★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「17歳の肖像」

2011-02-28 04:38:36 | 映画(さ行)
<T1301/2011/A021/S012>


アカデミー賞作品賞・主演女優賞にもノミネートされた英国映画。
主演のキャリー・マリガンは、キーラ・ナイトレイ主演の「プライドと偏見」や
ジョニー・デップ主演の「パブリック・エネミーズ」に出演してるね。
原題は「AN EDUCATION」
「映倫 PG12」指定。
2009年製作の学園系青春・ロマンス、100分もの。

あらすじ・・・今回はMovieWalkerさんから引用させてもらいました。
1961年。ジェニー(キャリー・マリガン)は、ロンドン郊外のトゥイッケナムの学校に通う16歳の少女。父・ジャック(アルフレッド・モリーナ)と母・マージョリー(カーラ・セイモア)は、成績優秀なジェニーがオックスフォード大学に進学することを期待している。楽団でチェロを弾き、フランスに憧れ、ロマンティックな恋を夢見るジェニーの今のボーイフレンドは、生真面目だが冴えない同級生のグラハム(マシュー・ビアード)。そんなジェニーは大学に入ればもっと自由に好きなことができると信じていた。楽団の練習の帰り道、どしゃぶりの雨に見舞われたジェニーは、高級車を運転する見知らぬ大人の男性から「君のチェロが心配だ」と声をかけられる。自宅までのほんの僅かな距離を行く間に、彼の紳士的な態度と柔らかな物腰、ウィットと教養に富んだ言葉がジェニーの心を捉える。それがデイヴィッド(ピーター・サースガード)との出会いだった。数日後、ジェニーは街角でデイヴィッドを見かけて声をかける。デイヴィッドが彼女を音楽会と夕食に誘うと、ジェニーはその申し出を喜んで受け入れた。デイヴィッドの友人で美術品取引の仕事仲間のダニー(ドミニク・クーパー)とその恋人ヘレン(ロザムンド・パイク)を紹介されたジェニーは、彼らが足を運ぶナイトクラブや絵画のオークションに同行、洗練された大人の世界にすっかり魅了されていく。生まれて初めて“人生を楽しむ”ということを知った彼女は、これまでの自分の人生が急に色褪せたものに思えるのだった。それを教えてくれたデイヴィッドにますます恋をしていくジェニー。そしてデイヴィッドもまたジェニーの聡明さに惹かれていく。初めての真剣な恋に夢中のジェニーは、17歳の誕生日をまもなく迎えようとしていた。だが、もう後戻りできない大人の入口で、彼女は大切な選択を迫られることになる。ジェニーが自ら最後に選んだ道とは……?



ココからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
●キャリー・マリガンは、17歳の英国人になった大橋望ちゃんに見えた。

●お話のほうは・・・
デイヴィッドの仕事は不動産や古美術を扱う、怪しいブローカー。
でも逆にそれが退屈な毎日を送るジェニーには新鮮。
オックスフォードに泊りがけの旅行したり、パリにも行ったり・・・
頑固親父もデイヴィッドの口車に乗せられっぱなしで・・・
17歳の誕生日あたりにロストバージンまで捧げちゃって・・・
●本気になったのかどうかは???だけど、まさかのデイヴィッドのプロポーズ。
●しかしオチは、妻子持ちの女ったらしだったデイヴィッド。
婚約決めて学校も退学しちゃったし・・・復学も認められないジェニー。
●退屈そうに見えた担任?の女教師に助けて貰って独学で勉強。
見事オックスフォードに合格したのでした・・・・

★デイヴィッドみたいな役は、英国ではジュード・ロウが似合いそうだけど、
サースガードも悪くはなかった。
★あの父ちゃん・・・娘のためにオックスフォード出のキャリアウーマンを勧めるが、
方針変更しての永久就職先が年の差婚じゃ・・・ちょっとは反対しろよ・・・
と言いたくなるね。

ココまでネタバレ注意↑

という事で今回は・・・
教育実習度・・・
実はお母さんもいい味出してたね。


●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
ひらりん同様、「英国英語が奇麗で爽やか」
と思ったあなた・・・
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」


ひらりんもツイッター始めました。
映画以外のこともつぶやいてるので、
ちょっと見に来てね。

コメント   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« 2010年ひらりんアカデミ... | トップ | ★「ナルニア国物語 第3章 ア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(さ行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

6 トラックバック

17歳の肖像 (LOVE Cinemas 調布)
イギリスの女性ジャーナリスト、リン・バーバーの回顧録をベースとした青春ドラマだ。『プライドと偏見』のキャリー・マリガンが知的でキュートな女子高生役を演じている。恋のお相手となる30代の男性を演じるのは『エスター』のピーター・サースガード。監督はデンマー...
17歳の肖像 (RE940の自作DVDラベル)
2009年 イギリス 101分 監督:ロネ・シェルフィグ 出演:キャリー・マリガン ピーター・サースガード ドミニク・クーパー ロザムンド・パイク アルフレッド・モリナ  大きな時代の転換期を目前にした60年代初頭のロンドンを舞台に、多感で好奇心旺盛な16歳...
17歳の肖像 (だらだら無気力ブログ)
女性ジャーナリスト、リン・バーバーの回顧録を基に、60年代初頭 のロンドンで暮らす16歳の少女の恋と挫折と成長を描いた青春映画。 多感で好奇心旺盛でパリにあこがれる16歳の少女がひょんなことから出会った 30代の男性と恋に落ち、進学するための勉強しかしてこなか...
『17歳の肖像』(2009)/イギリス (NiceOne!!)
原題:ANEDUCATION監督:ロネ・シェルフィグ出演:キャリー・マリガン、ピーター・サースガード、エマ・トンプソン、アルフレッド・モリーナ、ロザムンド・パイク、オリヴィア・ウィリ...
■映画『17歳の肖像』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
16歳の少女が、ある年上の男性と出会い、恋をしながら大人になって行く姿を描く映画『17歳の肖像』。 17歳まではバージンを守ると決めていた彼女、17歳になって以降は本格的な“大人の恋”に突き進みます。 でも、大人の恋に潜むリスクを見ぬけるほど、17歳はオト...
「17歳の肖像」(2009年、イギリス) (楽天売れ筋お買い物ランキング)
「17歳の肖像」(原題:AnEducation)は、2009年公開のイギリスの映画です。リン・バーバーの自叙伝の映画化作品で、勉強一筋だった優等生の少女が年上の男性との出会いを経て、大人にな...