たつのこ半畳記 350

書院建立、四季折々の様子を伝えるときどき日記。
平成23年に開創350年を迎えた起雲山大龍寺のブログです。

★平成30年6月の定例坐禅会のお知らせ

2018年05月18日 | おしらせ
当山の施食会前やGWの最中だったりということで、
5月の定例坐禅会は休会としておりました。
2ヶ月ぶりの定例坐禅会となります。



■時 間■

 日 に ち 平成30年6月2日(第1土曜日)



 受   付 午後5時30分 より

         夏目坂通りに面した門から入り右方「本堂」に直接お上がり下さい。

         すみませんが、5時半より早い到着はお避け下さい。



 坐禅案内 午後6時00分 より(坐禅未経験の方が対象です)

         初めての方を対象に坐り方をご案内します。

         経験のある方でも、参加することは出来ます。



 坐   禅 午後6時30分 より(坐禅経験済みの方)

         坐り方の案内が不要な方は、この時間までにお越しください。

         坐禅中の様子によって、途中休憩を取り入れる場合もあります。

         坐禅に引き続いて、禅に関するお話があります。



 解   散 午後8時00分頃





■坐禅をしてみたい方へ■

 大龍寺の定例坐禅会は、檀信徒の皆さんはもちろろんのこと、
 坐禅をしてみたい方であれば、どなたでも参加していただくことが出来ます。



 心静かに坐ることを大切にしていますので、
 足を組むことが難しい方には、楽な坐り方をご案内します。

 人によっては普段は慣れない“足を組む”という姿勢はキツイかもしれません。
 一通り足を組むことを試した上で、どうしても足が組めない場合は、
 坐蒲(坐禅をする時のクッション)をお尻に敷いての「正座」でも、
 椅子に腰掛けた状態での「いす坐禅」という方法もあります。

 一人一人の状態に合わせた無理ではない坐禅をご案内しますので、
 身体的な面で不安のある方でも、どうぞご参加下さい。



 お一人様でも歓迎です。



どなた様もお気軽におこし下さい。





■対 象■

 どなたでも

 大龍寺の檀信徒さまでも、そうでなくても、
 坐禅をしてみたいかたならどなたでもOKです。



■費 用■

 お布施をお納めいただきます。

 100円以上、それぞれのお志・金銭感覚などに応じて。

 (中学生までは無料です)


 

■場所■

 曹洞宗 大龍寺 本堂にて

 東京都新宿区原町2-62

 03-3203-8394



■最寄■

 東京メトロ東西線早稲田駅(2番出口)
 都営大江戸線若松河田駅(若松口)

 どちらも徒歩7分。夏目坂通り沿い
 自転車でもOKです。路上ではなく敷地内に駐輪して下さい。


■内容■

 坐禅のしかた・坐禅・歩行禅・禅に関するおはなし



■服装■

 ご希望の方には、肩を棒で叩くこともありますので、
 肩を覆う形の服装をお勧めします。

 足を組むためモモ・ヒザに余裕のある服装が好ましいです。

 持参のジャージ・作務衣などへの着換えもできます。

  →着替室があります。


■参加するには■

 直接、大龍寺「本堂」にお越し下さい。

 ただ、可能であれば事前に連絡をいただけると助かります。
 連絡方法は、このページへのコメント・メッセージ・電話連絡などご自由に




● 道案内 ●


↑クリックすると大きな画像になります。








大きな地図で見る(Google)


 ※若松河田駅には、周辺地図に案内を出していました。
   →「★若松河田駅の案内標示

 ※現在は、東京メトロ東西線の早稲田駅に案内地図をだしています。




★平成30年3月の定例坐禅会開催メモ

なんと、定例坐禅会の最高人数を2ヶ月続けて更新。27名の参加となりました。
内単が16名を基本にしていますので、11名が外単に。
坐り方の案内をしている間に経験者の方たちがあれよあれよと到着。
外単をあまり用意していなかったので、皆さんのサポートに助けられました。有り難うございます。
坐禅は1炷とし、3回目となる『普勧坐禅儀』のお話をさせていただきました。



★平成30年4月の定例坐禅会開催メモ

今年に入って人数が多くなったように感じており、
準備の段階で外単にも坐蒲を用意して、24名ではスムースにお迎えができるようにしていました。
実際、今回の参加者は19名、外単が必要な人数となりました。準備をしていたのが幸いでした。
3月までの3回にわたって『普勧坐禅儀』を読み進めてきましのたので、
今回は、坐禅を2炷とし、2炷目はその『普勧坐禅儀』の読誦を行いました。
本山ほどではありませんでしたが、心もちゆっくりのお唱えをして、時間的にはちょうど良い坐禅となりました。




★平成30年 定例坐禅会 ご案内★

  ~毎月第1土曜 午後6時から8時まで~

  7月 7日
  9月 1日
 10月 6日
 11月 3日
 12月 1日 
 5月・8月は休会



★平成30年 定例写経会 ご案内★

  ~6週間に1度 午後3時から5時まで~

  6月 9日
  7月21日
  9月 1日
 10月13日
 11月24日

 事前の参加お申し込みをお願い致します。
 毎回入れ替わりで、準備係のご奉仕をお願いします。

写経会と坐禅会が同日に開催される場合もあります。
その場合は、両方の行事に参加することも可能です。

定例写経会の参加には、事前のお申し込みが必要です。

 Googleフォーム
 TEL(03-3203-8394)
 FAX(03-3203-8396)
 メール(nonin_kenko@ybb.ne.jp)

 参加者全員の「氏名」「連絡先電話番号かメールアドレス」をお知らせ下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★「コミュニケーション教育の今」【仏教情報センター主催】いのちを見つめる集い

2018年05月18日 | 仏教情報センター
★これは「仏教情報センター」が主催する企画講座です。
★このイベントページは会場提供者としてのお知らせです。
★お問い合わせ等は主催者までお願い致します。


http://bukkyo-joho.com/2_inochi/



お寺の本堂を会場に、毎回いろいろな分野の方を講師にお招きして、
お話を聞いてから休憩(ティータイム)をはさみ、
参加者・講師・僧侶による語りの場を提供しています。

時間は講演と語り合いを含めて午後1時30分~4時頃を予定しています。

予約の必要はありません。当日、直接会場(本堂)へお越しください。
 

■お問い合わせ先:

  主催者「仏教情報センター」事務局まで
  03-3813-6577


■開催日時:

  平成30年5月24日(木曜日)
  午後1時30分~午後4時


 
■講師:

  三嶋浩二氏(NPO法人ドラマケーション普及センター/理事長)


■テーマ:

  「コミュニケーション教育の今~コミュニケーションがもたらすもの~」


■講師の先生から:

  「コミュニケーションなんて誰かから教わるものではない」
  と言われ続けながら活動をやってきて
  ようやく最近言われなくなってきました。

  時代の変化によって必要なこと不必要なことも変化します。
  コミュニケーション教育もその一つです。
  老若男女を問わず必要とされているコミュニケーション教育の
  現状とこれからについてお話します。


■参加費:

  1000円(当センター会員の方は無料)
 
  どなたでも参加歓迎します。予約不要。当日直接会場にお越しください。


■お願い:

  不測の事態に備えて連絡先の判るものを携帯して下さいますようお願い致します。


■会場案内■

  起雲山 大龍寺(本堂)

  東京都新宿区原町2丁目62番地


■最寄■

  東京メトロ東西線早稲田駅(2番出口)
  都営大江戸線若松河田駅(若松口)
 
   →どちらも徒歩7分。夏目坂通り沿い

  自転車…OKです。境内に駐めて下さい。
  自動車…NGです。近隣のコインパーキングをご利用下さい。


● 道案内 ●


↑クリックすると大きな画像になります。








大きな地図で見る(Google)


 ※若松河田駅には、周辺地図に案内を出していました。
   →「★若松河田駅の案内標示

 ※現在は、東京メトロ東西線の早稲田駅に案内地図をだしています。






クリックすると大きくなります。



クリックすると大きくなります。



http://bukkyo-joho.com/2_inochi/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★一年で一番規模の大きな法要「施食会」

2018年05月18日 | 行事報告
毎年母の日に修行する「山門大施食会」を、
今年は5月13日に開催しました。
近隣のお寺さまにも年間予定にしていただき、
僧侶だけでも13名での法要です。
更に檀信徒みなさんにもご足労をかけましたが、
総勢100名を越す方々にご参列いただきました。

ありがとうございます。





今年も受付は正午12時からですが、
行事の開始時刻は以前に比べて30分ほど遅めの1時半。

清興の時間は今年初めての試みで、ボイストレーニング。
昭和音楽大学講師・シンガー・ソングライター小幡美奈子先生による
「声の講座~発声の実修~」の時間を設けました。

大龍寺では、いつも檀信徒皆さんにもお経本をご用意し、
一緒に読経に参加していただいていますが、
「発声」の練習をしたことはありませんでした。
そこで今回はますば発声、あるいは発声トレーニングの専門家として
ご縁をいただいた先生に来ていただきました。

今回ご縁をいただいた音楽大学で講師を務められている先生について、
何も知らない私は“音楽の先生”だと思っていましたが、
実は本業はプロデビューを果たしているミュージシャン。

そのことをお願いを進めていくうちに知るという…





『mooki ~The Best and more~』PV/MINAKO OBATA








「身体を楽器のようにして使う」ために身体をどう調えるか…
というコツをお聞きしていると、これがそのまま、
坐禅の身体の整え方にそのまま使えてしまうものでした。

余計な力の要らない理に適った身体の組み立て方、
腹式呼吸(臍下丹田)によって呼吸を整えることなど。







そして実際に声を出す段になって
如何にして自分の声と精神をつなげていくか?
先生がひとつひとつプロセスを経て声の出し方を導いてくれます。
「お腹から声を出せ」では伝わえきれない丁寧な発声指導があるのですね。

時間的には45分。やってみて時間は少なかったかも。







引き続き、ご法話の時間です。
私自身が自分でしなければならないのですが、
一昨年から「若手のお坊さん」による法話としています。

私も余所のお寺さんにご法話をさせていただきに行くことがありますが、
聞いている方との二人三脚で法話が進むので、2度と同じ法話が出来ません。

「お話しする人とお話を聞いて下さる方」の両者によって法話が完成する
ということをつくづく感じています。



今年は新宿山手七福神のひとつでもある福禄寿を祀る永福寺の新住職さん。
7年前に大龍寺で修行した晋山式とも関わるお話でした。
ずっと覚えていた下さってありがうとうございます。





全員で読経をしています。発声が役に立ったでしょうか。







ご本尊さまへの本尊上供『般若心経』に続いて、施食架へ向き直ります。





新亡さま、ご先祖さま、この世の中のありとあらゆる仏さまに対して。





それぞれが祈ります。





法要の最後は、本日のご供養を申し込まれた方全員のご回向読み込みです。







雨が降っていたためお申込のお塔婆は後日立てさせていただきました。
早速、皆さんでご供養の席が始まり、総代さんによって乾杯!

( ^_^)/□☆□\(^_^ )

1日ありがとございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★見えないところをキレイにしました。

2018年04月23日 | 行事報告
4月21日、好天に恵まれて、予定通り奉仕会を開催しました。
境内・墓地の清掃は、雑草とりなど。











たわわに実るのを楽しみしていた梅まで切られてしまって母は残念がっていました。
時々、切ってもらいたくないものまでバッサリいかれてしまうのは怖いですが、
約20名に駆けつけていただきまして、本堂内外、境内、墓地がすっかりキレイに。




お経本の補修。折り目が破けるので、時々必要な作業です。



灰ならし、真鍮磨きも、数回やると上手にやってもらえます。



ご本尊さま前の荘厳を夏バージョンに。



施食会の幡も用意万端です。



皆様ありがとうございます!
参加かなわなかった方は、次回を是非。12月8日の開催です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★「終活ブームのウソとホント」【仏教情報センター主催】いのちを見つめる集い

2018年04月15日 | 仏教情報センター
★これは「仏教情報センター」が主催する企画講座です。
★このイベントページは会場提供者としてのお知らせです。
★お問い合わせ等は主催者までお願い致します。


http://bukkyo-joho.com/2_inochi/



お寺の本堂を会場に、毎回いろいろな分野の方を講師にお招きして、
お話を聞いてから休憩(ティータイム)をはさみ、
参加者・講師・僧侶による語りの場を提供しています。

時間は講演と語り合いを含めて午後1時30分~4時頃を予定しています。

予約の必要はありません。当日、直接会場(本堂)へお越しください。
 

■お問い合わせ先:

  主催者「仏教情報センター」事務局まで
  03-3813-6577


■開催日時:

  平成30年4月26日(木曜日)
  午後1時30分~午後4時


 
■講師:

  赤堀正卓 氏(「終活読本ソナエ」/編集長)


■テーマ:

  「終活ブームのウソとホント」


■講師の先生から:

  終活専門季刊誌の編集作業を通じて見えてくる、
  「終活ブーム」の背景や今後の展開について考えてみます。

  終活雑誌の表紙になぜ檀蜜や堀北真希が登場したのか?
  前代未聞の「棺桶読者プレゼント」の反響は?
  イオン、ヤフーなど終活産業に進出をかける企業の最新動向とは?


■参加費:

  1000円(当センター会員の方は無料)
 
  どなたでも参加歓迎します。予約不要。当日直接会場にお越しください。


■お願い:

  不測の事態に備えて連絡先の判るものを携帯して下さいますようお願い致します。


■会場案内■

  起雲山 大龍寺(本堂)

  東京都新宿区原町2丁目62番地


■最寄■

  東京メトロ東西線早稲田駅(2番出口)
  都営大江戸線若松河田駅(若松口)
 
   →どちらも徒歩7分。夏目坂通り沿い

  自転車…OKです。境内に駐めて下さい。
  自動車…NGです。近隣のコインパーキングをご利用下さい。


● 道案内 ●


↑クリックすると大きな画像になります。








大きな地図で見る(Google)


 ※若松河田駅には、周辺地図に案内を出していました。
   →「★若松河田駅の案内標示

 ※現在は、東京メトロ東西線の早稲田駅に案内地図をだしています。






クリックすると大きくなります。



クリックすると大きくなります。



http://bukkyo-joho.com/2_inochi/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加