日比谷同友会 書道愛好会

日比谷同友会 サークル活動

こんなところでも書道が役に立つ!!

2017年06月23日 | トピックス

書道愛好会のメンバ 荻野さんが 母校であるF高等学校同窓会T支部で記念タオルを作るにあたってのデザインとして、”福高魂” という字の揮毫を依頼され、このほど、出来上がりましたので紹介させていただきます。                                 

2017年6月


この記事をはてなブックマークに追加

第186回(平成29年6月15日)

2017年06月23日 | 例会報告

◇先生の講話

1.筆の洗い方

筆の洗い方が、なで洗いだと筆の付け根の奥に墨がたまって固まり それが原因で割れる。根元が玉葱状に膨らんでいる筆は要注意。

使ったら毎回筆毛の根元のサイトをつまむようにして、墨が出なくなるまでもみ洗いする。風通しの良いところで吊るし干しすること。

2.墨

・油煙墨と松煙墨(青墨)。 硯で墨をするのは八の字で。

・墨液 開明(先生は展覧会等で使用)、呉竹ほか

3.「月」「舟」「成」「戚」

止め、払いについて解説があった

「月」の左縦線はハネで筆を回さない。「舟」は筆を回す。

「成」の縦線は払うと、右を強調。止めると左を強調。戚も同

(出席者11人 榎記 )


この記事をはてなブックマークに追加

第185回(平成29年6月1日)

2017年06月23日 | 例会報告

◇先生の講話

     

1.結構を覚える

筆字と印刷字(真四角)は異なる
      

2.己 と 色 の書き方
 

・「己」 の縦線は真下へ
     

・「色」 の縦線は大きく左へ回す
    

3.月例作品締め切り

先生宅に23日に必着。郵送期間を考慮して送ること。

(出席者12名 榎記)


この記事をはてなブックマークに追加

書道愛好会のご紹介

2017年05月28日 | 書道愛好会のご紹介

(平成29年5月28日更新)

・発足年月日 平成17年2月17日
・会 員 数 15名
・例 会 日 毎月第1、第3木曜日13:00~15:30
・例会場所 NTT日比谷ビルB4教養室
・役   員 会 長 榎 彦左エ門
副会長 香村 求
幹 事 香村 求(兼)、冨田 邦明 監 査 小野 伸治
相談役 谷田貝 清
・指導者(講師) 小林 碧雲(公彦)先生
  ・NTT OB
  ・読売書法会幹事、謙慎書道会常任理事
  ・鉄門社(書道会)常任理事
・参 加 費 入会費 1,000円
年会費 24,000円(準三段以下の場合)
(「書聖」誌年間購読料9,000円を含む)

<活動内容>

当会は書道愛好者の集いとして平成17年2月に発足したサ-クルです。毎月第1木曜日と第3木曜日に、NTT日比谷ビル地下4階の教養室において例会を開いています。和気あいあいで楽しんでいます。
書を趣味としてマイペースで楽しく学びたい方にも、また本格的に究めて書道展等に出品を目指そうとする方のいずれにも応えられることを目的として取り組んでいます。書が初めての方も、既に腕に覚えのある方も、気軽にお声をかけてください。見学も大歓迎です。
毎月の練習の流れは次のとおり、例会日の直接指導と通信添削の二本立てです。
毎月の「書聖」誌課題作品について、各自のレベルに応じた小林先生自筆の、運筆コメント入り朱書きお手本を月初めに自宅に郵送 ⇒ お手本をもとに自宅で練習 ⇒ 例会日に持参し、先生から直接指導 ⇒ 自宅で再練習、清書し先生宅へ郵送(通信添削) ⇒ 先生が朱書きで添削、各会員宅へ返送 ⇒ 添削を受けた部分を中心に再清書し、課題作品の本提出として先生宅へ郵送 ⇒ 先生から「書聖」誌へ提出、「書聖」誌上に段級位別順位等が掲載される。
このように、先生と生徒の1対1の指導であり、各自の進捗度に合わせた指導が取り入れられています。 したがって、入会はいつでも可能です。
このほか同友会事務局及びNTTコミュニケーションズ(株)様のご支援を得て、毎年作品展を開催しています。場所はNTT日比谷ビル地下1階(食堂前付近)。愛好会会員が日頃の研鑚の成果を出すべく取り組んだ力作、それに準会員(同友会員)の作品、更には指導講師小林碧雲先生の特別出品作品を展示し、多くの日比谷同友会会員や愛好会会員の知人友人、小林先生が主宰する他書道教室の門下生、そして勿論同ビルに勤務する現役社員等に鑑賞して頂いています。

お問い合わせ先:副会長 香村 求
メールアドレス koumuram@system-swat.co.jp


この記事をはてなブックマークに追加

第184回(平成29年5月18日)

2017年05月26日 | 例会報告

◇先生の講話

1.書道用具 筆

・筆には剛毛、羊毛、兼毛がある。それぞれの特徴は次のとおり。

・それぞれに特徴があり、使い分けるのがよい。毛の長さで4号筆、3号筆の2種類程度揃えておくとよい。

・筆を買ってきて最初に使うときは使う前に水洗いして、筆の穂を固めているノリを落とすこと

・使い終わったら水で洗っておく。穂を筆軸の太さまで絞って乾かす。

2.楷書文字の基本(目、中)

前回の「口」と同様の筆遣いをする文字「目」、「中」について実技指導を含め書き方の説明・指導があった。

(出席者 9名 荻野 記)


この記事をはてなブックマークに追加