goo

YouTube「きみちゃんねる」がリニューアル!

試行錯誤して作ってきたYouTubeもなんと9本目。
これまではわたしが発行している通信から話題を提供してきましたが、
今回から志向を大きく変えてリニューアルしました!

コンセプトは、芽室町の魅力を発信する!

いろいろ制約はありますが、できる範囲で芽室町の誇れるものや素敵な場所などを
まさむらの視点でお伝えできたらいいなと思っています。

ということで、今回は「ふるさと納税返礼品」をテーマにしてみました。




芽室町のふるさと納税で人気のある商品ってなんだと思いますか?
とうもろこし
じゃがいも
お肉
チーズ
ワイン…。とか

ランキングもご紹介していますので、ぜひみてくださいね。

YouTubeど素人で、ぎこちない手振り、身振りなどは大目にみて、最後までお付き合いいただければ大変嬉しく思います。

それではどうぞ!

【第9回きみちゃんねる】令和2年度(令和2年4月~令和3年3月まで)の芽室町ふるさと納税ランキングベスト5!まさむらきみこがイチオシするおススメもご紹介!

https://youtu.be/Pc50PuGIgpg





みてくださいねー
コメント ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

臨時議会〜住民税非課税世帯等に対する給付金

本日は臨時議会。
住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金にかかる事業費を含む補正予算が案件。
補正予算額は、2億2376万7000円。

全会一致で可決成立したので、今後すみやかに作業が進んでいきます。
対象となる方は以下のとおりです。
①住民税非課税世帯
令和3年12月10日時点において、本町の住民基本台帳に登録されており、
世帯員全員の令和3年度分の住民税均等割額が非課税である世帯(生活保護世帯を含む)

②家計急変世帯
申請時点において、町市の住民基本台帳に登録されており、令和3年1月以降、
新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、➀と同様の事情にあると認められる世帯(家計急変世帯)

1世帯あたり10万円を給付します。
*いずれも申請が必要ですのでお間違えなく。

給付時期は3月上旬を予定しています。


臨時議会のあとは全員協議会で今後予定されている議会活動(議会モニター会議、白樺高校との包括連携協定事業)
などについて協議。

午後からは家に戻り、総務経済常任委員会を生中継でみていました。
案件も多く、質疑も途切れなく続いており、5時までに終わる気配はまったくなし。
補正予算にも関わる案件もあり、みているこちらも気を抜けません。

結局、5時をまわって会議は延長され、
終わったのは6時過ぎという長丁場の会議でした。

委員の皆さん、お疲れ様でした。
コメント ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コロナ感染急増〜議会の対応

ここ数日、新型コロナ感染拡大の報道が続いています。
感染の波は、繰り返し来る。やがて収束するものだそうですが、
社会経済活動とのバランスをうまく取りながらこの波を乗り越えたいものです。

この状況に対応するため、昨日は災害対策会議が招集されました。
これまでも議会BCP(議会災害時対応基本計画)に基づいて対応してきており、
現段階で特段問題となることは見当たらないという認識で会議に臨みましたが、
予想したとおり、議会BCPを確認して終了。

今後フェーズが変われば、再び災害対策会議が招集され、新たな対応を検討することになります。
現状としては、
・本人、家族等の健康状況の把握を行う
・発熱や風邪症状がある場合は、登庁を控える
・登庁時はマスク等の着用、手洗い等の感染予防対策に努める
・3密を避ける、などの対応を行います。


以下、個人的な覚書として記録します。

オンライン活用については「オンライン活用(会議)のあり方について」(R3.8.6全員協議会)で考え方を整理した。
●オンライン会議の根拠
①芽室町議会委員会条例第13条の2(開催の特例)
②芽室町議会オンライン委員会開催要綱

●オンラインの活用について
①会議は「出席」を原則とする
②災害時等の「特例」として活用する
③「事前許可」を原則とする
④会議を「機能継続」する手法とする

● 今後の課題について
①オンライン許可条件の再考について
②議員のオンライン活用知識の向上について
③新しい会議手法のあり方の検討について
④通信料等の経費負担について

現状では、緊急事態宣言が北海道に発出され、その期間中に積極的なオンライン活用に務めている。
(災害対策会議において議会BCPに基づく対応を協議、決定)
あくまでも緊急事態宣言下での対応であり、それ以外の活用(感染予防対策等)については協議に至っていない。
課題を棚上げしたままにすべきではないが、「会議の原則」との整合性を含め、整理すべきことは多くある。
例外を設けることは慎重にすべきであり、現状では議会BCPにもとづく対応以外に基準はないので、
現状のルールに従って運用をしていくことが望ましいと考える。
コメント ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

不登校児童生徒の増加に町はどう対応するのか

町教育委員会では、不登校児童生徒が毎年一定の割合でいることから、
登校することにさまざまな事情で困難を抱える児童生徒と保護者への支援体制確立に向けた準備をしています。

具体的には、
①現在の適応指導教室ゆうゆうをより充実した機能にすること、
②ICTを積極的に活用していくこと、
③継続して教育を提供するため民間事業所を活用(委託)すること
などが挙げられます。

現在、議会では町内PTA役員の皆さんと意見交換会を行なっていますが、
先日の意見交換会においても「教育現場のICT化を進めて」というご意見もいただいたところです。

不登校児童生徒だけでなく、発達に支援を要する児童生徒への支援においてICTを効果的に活用することは、
実践的な活用に大きな期待が寄せられており、今後この流れは加速していくと考えます。

不登校支援に関しては、これまで国は「学校に登校する」という学校復帰前提策として取り組んできましたが、
令和元年に「学校復帰よりも社会的自立が目標である」と方針を大きく変更しました。
この方針を受けて、町教育委員会としても多様な学びが保障されるよう、
取り組んでいく方向です。

専門的な学習機能やプログラムをもつ民間事業所と連携(委託)することは、
多様な教育ニーズに応えるものだと考えます。

町教委のしっかりした理念と方針があれば、公共と民間のすべきことの役割分担ができます。
いま町教委が構築している「不登校支援システム」はまさにこの理念と方針となるもの。
このシステムがより魅力的な学校づくりに資することを大いに期待したいと思います。

コメント ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新しい年

新しい年が明けました。

2021年は、社会経済がコロナウイルス感染症の影響を大きく受ける一方で、デジタル化が大きく進展しましたね。

芽室町でもスマートフォンによるキャッシュレス決済への支援、LINEによる町の情報配信、
教育現場でのICT化など着実に新しいライフスタイルが定着した年でもありました。

芽室町議会もオンラインによる研修会や町民モニターとの意見交換会、視察対応など
時代に合わせた手法で取り組んできたところです。
また、議員の定数と報酬のあり方についても議論を深めた年でした。
春には議会としての方向をお示しできるスケジュールですので、
その途中経過については今後もブログでお知らせしていきます。

ということで、
本年も引き続き、町民の皆さまが安心・安全に暮らせる持続可能なまちづくりを推進していきます。
つぶやき通信やブログなどで、議会や町の動きを発信、YouTubeは「芽室町の魅力発信」に力を入れていこうと考えています。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


コメント ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新型コロナウイルスワクチンの追加接種について

芽室町では、3回目追加接種対象者を、2回目接種を終了し、
8ヶ月以上経過した18歳以上の方を対象にした体制を整えていく方針であることが、
先日の厚生文教常任委員会で明らかになりました。

ワクチンの種類は、ファイザーとモデルナの2種類。
令和4年3月までの配分見込みは、54:46で、2回目接種から8ヶ月を経過する人数に
相当する量が届く見込みで準備を進めています。

町内の接種体制は、1月以降のワクチンの入荷状況にもよりますが、
①個別接種は、あおばクリニック、なかお内科、はまだ内科医院、公立芽室病院で行います。
予約方法 電話と来院(あおばクリニック、なかお内科、はまだ内科医院)
     電話、インターネット、LINE(公立芽室病院)

②集団接種 2月から7月まで、月1回 
接種場所 中央公民館
予約方法 電話、インターネット、ライン

2月は2月23日(祝日)、3月は第3土曜日を予定しています。

なお、これまでの接種で副反応は2件(いずれも重篤な副反応ではない)、健康被害は0件との報告がありました。



なにをしているかというと、YouTubeの収録。
こんな感じで毎回収録しています。

次回からは、これまでとは違った内容で情報発信していこうと企画を練りました。
詳細は、もうちょっとしてからお知らせしますので、
今日のところはまだひみつ。

みなさんにご覧いただけるのは、年明けになりますが、
もう少しお待ちくださいね。


コメント ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

放課後ディサービス事業者決定

かねてより公募していた放課後ディサービス事業者が決定しました。

町内の放課後ディは、発達支援センター1ヶ所しかなく、
利用者のニーズに応えるためにも民間事業者による放課後ディの開設は望まれていたもの。

応募したのは1者のみ。
審査委員会7人よる選考を経て、株式会社ライフパスを選定しました。
当初事業実施を令和4年2月としていましたが、
開設準備が遅れているため(事業所の人員確保)事業開始は令和4年4月1日に変更。
1月下旬には住民説明会を開催する予定です。

放課後ディサービスについては、国が普及を図る方針を示したことから利益優先の事業や
サービスの質の低さが以前から問題になっていました。
そこで国は、「総合支援型」と「特定プログラム特化型」の2類に再編する新たな方針を打ち出して、
この課題に対応しようとしています。

この2類についての議論はさまざまありますが、芽室町のみで考えることとします。

芽室町で民設の放課後ディが開設されるのは、今回がはじめてとなります。
だからこそ、国が示す方針に照らして、公設、民設の放課後ディがこの町でどんな役割を担っていくのか、
実施主体が町であるからこそ、基本的な方針はしっかり固めておく必要があると思います。

町有財産の一部において、「保護者の多様なニーズに応える」という課題解決をするのであれば、なおさらのこと。

ぶれない町の方針をもって今後も障がい者福祉策に対応していただきたい。
説明のあった委員会では、このような思いも込めて質疑しました。

放課後ディに通う子どもと保護者、家庭にとってよりよいサービスが受けられるよう
十分な準備をして事業開始となることを望みます。



六花亭の「極楽」でのスィーツ。
これ、思った以上に大きくてカロリー多め。
「絶対やばい、やばい」と思いながら美味しくてペロリ。

そして、また明日からダイエットを再開するのでした。

コメント ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

12月議会が閉会〜子育て給付金は12月24日支給

12月議会が昨日閉会しました。
国が迷走したおかげで、自治体まで混乱した子育て給付金。
議会に提案される案件は事前に議運で審査し、本会議に上程されます。
国が方針を決めたからと言っても、それなりの手続きを踏まなければ支給することはできません。
今回の件、自治体も議会も影響を受けました。

芽室町議会では、当初から提案予定だった5万円分を12月15日の補正予算で可決。
残りの5万円を現金で、年内支給という町の方針が固まったため、急遽21日最終日の補正予算で提案となりました。

子育て臨時対策交付金 支給対象者2900人
芽室町は12月24日に一括10万円を対象者の方に振り込まれます。

○行政報告
公立芽室病院の常勤医師が来年4月から2名(内科・総合診療科)着任することが報告されました。
一方で、本町の医療を支えてくださった長谷先生が来年3月末までだそうで、残念です。
これまでありがとうございました。

○12月1日の強風による被害と対応
「まさか、こんな被害が出るなんて」
渋山に設置した気象観測器「マメダス」では最大瞬間風速46.5メートルを観測。
農家の倉庫や車庫、ビニールハウスの損壊は261棟、道路の倒木箇所は61ヶ所、
町内1000戸で停電という被害をもたらしました。
幸いにも人的被害は発生しなかったものの、この強風の影響で被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。

倒木処理や施設修繕等にかかる費用は4438万円となりました。
予備費1億円から災害復旧費として支出しています。




12月議会開催日には、議員会からお弁当が出ました。
写真は12月1日の松久にじます園のお弁当。
美味しくいただきました。
一緒に入っている「にじますぼちぼち通信」、社長の人柄が伝わってきていつも楽しく読ませてもらっています。


コメント ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

水木しげる展へ行ってきました

帯広美術館「水木しげる 魂の漫画展」に行ってきました。

前回は出遅れてしまい、長蛇の列だったので、今日は10時前に到着。
ところがすでに多くの来場者が。
今日を逃すともう見れないので覚悟を決めて列の最後尾へ。

1時間近く経ってようやく展示ブースに入ることができました。
「いいよー。ぜひみて」と評判は聞いていましたが、想像以上。
まず作品の数がものすごく多くて驚きました。
作品の背景もよくわかる展示で見応え十分でした。

とてもよい展示だったのでオススメいたします。



北海道立帯広美術館


今週は議会日程が続きます。

リフレッシュできたのでまた明日から頑張ります!
コメント ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

一般質問を通告しました

2日は一般質問通告日。

今回は質問者が多いという情報が入り、通告時間よりも少し前に議会事務局に到着したところ、
わたしの前に2人だけ。

今回は中心市街地活性化をテーマにすると先日のブログでも書きましたが、
個別具体的な事業というよりも、あらたな概念としての「まちなか再生」の
目指す方向について質問をします。
中心市街地のこれまでの開発を踏まえ、どのように受け継いでいこうとしているのか、
また新たな「まちなか再生」で描く未来像について
町長の見解を伺います。

わたしは、医療、介護、子育てなど本町ならではの政策と絡めた展開が必要だと思っています。
町長はどう考えているのかな。

12月議会一般質問はこちらです。

一般質問は2日間にわたって行われます。
今回は10人の議員が質問に立ちます。




じゃがばす掲載広告より
コメント ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 前ページ