英語と書評 de 海馬之玄関

KABU&元KABUのブログ
#welovegoo

海外報道紹介☆北朝鮮に対する国連制裁決議とその背景(中)

2009年06月15日 13時14分29秒 | 英字新聞と英語の雑誌から(~2010年)


But the authority of the council's move was mitigated by its unwillingness to use force to ensure compliance, or to impose a comprehensive economic blockade that would severely curtail a boom in North Korean trade, particularly with China. "This is not a trade embargo," Britain's deputy U.N. ambassador, Philip Parham, said shortly before the vote.

In a sign of its reluctance to cut off Pyongyang, Beijing insisted that today's resolution include an exemption from an arms embargo that allows China to sell Pyongyang small arms and light weapons, including the signature AK-47 used by North Korea's giant military, according to council diplomats.


安保理の処置の権威は、しかし、決議の遵守を確実にするための武力の行使や包括的な経済封鎖にまでは踏み込まなかったことにより毀損されている。而して、北朝鮮の経済封鎖は、最近上昇していた北朝鮮を巡る貿易、就中、支那と北朝鮮間の貿易を決定的に低下させるものになっていたものと思われる。実際、決議採択の直後に英国のフィリップ・パーハム次席大使は「この決議は禁輸措置ではない」と述べているのだから。

北朝鮮を孤立させることに積極的ではないことの一つの証左ではあるけれど、支那は今日採決された決議には武器禁輸に関する一つの免除規定が盛り込まれるべきだと主張した。安保理の会議に参加していた外交筋によれば、その免除規定によって支那は、例えば、北朝鮮の巨大な軍隊が採用しているカラシニコフ小銃に代表される小火器、ならびに、軽火器を北朝鮮に売却することを許容するものである。

◆参考資料:
“The measures in this resolution are targeted very precisely at the nuclear and missile and weapons of mass destruction programs of North Korea,” said Ambassador Philip Parham, the deputy permanent representative for Britain. “They are not intended to restrict legitimate activity and trade and should not have an adverse affect on the already hard-pressed people of North Korea.”(NYT)

「英国の国連代表部次席代表(DPR:Deputy Permanent Representative)のフィリップ・パーハム大使は「この決議に含まれている措置は北朝鮮による核とミサイル、すなわち、大量破壊兵器の開発計画に正確に焦点を当てているものだ」「而して、この決議の措置の射程は合法的な活動や貿易の制限には及ばないし、また、現在においてさえ困窮著しい状態におかれている北朝鮮の人々に不利益な効果を及ぼすものであってはならない」と述べた」



Still, the 15-nation council's unanimous condemnation of North Korea represented a diplomatic blow for North Korea, which has previously counted on China and Russia to derail U.S.-led efforts to impose sanctions on Kim Jong Il's government. ・・・

The resolution's adoption followed weeks of intensive closed-door negotiations among the Security Council's permanent members --the United States, Russia, China, France and Britain -- plus Japan and South Korea. It condemns North Korea in the "strongest terms" and demands that it cease any future nuclear or ballistic missile tests. It also demands that North Korea allow U.N. nuclear inspectors back into the country and provide them with greater access to documents, individuals and facilities linked to its most sensitive military programs.


しかし、15ヵ国が構成する安保理で全会一致の対北朝鮮非難決議が可決採択されたことは、いずれにせよ、北朝鮮に外交的なダメージを与えるものではあろう。なぜならば、北朝鮮は、対金正日体制に向けられたアメリカ主導の制裁実施の企てを横転させる上で、支那とロシアをこれまで頼りにしてきたのだから。(中略)

今回の決議採択は、安保理の常任理事国 ―― すなわち、アメリカ・ロシア・支那・フランス・英国―― および日本と韓国の間で行なわれた数週間に及ぶ集中的な非公開交渉を経てなされたものである。制裁決議は北朝鮮を「最も強い表現」で非難しており、また、北朝鮮に今後はいかなる核開発と弾道ミサイル開発ための実験を行なわないことを強く求めている。更に、当該の決議は北朝鮮に対して、国連の核査察を北朝鮮国内に再度受け入れること、而して、国連の核査察に対して、この最も機密性の高い北朝鮮の軍事計画と関連する文書・個人・施設に対する広範な接触の機会を提供するように要求している。





The resolution would restrict Pyongyang's access to international grants, financial assistance and low-interest loans. It would also reinvigorate efforts to enforce a range of sanctions imposed on North Korea after its first nuclear test in October 2006.

The resolution calls for U.N. members to inspect all shipments entering or leaving North Korea if there is a reasonable suspicion that the cargo contains banned nuclear or missile technology. Member nations would be given the right to search ships suspected of carrying banned materials on the high seas and to seize any contraband.

The resolution, however, includes important caveats, such as the need for the flag state -- the country in which a ship is registered --to approve the searches. If the flag state does not allow inspections on the high seas, it would be required to direct the ship to a nearby port for a search. But council members would not be authorized to use force to ensure that happens.


今回の制裁決議により、北朝鮮は国際的な援助金制度・金融支援制度、あるいは、低利の融資制度を利用することができなくなる。そして、2006年10月の最初の核実験の際に北朝鮮に課された一連の制裁措置を実施に移すための施策もまた今回の制裁により再活性化されることになる。

而して、同決議は国連加盟国に対して、もし、その船舶が核とミサイルに関して禁止されている技術が組み込まれている船荷を積んでいる合理的な疑いがあれば、北朝鮮を出入りしたすべての船舶を臨検するよう要請している。すなわち、国連加盟国には、禁止されている船荷を運搬している疑いのある船舶を公海上で臨検する権限、そして、そのような禁輸品を押収する権限が与えられたのである。

同決議には、しかし、重要な但書条項が含まれている。それは、例えば、臨検を行なうためには、当該の船舶の旗国―― その船舶がその国に所属する旨を登録されている国:船籍国――の同意が必要というような規定である。而して、当該船舶の旗国が公海上における臨検を拒否した場合には【逆に言えば、「旗国-船籍国」の同意を得られない場合でも】、当該船舶に対して臨検調査を受けるために近隣の港への移動を指示することがその旗国には義務づけられている。もっとも、安保理のメンバー国には、このような臨検の仕組みを担保するために武力を行使することは認められていないのではあるけれども。


◆参考資料:
この部分は「第二報」(以下、「WPST2」と記します)では次のようにリライトされています。日本では保守派内部でも今回の「安保理決議の評価」が分かれている論点であろうと思いますので、NYT記事の該当箇所と併せて紹介しておきます。

The most controversial measure calls for the inspection of North Korean cargo on the high seas if there are "reasonable grounds" to believe it contains banned military equipment. But it remained unclear how the council would compel a North Korean ship to allow such a search, since there is no provision to force compliance.

Under the terms of the resolution, the crew of a foreign vessel is permitted to board a ship suspected of transporting banned North Korean weapons or equipment only if the country where the ship is registered agrees. If not, the resolution requires that country to direct the ship to an "appropriate" port to be searched. North Korea has warned that it would consider any attempts to board its ships to be an act of war, and that it would respond with force. (WPST2)

「もし、当該の船舶が禁止されている軍事物資を運輸しているとの「合理的に根拠」がある場合には公海上で北朝鮮船舶の船荷を臨検するこの要請は最も議論が集中した措置である。而して、臨検の実施を武力によって貫徹することを許す条項は決議には含まれておらず、北朝鮮船舶に対して安保理がいかにして臨検に従わせるかは曖昧なままに置かれている。

決議の条項に基づき、【北朝鮮から見て】外国艦船の乗員は、北朝鮮製の禁輸品目に属する武器や装備を運送していると疑のある【北朝鮮船籍であるか否かにかかわらず、そのような】船舶に乗船することが許されている。けれども、この措置は臨検対象となった当該船舶が船籍を登録している国が同意した場合にのみ行なえる措置なのである。而して、もし、当該船舶の旗国が同意しない場合には、決議はその旗国に対して、問題の船舶にそこで臨検調査を受けるべく「適当な」港に向かうように指示するよう要請している。もっとも、北朝鮮は、北朝鮮の船舶に臨検のために乗船するようないかなる行為もそれは戦争の行為と看做し、そのような行為に対しては武力でもって対応する旨を警告しているのだけれども」


The compromise that was reached on weapons inspections requests that states inspect ships on the high seas. If the country where the ship is registered decided to reject an inspection in international waters, then the country would be required to direct the vessel to a nearby harbor for an inspection.

If neither happened, the episode would be reported to the Security Council’s sanctions committee. The resolution also suggests that states should cut off ”bunkering” services, like refueling, for North Korean vessels.

It was unclear how much effect that would have. First, North Korea ships significant cargo on its own vessels, and hence would likely refuse any inspection. Second, the 34-article resolution was written under provisions that do not include the use of force. (NYT)

「【今回の安保理決議採択に向けて】武器の調査・臨検に関してなされた【日米と支那との】妥協によれば、国連加盟諸国には公海上で船舶を臨検することが要請されている。もし、当該船舶が船籍を登録している国が公海上での臨検を拒否しようとする場合には、その当該船舶の旗国はその船舶に対して臨検調査のために近傍の港に向かうように支持しなければならないものとされている。

而して、いずれの事態も生じなかった場合【北朝鮮が公海上の臨検も近傍の港での臨検調査をも拒否した場合】、その出来事は安保理の制裁委員会(the Security Council’s sanctions committee)に報告されることになる。また、同決議は北朝鮮船舶に対する「燃料補給」サービスを拒否するよう加盟国に呼びかけている。

けれども、今回の制裁決議がどれほどの実効性を発揮するかどうかは未知数と言うべきだ。第一に、【日本とは異なり!!】北朝鮮はその貨物の大部分を自国の船舶を用いて行なっており、よって、北朝鮮はあらゆる臨検を拒否するだろうから。第二に、【公海上の臨検の仕組みを規定した】同決議34条には武力行使を許容する規定は含まれていないからだ」


<続く>



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
かなり真面目にブログランキングに挑戦中です。
よろしければ下記(↓)のボタンのクリックをお願いします。 

ブログランキング・にほんブログ村へ 海外ニュース部門エントリー中です♪

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


コメント   この記事についてブログを書く
« 海外報道紹介☆北朝鮮に対する... | トップ | 海外報道紹介☆北朝鮮に対する... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

英字新聞と英語の雑誌から(~2010年)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事