まさむらきみこのブログ 「つぶやきをかたちに」

いつも市民派ずっと無党派!芽室町議会議員まさむらきみこのブログです。しがらみのない立場で町民のための政策を提案します。

選挙4日目 終盤です

2019年04月19日 | 日記
今朝はどんよりとしたくもり空。
いまにも雨が降ってきそうな黒い雲が立ち込めていました。
出発の準備をしているとポツポツと雨が…
しばらくすると雨は止み、空が明るくなってきました。
今回の選挙は気温差が激しいですが、お天気に恵まれていますね。

さて、選挙4日目。
終盤に差し掛かってきました。
昨夜は急にじんましんが出て、急遽薬を飲んでしのぎました。
かゆいなぁと思いましたが、気がついたら朝になりこれなら行ける!と思いました。

昨日届いた選挙公報、今朝ようやく目を通しました。



今日は鹿追町議会議員の山口優子さんが応援にかけつけてくれました。
鹿追も今回の統一地方選でしたが、無投票ということで急遽忙しい仕事の合間をぬっての参加です。
こういう応援、ほんとうに力になります。



さっそく山口さんのアナウンスで町をまわりました。
駅前のロータリーでは応援演説をしていただきました。
心のこもった応援、胸に染みました。
元気と勇気をもらってわたしの演説にも力が入ります。




道行く人との挨拶、車ですれ違うと手を振ってくださる方など
町民の方々とのふれあいや心の交流はありがたく、うれしいものです。
「やっと会えたー 通信ではみているけど、ホンモノのまさむらさんは初めてみたよ」と
声を掛けてくださる御婦人がいて、少しおしゃべり。
通信の写真と実物のまさむらはそんなに違いますかね?笑

選挙のスタイルはさまざまありますが、わたしはやっぱり演説主体の選挙が好きです。
演説は自分のことばでその思いを直接町民の方に伝えられる。



さぁ 明日はいよいよ最終日。
朝から気合をいれてこの選挙戦、最後まで走り抜けます!

選挙3日目

2019年04月19日 | 日記
選挙3日目。
市街地を中心にまわってきました。
「通信を読んでいるよ」と声を掛けてくださる方に励まされながら
くまなく町の中をまわっています。

これからまちづくりには住民主体の活動がかかせない、
安心して住み続けられる町を一緒に作っていきましょう、
とわたしの考えるまちづくりをお話しています。

選挙事務所に帰ってくると温かいごはんやお茶が用意され、ほっとします。
わたしといっしょに選挙を戦ってくれる友人や
こうして裏方になって支えてくれる家族に見守られています。

ひとりで頑張らなくてもいい、助けてって言えばすぐに駆け寄ってくれる人たちがいる。
幸せなことだとしみじみ思います。
ありがたいことです。

「たすけて」といえる町にしていくこと
「たすけて」といえるしくみをつくること
誰もひとりにはしない
そういう町にわたしは暮らしたい





選挙2日目

2019年04月17日 | 日記
選挙2日目。
今日のアナウンスは20歳の女性2人、
それも初選挙アナウンス。
ふたりとも最初は緊張していましたが、
すぐにわたしの選挙スタイルを理解してくれました。

そう、わたしの選挙カーは名前の連呼はしないのです。
だから声を張り上げることはなく、住民の方一人ひとりに届くような
呼びかけを行っています。
初めての選挙でこれまで見てきた選挙との違いをきっと感じたのではないかと思います。

お二人にはさっそくアナウンスをしてもらいましたが、
それがとっても上手。
声もよく通ります。
若い人の声はとても聞きやすいし、遠くまでクリアに飛んでいきます。
まっすぐな声って聞いていても気持ちが凛とします。

そんな澄み切った声に押されて、わたしの演説も熱が入ってきました。

今回の選挙は定数16人のところ候補者は18人。
無党派市民派として活動しているわたしは頼れるものはありません。
わたしの政策やこれまで取り組んできた活動に対する評価を判断してもらうしかないのです。
そうした意味で毎回厳しい選挙です。

でも議員としての基本姿勢を変えるつもりはないので
これからどんな課題に取り組んでいきたいのか、を中心に演説をしています。

今日は41回スポット演説を行いました。





公園の近くで演説をしていたら子どもたちが走ってきて
かぶりつきで聞いてくれました。
きらきらした子どもたちの目に励まされました。





芽室町議会議員選挙 初日

2019年04月16日 | 日記
本日は芽室町議会議員選挙の初日。
16人の定数に対して18人の立候補の届け出があり、選挙戦がスタートしました。

ポスターは7番。
ラッキーセブンとは縁起がいい数字。
ポスターは一番上の段になり、背が低い女性ばかりのポスターチームは少し苦労したと聞きました。
それでも一緒になった他の陣営に「トラックの荷台に上がって貼ったらいいよ」と助けられたそうです。
有り難いなぁ

午前中は祥栄、平和、北明をまわり、上芽室方面にご挨拶。
風が強くて畑の土が舞っていて演説をすると口の中がざらざらします。
そんな中仕事の手を止めて耳を傾けくださる方がいて
心を込めて思いを伝えました。

午後からは上美生や上伏古をまわり、市街地へ。
他の選挙カーも戻ってきた時間帯だったのか数台の車とすれ違いました。
お互いに「がんばりましょう」とエールを交換。

今日の演説は20回。
明日はお天気もよく、気温も上がるとのこと。
張り切って町内をくまなくまわりたいと思います!





2019年政策集

2019年04月05日 | 日記
今年度の政策集を作成しました。

すでにお手元に届いている方もいらっしゃると思います。
まだご覧いただけていない方、ご連絡をいただければお届けいたします。

わたしのアドレスは ji8aea@gmail.com です。










「つぶやきをカタチに」35号発行します

2019年04月04日 | 日記
町中のあちこちに看板が立つ時期になりました。 わたしの看板はみつけにくいのか、どこにあるの?と聞かれます。 そんなにわかりずらいでしょうか??? さて、通信35号を発行しました。 どうぞ御覧ください。

通信「つぶやきをかたちに」34号を発行しました

2019年02月02日 | 日記
強風が吹いていた芽室ですが、ようやく風が収まりました。

今日は議会フォーラムの日でした。
午前中はホスト役の牧原ゆりえさんから本日のWSについての説明があり、
午後からのフォーラムに備えました。

今回のフォーラムはストリーテラーの事例を聞いて
そこで感じたことを言葉にし、住みよいまちづくりを考えるというWSを
ホスト役の牧原さんが進行していくというもの。
取り組んだことのない試みに正直いって戸惑いながら今日を迎えましたが、
無事に終えることができました。
「自分の意見を発表したり、なにか当てられたりするのは嫌よ」と始まる前に
おっしゃっていた方も帰るときには笑顔。よかった。

さて、通信34号を発行しました。
最近は不定期ですが、通信もって町内を歩いて配布しています。


NO34表


NO34裏

通信NO33を発行します

2018年11月28日 | 日記
ここ数日、暖かい日が続いています。

来週から12月議会が開会します。
初日の議案と一般質問の通告の準備にも力が入ります。

さて、通信33号を発行します。
いつものようにかちまいの折込に入りますが
少し後になるのでまずはこちらでアップします。

今回はこれまでの取組みや今後のまちづくりについて
今わたしが考えていることがメインです。
気がついたことがありましたらぜひお声を聞かせてください。
どうぞよろしくお願いします。





つぶやき通信NO32を発行しました

2018年10月23日 | 日記
おはようございます。
雲の切れ間から太陽が顔を出し始めています。今日も穏やかな日になりそうです。

さて、通信NO32を発行しました。
9月議会は新町長の町政執行方針から始まり、決算審査、一般質問、第5期総合計画の提案と続きました。
詳しい内容は通信に書いたのでここでは割愛しますが、
9月議会は新町長の初定例会議でいつもとは違う緊張感が議場内に流れており、
フレッシュな印象がありました。

執行機関はいま来年度予算編成の真っ只中だと思いますが、
よりよい政策になるよう、町長とはこれからも是々非々で大いに議論を重ねていきたい。

話しは変わりますが、先日久しぶりにお会いした方に
「正村さんは議会がないときはなにをしているの?」と尋ねられました。
そうですね…
モノに溢れた生活をしたくないと思い立ってからせっせと片付けをするようになったので
家の中の整理をしたり、家事をしたり、
外に出て自然の中を歩いたり、などなど。

88円のサンマがこないだ買ったときよりも少し大きいような気がして
やった!と台所で小さくこぶしを握りしめ、小さな幸せに喜びを感じながら過ごしています。

ということで、通信は今日のかちまいに入りますのでどうぞ御覧ください。

クリックすると大きくなります



通信NO31を発行しました

2018年07月24日 | 日記
本日は臨時会議。
新町長の就任挨拶があり、議会とは政策競争はするが対立する必要はまったくないと宣言。
町民の福祉向上のために是々非々で議論をしていきたいとの発言もよかったと思います。

人事案件では、副町長の選任があり、会議終了後に新旧の副町長の挨拶も。
現副町長の挨拶を聞きながらこの8年間を自分の発言が蘇ってきて、
恥ずかしくなるようなこともありましたが、いつも精一杯議論させていただいたと感謝の気持ちが溢れました。
8年間ほんとうにお疲れ様でした。

補正予算では、職員の時間外勤務手当を多く支払ってしまったための返還金を歳入として処理ことが提案されました。
今回の事案は、職員が誤りだと気が付かずに処理をしていたことに加え、決済する時点で誤りを発見できなかったことから起こりました。「錯誤」という言葉を使って説明していましたけど、だからこそ根深く、深刻な事案です。
質疑の答弁では反省と今後にむけての対応を述べられていましたが、新町長の新しい体制のもとでしっかり立て直して欲しい。

さて、通信を発行します。
今回は公立芽室病院を大きなテーマとしています。
広報誌でも病院の赤字決算について報告されていますが、数字を表にしただけでは病院の置かれている状況を理解するには
ハードルが高いなぁと思ったのでわたしの視点で分析しました。
議員だけが病院の状況を知っている、そうではなくて、町民と情報を共有することから今後のことを考えたいと思っています。
長文になり、また文字ばかりの通信になってしまいましたが、ご覧いただけましたら嬉しいです。





クリックすると大きくなります。