一原堂便り

こちらは、一原堂・朝倉同窓会です♪

令和3年(2021年)福岡朝倉同窓会総会の中止のご案内

2020-10-30 | 地区朝倉会

福岡朝倉同窓会 会長 本田俊正様から、お手紙を頂きました。転載いたします。

 

令和3年(2021年)福岡朝倉同窓会総会の中止のご案内

 新型コロナウイルスは未だ収束の気配が見えませんが、皆様方におかれましても、コロナの影響を受け規制された日々を、お過ごしのことと拝察致します。

 さて、今年の福岡朝倉同窓会の総会は、2月の評議員会では延期としていましたが、その後のコロナの感染拡大により、中止の決定を致しました。

 来年の総会開催の可否を決めるべき時期に差し掛かってきました今秋、次の理由で来年の総会も引き続き中止とさせて頂きます。

 

1.感染の問題

 ①コロナの収束時期が見えず、来年4月に総会・懇親会を開催した場合に、会場での感染発生の可能性を否定出来ない。

 ②参加者は高齢者も多く、感染による重症化者増のリスクが高くなる。

2.会場の問題

 ①従来の会場サイドからは、コロナワクチンが普及し、収束が見えない限り、会場定員120名との連絡あり。参加者120名限定では、総会開催の目的を達せられない。

 ②他会場も同様の動きがあり、他会場で開催すると運営費が多額になる。会費増額等を協議するには、評議員会を開催できる客観状況にない。

 

 2年連続での総会開催中止による負の影響も危惧されますが、最重要な判断基準として見据えるべきことは「命の安全」です。

 「命の安全」への対策に、万全を期せない以上、来年も中止する判断が真っ当だと考えました。

 今年総会が開催されていたなら、福岡朝倉同窓会の会報に掲載予定でありました「会長挨拶文」を添付致します。

 この挨拶文で述べています事は、私の変わらぬ信条です。ご一読をお願い致します。

 皆様方のご健康を切に祈念させて頂き、ご案内と致します。

福岡朝倉同窓会 会長 本田俊正(高21回)

 

 

『令和初の福岡朝倉同窓会総会を迎えて』

 福岡朝倉同窓会の会長に就任させて頂き、本総会で1期2年の任期を終えました。この間、本校同窓会の林会長と高校の荻野校長お二人の、朝高の現状打破に向けた強い思いとご活動を、見聞きさせて頂きました。

 福岡朝倉同窓会も、会則の目的に「本校の発展に寄与すること」を、2年前に新たに掲げ、お二人と共に目標達成の支援をさせて頂ければと、私案を提出させて頂いたりもしてきました。

 古希を迎える今年、痛切な実感として胸に去来しているのは、2020年、福岡朝倉同窓会が未来に向けての存続を問われる、大きな節目の時が来たということです。企業では、SDGs(持続可能な開発目標)が周知されてきて、永続するための模索活動が具体化されつつあります。また、デジタル面の凄まじい進化により、モノやシステムの陳腐化の速度が上がっています。

 従前の状況下では隆盛を極めていても、変化した現在の状況下では課題山積の業界があります。この問題の本質は、価値基準の変化に気づくのが遅れたことにあると指摘されています。

 こうした時代背景からしても、我が福岡朝倉同窓会も40数年の時を経た今、これからの展望を見据えた時、同窓会のお世話をする(率いる)役割を担うには、(相対的ではありますが)若い年齢の頭脳が必須だと実感しています。変化に敏感に反応し対処出来る年齢層が、同窓会運営の中軸となって活躍すべき時代になっているのではないでしょうか。

 ゴルフに例えるなら、「ナイスショットはすべての過去のものである」ということを踏まえ、これからナイスショットを打てる可能性が高い年齢の人達に、今後を託す選択をすべきではないかと考えています。

 『時代が変わっても変えてはならない福岡朝倉同窓会の本質なことは中核に据えつつ、時代の変化に応じて変えなくてはならないことの変革を担うのは、若い力でしか成し遂げられない。

 福岡朝倉同窓会を通して、古豪朝高の心意気を天下に示すべく、我こそはと名乗り出て、一歩前に踏み出す青春の徒出でよ。いざ出陣の時来たれり!!』

福岡朝倉同窓会 会長 本田俊正(高21回)

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 史学部研究発表 | トップ | 東京朝倉同窓会からのお知らせ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。