会宅経(各家宅にて)

7月6日~11日・8月1日~10日

檀信徒のご自宅お仏壇前にて、お盆の読経供養をします。
全ての檀信徒さま宅へは伺えませんが、本年は、

(A)苗字の頭文字が「さ・し・す・せ・そ」の方

(B)特にご供養を希望される方

(C)新宿区内の近隣にお住まいの方

の所へ参ります。既におたずねはしていますが、
B・Cに当たる方でこれから希望の方はご連絡をお願い致します。
コメント

★開講20周年記念 講座「禅といま」チラシの発送!

2019年07月03日 | 講座「禅といま」
7月1日、講座チラシの発送作業をしました。

過去2年間(講座4回分)に1回でも「禅といま」を受講された500名、
講座開催について賛助を依頼するお寺さん、チラシ配布を依頼する方、
講座の関係者や、スタッフなど、111カ所に向けて発送しました。





7月3日には、過去2年間お休みをされている受講生さん(約1700名)
に向けての発送について、目途がつきました。



郵便での発送、ヤマトメール便での発送など使い分けていますので、
配達日については前後するかと思いますが、
一両日から数日のうちにお手元に配達されるはずです。


詳細については、「禅といま」ウェブサイトにも掲載します。

 https://nowjikon.wixsite.com/zentoima

どうぞよろしくお願いいたします。









コメント

★ちんそう、或いはちんぞう。

2019年06月29日 | まなび
禅僧の肖像画「頂相」の勉強会が、拙寺で開かれました。
ところがこの勉強会は、私は何の準備もしていません。

ただただ、学びの場を調えることに奔走してくれた方がいて、
棚からぼた餅のように、勉強する機会を与えていただきました。
これは「勝友に恵まれた」ということなのかもしれません。
知ってはいても、全然知らなかったということがわかった有り難い学びとなりました。







写真の手前側に写っているのは「禅といま」のチラシです。
7月に入ったら、過去受講生約2200名、関係先・お寺さん約110カ所に発送します。
コメント

★銀座で仏教。

2019年06月22日 | まなび
浄土真宗本願寺派の築地本願寺さんが、銀座で様々な講座を開いています。

https://tsukijihongwanji-lounge.jp/top/ginzasalon.html

以前から気にはなっていましたが、6月のある日、初めてお邪魔しました。
サテライトテンプルという位置づけだそうです。面白い取り組みです。








こちらの銀座サロンさんの「クローズアップDHARMA ~曹洞宗と浄土真宗~」
8月6日に曹洞宗のことについてお話する時間をいただくことになりました。


クローズアップDHARMA ~曹洞宗と浄土真宗~
曹洞宗(禅)、浄土真宗の僧侶が、それぞれの宗派の「ご本尊」「経典」「教え」についてお話します。そして、各宗派の特徴や違い、共通点などを探るトーク・セッション。同じ仏教の教えでも、宗派によって何が違うの??


■太田賢孝
曹洞宗起雲山大龍寺住職。東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒業、曹洞宗大本山永平寺安居修行、駒澤大学卒業、同大学院修了。現在、曹洞宗教誨師として少年院での座禅指導に携わったり、地域の子育て活動・こども食堂などに参画している。

■西原龍哉
浄土真宗本願寺派天真寺副住職。千葉県松戸市出身。法政大学法学部卒業。龍谷大学文学部真宗学科卒業。日常生活の苦悩を仏法にて乗り越えて行く道を探求している。

■増田将之
浄土真宗本願寺派真栄寺衆徒。(公財)仏教伝道協会、 「フリースタイルな僧侶たち」顧問。現在は公益財団法人仏教伝道協会職員として、お寺の立ち上げやサポートをはじめとする、お寺とのつながりを築きながら、一般の方への仏教普及に奮闘中。
コメント