しまくろ日記

野良猫から飼い猫の道を選んだ「まっくす」の思い出と、増殖するジニーファミリー。「日記」というほど更新出来てません(殴〉

迷い猫?

2011年10月28日 17時19分45秒 | 日記

近所の公園に居る花太郎(元々鼻が悪かったための「ハナ太郎」でしたが、名付けた娘も「花太郎」で良いとのこと)
お魚でも咥えれば立派な「どら猫」です。


ところが外見に似ずやたら人懐っこい花太郎。
隙あらばひざに乗ろうとします。


まるでずっと昔から家族だったかのよう。


どうして野良生活を送っていたのかはわかりませんが、少なくとも近所で迷ったわけではなさそうです。
もし探している方が居ましたら、コメント欄にメッセージをお願いします。




今日もお越し戴きありがとうございます。
クリックで応援していただけると元気がでます。
にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シマ太の思い出

2011年10月21日 09時41分00秒 | 日記
シマ太との出会いは比較的最近、
今年の2月頃から我が家に食事を求めて来るようになりました。


お世辞にも可愛いとは言えない眼つき。
野良猫を絵に描いたような姿の猫でした。


どこでケンカをしてくるのか、体はいつも傷だらけ。
態度は常に落ち着いていて、このあたりの新ボスであろう風格でした。

でも我が家では決して他の猫とケンカをすることなく、まっくすや他の猫たちに威嚇されても悠々と脇をすれ違って歩いていました。



毎日2,3回食事に現われたシマ太。
早朝から庭先の箱で待っていることもあり、この時ばかりは野良猫らしからぬ可愛い姿を見せてくれました。
しかし人の気配で目を覚ますと警戒心全開、相変わらず体を撫でることすらできません。


残暑の厳しい9月の初め、耳元に大きなケガをして現われました。
舐める事もできない場所だし、化膿しては大変と消毒しようと試みましたが激しく抵抗されて失敗に終わりました。


行動に変化を感じたのは9月終り頃から、
家の前の空き地で丸まって寝ている姿を良く見るようになりました。
道端でこんな無防備な姿を見せることなんて、以前は決してありませんでした。


秋も本番となった10月始め、
いつものように家に入ってきたシマ太でしたが、ご飯を食べることもせず部屋でじっとしています。
驚いたのは少し前から野良猫をやめたハナ太郎。
最初は少しビビリながら威嚇をしていましたが、シマ太は相変わらず動じませんでした。

気になったのはシマ太の食欲。
1日3缶は食べていた缶詰もあまり食べません。
柔らかめのレトルトやミルクをあげるとどうにか食べてくれました。


この日からシマ太はほとんど家の中にいました。
今からすると、思った以上に体調は悪かったのでしょう。
幸いなのは、攻撃やご飯の横取りなどをしないシマ太にハナ太郎もすぐ慣れてくれたことです。
また、トイレもすぐに覚えてくれました。
しかし、黄色すぎるオシッコや少しずつ何度も用を足す状態にかなり不安を覚えました。
クシャミもするし風邪をひいているみたい。とりあえず抗生剤を与えて様子を見ることに。


部屋で暮らし始めると共に私たちにも懐いてくれたシマ太。
体を撫でるとゴロゴロいってくれる様になりました。
もう少し元気になったら去勢手術に連れてかなくちゃ、そう考えていました。
しかし、この生活は一週間と続きませんでした。

ママによると、土曜の夜までは普通にハナ太郎と遊んだりしていたそうです。
ところが、日曜日の朝起きるとシマ太は部屋の隅で苦しそうに横たわっていました。
すぐ病院に電話をしましたが時間前でつながらず、少し待って開院と同時に見て貰いました。
診断によるとこの子はFIP(猫伝染性腹膜炎)だろうとのこと。
栄養が吸収できず極端な低血糖状態となっているそうです。
ブドウ糖を投与してもらい、更に、この山が越せたら口から飲ませるようにと溶液を持たせてくれました。

でも、シマ太が再び起き上がることはありませんでした。

私もママから連絡を受けて急いで帰りましたが、シマ太は逝ってしまった後でした。


出会いから8ヶ月程度の期間だったけど、
懐いてくれたのはわずか1週間にも満たなかったけど、
シマ太は確かにうちの子でした。

今、シマ太は小さな壷に入って部屋に居ます。
その魂はどこに行ったでしょう。
縄張りを駆け巡っているでしょうか、それとも虹の橋のたもとで私たちを待っていてくれるのでしょうか。



悲しんでばかりはいられません。
シマ太を苦しめたこの病は伝染性。
遅いかもしれないけれど他の猫たちを守らなければなりません。

我が家を安住の地として選んでくれたシマ太に感謝し、残った子たちのために頑張ります。






今日もお越し戴きありがとうございます。
まっくすもハナ太郎も元気です。
にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へにほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

逝ってしまいました

2011年10月16日 12時53分43秒 | 日記
シマ太が逝ってしまいました。
私は昨夜から泊まりの勤務でした。
今朝、ママが起きたらシマ太がぐったりとしていたそうです。
そして朝いちで病院に行ったのですが、先生も打つ手がありませんでした。


野良猫生活から、最後の場所に我が家を選んでくれたシマ太。

これからお弔いをしてきます。




今日もお越し戴きありがとうございます。
ハナ太郎とまっくすのためにも頑張ります。
にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そしてシマ太まで

2011年10月15日 00時13分14秒 | 日記

外猫の1頭、シマ太は最も警戒心が強く、体を撫でることもできなかったのですが…


ハナ太郎に続き、数日前から突然家の中で暮らすようになりました。


もともと出会えばお互いをけん制し合っていた雄猫同士が、なぜか仲良く並んでくつろいでいます。


気になるのは、どちらもとても体調が悪そうなこと。

体を休める場所として我が家を選んだのでしょう。
いずれにせよ、早く元気になって欲しいものです。



今日もお越し戴きありがとうございます。
クリックで応援していただけると元気がでます。
にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱり元飼い猫?

2011年10月06日 22時58分29秒 | 日記
10月になり、すっかり秋の気候となりました。


まっくすも布団の上で丸まって寝ています。




ご飯を食べるだけでなく、ベッドで寝ていくほどなじんできたハナ太郎。
最近では人のひざに乗りたがります。




娘のひざで寝るハナ太郎。
手術済みらしくおとなしいし、マーキングもしません。
時としてまっくす以上に飼い猫らしい仕草をします。
やはりどこかで飼われていたのでしょう。

どういう事情で野良生活を送るようになったのかはわかりませんが、このまま我が家の一員になってもらいたいと思います。




まっくすも少しずつ慣れてきたようですし( ´・ω・`)






今日もお越し戴きありがとうございます。
クリックで応援していただけると元気がでます。
にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へにほんブログ村



















コメント
この記事をはてなブックマークに追加