★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「正義のゆくえ I.C.E特別捜査官」

2009-10-07 02:38:01 | 映画(さ行)
<T1088/2009/A173/S080>1ヶ月フリーパス{MFP13}

今週の平日休みも「1ヶ月フリーパス」を使ってバリバリ観てやろうと思ってたけど、
新規公開作品がぱっとしないので、ちょっとスローダウン・・で2本。
主演がハリソン・フォード、
共演に、レイ・リオッタ、アシュレイ・ジャッド、ジム・スタージェス。
原題は「CROSSING OVER」。
「映倫 PG12」指定。
2009年製作のアメリカ入国系サスペンス・ドラマ、113分もの。

あらすじ・・・今回は「シネママガジン」さんから引用・・・
超詳しいので反転モードで・・・
【捜査官マックスと不法移民ミレヤ】
カリフォルニア州ロサンゼルス市内の港町サンペドロ。ICE(移民税関捜査局)の拘置所には、逮捕された不法滞在者が昼夜を問わず移送されてくる。ベテラン捜査官のマックス(ハリソン・フォード)の職務も、密入国者や不法就労者の捜査だ。だが良心が強いためか、容疑者の健康や事情をつい気遣ってしまい、同僚からは「人道的すぎる」「処分が甘い」とからかわれる事が多い。 
ある日、マックスら捜査官は市内の縫製工場に踏み込み、不法就労者を一斉逮捕する。メキシコから国境を越えてきた若い女性ミレヤ(アリシー・ブラガ)は、「幼い息子を人に預けているの。住所を書くから助けて」とマックスにすがりつく。気の毒に思いながらも、マックスは「そこまでは無理だ」と断らざるを得ない。結局、母親のミレヤだけがメキシコへ強制退去になってしまう。それを知ったマックスは深夜、捜査現場に戻り、残されたメモを発見する。息子のホアンを探し当てたマックスは、親子が暮らした部屋からメキシコの住所を突き止め、自分の車で国境を越えて、ホアンを祖父母の暮らす家まで送り届ける。だがアメリカに残された息子のことを心配して、ミレヤは昨夜、再び一人で国境へ向かったというのだ。マックスはミレヤの行方を追うことにする。

【ミュージシャン志望のギャビンと女優志望のクレア】
プロのミュージシャン志望で南アフリカ出身のギャビン(ジム・スタージェス)は、ユダヤ人学校の講師という職を得たばかりだ。実際はユダヤ教徒ではなく、ヘブライ語も分からないが、「宗教関係者」と認められればグリーンカード(永住査証)が取得できる。まずは生活のため安定した収入と永住権を得て、いつかは音楽で成功することを願っている。恋人のクレア(アリス・イヴ)はオーストラリア出身でハリウッド女優を目指している。出演のチャンスが巡ってきたが、条件は労働許可を得ること。どうしても役が欲しいクレアは、グリーンカードの偽造さえしようとする勢いなので、ギャビンは心配している。
クレアはビザ申請のため入国管理課を訪れるが、滞在延長手続きは受理されていなかった。落胆した彼女は自動車事故を起こしてしまう。相手は偶然にも移民判定官だった。コール(レイ・リオッタ)と名乗るその男は、グリーンカードが欲しいクレアの弱みを見抜き、彼女をホテルに誘う。偽造はできないが、経歴をねつ造した申請書類を自分のところに回せば、許可を与えるというのだ。条件は2ヶ月間、いつでも体を自由にさせること。クレアは承諾せざるを得ない。その後、クレアがグリーンカードを手にすることを不信に思ったギャビンは、コールとの関係に気づいてしまう…。
【イスラム教徒の少女タズリマと移民弁護士デニス】
バングラデシュ出身の高校生タズリマ(サマー・ビシル)は、ヘジャブ(ベール)を着用する敬虔なイスラム教徒だ。ある日、自分の論文を発表する授業で「メディアは9.11の実行犯を怪物や殺人鬼と決め付けるけれど、人間扱いすべきです」と発言し、クラス中の非難を浴びてしまう。その晩、彼女の家はICEとFBIの強制捜査を受ける。「テロを支持する危険分子だ」と言うのだ。弟と妹はアメリカで生まれたので市民権があるが、3歳で米国に来たタズリマは両親ともども不法滞在者ということで、一家を代表して拘置されてしまう。
デニス(アシュレイ・ジャッド)は、不幸な境遇に陥っている不法移民に手を差し伸べる人権派の弁護士だ。ナイジェリア出身の孤児アリークを養女として引き取ることも検討しているが、夫の判定官コールとはあまりしっくり行っていない。デニスはタズリマの弁護を引き受けるが、FBIはタズリマに対する厳しい処分を曲げようとしない。結果的にデニスが一家に示せる選択肢は三つしかなかった。「家族全員で自主退去する」か、「強制退去になる可能性が高くても裁判で争う」か、「タズリマと両親のどちらかがアメリカを去り家族離れて暮らす」か。しかも「アメリカに残る親は、タズリマと再び会うことも許されない」というのだ…。
【韓国出身の高校生ヨン、捜査官ハミードと妹のザーラ、そして捜査官マックス】
家族4人でLAに暮らすヨン(ジャスティン・チョン)は、市民権取得式典への出席を目前に控えた高校生だ。普段はおとなしく暮らしているが、同じ韓国系の不良グループからの誘いを断ることができない。彼らは「コリアタウンの一角にあるリカーショップが、毎週金曜の夜に5万ドル持っている」という情報を得て、拳銃を突きつけて強奪する計画をヨンに持ちかける。
マックスの相棒ハミード(クリフ・カーティス)は、イラン出身。兄弟含め既にアメリカに帰化しており、父親も今週の土曜日には市民権を取得する予定だ。その祝賀パーティに招かれたマックスは、妹のザーラ(メロディ・カザエ)を紹介される。家族の中で唯一アメリカ生まれのザーラは、勤務先の店長と不倫中で、一家の中で浮いた存在だ。離婚を経験し、結婚を控えた一人娘と連絡が取れないマックスは、ザーラの境遇に同情する。ところが翌日、ザーラと店長が死体で発見される。店長の上着には、偽造グリーンカードが残されていた。事件に不法移民ビジネスの匂いを嗅ぎ取ったマックスは、独自に調査を開始する。
ヨンは不良グループに誘われ、覆面姿でリカーショップを襲撃する。単身パトロール中だったハミードは、事件現場に出くわす。その頃、マックスはザーラ殺人事件に関する衝撃的な事実を突き止めようとしていた…。


      

ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
●フリーパス使用期間でレビューが溜まっちゃったので、
今回は「簡単レビュー」で。
●ひらりん的には群像劇はレビューが面倒なので苦手なんだけどーー。
●結論書いとくと・・・
ミレヤは、国線付近で死体で発見されてた。
ギャビンは審査の時に宗教関係者に救われ、グリーンカード取得。
クレアは本気になっちゃったコールにグリーンカードを発行してもらうが、
不正がばれて国外退去処分。
タズリマも誤解が解けず、弟妹と父を残し、母親と共に国外追放。
ヨンは強盗現場で同じ移民の境遇のハミードに見逃してもらい、
翌日、帰化の記念式典に参列・・・アメリカ市民に。
その式典に父を祝うべく参列してたハミード・・・
マックスの捜査によって、実の妹殺しが発覚・・・その場で逮捕。

●とまあ、いろいろあるのね、移民の国アメリカは。
自由を求めて、仕事を求めて、いろんな国からやってくるけど、
なかなか厳しいのが現実。
●単一民族の島国ニッポンに住んでると、
永住権とか市民権とか、帰化とか・・あまりピンとこないね。
日本は地続きの国境線がないし、移民・難民は基本・受け入れてないし。
●それにしても不法滞在者が多すぎて、
取り締まりきれない・・っていう実情にはびっくりだねーー。

ここまでネタバレ注意↑

という事で今回は
アメリカ人度・・・
移民の多い国だけど人種差別やいろいろな差別や、コミュニティが存在するのが、
なんとなく解った気がしましたね。

●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
この映画を観てひらりん同様
「英語が話せないアメリカ人も沢山いるらしい」

って知ってたあなた・・・
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」

コメント (1)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
« ★「男と女の不都合な真実」 | トップ | ★「火天の城」 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
☆初めまして~☆ (TiM3)
2010-01-24 13:18:24
高松在住の「新作出遅れ鑑賞マニア」(=^_^=)のTiM3と申します。

楽しくひらりんさんの記事を拝読しましたが・・

唯一、ちとツッコミたいのは「妹(とその彼氏)をアレしたのはハミード自身じゃなく、ハミードの弟」ってトコです。。

実行犯と言うか、隠匿罪みたいな感じでしょうかね。

昨日の鑑賞でしたので、余りに唐突なカキコで失礼致しますm(_ _)m ではでは。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(さ行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

42 トラックバック

正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 (LOVE Cinemas 調布)
ハリソン・フォード最新作。監督は『ワイルド・バレット』のウェイン・クラマー。監督自身も南アフリカ出身でグリーンカードを取得した移民なのだそう。共演にレイ・リオッタ、アシュレイ・ジャッド、ジム・スタージェス、クリフ・カーティスといった演技派が揃う。9.11を...
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『アメリカを守る正義か。 人々を救う正義か。』  コチラの「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」は、全米に1,100万人いると言われる不法滞在者問題を真摯に受け止め描いた9/19公開のPG-12指定の社会派サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪なんでもハ...
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:CROSSING OVER) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) ハリソン・フォードが長年のキャリアの中で、初めてメジャースタジオ以外の作品に出演。 不法入国、アメリカ永住権=グリーンカードなど、アメリカの移民事情を題材にしたヒューマンドラマ。 マッ...
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 不自由な国やんな亜米利加 (労組書記長社労士のブログ)
【 48 -11-】 台風14号で太平洋側は炸裂している{/m_0228/} もともと友人達とは日月で海に行きましょうという約束していたので、今日はもともと海行く予定にしていなかった。 しかしせっかく波があるし、よーし内海の台風ポイントに日帰りで行こうと思ってみんなに「行き...
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 (だらだら無気力ブログ)
現代アメリカの抱える移民問題をハリソン・フォード主演で、不法移民達が 置かれた過酷な状況と様々な問題を描いた社会派ドラマ。ロサンゼルスのI.C.E(移民税関捜査局)捜査官のマックスは不法就労者の 摘発が仕事だが、彼らの立場に同情的な態度を取っていた。 そんなあ...
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 (勝手に映画評)
ハリソン・フォードが初めて出演した、メジャーではないスタジオの作品。メジャーではないので配給が弱く、日本でもロードショー系の映画館ではあまり上映されないようです。 『バベル』で見られたような、異なる人たちが、同じ時間軸を異なる場所で過ごしていく描き方を...
「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Crossing Over」2009 USA   マックスに「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国/2008」のハリソン・フォード。 ハミードに「ファウンテン 永遠につづく愛/2006」「ダイ・ハード4.0/2007」のクリフ・カーティス。 コールに「フィールド・オブ・ドリ...
映画 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」 (ようこそMr.G)
映画 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」
試写会「正義のゆくえI.C.E.特別捜査官」 (流れ流れて八丈島)
新宿明治安田生命ホールで、試写会「正義のゆくえI.C.E.特別捜査官」を観てきました不法滞在の問題を扱った社会派ヒューマンドラマです。ハリソン・フォードが移民局の捜査官を熱演してます。レビューは、後ほど追記しまーす【追記】さすがに、アメリカの不法滞在者問題は...
「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」 (みんなシネマいいのに!)
 9.11テロ以降ますます複雑化・深刻化しているアメリカの不法移民問題を扱った秀
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 (あーうぃ だにぇっと)
監督・製作・脚本: ウェイン・クラマー キャスト マックス☆ハリソン・フォード コール☆レイ・リオッタ デニース☆アシュレイ・ジャッド ギャビン☆ジム・スタージェス ハミッド☆クリフ・カーティス タスリマ☆サマー・ビシル ミレヤ・サンチェス☆アリ...
豊かな国らしい物語。『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』 (水曜日のシネマ日記)
様々な目線を通してアメリカに住む移民たちの様子を描いた群像劇です。
正義のゆくえ I.C.E特別捜査官 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:CROSSING OVER。ウェイン・クラマー監督、ハリソン・フォード、レイ・リオッタ、アシュレイ・ジャッド、ジム・スタージェス、クリフ・カーティス、サマー・ビシル、アリシー・ブラガ、アリス・イヴ、ジャスティン・チョーン。 ハリソン・フォードが缶コ...
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官/ハリソン・フォード (カノンな日々)
結局、一度も劇場予告編を目にすることは出来ませんでしたけど、ハリソン・フォード主演作ならとにかく観ておかなくっちゃなんですよね。共演がレイ・リオッタというのもそそられます。今作でハリソン・フォードが演じるの移民局の捜査官。アメリカの移民問題を背景にした...
「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
9月公開の映画。ヤフー無料試写に当たりました(^○^)♪ この映画の事は全然知らなかったのですが、映画の内容は、アメリカの不法労働者...
『正義のゆくえ I.C.E. 特別捜査官』 (Crossing Over) (Mooovingな日々)
多様な人種、さまざまな事情を抱えた移民が世界中から集まってくるロサンゼルス。・・・より良い未来を夢見て。しかしそのためには犠牲が伴う。 移民局I.C.E.所属のベテラン捜査官マックス・ブローガンは不法滞在者の取り締まるのが任務だが、彼の中の良心的な部分があり...
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 (風に吹かれて)
それぞれの事情と心情公式サイト http://seiginoyukue.jp監督・脚本は「ワイルド・
『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』 (ラムの大通り)
(原題:Crossing Over) ----ハリソン・フォード久しぶりだよね? この映画、あまり噂をきかなかったけど…。 「彼にしては、珍しいメジャースタジオ以外の作品。 それこそ有名になって初めてと言っていいんじゃないかな」 ----それって逆に言えば、 どうしても出演した...
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官(2009) (銅版画制作の日々)
アメリカを守る正義か。                 人々を救う正義か。 原題:CROSSING OVER 東宝シネマズ二条にて・・・。今回はポイントにて鑑賞しました。ハリソン・フォードがメジャースタジオ以外の映画に出演するのは初めてらしいです。出演理由は彼がこ...
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 (とりあえず、コメントです)
ロサンゼルスを舞台に不法滞在者たちの生き様を描いた群像劇です。 ハリソン・フォード演じる移民局捜査官の苦悩と共に 悲喜こもごもの運命を辿る人々の姿が心に残る作品でした。
正義のゆくえ I.C.E特別捜査官・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「正義のゆくえ I.C.E特別捜査官」といういかにもな邦題と、ハリソン・フォード主演という事で、殺人事件をモチーフにしたハリウッド製エンタ...
正義のゆくえ I.C.E特別捜査官 (めでぃあみっくす)
不自由の国アメリカ。本来ならイスラム、ユダヤ、アジア、アフリカン、アングロ・サクソンなど様々な人種が「星条旗」という国旗と国歌の下で一つにまとまるはずの国アメリカ。でも現状は人種によって主張する正義がバラバラでまとまりのない国アメリカ。 同じ社会派群像...
『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』(2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:CROSSINGOVER監督・脚本:ウェイン・クラマー出演:ハリソン・フォード、レイ・リオッタ、アシュレイ・ジャッド、ジム・スタージェス、クリフ・カーティス、アリシー・ブラガ公式サイトはこちら。<Story>ロサンゼルス、移民・関税執行局(I.C.E.)のベテラン...
『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
YAHOO!動画のオンライン試写会で当たったので、ハリソン・フォードの最新主演作『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』をストリーミングで視聴しました。 24時間以内に視聴しなくてはならないから、映画を観る気分かどうかなんておかまいなしに観なくちゃいけないのがちょっ...
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官(試写会) CROSSINGOVER (まてぃの徒然映画+雑記)
移民大国アメリカの問題点を照らし出す社会派サスペンス!移民局の捜査官マックス・ブローガン(ハリソン・フォード)は、日々不法移民の摘発をしている。その日も摘発に踏み込んだ工場で、拘束したミレヤから息子のことを託される。マックスはミレヤの息子をメキシコの実...
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 (Memoirs_of_dai)
グリーンカードを巡って 【Story】 ロサンゼルスの移民局I.C.E.のベテラン捜査官マックス(ハリソン・フォード)は不法就労者の取り締まりが...
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
9.11以降、米国の移民を描く作品には強い問題意識がある。そこには自由の国であるための不自由があり、移民で構成された国ゆえの苦悩が見えるかのようだ。LA移民局のベテラン捜査官マックスは、不法滞在の移民たちを取り締まる立場だが、彼らの境遇に同情的だった。そん...
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] 水を得た魚くん?酒屋ショップのクリフ・カーティス。
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年10月10日(土) 16:25~ TOHOシネマズ シャンテ3 料金:0円(シネマイレージカードポイント利用) パンフレット:700円(買っていない) 『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』公式サイト 移民と不法滞在者がテーマ。 メキシコ、イラン、イスラエル、パレスチ...
『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
多様な人種、さまざまな事情を抱えた移民が集まってくるロサンゼルス。移民局I.C.E.のベテラン捜査官マックスは不法就労者の取り締まりが任務だが、彼らの立場に同情的なため、つい彼らの事情を気遣ってしまう。そんなある日、同僚の妹が殺され遺品の中から偽造グリーンカ
「正義のゆくえ I.C.E特別捜査官」:上池袋一丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}この先へ行くと、どこにたどりつくんだ? {/hiyo_en2/}さあ、深々とした森が続くのか、視界が一気に開けるのか、ゆくえはわからないわね。 {/kaeru_en4/}正義のゆくえがわからないようなもんかな。 {/hiyo_en2/}ウェイン・クラマー監督のアメリカ映画「正義...
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 (心のままに映画の風景)
LA移民局ベテラン捜査官マックス(ハリソン・フォード)は、不法滞在の移民たちを取り締まる立場だが、彼らの境遇に同情的だった。 縫製工...
『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』 / "Crossing over" (雅薫の関心空間)
あまりに退屈で、頭が痛くなる駄作、超駄作。何ら意味のない…
「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」 社会について考えるきっかけを与えてくれる (はらやんの映画徒然草)
映画というのは純粋にエンターテイメントであるという側面もありますが、社会について
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官■本当に排他的なものは? (映画と出会う・世界が変わる)
考えさせられる重要な作品であると思う。この邦題は非常にいい。ある時期までアメリカという国は正義の国であると西側の国のかなりの部分から認められていたのではないか。その「正義」が非常に危なく怪しいものになってきたのはベトナム戦争の頃からであろうか。そして9....
正義のゆくえI.C.E.特別捜査官■誰のための正義? (映画と出会う・世界が変わる)
捜査官たちは一体何の為に、誰の為に不法滞在者たちを取り締まっているのであろうか?もちろん、捜査官たちの背景にはアメリカという国家があり、その意思がある。国家のいう「正義」が、その国に生きるすべての人たちに共有されたものではないことは、この映画を見れば、...
正義のゆくえ/I.C.E.特別捜査官 (映画鑑賞★日記・・・)
【CROSSING OVER】 2009/09/19公開 アメリカ PG12 113分監督:ウェイン・クラマー出演:ハリソン・フォード、レイ・リオッタ、アシュレイ・ジャッド、ジム・スタージェス、クリフ・カーティスアメリカを守る正義か。人々を救う正義か。さまざまな人種、事情を抱えた移民が...
mini review 10462「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
アメリカで1,100万人以上の不法滞在者がいるとされる現実を背景に、現代アメリカの抱える移民問題をリアルに描いた社会派ヒューマンドラマ。職務と正義の間で苦悩する移民局の捜査官をハリソン・フォードが熱演するほか、『BUG/バグ』のアシュレイ・ジャッド、『ダウト』...
「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」(CROSSING OVER) (シネマ・ワンダーランド)
9・11同時テロ多発事件以降、深刻化する米国の不法移民問題をハリソン・フォード主演で描く社会派サスペンス「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」(2009年、米、113分)。この映画は、様々な人種の移民を取り上げた群像劇で、不法移民らの過酷な現状と問題点を浮...
【映画】正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官…の記事&景気向上に貢献し続ける我が家。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日{/kaeru_fine/}二度目の投稿(前のは寝る前の夜中ですが{/face_nika/}) ひとつ前の「サロゲート」の記事で、古いHDDレコーダーの故障{/face_hekomu/}に伴って、ブルーレイ&HDDレコーダーと、プラズマTV(42インチ)を買った事は書きましたが、最近の我が家の散在...
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 (こんな映画見ました~)
『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』 ---CROSSING OVER--- 2009年(アメリカ) 監督:ウェイン・クラマー 出演: ハリソン・フォード、レイ・リオッタ、アシュレイ・ジャッド、クリフ・カーティス、サマー・ビシル、アリシー・ブラガ、アリス・イヴ、メロディ・カザエ...
映画評「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督ウェイン・クラマー ネタバレあり