おり姫備忘録ヾ(*´∀`*)ノ

プチプラファッションと美味しいモノが好き💙ゆるっとした日々の記録です😃

新宿買い物何年ぶり?

2008-05-31 15:02:14 | お出かけ
4月12日(土)

何年かぶりに新宿へMちゃんと買い物にやってきました。
というのももうすぐイトコの結婚式があるので、
銀座とかで服を探していたんだけど、
気に入ったのが見つからなくて。
場所変えればイイのがあるかなと思い、
Mちゃんに付き合ってもらいました

でもまずは腹ごしらえ。
ああ、いつものパターンですね。
新宿なめてたよ、、、
えらい人、人、人!
都会は人が多いっす!
田舎に帰りたいよ。



やっと探して見つけたのが、こちら韓国料理の「韓花」
新宿駅南口から徒歩3分ほどのビルの2Fにあります。
お店の中はどちらかといえば、ダイニングのようで、
個室もたくさんあるようですね。
私達はカウンターでお昼を頂きました。
私は「スンドゥブチゲ」を。
Mちゃんは「チーズスンドゥブチゲ」を。
スンドゥブとは韓国の豆腐の鍋料理のことみたいですね。
辛いのが苦手なので、普通のスンドゥブを注文しました。
これにおかず1品とゴハンとキムチがつきます。
味は・・・なんというかみそ汁?といった感じで、
うーーーん、、、、イマイチでした
おかずもソーセージと何かを辛く炒めてあるもので、
もうちょっと凝ったのが欲しいなと。
お隣りさんが食べてたビビンバのほうが美味しそうでした。

気を取り直し、お買い物へゴーー!
まずはデパ地下がすごいとのウワサの新宿伊勢丹へ。
確かにすごい、ココのデパ地下。
お店同士の枠を取り去ったような一体感があるフロア。
美味しそうなモノばかり、目で見て萌えるとこばかり
Mちゃんと趣味が似ているので、紅茶やコンフィチュールなどに
目がクギ付けでした
もちろんお高いので、買えはしませんでしたが。
それでも買いたいスウィーツなどが満載でしたので、
あとでまた来ることを誓い、お洋服探しへ。
そして気に入ったのが「ZARA」のシルクのブラウス。
ベージュで、フリル付きの華やかなブラウス
袖口に黒いパイピングがしてあって、ジーンズに合わせてもよさそう
$13.000のお高いブラウスでしたが、シルク100%なら安いんじゃないすか?


      <りんごのタルト>

そしてお茶へゴーー・・・あれ?
またしても人がいっぱいでお茶するとこがないーー!
新宿なめてたよアゲイン
フラフラしながら、やっとみつけたイタリア料理屋さんでケーキとお茶を。
あーーー頭に糖類が流れこむ~。
やっと2人とも正気を取り戻した!
HP回復



このあと再び伊勢丹デパ地下へ引き返し、スウィーツ物色。
迷う迷って、メゾンカイザーのパンを購入。
クロワッサン、パンオショコラ、無花果パンです。
こちらは翌日の朝ごはんとなりました。



あ、あとMちゃんが先月タイへダイビングへ行っていたので、
お土産ももらいました。
たっぷりのドライフルーツ、ありがとーーー

コメント

コックを探せ/ミューズ街の殺人

2008-05-31 14:59:44 | 映画&DVD&本
4月9日(水)
原作:アガサ・クリスティ、エルキュール・ポアロシリーズです。
最近いっちーがポアロさんにはまってまして・・・。
とうとう最初っから見る気になったみたいですよ

◯コックを探せ
原作は”掃除婦を探せ”
ある日ポアロさんの事務所に婦人が来て調査を依頼します。
「行方不明になったうちのコックを探してほしいの」
呆気にとられ、ポアロさんは怒り出す始末。
もっと世間を騒がしているような、
国際的犯罪事件が自分には似つかわしいのに
しかし、この婦人、
「優秀なコックを探すのがどんなに大変か知らないでしょう
婦人の勢いに負けた形で、渋々ポアロさんはコック探しに乗り出します。

このありきたりな失踪事件、調査が進行するにつれて、
世間を騒がせている銀行横領事件に行き着きます。
コック探しの調査中、ジャップ警部に見つかって、
見栄を張って、重大事件の調査をしているとごまかしたり、
田舎でご自慢のエナメルシューズがあぜ道に浸かったり
依頼人の婦人からは警察に家宅捜査され、迷惑!と捜査を打ち切られ、
報酬として送られた小切手には”1ギニー”
今だと幾らくらいなんでしょう?
踏んだり蹴ったりのポアロさんが見られます(笑)

◯ミューズ街の殺人
今日はガイ・フォークス・デイというお祭りの日。
そこへぶらぶらと歩く
ポアロさん、ヘイスティングズ、ジャップ警部の3人組。
夜になってあちらこちらで花火や爆竹の音が
ヘイスティングズが言います。
「こんな夜は拳銃を鳴らしてもわからないね。殺人にはもってこいの夜だなあ」
翌日、ジャップ警部から電話が。
「言っていた通り、事件が起こりましたよ」

未亡人が自分の部屋で拳銃を握って死んでいたが発見されます。
一見、自殺のように見えるけど、不自然な点が多すぎる。
婦人の部屋からは現金が消え、カフスボタンの欠片が落ちていた。
ジャップ警部は他殺として捜査を始める・・・。

あらゆる証拠がある人物を指すのだけど、
目に見えない証拠を見つけるポアロさん。
最後は意外な展開へ
コメント

復讐の女神

2008-05-19 16:30:20 | 映画&DVD&本
4月9日(水)
原作:アガサ・クリスティ、ミス・マープルシリーズです。
前回記述した「カリブ海の秘密」の続編にあたります

話の始まりは海に面したお屋敷から始まります。
そこにはラフィール氏がいました。
あの”カリブ海”でミス・マープルと協力したラフィール氏です。
あれから数年経ち、体は思うように動けず、
声もマイクを通さなければ話せなくなっていました。
でも気力だけは衰えず、秘書に指示を与えています。
それは、遺言状の作成・・・

ミス・マープルが住むセント・メアリ・ミード村。
ここには名付け子のライオネルが訪ねてきています。
一緒に朝食をとっている時、
ミス・マープルは新聞にラフィール氏が死去した記事を見つけます
「まあ、お気の毒に」
そして郵便物にはラフィール氏の弁護士からの手紙が。
「私のネメシス(復讐の女神)よ、真実を調べてほしい」と。
ミス・マープルはその手紙を持ち、弁護士事務所へ。
弁護士からは詳しい内容は聞けず、
ラフィール氏が手配したという庭園を巡るバスツアーのチケットが
渡されます
ミス・マープルはラフィール氏の指示通りにバスツアーに参加するのですが。
一人の女性が襲われ、危篤状態に。
最後の力を振り絞って彼女がミス・マープルに伝えたことは。
「彼女は愛の為に死んだのよ」

何を探るべきか、わからない。
そんな状況の中、ひとつづつキーワードを見つけながら、
淡々とストーリーは進行していきます。
行方不明の女子学生2人、広い屋敷に住む三姉妹、ラフィール氏の息子、
大学教授、女学校の校長、司祭、・・・。
ラフィール氏が用意した周到な下準備と、登場人物。
果たしてミス・マープルは「真実」を探し出すことが出来るのでしょうか?

コメント

ABC殺人事件

2008-05-18 16:00:31 | 映画&DVD&本
4月7日(月)
原作:アガサ・クリスティー エルキュール・ポアロシリーズです。
こちらは初期の初期の作品。
ファースト・ポアロに良いかと
いっちーがやっと原作を読み終わったので借りてみました

はじまりはヘイスティングズが南米から帰ってくるシーン。
ポアロさんへのお土産は”ワニ”
ヘイスティングズが仕留めたそうです。
ヘイスティングズがインテリアにとポアロさんの居間に飾ろうとしますが、
匂いがちょっと気になって、ポアロさんは気が進まず・・・
しばらくイギリスに滞在するヘイスティングズに
同居の提案をするポアロさん。
さあ、これから面白い探偵仕事が始まるゾ!とはきりるヘイスティングズに
ポアロさんは一通の手紙を差し出します。
「◯月X日、アンドーヴァに気をつけろ』
差出人の名はABC。
首をかしげ、「イタズラでは?」というヘイスティングズに、ポアロさんは
「どうも気になるんですよ」
手紙が気になっていたポアロさんはジャップ警部に
アンドーヴァで何か無かったかと聞くと、
「殺人があったようですよ」

ポアロさん、ヘイスティングズ、ジャップ警部でアンドーヴァへ。
殺されたのは、新聞や、食料を売っているアリス・アッシャーという老女。
死因は撲殺。
店の中は荒らされてなく、そこには一冊の”ABC鉄道案内”が。
強盗事件か、または仲が悪かった元夫の犯行か。
しかしポアロさんは考え込みながら言います。
「これがはじまりだ」

事件は連続殺人事件となってアルファベットABCの地名と名前の人が
被害者になっていきます。
これはABCに異常な執着を持つ異常者の犯罪か?
それとも隠された繋がりがあるのだろうか。
ある一つのキーワードを見つけた時、ポアロさんの灰色の脳細胞が動き出します。
ヒントは「木を隠すなら森」です。





コメント

サクラ&オグラシュークリーム

2008-05-17 17:43:35 | スウィーツ


4月6日(日)
ヒロタの前を通りかかったら、
桜&小倉シュークリームが売っていました。
ちょうど桜も咲いていて、お花見シーズンだし、と
一人で盛り上がって買ってしまいました
期間限定品なのもあるケド。

お家であったかい緑茶と一緒に。
最近また冷えるからね~
中身は上がサクラクリームで、下がトロッとしたオグラ。
サクラ?サクラといえば、そうかな。
よくわからないけど、美味しい
オグラがトロトロし過ぎて少しこぼしちゃったけどーーー
コメント