きまま舎(や)

自宅カフェを10年やって平成30年8月末をもって閉店。これからは宿屋とレンタルスペースで『きまま舎』復活。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

かわいいもの。

2021年01月19日 | 日記

先日、お邪魔したお宅で可愛い物を見たのです。
目の保養になりました。



陶器で出来ている入れ物のフタ部分の猫ちゃん達!
ネコ好きじゃなくても感激だよね。



全員違う顔だよ。



有名なところの物らしいです。

そのお宅にはまだまだ可愛いものがあったのです。



コーヒーカップ。



こちらも色合いが良いよねぇ。

可愛いものは気持ちが和むね







コメント

健康ノート。

2021年01月18日 | 日記

何度かやっても途中で挫折していたけれど、
今回、不思議と続いているのです。

家にいることが多いので時間があるからなのか
そういう年齢なのかは不明ですが、続けていきたいです。

朝のルーティンに体温や血圧を測ったりしてノートに
つけています。



昨年の5月頃から真面目に始めたのですが、
最初は大したものは書いていなかったけれど、
今年から毎日体重を測る事を決心して(ずっと避けていた)
項目も増えました。






体温低い
基礎代謝悪いのだろうねぇ〜。。。

日付、天気、体温、血圧、体重、体操、便、体調、ひとこと。これらを書いている。

出来ることしか出来ないもんね。当たり前だけど

それにしても、知らないうちに
体重が増えていて
現実逃避していてはいけないと思った次第です










コメント

再び 稲垣えみ子氏。

2021年01月17日 | 日記

生活クラブの『生活と自治』1月号

注目している元朝日新聞記者の稲垣みえ子さんの連載3回目の記事。



彼女のようには『暮らしを小さくしていく』生活は自分には出来ないけれど、
(ガス契約や冷蔵庫もないというかなり小さい生活)
でも、記事を読んでいると『言っている事』と『やっている事』が
ぴったりと合っていて清々しい感じがするのです。







自分が出来ているから人を責めるという姿勢もなく
こんな風に生活が出来たら良いだろうなと人の心を動かすものがあるのです。

国のトップの言葉が全然その国民に響いてこないのとは
反対に、読んだ後考えされられたな。

人生の生活を下っていく年齢だもんね。
色々な意味で小さくしていく必要があるわね。














コメント

IKEAのカーテン。

2021年01月16日 | 日記

今日、札幌は比較的暖かです。プラスの6度もあります!

また明日からマイナスワールドになるので
気になっている事をやろうと思った朝ですが。。。

気になっている事。その1.

ゲスト部屋へ行く階段に窓があるのですが、
レースがかけているだけです。
夏は暖かいのですが、真冬ともなると
その辺りから冷気が入ってきて寒い。



そこで、カーテンをつけようと思いました。

IKEAのカーテンは天井から床まであるタイプがほとんどで
かなり長いのです。
日本のカーテンはほぼ窓だけタイプが多いですよね。



海外の室内インテリアのカッコよさは、そのカーテンのつけ方もあると思うな。

と妄想しているうちは良かったけれど、
階段部分の為、作業が出来るか不安。

ゲゲゲ、下を見ると。



失敗するとこの階段に落ちるのだ。

カーテンと言ってもネジをつけて
それに長い棒をのっけるだけのものを想定しているのだけどね。それも自力で。




ここのレースが付いている場所より高いところにカーテンの棒を付けたい。



カーテンかなり長いので、上からでちょうどいい感じ。

でも、下から見ると、落ちた時の衝撃がひどそう。



それも、ネジを取り付けるにはゲスト部屋の窓から出て
屋根を通ってこちらの窓から作業しなくてはならないのだ。

ちょっと試しに長靴履いて(屋根にも雪)窓から窓へ行ってみた。
でも屋根も滑るし、手も届きそうにないなと思う。(どんどん弱気)

午前中の暖かい陽の光の中、屋根と部屋と階段を行ったり来たりして
『やっぱりやめよう。』という結論に達した。

カーテンもろとも落っこちて腰でも強打して
寝たきりになりたくないし。極力、危険なことはしないでおこう。
今、そんなことで救急車要請したら申し訳ないもんね。

日々、自分の出来ることが少なくなるけれど、
それを違う形でする事を考えるのが面白いね

また何か考えます。










コメント

手紙。

2021年01月13日 | 日記

多分、もう随分前から色々な所で出ているので見たことが
あると思いますが、再び読み返すと本当だなぁと思います。

『コロナウイルスから人類への手紙』

Coronavirus Letter To Humanity

The earth whispered but you did not hear.
The earth spoke but you did not listen
The earth screamed but you turned her off.
And so, I was born…
I was not born to punish you …
I was born to awaken you …
The earth cried out for help…
Massive flooding. But you didn’t listen.
Burning fires. But you didn’t listen.
Strong hurricanes. But you didn’t listen.
Terrifying Tornadoes. But you didn’t listen.
You still don’t listen to the earth when.
Ocean animals are dying due to pollutants in the waters.
Glaciers melting at an alarming rate.
Severe drought.
You didn’t listen to how much negativity the earth is receiving.
Non-stop wars.
Non-stop greed.
You just kept going on with your life …
No matter how much hate there was …
No matter how many killings daily …
It was more important to get that latest iPhone than worry about what the earth was trying to tell you …
But now I am here.
And I’ve made the world stop on its tracks.
I’ve made YOU finally listen.
I’ve made you take refuge.
I’ve made you stop thinking about materialistic things …
Now you are like the earth…
You are only worried about YOUR survival.
How does that feel?
I give you fever … as the fires burn on earth.
I give you respiratory issues … as pollution fill the earth air.
I give you weakness as the earth weakens every day.
I took away your comforts …
Your outings.
The things you would use to forget about the planet and its pain.
And I made the world stop…
And now…
China has better air quality … Skies are clear blue because factories are not spewing pollution unto the earth’s air.
The water in Venice is clean and dolphins are being seen. Because the gondola boats that pollute the water are not being used.
YOU are having to take time to reflect on what is important in your life.
Again, I am not here to punish you … I am here to Awaken you…
When all this is over and I am gone… Please remember these moments …
Listen to the earth.
Listen to your soul.
Stop Polluting the earth.
Stop Fighting among each other.
Stop caring about materialistic things.
And start loving your neighbors.
Start caring about the earth and all its creatures.
Start believing in a Creator.
Because next time I may come back even stronger….

Signed,

Coronavirus

(Written by: Vivienne R Reich)



コロナウイルスから人類への手紙

地球は囁いたけれど、あなたには聞こえなかった。
地球は話したけれど、あなたは聞かなかった。
地球は叫んだけれど、あなたは聞くことを拒んだ。
それで、私は生まれた・・・
私はあなたを罰するために生まれたのではない・・・
私はあなたの目を覚ますために生まれた・・・
地球は助けを求めて叫んだ・・・
大規模な洪水。でもあなたは聞かなかった。
厳酷な火災。でもあなたは聞かなかった。
猛烈なハリケーン。でもあなたは聞かなかった。
恐ろしい竜巻。でもあなたは聞かなかった。
海の生き物が、水中の汚染物質によって死んでいっている。
異常な速さで溶けていっている氷河。
厳しい干ばつ。
それでもまだ、あなたは地球の声を聞こうとしない。
どれだけ地球がひどい扱いを受けているのか、あなたは聞こうとしなかった。
次々と続く戦争。
次々と続く貪欲。
あなたはただ自分の生活を続けるだけだった・・・
どれだけ憎しみがあろうが・・・
毎日どれだけ殺害があろうが・・・
地球があなたに伝えようとしていることを心配するより、最新のiPhoneを手に入れることのほうがもっと大事だった。
だけど今ここに、私がいる。
そして、私は世界を一気にストップさせた。
やっと私はあなたに耳を傾けさせた。
私はあなたに庇護を求めさせた。
私はあなたが物質本位に考えるのをやめさせた・・・
今、あなたは地球のようになっている・・・
あなたはただ自分が生き残れるか心配しているだけだ。
どう感じますか?
私はあなたに熱を与える。地球で起きる火災のように・・・
私はあなたに呼吸器障害を与える。地球の大気汚染のように・・・
私はあなたに衰弱を与える、地球が日に日に衰弱していっているように。
私はあなたの安楽を奪った・・・
あなたの外出。
あなたが使う、地球のことや、地球が感じている痛みのことを忘れさせるような物。
そして私は世界をストップさせた・・・
そして今・・・
中国の大気質が改善した・・・工場が地球の大気に汚染を吐き出さなくなったことにより、空が澄んだ青色だ。
ベニスの水が澄んでイルカが見られる。水を汚染するゴンドラを使っていないからだ。
あなたは時間をとって自分の人生で何か大切なのか深く考えなければならなくなっている。
もう一度言う。私はあなたを罰しているのではない・・・私はあなたの目を覚まさせるために来たのだ・・・
これが全て終わり私がいなくなったら・・・どうかこれらの時を忘れないように・・・
地球の声を聞きなさい。
あなたの魂の声を聞きなさい。
地球を汚染するのをやめなさい。
鬩ぎ合いをやめなさい。 
物質的なものに関心を持つのをやめなさい。
そして、あなたの隣人を愛し始めなさい。
地球と、その全ての生き物を大切にし始めなさい。
創造神を信じ始めなさい。
なぜなら、次の時には、私はもっと強力になって帰ってくるかもしれないから・・・

コロナウイルスより

(作者:ヴィヴィアン・R・リーチ)


我家の窓ガラス。




今日も冷えてる。




コメント

40年もののトイレ。

2021年01月12日 | 日記

とうとう、トイレ壊れた。
徐々にではありますが、ヤバイなぁ〜と思いつつ
ここまで来てしまいました。

昨年、直しました。

ゲスト使うし、晴れてコロナ収束したら
ゲストに新しいトイレ使って欲しいものね。

ゲスト達よく使ってくれていました。

今もAirBnB(おうち民泊)は開けているのですが、
如何せん海外からゲストが来ないし、日本人も
動かないので予約が入って来ない状態です



壁。すぐ拭き取れる物にしたかったけど値段が高くて結局クロスです。





床は偽コルク。



今は辛抱して、将来に向けて
自分が出来ることをするしかないもんね

テレビで街の人のインタビューでも
『我慢』『辛抱』の言葉多いよね。

でも、自分一人だけじゃないし、世界中が大変だもん。

『コロナ状況の意味』考えるチャンスなのだ。私にとっては。

状況だけ見て落ち込むよりも
何にでも意味のあることと捉えて
今、やれる事をやりたいのだ。と一応は思う。

でもねぇ〜私の場合。1番の敵は 『lazy・面倒くさがり』
すぐに現実逃避してアマゾンプライムに逃げるのだ

ずっと、海外ドラマ見て過ごしていた年末年始。
反省します。







コメント

切り干しの季節。

2021年01月11日 | きまま舎の朝食

冬はこの季節。

昨年、大根頂くことが多くて
切り干し製造工場の様になった。





写メは少なめですが、
かなりの量を作った。

加湿器のお手入れが面倒で極力洗濯物などを干して
ひたすら湿度40パーセント以上を目指しています。

だまって放って置くと20%になってしまう冬。
ストーブガンガン焚いているからね。

だから、干すものが必要なのです。

話は飛びますが。。

以前、炭水化物一切食べない友の家にお邪魔した時
出してくれたお茶とお菓子。



ナッツとチョコとリンゴのワイン煮。
参考になりました。


















コメント

手芸の友 遠方より来たる。

2021年01月09日 | 日記

『また今度ね!』の解釈は難しいよね。

単なる社交辞令か、本当に気持ちがあるのか。

12月。
ずっとご無沙汰していた手芸の友からラインが来た。
文章の最後が『今度、会いたいわね!』だったから
ダメ元で日にちを提案したら
即、会える事になった。

最近作ったもので話に花が咲いたわ。


彼女のもの。



私のもの。作成途中。

手芸の他。彼女が作って来てくれた。

お豆のご飯。


一見ローストビーフに見えるけれど、赤カブ漬け。



シフォンケーキも!

楽しく二人で食事した。



忘れないでいてくれるのは嬉しいね















コメント

完成したもの。

2021年01月07日 | 日記
以前も出したけれど、



詳しく見ると、こんな感じ。


ボタンとシュシュで。閉める時はシュシュをねじって。
とにかく、自宅にある手芸素材などを減らしたいし、
物を増やしたくないので、今あるものを極力使いたいのだ。




先日のバッグの面。考えた割には地味な仕上がりだった。



バッグの裏。



カーデイガンからマフラーと腕につけるもの作って完成した。





何かわからないでしょうが、スヌードに。セーターをジャキジャキ切って。
コレを適当にぶっとい首にねじって巻くと良い感じになるのです。




1月の玄関入ったらこんな感じ。






そんな訳で、stay home してガラクタ作っていると
昨年12月は久しぶりに手芸の友が家を訪問してくれた。ヤッホー

それはまたこの次に。

寒いけれど、皆さまお元気で

コメント

今年も5枚。年賀状。

2021年01月06日 | 日記

毎年、見捨てる事なく年賀状をくださる方達を
『一生の友』と認定しました

5枚のうち2枚だったか3枚だったか
切手が当たった年もあったしね。そこかい!



初めに3枚来た。

その中で『じっと待っていつかまた会いましょう。』という言葉にグッときたね。
本当ね。今はじっと待つ時なのね。
1.子供が川和保育園時代の母友。

2.子供がホッケーをやっていた時の母友。

3.横浜で同じ団地の1階と5階だった同郷の友。

次に2枚来た。



4.中学高校大学まで同じ旧友。

5.信仰の友。



ここでも
『わたしたちはあなたを待ち望みます。』

今年は希望を持って待ち望む事とします

(年賀状少ないけれど)
全てにおいてわたしに必要なだけいつも用意される事に感謝










コメント