お笑いライブに行きました

お笑いライブに行きました

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マイルド睦会

2018年11月01日 | お笑い
『マイルド睦会』(ラスタ原宿)

三浦マイルドを“おじき”と慕うマイルド軍団達による楽しいネタライブ。
おもしろくて下ネタもキワモノネタもひどくて、ここがオシャレスポット原宿である事が信じられない。
デスペラードは国際問題勃発必須の過激時事漫才で、ここが一歩外に出たら外国人観光客たくさんの原宿である事が信じられない。
よしもと辞めたのかなと思った。

錦鯉はウケ方が尋常じゃなかった。

毛生え治療薬を何粒も飲み見事にボーボーになってきたマイルドさん。
マイルド軍団であっても久しぶりに会い、そのファサファサの頭頂部と対面すると
「生えてる!」といじらずにはいられないそう。
薄毛でも生えてもいじられるわと話すマイルドさんだが、白髪いじりはNGだそう。
おもんないからだって。

バースデーのノリでマッハスピード豪速球が結成記念日を祝われていた。
コメント

錦鯉が2人でトークするライブ

2018年10月31日 | トークライブ
『錦鯉が二人でトークするライブ』(中野Vスタジオ)

今月も直前に発表になった錦鯉のトークライブ。
ホームのびーちぶが人気で夜枠がおさえられない為
開催が確定するのがギリギリになってしまうそう。
思い切って野外で開催してみようかと言っていた。

早朝からの市場の野菜の仕分けバイトで腰に痛みを抱えている隆さん。
隆さん程でも肉体労働のバイトをしないといけないのか。
ただ、隆さん曰く「俺がいないと東京の東側のスーパーに野菜が届かない」と言う。
東京の右側のビタミンは隆さんが支えている。立派な仕事だ。

今日は世田谷から中野まで時間がなかったので、漫才衣装の白スーツのまま移動してきたと話すまさのりさん。
ハロウィンとはいえホストじゃないのに白スーツの初老おじさんは目立ってしまい視線を強く感じたそう。
だから舞台でもプライベートでも全く同じ格好をしているザコシショウやカズレーザーは凄いと話していた。
一目で本人だとわかってしまうので、やましい事が一切できないんだよ!と力説していた。
エロ本の立読みだってできないんだよ!と力説していた。
しかし隆さんからしたらまさのりさんの無頓着すぎる普段着の方が大問題だそう。
どんな洋服でも、もらったらそのまま着用してしまうので
ビックサイズのTシャツはワンピースのようになってしまったり奇才のようなアバンギャルドな着こなしになってしまう。
でもまさのりさんは全然気にせず平気な顔をしているとか。

まさのりさんはソニーから貰う余ったアイドルグッズTシャツも気にせずそのまま着てしまうから
「僕もファンなんですよ」とTシャツのアイドルファンに頻繁に話しかけられるが
「わかんないんですよ」と答えてはがっかりされる日々だそう。

M-1の3回戦でバカウケしたういろうプリン。
するとういろうプリン丸山さんはもう出番が終わったのに翌日も衣装をしっかり着てルミネに入りこみ
まるで昨日の自分達の大爆笑を噛み締めるかのごとく舞台袖でずっと見学していたのだそう。
丸山さんはそんな人じゃなかったのにM-1は人を狂わせる怖い話として話していた。
自分がエントリーしていなくても敗退していても
全賞レースの予選を見学している馬鹿よ貴方は新道さんは、ナチュラルにヤバいんだなと改めて実感。

M-1狂と言ったらの川瀬名人はM-1に集中するために他のバラエティ出演を控えたり有ジェネを降板したり堂々とツイッターに闇漫才を書き込んだり
優勝したら賞金ははらちゃんに全額渡すと話しているし
M-1は魔物だ。
コメント

M-1 2018 2回戦

2018年10月05日 | M-1、R-1、賞レース
M-1の2回戦に少しだけ行った。
今日はさながら女芸人デイ。
メルヘン須長さんが今日はコンビとして稼働していて相変わらず芸達者だった。
なんとなく空気が重い中、カナメストーンが力技で笑わせていた。
翳りゆく部屋もおもしろかった。
久しぶりに見た馬稼業永田さんが年相応に年齢を重ねていた。
未だにスパナペンチのイメージが抜けない。

森田まさのり先生のコンビの漫画家がめちゃめちゃウケていた。
しゃべくりぼやき漫才で師匠クラスだった。
森田先生達は客席にも降臨して、関係者の方々に囲まれていた。
コメント

新道竜巳の喋喋喋る虹の黄昏

2018年10月04日 | トークライブ
『新道竜巳の喋喋喋る』

馬鹿よ貴方はの後夜祭を追放された方、新道さんが毎週開催しているトークライブ、ゲストは虹の黄昏。
虹の黄昏の得意なアクションではなくトークライブなので、
かまぼこさんも野沢さんも毎回心配になるという。
なので今日はしっかり衣装を着て、いつもの行くしかないっしょーテンションで登場。
だが今度は、衣装を着たら逆にもうそれだけで安心してトークは何も考えてこなかったという。

虹の黄昏は、明日はM-1の2回戦。
もしも今日、バカウケのくだりがあったら明日やろうと前向き。
今年の虹の黄昏は一味違うという。
「今年は服着てるから」
なんと虹の黄昏なのに上裸じゃないそう。
それに今までは登場とともに「マイク邪魔ー」と蹴り上げていたマイクも、ちゃんとセンターにキープされているそうだ。

後半では虹の黄昏を尊敬してやまない若手芸人が登場し、憧れの虹の黄昏の前でネタ披露。
虹の黄昏師匠からの評価も上々で「お客様の期待に応えて笑いを取ると客は離れていくから」と、前代未聞のアドバイスをしていた。
だからかまぼこさんのあんなボケやこんなボケはすべて、あえてお客様を笑わせないためらしい。
コメント

M-1 2018 2回戦

2018年10月04日 | M-1、R-1、賞レース
M-1グランプリ2018 2回戦に少しだけ行った。
ドドんじゃないお坊さんの観音日和、愛おしくないソレイユがウケていて、
虹孔雀で盛り上がったまま猫塾が登場し田辺さんはマドンナのようだった。
おったんは見事な演技をしていたし、それ以上にレインボーはお芝居をしていた。
フルフロンタルは立派にグループのトリを飾っていた。

サツマカワRPGとYes!アキトとどんぐりたけしの問題のトリオ、怪奇!YesどんぐりRPGは
「審査し辛い組が続きます」と叫んでいた通り、奇声と嬌声とギャグ、R-1の調整をしていたのかな。

ズンポイはニコニコと「休憩タイムだと思ってください」と言っていた。ただの気のいい兄ちゃん2人。
数字ボケの難しさを実感。

ふみつけ大将軍の2人が登場すると見事に客席がざわついていた。
落武者かブルーシーターか、元来どちらを見たらよいのか困るふみつけ大将軍。
M-1の舞台じゃ明るすぎる。
しかし、その後ぐんぐんウケるふみつけ大将軍。
M-1の舞台で輝いていた。

平日の昼に雨の中、まだ予選の2回戦なのに客席は満員。
アルピー平子さんが出番の冒頭で平子ってた。
酒井さん「すぐ余計なこと言うんだから」

雨の平日の昼でまだ予選の2回戦なのに超人気芸人の日なのですぐに当日券が完売してしまい、
会場外の階段には長い行列ができていた。
帰るお客様がいれば、並んでいるお客様が入場できる。
そんな難しい客席の状況を伝説のお手伝い芸人相原慎吾さんをも超えるスーパースタッフがさばいていた。
でも今日は松竹のアリアナグランデだけ覚えて帰った。
コメント

ヨイショマンのぽかぽか火曜日ライブ

2018年10月02日 | お笑い
『ヨイショマンのぽかぽか火曜日ライブ』(大宮ラクーンよしもと劇場)

開演前から無料のロビー公演があっめ見とれていると開場を見逃してしまいそうなヨイショマンヒーローショー。
ヒーローショーの体をとっているが実はコーナーライブなので
回を重ねる毎にちびっ子のお客様は減っていく一方のキッズの泣き声響き渡るヒーローショーライブ。

ヨイショマンをさらにヨイショするデブデブ星人やサンマ丸飲み星人など、みんなイキイキしていた。
そしてコーナーライブでもありキャラがのっかってもいるので、コマンダンテは終始顔を赤らめている。
まさかコマンダンテが東京進出して上裸でダンスをする事になるとは思っていなかっただろう。
東京進出と言っても実はここは大宮、まだ埼玉。
大阪から新幹線で来て、乗り換えを間違えて大宮で降車しちゃったんだろうね。
まさか大阪芸人の東京進出を阻むのが大宮とは。
GAGだっていくらファイナリストになったって、未だに大宮の壁を越えられていない。

シアターDが閉館しモリエールもよしもと若手ライブではあまり使用されなくなり、もう絶滅してしまったかと思われていたジェスチャーゲームが
大宮で生き残っていた。
今夜のライブもジェスチャーゲームが大盛り上がり。
芸人あるあるジェスチャーゲームが最高だった。
今日もヨイショマンがキッズに泣かれてしまうのも当然な、楽しいコーナーライブだった。
コメント

アイパーの編み物教室を暖かく見守る会

2018年10月02日 | おでかけ
『アイパーの編み物教室を暖かく見守る会』

ドスケースからカレーの材料のお野菜ケースまで、何でも編む編み物芸人アイパー滝沢さんが
平日の昼下がりに有楽町のマルイで編み物教室を開催。
それを日替わりで見守る芸人仲間たち。
今回の見守り芸人は、KOCファイナリストのマヂラブ。

アイパー先生のたくさんの作品も展示販売されているが
昨日の見守り芸人やさしいズの回では、参加者が圧倒的やさしいズ目当てのお客様だったので自慢の作品をあんまり見てくれなくて
悲しい思いをしたそう。

そう、お気付きの通り。アイパー先生の編み物教室の見守り芸人の豪華ラインナップ。
確実にKOC効果である。
あくまでハナコは事務所が違うから呼べなかっただけだと主張するアイパー先生。
さらにはマヂラブに対して「M-1の調整も今ココでしていいよ」との好待遇。
すると「だったら今すぐ帰らせてくれ」「KOC効果、コレと耳愛撫だけだわ」「優勝してたら有楽町のマルイの8階来ないわ」
ファイナリストは言う事が違う。

マルイの名札にもしっかりアイパー滝沢と記載され、今日はよしもとアートエンタテインメントのアイパー先生。
丁寧に指編みを教えてくれる。
もちろん見守り芸人マヂラブも一緒に編んで器用にヘアバンドを完成させていた。

お手製のヘアバンドを装着しハンドメイドゴッドとなった野田くん。
早々とヘアバンドを完成させアイパーから「もっと作ってよ」と勧められた村上さんは
「イヤ1個を大切にしたいんで」と固辞。
お手製の毛糸のヘアバンドをずっと着けていたので「痒くなってきた」と頭を振る野田くん。
「作って持って帰ってどうすんの」と最もな事を言う村上さん。
できたてホヤホヤの手作りヘアバンドを何の躊躇もなく簡単に参加者にあげちゃうマヂラブの2人。

このようなマヂラブの見事な見守りとアイパー先生の丁寧な指導、和気藹々とした雰囲気で
楽しいワークショップだった。
コメント

ロリィタ族。の産みたいライブ

2018年09月23日 | トークライブ
『ロリィタ族。の産みたいライブ』

出産直前ロリィタ族。のライブの最終回。
パパ芸人ママ芸人をゲストで招き続けたかったそうだが、親しいママ芸人がORIEさんゆみみさんで尽きてしまった為に
最後のゲストはお友達のかぎしっぽさちさん。

赤ちゃんは女の子の予定のろりこさん。
お笑い芸人にはしたくないと言いながらも、
夫のウルフさん似の顔だったらおもしろいから悩むなと話していた。
だからさちさんに、もしも子供がブサイクだったらちゃんと言ってねとお願いしていた。
そして私の子供だからどうせ芸人と付き合うんだろうなと、はやくも親の顔をのぞかせていた。

昨年の忘年会に藤井ペイジさんが子連れで出席した時に、ろりこさんが「いないいない〜元カノ〜」とあやしたら
藤井ペイジJr.はちゃんと笑ってくれたそう。

ウルフさんは出産予定日の約一週間前のハロウィンに渋谷で単独ライブを行うそう。
もういつうまれるかわからない時期に単独なんて
芸人としてのヤル気もわかるが何かあったらどうするんだろうも怒れるろりこさん。

先日、せつこさんと一緒にお互い夫が出演するグレープカンパニーのライブを見に行ったという。
お笑い梨園の妻たち。

マリアのゆみみさんは早々と復帰。
中村愛ちゃんが先日出産し、危険物てぃらてぃら早川さんの子供も同学年になる予定らしい。
ろりこさん自身はいつ復帰をしようかまだ悩んでいるそう。
だが、復帰して激戦区の小金井で子供を預けて
ネタ見せで滑ってダメ出しされるなんて誰も得しないと語っていた。

お子様の名前は大体決めているが、画数はあまり気にしていないというろりこさん。
だって、何回も改名しているかんちゃまが全然売れていないから。
かんちゃまが売れない限り、画数なんて意味ないんじゃないかと思ってしまっているそう。
コメント

HRS3

2018年09月21日 | お笑い
『HRS3』(千川びーちぶ)

三浦マイルドズンズンポイポイなにわプラッチックとお笑い芸人
腕に覚えありおもしろ4組のライブ。
夜10時の千川びーちぶは今日も満席。
明日のKOCを大喜利でいじったり、M-1の季節だしさすがのズンポイも漫才をちゃんとやるのかと思ったら
安定の全然ちゃんとしていない漫才とコントだった。

マイルドさんの実録日高屋危機一髪の話は、どの角度から聞いてもマイルドさんのクレイジーさが溢れ出ていておもしろかった。

今日も事務所に内緒で出演しているから名前を言ってはいけないお笑い芸人がおもしろかった。
名前を言ってはいけないお笑い芸人は明後日のライブの告知もしていたが
それももちろん闇ライブなのでチラシには似顔絵が描いてあるだけに留まっているそう。
つくづく名前を言ってはいけないお笑い芸人のファンの方は追い掛けるのが大変そうだなぁと思った。
コメント

新道竜巳の笑えない話

2018年09月21日 | トークライブ
『新道竜巳の笑えない話』(阿佐ヶ谷アートスペースプロット)

お笑いが好きすぎるお笑い芸人の馬鹿よ貴方は新道さん
なんとルミネの通常公演の出演者までチェックしているという。
エル・カブキ上田さん「まだ見てるの⁇」
新道さん「これからも見るよ」
だからラスタに足繁く通うのも当たり前、なのに一向にラスタからのオファーはないという。
ラスタに出演する方法がわからないと告白していた。

KOC決勝の実況配信が迫る新道さん。
賞レースのウケの話になり、だーりんずの童貞のネタはライブではちゃんとウケていたのに
KOC決勝になった途端にあんな事になったと観覧のお客様と劇場のお客様の違いを話していた。

デロリアン林さんはファラオさんから明後日ピューロランドに誘われていたが仕事のため断ったそう。

後夜祭最下位の罰ゲームでは、あまりにもプロレスのできない新道さんに対して
生放送終了直後にライガーさんの方が気を遣ってしっかりフォローをしてくれたという。
「俺達のライガーに何させてんだよ」と怒るエル上田さんだった。

新道さんもエル上田さんも、ついつい人の顔を曇らす事ばかり言って、たとえ相手が少し苦笑いをしただけでもウケたと感じてしまうそう。
新道さんが、THE W小道具騒動直後の友近に「来年も出るんですか⁇」と無粋に聞いて「出る訳あるかッ」と返されたという話なんか
これを顕著に示している。
しかも友近とは全然面識がないというところがお笑いサイコ度倍増。

マセキにはかつては打ち上げや飲み会にもルールがあったという話をエル・カブキから聞き、
移籍した事務所がマセキじゃなくて良かったと安堵する新道さんだった。
遅刻どうこうなんて話にならない。
コメント

村上ショージ独演会

2018年09月20日 | トークライブ
『村上ショージ独演会第122章』(ルミネtheよしもと)

アイドル吉本坂46メンバーの村上ショージさんの毎月恒例ワンコインライブ。
ゲストしずる目当てで来たと挙手したお客様が5名だったのでニヤニヤしているショージさん。
前回の独演会は、ゲストが今旬の千鳥で満席だったとしずるに追い打ちをかける。
しかしショージさんは、未だにしずるとジャルジャルの区別がつかないと白状していた。

目前に迫ったKOCのシルエットのヤツをモニターに映して「もう出てるやん」「どこがシークレットなん」としずるに追求する。
決して口を割らないしずる「このシルエットがファイナリストとは言ってないですよ」
しかしショージさんは笑いに点数なんかつけたらアカンとプロの流儀をかっこよく語っていた。
しかしよく聞いてみると、ある年のR-1で2回戦落ちしておきながら、なぜか3回戦の審査員を務めたという。
さすがに2回戦敗退の自分が審査員は良くないとも思ったそうだが
審査は得意だしギャラをいただけるなら頑張ると
恥を忍んで審査員を務めたそう。

スベったらまだ汗出るか⁇と、
もう客席が無音でも大爆笑でも不感症、現役舞台芸人を続けていくうちに進化した体質を話していた。
さらに、齢63にもなってみいや、早よ帰って寝たいねん、毎日明日なんかいい事あったらええなと思てんねんと
人生のモチベーションも話していた。
コメント

東洋館でフルーツあるある

2018年09月20日 | お笑い
東洋館で桐野安生さんの出番を見た。
浅草、老舗、平日、昼、老齢のお客様を中心とした客席にぶち込まれたフルーツあるあるは、お見舞いフルーツあるあるからスタート。

舞台袖や客席後方からも魔族や他の芸人が見守る中
一発目のバナナあるあるで客席の反応を伺う間もなくいきなりの寄り目。
そして東洋館に響き渡るは桐野さんの
「あるあるー」
の声のみ。からのUFO襲来フルーツあるある。
そして思い出したかのように寄り目。
決して客席には迎合しない、超攻撃的フルーツあるあるが続く。

浅草東洋館に響き渡る、説明省略問答無用怒涛のフルーツあるある。
なんと遂に、拍手笑いが起きた。
桐野さんの事は絶対に知らないであろうおじいちゃん達も楽しそうに笑っている。
だがそこは桐野さん、何度も音楽と自分のセリフが被ってしまい、拍手笑いの良い空気終了。

気付けば「もう意味わかんないですね」と言いながら去っていく桐野さん。
誰も信じてくれないだろうが、あっという間の10分間の出番だった。
コメント

THE W対策ライブ2日目

2018年09月14日 | お笑い
『THE W対策ライブ2日目』(千川びーちぶ)

THE Wアンバサダー、ひいては全女芸人のお兄ちゃん的存在を勝手に自称している
馬鹿よ貴方は新道さん主催のネタライブ。
自身が現役のプロのお笑い芸人でファイナリストでありながら
エントリーライブに出演したり賞レースは1回戦から見学したり学生芸人のライブにまで足を運び数々のライブも主催している新道さんなのに
未だにラスタは顔パスにならないそう。

対策ライブ1日目同様、新道さんは客席最前列に座り全組のネタをじっくり見て感想やダメ出しを行う。
女芸人を満遍なく愛そうとつとめている新道さんだが
やっぱり可愛いまかりなとのトークではどんどん近付いてしまうし。
マリアには衣装がうるさい、から始まり悪口の応酬合戦となってしまう。
決してマリアの2人には近付かないですごく離れたところから言い合いをしている。
さっきまでの接近とは大違い、対応の差が顕著。

ムシャムシャから始まるグループは、全組とてもおもしろかった。ガール座がよかった。
アイドルとりちゃんは目にする度に腕を上げている。
チェキも物販も売り上げが下がってきているが、アイドルイベントではトリをつとめているというのも納得の盛り上げだ。
あっぱれ婦人会木下さんは結婚生活15年この度晴れて離婚をしたそうで、個人の芸名も旧姓に戻すとか。
コメント

THE W対策ライブ1日目

2018年09月10日 | お笑い
『THE W対策ライブ1日目』(千川びーちぶ)

全ての女芸人を愛してやまない馬鹿よ貴方は新道さんの主催、その名の通りTHE W対策ライブ。
女芸人を愛してやまない新道さんの主催ライブなだけあって、平日の昼に千川で開催という
出演する女芸人にとってもお客様にとっても、何より遅刻魔の新道さんにとっても挑発的な時間と場所
それが2日も催される。

昨年から始まったTHE Wの予選は男性客がほとんど、だったら最初から女芸人限定でTHE W対策ライブと銘打って予選本番に近い客層の前でネタをさせてあげたいという新道さんの女芸人への溢れる愛で誕生したライブだそう。
遅刻王で女芸人の連載以外の締切は守らない新道さんが、今日は午前10時には会場のびーちぶに到着していたというのだから愛の力って凄い。
寝坊で遅刻して当初の出番を飛ばしたまるゆかさんを怒ることもしない慈悲深さ。
さらには新道さんが最前列に座り全女芸人のネタをしっかり見て感想やダメ出しをする愛が止まらないスタイル。

先日新道さんが主催した女芸人フェスは
新道さんの女芸人全員と仲良くなりたいという本心が抑えきれず
全女芸人とちゃんと絡んだ為に、ライブが4時間にも及んでしまったそうだが、
この調子ではきっと今日もベン・ハー並の大長編が予想される。
ただ、このプロの新道さんのダメ出しがあるのが良かった。銀座ポップさんいじりまではさみこんでいた。

まとばゆうさんは才能の無駄遣いに磨きがかかっていた。
クラシックの名曲だというラ・カンパネラを演奏していたが、原曲がわかる人間がここには何人いたのだろうか。
石井てる美さんは相変わらず芸達者で、有り余る技術でなぜか根菜キャバレーのKittanさんが喋り始めるとBGMとして弾き始めてしまっていた。
根菜キャバレーは今日がまだ3回目の漫才なんですと力説するKittanさん。
M-1も根菜キャバレーでエントリーしているそうで、ヒルトヨルよりは可能性あるでしょと明るい。
ゆーびーむ☆さんは以前新道さんからのライブオファーを断る時
断り文句として私を1番に誘ってくれなきゃと伝えたそう。
文字通りに真に受けてしまった新道さんは今回このライブのオファーを真っ先にゆーびーむ☆さんにしたという。
こういうのが男心と女心のすれ違いかと思った。
コメント

プラチナライブ

2018年09月05日 | お笑い
『プラチナライブ』(新宿バティオス)

超いぶし銀メンバーのライブ。
虹の黄昏でさえ、薄い薄い。フライデーナイトライブのような激渋なメンツ。
続々登場する中堅アウトロー芸人を客席後方から見学する出番を終えた芸人達が
誰よりも楽しそうに舞台を観ていた。
東京ペールワン米粒写経錦鯉と怒涛の漫才が終了すると
「あー笑った」「全部おもしろかったー」と口々に言いながら、急いでエンディングの為に舞台に戻って行っていた。

名だたる先輩を前にエル・カブキのエル上田さんは「もっと噛み付いていかないとって思いました」と決意を新たにして、
いつも通り嫌いな先輩芸人のダメなところを話してウケていた。
なぜかホタテーズも嫌いな先輩芸人のノリに同調しなくてはいけなくなって、やっぱりウケていた。

三浦マイルドさんもバカウケだった。
アメトーーク!見てくれたお客様⁇とマイルドさんが客席に聞いたところ
視聴したお客様は半分くらい。
「高視聴率番組と聞いてますけど」と困惑するマイルドさん。思わず
「アメトーーク!も見ないでこんなライブに来てるなんて、みなさま活動家の方ですか⁇」と聞いていた。
たしかに早帰りの水曜日にこんな地下最強ライブに足を運ぶお客様は、アメトーーク!は見ないよ。
マイルドさん自身こそ、悲しきチャンピオン芸人オンタイムの時は、東京の僻地千川の地下劇場で地下ライブに出演中だったのだから。

こんなにもメインストリートなんてくそくらえなメンバーで
NO倫理の反社会的なネタばかりのこのライブを、完熟フレッシュが観に来ていた。
夜遅くまでなんて勉強熱心なレイラちゃんなんだろうと思ったけど
ナベで超大手のガストのCMにだって出演しているレイラちゃんは絶対に参考にしちゃダメな芸風ばかりだ。
真逆の芸人達だよ。
コメント