きさな堂~kisana-do~

尼崎でプリザーブドフラワーとアートフラワーの花屋をしています。

おすわりねこ、肉球塗り

2018-10-21 00:32:13 | 
兵庫県尼崎市 武庫之荘 きさな堂 ギフトの花屋
営業時間AM10:00~PM7:00
月曜定休(月曜が祝祭日の場合は翌火曜休)
プリザーブドフラワーとアーティフィシャルフラワーの専門店をしています。
アレンジ素材とギフト商品を販売しています。

きさな堂ウェブサイト
http://www.kisana-do.com/


こんばんは('∀')きさな堂です。

おすわりねこ、お鼻と肉球部分を塗りました。


で、眼のマスキングを取りまして



あとは全体にトップコートを塗るだけです。
塗りの修正は、やってもやってもキリがない模様。



昨日の夜は気絶するように寝落ちしてしまいました。
というのも、その前の深夜に「Wの悲劇」をテレビでやっていたのです。
よせばいいのに夜更かしして見入ってしまいました。

もー、名台詞のオンパレードなのですよ~。゚(゚´Д`゚)゚。

やっぱり好きなのは
「女優!女優!女優!」。

あとは
「オンナ、使いませんでした?」とかもイイです。
三田佳子さん演ずる大物女優役が魅力的過ぎて全部名台詞に聞こえてしまう。

当時の三田さんと同じ年齢の女優というと、米倉涼子さんになりますが
米倉さんはまだ「小娘」って感じでここまでの大御所感はないですね。

まあ今の時代、40代で大御所感を出していたら生意気と言われるでしょうから
仕方のないことです。


映画を見ていたら今は亡き方がたくさん出ておられました。
南美江さん、梨元勝さん。
蜷川幸雄さんはご本人役のような「怖い演出家」役でしたが
演技はイマイチでした(笑)


最後は主人公が演劇はやめないと宣言して終わり、でしたが
その後主人公はスキャンダルも乗り越え、女優として花開けたのか?

多分ダメだったんじゃないのかなあ~と思うワケです。
裏で色々言われて、小さな劇団の端役でくすぶり続けて30代になり・・・

こんな暗い妄想をしながら寝るなんてあまりいいことではないですね(^_^;)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« おすわりねこ、腹毛塗り | トップ | おすわりねこ、完成 »

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事