日比谷同友会 こぶし会

日比谷同友会 サークル活動

第387回例会(令和3年1月18日)報告

2021年01月31日 | 例会報告

こぶし会第387回例会(令和3年1月18日)報告
話題 コロナに思う事~良い加減のすすめ~      島田博文
今世の中はコロナで持ち切りだ。マスコミもコロナ一色で色々な議論がされている。お陰で色々な知識が増えた。特にウィルスの世界の歴史へのかかわりが興味をそそった。私は今のコロナ議論の中で、余り議論されていない神の話をしたい。
私はSomething great(天地創造の神)の存在を信じている。キリスト教のような、「全ての創造物は人間の為に作られた」という考えには組しない。私の信じる神は全ての創造物を平等に愛する神だ。
Something great=天地創造の神=神は全宇宙を設計し、創造物の日々の行動まで決めている。神は全ての創造物が予測通りに動くので感動がなくなり、少し物足りなくなった。(ちょっと人間的かな?)そこで設計図の要らない突然変異という仕組みを創った。
その最高傑作(?)が人間だ。最初神は、人間の行動を目を細めて見ていた。しかし、段々神の創った創造物を無神経に破壊し始めたので、人間に警告を鳴らすことにした。ペストやスペイン風邪やSARS等で何度も忠告をした。しかし、人間はその都度、その英知で、ワクチンや治療薬を開発して危機を乗り越え、無神経で傲慢な行動を変えなかった。
そこで神は、ウィルスを次々と変異させたり、ワクチンでできる抗体の寿命を短くしたりする、賢いコロナを、皮肉を込めてペストと同じく世界三大発明を生み出した中国で発生させた。そして欧州、米国へと感染させ、人間にグローバル化の行き過ぎを警告することにしたのだ。遂に神は本気になった。
しかし、神はまだ人間を愛している。実は、神は地球上に解決のヒントを創っていた。それが日本だ。日本は緯度的に恵まれ、しかも海に囲まれ、国土の大きさも最適で、世界に類を見ない地の利に恵まれている。結果、世界の何処にもない豊かな自然があり、四季が鮮明にある国になっている。しかし、神は日本人に試練も与えている。地震・風水害・火山の噴火などの災害による苦しみである。これにより日本人は全てのものに神の存在を感じ、神を畏れ、敬い、自然との共存を志向している。共存の心は”足るを知る”心だ。その心は”ほどほど”とも、仏教用語の”良い加減”とも表現される価値観だ。
神は日本が、この”足るを知る”価値観を世界に広めることを期待している。行き過ぎたグローバル化を是正し、強欲な資本主義にブレーキをかけ、効率第一主義の価値観を変え、無駄の効用も認める、何事にも”ほどほど”の社会作りを期待している。
自然との共存とは、循環型社会を創ることであり、全ての生き物がお互いに関連を持ち、自然界の存続の為に役目を果たす世界で、皆が”ほどほど”に幸せな地球・宇宙を創ることを神は日本人に託しているのではないか。
日本という組織体は、2680年も続く組織体だ。ローマ法王庁も長いが2000年弱だ。ローマ帝国も約2000年で滅びている。これだけ長く存続できる組織体は神の配剤があってのことと考えてもおかしくない。
コロナ禍を機会に日本の文化である”良い加減のすすめ”をグローバルスタンダードにすべく、その役目を果たしたいものだ。
コロナ禍の巣籠りの中、80歳の誕生日に考えた戯論です。
お笑いあれ!


第386回例会(令和2年12月21日)報告

2021年01月03日 | 例会報告

第386回例会(令和2年12月21日)報告
 この例会もネット開催した。11月30日に予稿をネットで配信し、討議に供し、1月1日にレジュメをまとめた。
話題 読書紹介・「地球に住めなくなる日」
話題提供者    杉浦 右藏

気候変動に関する国際的枠組みは、1997年の京都議定書に次ぐ2015年のパリ協定、国連IPCCなどで脱炭素社会の目標が議論されている。本書は、2019年ニューヨーク・タイムズ、サンデータイムズ、両紙のベストセラーリストにランクインされた「地球に住めなくなる日」(ジャーナリストDavid Wallace-Wells著・翻訳:藤井留美)の読書紹介です。
気候変動の実態は思った以上に深刻だ。地球上では、過去に大量絶滅が5度起きていて、その度に動物の顔ぶれが完全に入れ替わり、進化がリセットされた。オルドビス紀末(4.5憶年前)、デボン紀末(3.8憶年前)、ペルム紀末(2.51憶年前)、三畳紀末(2.1憶年前)、白亜紀末(6600万年前)、各紀末に約85%の系統発生樹が枯れて倒れて絶滅した。絶滅には温室効果ガスが引き起こす気候変動が関わっている。二酸化炭素による温暖化は、三畳紀で地球の温度は5度も上昇した。強力な温室効果ガスであるメタンが放出され拍車がかかり、一握りの生物を除いてみんな死んだ。今、その時の10倍の勢いで二酸化炭素を出している。18世紀の産業革命以前の100倍にあたる。産業革命の開始から道徳的経済的ツケを何百年か後に自分たちが払わされている。化石燃料を燃やして大気中に放出された二酸化炭素は、この30年に発生したものが半分を占める。
イギリスの産業革命のせいにする歴史悪用説もあるが、化石燃料の燃焼の半分以上は1989年以降に起きている。1945年まで時計の針を戻せば、その割合は85%になる。今生きている我々の仕業という事だ。また、現在の人間社会が目指す削減目標以上に、氷床の熔解、森林火災、等による自然発生で脱炭素社会の努力以上に排出量の多さ、事後対策より事前対策の方がコスト安とも述べている。
本書の指摘に合せるがごとく2020年11月の菅首相の施政方針で2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにするカーボンニュートラル、脱炭素社会の実現をめざす、と宣言した。

 令和3年1月の例会も同様の形式でネット開催する。話題は島田博文氏の
「コロナに思う事~良い加減のすすめ~」で、予稿は配信済です。


第385回例会(令和2年11月16日)報告

2020年11月20日 | 例会報告

こぶし会第385回例会(令和2(2020)年11月16日)報告
 この例会もネットで行われた。3日(火)に予稿をネットで配信、16日まで質疑応答、同日このレジュメをまとめた。

       ASEAN 諸国の現状と進展
加藤 隆
 ASEAN10 は2015年に発足し、陸の回廊(タイ、ベトナム、カンボジャ、ミヤンマー)と海の回廊(シンガポール、インドネシア、フィリピン、マレーシア、ブルネイ)に大別される。基本は自由尊重、内政不干渉、人権尊重で共生の道を探る。活動の中心は経済であり、総人口は6.5億人で市場規模は2.4兆US$ で、効果は関税撤廃(減少)で製造分担・強靭なサプライチェインで、豊富な労働力と旺盛な消費である。

 現在抱える課題は、「米中経済摩擦と中国進出の影響」と「コロナ禍と経済の停滞」である。前者に関しASEANは中立の立場であるが、ASEAN諸国の亀裂の懸念があり、サプライチエンの分断や中国への輸出の激減であろう。後者に関して、コロナ陽性者数は海の回廊に多く、陸の回廊では少ないがその分GDPの激減している。
 各国の抱える課題は国情により多様だが、共通点は各産業への最新技術(5G、AI、DX)導入と、それに対応できる人材の育成である。ここに日本との更なる堅い絆が期待されている。昨年「日・ASEAN技術協力協定」も締結された。

 この中にあってASEAN諸国における対日世論はいかがであろうか。外務省の調査によると「この50年どの国がASEANの発展に貢献したと思うか」では、日本が断然トップで65%で、中国47%、米国35%、韓国28%と続く。
 また、87%が日本と友好関係にあり、84%が日本は信頼が出来る、83%が日本が世界経済の安定と発展に重要な役割をはたしている、としている。これにはNTTの長年に亘る技術協力も大きく寄与していると考えられる。

 タイに関しては、目下中進国の罠の中あり、主要産業の観光業のダメージが大きく、厳しい状況にあるが、きっと立ち上がると確信している。それは「車はブレーキなしで、アクセルだけでは上手く走れない」(二元性一原論・陽陰両者の融合が必要)なる真理がある。陽・アクセルは「タイランド4.0プロジェクト推進、独自文化(仏教・王室)、微笑み、おおらかさ」であり、陰・ブレーキは「民主政治不安定、コロナ禍、経済停滞、貧富の格差」であろう。              (了) 

 第386回例会(令和2年12月21日(月))につきましても、同様の形式でネット開催の予定です。
 話題は 「読書紹介 地球に住めなくなる日」 提供者は 杉浦右蔵氏です。

 第384回例会報告で予告しました島田博文氏の話題は2021年2月の第387回例会で提供される予定です。


第384回例会報告

2020年10月26日 | 例会報告

第384回例会(令和2年10月19日)報告

 第384回例会は、インターネットにより開催された。
 2020年10月3日(土)に、講演者の予稿をメールの添付ファイルとして会員全員に送付し、討論に供し、その結果のレジュメを10月19日(月)に作成し、会員の閲覧に供するという形で行った。
 第385回例会についても、11月に同様の形式で行う予定です。
  話題提供者は、島田博文氏、題目は「コロナい思う!」です。
 コロナ禍がおさまり、会場が使用可能になれば、通常の形式に戻します。

 話題1 メキシコでの技術支援活動を通じてみた日本    横田 悦男
 私はメキシコ国で前後2回、通算4年間にわたり、JICA派遣の「シニア海外ボランティア」として技術協力活動に従事した。
 派遣期間は2005年11月及び2009年1月より、それぞれ2年間で、国営の技術研究所や大学の研究者等へ、ISO 品質管理体制構築の技術支援を実施した。
その内容は「組織の品質マネージメントシステムにどの様な要素を実施すべきか」との企画で、訓練用教材作成及び大学・研究所等での講義であった。実施は28ヵ所(57機関)、受講者約720名で、そのほか個別技術相談にも応じた。
 講義内容は理論的内容よりは、上記派遣目的から実学的な技術内容で、理論追求を本業としている研究者達には馴染み難く、教え方に苦慮したが、終了後その都度アンケートを実施し、講師、講義内容、教材の評価を実施し、その後の講義の参考とした。講義は全てスペイン語で行い、多くの講義先から感謝状を頂くなど好評であったと思う。
 このボランティア活動を通じてみた日本の印象を述べたい。
 現在、両国ともにアジア太平洋経済協力会議(APEC)、環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP),経済協力開発機構(OECD)に参加し、密接な関係を保っているが、トランプ大統領の公約通りアメリカのCPTPP離脱、北米自由協定(NAFTA)の変更により、メキシコのみならず日本も大きな影響を受けよう。
 また1960年代の高度成長期にあった9.1%前後の経済成長率は、現在では1%前後となっており、世界の幾つかの著名なシンクタンクは、現在世界第3位の経済大国である日本は、2050年頃にはその順位は大幅に下がると予想している。日本は今後真剣に対処して
行かねばならないことを示唆している。                            (以上)

話題2 ITに関する最近の話題 レジメ  桑原 守二  
(1)「テスラモーターズ」について
テスラは03年設の新興ベンチャーであるにも関わらず12年に発売した「モデルS」は、世界で最も売れている電気自動車として記録された。2018年10月、テスラは上海に土地を取得、中国内の多くの銀行の支援を得て8カ月で竣工させた。一方、テスラは2019年11月、欧州で初めての工場をドイツに新設すると発表した。21年に新工場が稼働すれば、米、亜、欧の3極体制が整い、量産車メーカーへの仲間入りに一歩近づく。
(2)「スペースX」について
「スペースX」はロケット・宇宙船の開発・打ち上げといった宇宙輸送を業務とする会社で2002年に設立された。ロケットを使い捨てにせず、再利用することで打ち上げの費用を低廉化させるのが基本理念。本年5月、民間企業として史上初となる有人宇宙船「クルードラゴン」の打ち上げ、ISSへのドッキングを成功させた。さらに、10月末には野口聡一氏ら日米の飛行士4人が乗るクルードラゴンを打ち上げる予定である。
(3)「ズーム」について
 本年初頭からコロナが大流行したことにより世界中の企業等がテレワークを開始した。ビデオ会議が大流行で、中でも「ズーム」サービスが人気を呼んだ。外出制限が世界的に広がった3月以降はユーザーが急増、ズーム社が8月に発表したところでは、20年5~7月期の売上高が前年同期比4.6倍、純利益も前年同期比34倍の200億円となった。
(4)BATHについて
中国の巨大企業の頭文字「BATH」というのは、まだ馴染みが薄い。バイドゥ(百度)、アリババ(中国語略)、テンセント(騰訊)、ファーウェイ(華為)の頭文字である。バイドゥ(百度)は中国で最大のインターネット検索を提供する会社で、中国15億の民の情報源である。テンセントはもともとSNSの会社であるが、今や世界最大級のゲーム会社である。2017年にはアプリの収益で世界一を誇る。17年にはアジアの企業で初めて時価総額が5000憶ドルを突破した。
 (5) クラウドサービスの提供事業者
日本のクラウドサービスは世界で大きく後れをとっている。2019年に企業がクラウドに支出した金額のシェアはアマゾンがトップでシェア32.3%、これにマイクロソフト、グーグル、アリババと続く。日本企業はその他の40.1%に入るだけだ。5月末に「印西市の千葉ニュータウンにグーグルがデータセンター用地を購入した」と報道された。アマゾンをはじめ、世界の大企業が日本にデータセンターを建設、拡大させようとしている。日本中が外国巨大企業のデータセンターに占領されそうなのである。


第383回例会(令和2年9月21日)報告

2020年09月23日 | 例会報告

こぶし会第383回例会について
  第383回例会は、インターネットにより開催された。
  2020年9月8日(火)に、講演者の予稿をメールの添付ファイルとして会員全員に送付し、討論に供し、その結果のレジュメを9月17日(木)に作成し、会員の閲覧に供するという形で行った。
  第384回例会についても、10月に同様の形式で実施予定です。
  コロナ禍がおさまり、会場が使用できるようになったらいつもの形式に戻します。

   話題1     パソコンと出会ってから40年      斎藤雄一

今回の報告は、パソコンとの付き合い40年の中で、個人的な趣味に属する部分において、自分で作ったプログラムでパソコンを動かす試みをやってきた経緯についてである。
私は、1980年3月31日、電電公社を退職し、当時大手町にあった電気通信科学館の運営を業務としていた、電気通信科学財団に再就職した。ちょうどこの時、当時世に出たばかりのパソコンをテーマとした「マイコン特別展」が開催されていた。当時まだ珍しかったマイコンをテーマとした特別展、ということで大変評判になり、NHKが長時間の特別番組を組んで放送した。
私もそれ以前からコンピュータに関心はあったが、当時コンピュータといえばIBMに代表される大型コンピュータの全盛時代で、これにタッチできるのはごく限られた人々であった。科学館に再就職した私は、世に出たばかりのパソコンにタッチできる機会を得て早速初心者用のプログラム言語 BASICを教えてもらい簡単なプログラム作成を試みた。三角関数のサイン、コサインの計算をやらせるという単純なプログラムで、計算をスタートさせると、一瞬のうちに角度とそれに対応するサイン、コサインの値がモニター上に表現される。これが出発点であったが、私の主な関心は、コンピュータで計算した結果を図形で表す、特に電気通信に関係ある物理現象を「動く画像」としてモニター上に表現することにあった。しかし、当時のパソコンをBASICで働かせても処理速度の遅さからダイナミックな画像を表現することは難しかった。そのため、「動く画像」をあきらめ、マイクロソフト系のパソコンからMacintoshに乗り換えたりしていたが、windows時代になり、パソコンの処理速度が向上するとともに、画像処理機能に優れたVisual Basicの登場もあって再びマイクロソフト系のパソコンに戻った。現在もこれを使用していくつかの「動く画像」のプログラムを自作して、老後の楽しみの一つとしている。
初心者向けに開発されたBASICは1998年に発売された、Visual Basic Versin6が最後で現在では実用的なプログラム言語としての役割を終えているが、個人的な趣味の範囲ではwindows 10の上で動かすことができる。


  話題2    ユダヤ人の歴史           稲村隆弘
レイモンド・P・シェインドリン「ユダヤ人の歴史」河出文庫2012.08.20.初版発行の概略
 BC1320年頃、モーゼに率いられたユダヤ人がエジプトを脱出してカナンの地(現在イスラエルがあるところ)に定住し、BC587年にバビロニア王ネブカドネザルに滅ぼされバビロン捕囚が始まった(第1章)。BC539年にペルシャ王キュロスがバビロニア帝国を征服して、ユダヤ人を解放したが、ペルシャ帝国のユダヤ属州となった故郷に戻ろうとするものは殆どおらず、中東全土やローマ、スペインなど欧州西部に広がった。これを撒き散らされた者を意味するヘブライ語のディアスポラを用いてディアスポラ社会と言った。ローマ人は彼らをユダヤ人と識別した(第2章)。以下、
第3章 ローマ帝国下のパレスチナとササン朝ペルシャのバビロニア(紀元70-632の562年間)
第4章 イスラム社会におけるユダヤ人 イスラムの勃興と中世の終わりまで(632-1500の868年間)
第5章 中世基督教欧州社会におけるユダヤ人(9-15世紀の700年間)
第6章 オスマン帝国と中東におけるユダヤ人(1453-1948年の495年間)
第7章 西欧のユダヤ人(16-19世紀の400年間)
第8章 東欧と米国のユダヤ人(1770-1940年の170年間
第9章 ホロコースト(1938-1945年の8年間)
第10章 シオニズムとイスラエル建国(1897-1948年の51年間)
第11章 1948年以後のユダヤ人
に分けて、世界各地のユダヤ人社会の状況を記述している。1948年以前は、どの権力者に対しても、その勃興期にはユダヤ人の才能が気に入られ重用されるが、衰退期に入ると迫害の対象にされるという傾向があり、特にナチスによるホロコーストは酷いものだったのでイスラエルの建国が実現したが、それで問題は全て解決したとは言えないようである。
 討論では会員各自のユダヤ人との付き合いが紹介されたが、「ユダヤ人が優秀なのはDNAか努力か?」という問題で、ユダヤ人自身の答えは努力だ、という話が紹介され、大変印象に残った。