発達小児科医の館

障害児医療理解を求めるために!!小児神経学会社会活動委員・/富山大学医学部診療指導医・臨床教授)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第10回 日本小児神経学会主催 プライマリーケア医のためのこころの研修セミナー;無事修了しました。

2016年03月05日 | Weblog
明日から使えることも発達のみかたについて日本小児神経学会主催当番会長として富山で開催しました!。 . . . 本文を読む
コメント

第10回 プライマリ-ケア医(小児科医・総合診療医の子どもの心の診療セミナーの予告

2015年10月02日 | Weblog
第10回 プライマリ-ケア医(小児科医・総合診療医の子どもの心の診療セミナー 第10回プライマリケア医のための子どもの心の診療セミナーを開催いたします。発達障害児の支援は、専門医とプライマリケア医の 連携、医療と保健、福祉、教育等、様々な領域間の連携が求められます。発達障害児の診療・支援のポイント、上手な連携方法について、日常診療に役立つお話をしていただく予定です。多数の方々のご出席をお待ちしています。 日  時  2016年2月28日(日曜日)9:15~17:00 (受付開始8時30分)会  場 ボルファートとやま      〒930-0857 富山市奥田新町8-1           Tel.076-431-1113; URL: http://www.wohlfahrt-toyama.co.jp/index.html      JR富山駅北口より徒歩5分、国道8号線中島インターより車で10分(有料駐車場あり)      駐車場は大変混みあいますので、公共の交通機関のご利用をお勧めます。 対  象  子どもの心の診療に関心のある医師および看護師・保健師・言語聴覚士・作業療法士・ 臨床心理士等 医療専門職の方、教職員と福祉職の方定  員  180名(申し込み先着順)参 加 費  医師の方5000円その他職種の方4000円主  催  日本小児神経学会共  催  日本小児科学会(予定)、日本小児科医会(予定) . . . 本文を読む
コメント

自閉症の遺伝率の論文

2014年05月20日 | Weblog
文献:Sandin S,et al.The Familial Risk of Autism.JAMA. 2014 May 7;311(17):1770-7.  スウェーデンの小児204万9973人を対象に、自閉症スペクトラム障害(ASD)の家族リスクを集団ベースのコホート研究で推定。10万人年あたりのASD発症率は一卵性双生児で153.0、兄弟10.3などで、発症率は遺伝的関連性の増加とともに増加した。遺伝子を共有している場合のASD遺伝率は0.50、自閉症遺伝率は0.54と推定された。 . . . 本文を読む
コメント

運動遅滞、早期発見がカギ 【米国小児科学会】 早期の介入で最適な//   医療系MLより転載

2013年06月11日 | Weblog
発達障害については、治療の有無にかかわらず、早期の気づきが重要ですね。ただし、これは診断を急ぐということではなく、認識することで、できること、整える環境を構築するためですね。 . . . 本文を読む
コメント

知的障害の多くは孤発例が多く、遺伝ではない

2012年10月03日 | Weblog
散発性の知能発達の多くは遺伝ではなく不運な偶然によるものが大半であることがわかったのです . . . 本文を読む
コメント