日比谷同友会 こぶし会

日比谷同友会 サークル活動

第383,384回予定

2020年03月10日 | お知らせ

新型コロナウィルス肺炎流行により、第383回例会(令和2年4月20日)は中止させていただきます。
 また第384回例会につきましても未定とさせて頂きます。       以上


第384回例会(令和2年6月15日)予定

2020年03月04日 | お知らせ

以下の2話題を予定しております。
話題1 技術援助活動を通じてみた日本とメキシコの関係
                   横田 悦男
話題2 ITの最近動向         桑原 守二

 場所はいつもの情報エンジニアリング協会
        渋谷区猿楽町3-3   Tel (03)3464-3211
 時間は13:30-16:30 であります。       以上


第382回こぶし会例会(令和2年2月17日)報告

2020年02月28日 | お知らせ

第384回例会(令和2年6月15日)の予定は未定でございます。

相済みませんが削除してください。


第382回こぶし会例会(令和2年2月17日)報告

2020年02月26日 | 例会報告

話題1.「伊能忠敬と長久保赤水」 田上 智
1.きっかけは、2018年夏の日比谷・市政会館での「長久保赤水展」であった。この時、伊能忠敬より40年前に日本全図を作った男がいることを初めて知った。
2.その後、懸賞文応募で「長久保赤水顕彰会」から優秀賞の表彰を受けた。
3.赤水が日本全図作成の先駆者で忠敬は完成者と言える。忠敬の方が小説でも有名。
4.地図は文字より古い。BC700年頃のバビロニアの粘土板に既に地図が登場。
5.地図とは「地理的世界観」である。古来日本には三国一の花嫁という言葉がある。
6.日本では、奈良時代の名僧による「行基図」が出発点だが、至って幼稚な図である。
7.天正遣欧少年使節が1590年帰国、活版印刷機、西洋楽器(リュート)、海図持参。
8.本格的な日本全図は1779年の赤水図(緯度、経度、ボルトラノ海図)が入っており、庶民にまで普及し、旅行にも大いに利用された。伊能図は最先端技術を駆使した。
9.赤水図は国絵図を編集したもので実測ではないが、エディターとしての才能抜群。
10.全国の実測は、忠敬の地図(1821年)が日本では最初と言える。一般には普及せず。世界的には、既にフランスのカッシーニ父子がフランス全土の実測地図を完成させている(1793年)。既に情報は長崎から得たと推測される(阿蘭陀風雪書)。
11.医師シーボルトが赤水と忠敬の地図を持ち出したシーボルト事件発生(1829年)。
12.樺太探検の間宮林蔵も忠敬の弟子だが、幕府の隠密(シーボルト事件に関与?)。
13.忠敬の本来の目的は、学者間で話題の地球の大きさを知りたかった。ほぼ目的達成。
14.ロシアの脅威があったので、蝦夷地の測量は、個人の希望と幕府の思惑が一致した。
15.赤水、忠敬とも、元は農民で後、武士待遇。関東の出身。隠居後の人生が光っている。典型的な人生二山で後半もピカピカである。しかも長命であり、忠敬七十四歳、赤水は八十五歳まで生きた。
16.二人の画期的業績は、緯度、経度の入った地図を初めて作った。経度に難あり。
   世界では、既にAD2世紀にアレキサンドリアのプトレマイオスが作っている。
   その後、キリスト教的世界観がはびこり、1000年後の大航海時代に見直されて、
   コロンブスやマゼランにも使われた。プトレマイオスの天地学。海図が世界を制す。
17.共に地球の大きさを日本人で初めて知った。世界では、BC2世紀に同じくアレキサンドリアのエラステネスによって知られている。忠敬は、北極星の観測と自分の足で、エラステネスは、太陽の観測とラクダの隊商の歩幅とで地球の大きさを知った。
18.測量を基とした日本の国絵図の元は、古来の町見図(ちょうけんず)で、中国の算術+ポルトガルの航海術やコンパス+オランダ流の測量図を加え独自に発展していた。赤水図も伊能図も既に十分な技術的裏付けは持っていたというべきである。測天量地。
19.地図(測量)の歴史をみると、測天のギリシャと量地のローマの結合である。
20.地図作成者は、モチベーションとして①知的好奇心と②功名心もあり特に実測による種々の危険を伴う作成者は冒険家(大航海時代)と同じ種族の野心家ともいえる。      (了)

話題2.「世界経済に寄与するASEANの進展」 加藤 隆                              
 ASEAN(東南アジア諸国連合)は10ヵ国で構成される。それらは北からミヤンマー ベトナム ラオス タイ カンボジャ フィリピン マレーシア ブルネイ シンガポール 及びインドネシアである。
 それらは経済や人口規模、所得水準、宗教、民族、言語など文化的側面もまちまちであるが、それを超えて調和を保っている。その基本精神は“ASEAN WAY”であろう。それは内政不干渉 全会一致 民主主義 人権尊重 法の支配である。
 紆余曲折を経て2007年ASEAN憲章が採択された。それには3つの柱があり、経済、政治・安全保障、社会・文化であるが、その中にあってアジア経済共同体(AEC)としての進展は目覚ましい。
 その理由はグローバル的に見て、最近主要工業製品の多くは、例えば「原材料⇒中間加工品⇒完成品」など国境を越えて生産拠点を分散し、その経済圏を面とし、相互に少額関税(場合によっては零)にするなどして相互に効率を挙げている。このASEAN WAYの基本精神は、昨今世界の貿易が政治などからの干渉などでギグシャクしている中で貴重である。
 その一例がASEANの提唱で近く締結が見込まれるRCEP(東アジア地域包括経済連携、ASEAN10+6)であり、更に昨年締結に至ったTPP(環太平洋パートナーシップ協定、ASAEN4+7)にも生かされ、世界経済の進展にも寄与している。
 しかしASEANにも課題が圧し掛かっている。その一つが米中貿易摩擦の影響である。これは両国間の高率な制裁関税及び報復関税で相互のスムーズな貿易が滞っていることから、ASEAN諸国から中国への原材料や中間加工品の供給が滞ることである。
 更に忍び寄る中国の脅威である。それは今中国が押し進めている一帯一路政策により、投資を受けた国々がいわゆる「債務の罠」に陥ったり、またASEAN諸国への過度の投資がASEANの分断に繋がりはしないかとの危惧である。
 「二元性一原論」なる言葉がある。これは「物事は正反対の二つ(陰と陽)が融合して上手く働く」とのことである。これは「車を走らせる場合、ブレーキなしでアクセルだけでは上手に走れない」に例えられる。それでASEANも幾多の課題を克服しつつ、今後とも世界経済の基盤となって着実に進展することを祈念している。      (以上)

次回の第383回例会(令和2年4月20日)につきましては,
話題1 パソコンと付き合って40年  斎藤 雄一
話題2 ユダヤ人の歴史        稲村 隆弘
を予定しています。
 次々回第384回例会(令和2年6月15日)につきましては、
話題1 メキシコでの技術指導で感じた問題点
                   横田 悦男
話題2 ITの最近動向         桑原 守二
を予定しています。
場所はいつもの情報エンジニアリング協会 渋谷区猿楽町3-3 Tel(03)3464-3211
 時間は13:30-16:30 であります。


第381回例会(令和元年12月2日)報告

2019年12月25日 | 例会報告

話題1 ITに関する話題              桑原 守二                  

 日本と中国のキャッシュレス化:日本政府は高額の新紙幣を2024年度に発行,また21年度に500円硬貨も刷新するが,ATMの更新など資金と労力を費やすことになり無駄な投資である。そんなことより現金を使わないキャッシュレス決済の比率を高める政策を推進する必要がある。こんな日本に対し,スマホによる決済が進んだ中国では「顔認証決済」が広がり始めた。事前に顔写真を登録しておくと,コンビニでは無人のレジで決済してくれる。地下鉄では切符を使わずに改札口を通れるサービスも始まった。顔認証決済の利用登録者は1億人を突破したという。

GAFAの現況:米国の4メガIT企業G(グーグル)、A(アマゾン)、F(フェイスブック)A(アップル)の4社は世界中でますます巨大な力を発揮している。単にお金を収集するだけでなく、サービス提供の副産物として懐に入ってくる膨大なデータが今や大きな力を発揮する。今や適うものなき新興メガ企業のGAFAであるが、アップルが動画配信サービスを始めるなど中核事業において互いに浸食するようになり、成長に陰りが見えてきた。

イーロンマスクの新規事業の動き:EVメーカーのテスラが中国・上海市で建設中であったEVの新工場で試作車の生産を開始した。また11月にはベルリンにEV工場を建設すると発表した。既存の米カリフォルニア州の工場を合わせて、米、中、欧の3極でEVの供給体制が整うことになる。さらにピックアップトラック型のEV「サイバートラック」を初公開するなど活躍が目覚ましい。一方、宇宙ベンチャーのスペースXは28日、開発中の次世代宇宙船「スターシップ」の試作機を南部テキサス州の施設で公開した。2か月以内に高度20kmへの打ち上げと着陸の試験を実施するという。スターシップは再利用が可能で、将来は100人を乗せて月や火星等に飛行することを目指す。

ロボットの研究開発:東工大発スタートアップのリバーフィールドは開発中の内視鏡手術支援ロボットについて2020年秋にも臨床治験に入る。柔らかい臓器を含む肺など呼吸器系のがん手術などで需要を開拓する。新製品の価格は「ダビンチ」の半額以下の1億円以下を狙っている。京阪奈にあったNTTの研究所も、こんな分野でもっと活躍して欲しい。

ストリーミング時代の到来:最近は、映像コンテンツをテレビ放送あるいはケーブルTVで視聴するよりも、ネットを通じて流れてくる映像コンテンツをスマホ、あるいはタブレットなどで楽しむ人々の方が多くなった。この傾向は、米国では10年ほど前から始まり、日本でも最近はテレビ受像機を持っていない若者が増えてきた。

 

話題2 在外公館勤務の思い出             松本 慎二

 

 九州通信局の勤務が2年目に入った昭和51年夏,本社の課長会議に出掛ける時に部長から受けた指示に従って,本社の技術系人事部門に出頭したら,君は海外勤務を希望しているね,と確認後,外務省に転籍して,大使館に勤務するのはどうだ,と尋ねられた。海外に出ることに強い興味があったので,即座に「ありがとうございます,よろしくお願いします」と答えた。

 というのも,戦前,私が上海で生まれた時,父は上海の紡績工場のエンジニアで,戦後も商社で紡織機フルターンキープラント輸出の仕事で,10以上の発展途上国に,2年程単身滞在して帰国する生活を繰り返していた。時々一緒に過ごす時には,海外の事を話してくれたので,自然と外国に興味を持つようになっていたからだ。更に電電公社に入社後,現場実習の仙台で<東北大学夏季仏語講座生徒募集中>の広告に惹かれて一ヶ月間受講,本社配属後も,勤務後に日仏会館等で仏語習得に励んだ。これらが幸いして担当者の海外出張が珍しい時代に,国際電気通信連合主催第1回世界電気通信展の電電公社ブースの責任者としてジュネーブに派遣され,,同時に開催された世界無線主管庁会議政府代表の一人として出席された北原総務理事の帰国時のフランス,レバノン,クェート,タイ訪問に鞄持ちで3週間随行した経験が前向きな気持ちを後押しした。

程なく,本社に転勤になり,外務省中近東第一課に席を置き,外務省の仕事に慣れると共に,外務省研修所で,在外公館に派遣される各省庁の官僚と共に外交官に必要な業務知識やマナー,仏語とアラビア語,日本文化等学んだ。昭和51年7月電電公社辞職,外務省在アルジェリア日本大使館二等書記官に発令され,直ちに赴任した。

 アルジェリア日本大使館には,外交官8名(大使1名,公使1,一等書記官1,二等書記官3他),現地雇用4名の構成で,外務大臣秘書官を経験したキャリアの一等書記官が業務を統括した。私は技術協力,内政,広報を担当した。館員が少ないので,夫々の館員はもっぱら独立で業務処理し,必要な場合には一等書記官と相談し,更に大使に報告,意見具申,指示を仰いで業務を捌いた。その頃,日本企業によるマイクロ波回線,同軸伝送路,地球局が建設中で,偶に発生する支払遅延等のトラブルのサポートの他,外交団や現地日本人社会との定期的情報交換等も重要な仕事だった。

 当時は,世界各地で航空機ハイジャック事件が多発していたが,日本赤軍によるダッカ日航機ハイジャック事件が,昭和52年9月28日に発生した。この時,要の一等書記官は休暇帰国中で,急ぎアルジェ帰任に努めたが,空港が閉鎖され,パリで待機を余儀なくされた。本省の指示で,大使がアルジェリア政府にハイジャックされた日航機の受入と人質解放への協力を要請する交渉に陪席したが,緊迫の交渉の末に合意した結果,アルジェリアで全ての人質が無事解放され,事件は10月3日に終結した。開放された人質と関係者が乗った飛行機が日本に向け出発したときの安堵感は忘れることが出来ない。 

 

 第382回例会(令和2年2月17日)につきましては,

 話題1 伊能忠敬と長久保赤水          田上 智

 話題2 世界経済に寄与するASEANの進展   加藤 隆

を予定しています。

 場所はいつもの

情報エンジニアリング協会 渋谷区猿楽町3-3 Tel(03)3464-3211

 時間は 13:30-16:30 であります。