日比谷同友会 書道愛好会

日比谷同友会 サークル活動

第182回(平成29年4月20日)

2017年04月25日 | 例会報告

◇先生の講話

第3木曜例会では書の基本を系統的に説明していく。ということでその第1回として筆の持ち方、字画の基本形(左払い、右払い)について説明と実技指導があった。

1.筆の持ち方

・日本では座卓に向かい座って書くのが基本(現在では椅子に座って書くことも多いが)。一方中国は卓が高く、立って書くのが基本。

・紙は身体の中心線上に置くのではない。右肩の位置から書卓に向けて直角に延長した線上に書く文字の中心が来るように紙を置くのがよい。

・筆は軸の中心より下を持つ。親指と人差し指の第1関節のところ(つまり指紋のあるところ)で筆をつまむように持つ。ほかの指は筆がぐらぐらしない程度に筆の軸に添える。

・「筆を回す」と「腕を回す」の違いをよく理解し、両方ともできるようになること。「筆を回す」とは筆の軸を回転させること。 隷書の横画や縦画の起筆部 などは筆を回して書く。「つ」など大きな円弧は腕を回して書く。

2.字画の基本(左払い、右払い)

・お手本「之文」に基づき左払い、右払いの実技指導が行われた。

・因みに「之」の第1画~第3画はすべて点である。第4画のみが線。

(出席者 12名 荻野 記)


この記事をはてなブックマークに追加

第181回(平成29年4月6日)

2017年04月25日 | 例会報告

新年度最初の例会日で、平成28年度会計報告、平成29年度予算計画などの審議議決を行った。また役員の交代により新たに榎さんに会長をお願いするほか、香村さん、冨田さん、小野さん、谷田貝さん(相談役継続)に各役員をお願いすることとした。

◇先生の講話

新年度からあらためて次の予定で講話を進めていくこととする。

○第3木曜例会:以下のテーマについて系統的に順次説明していく。

1.書道用具

2.文字の書き方、書き順

3.書の基礎(楷書、行書、草書)

4.実用書道、教育漢字、書写

5.その他習字→書道への道

○第1木曜例会:その時々のトピックを中心に、それにまつわる必要な知識や技法、心掛けておきたい事項などを説明する。

1.検定

2.作品展(5月~9月)

3.条幅、隷書、臨書などについての留意事項

今日は第1木曜例会なので、今期検定試験の課題「間中至楽」の楷行草それぞれの書き方について説明があった。また隷書の起筆時に筆を回すこと(筆を持った手を回すのでなく、指で筆の軸を回すこと)について実技を通じて説明があった。

(出席者 11名 荻野 記)


この記事をはてなブックマークに追加

第180回(平成29年3月16日)

2017年03月22日 | 例会報告

◇先生の講話

○永字八法以外の線

(出席者 11名 荻野 記)


この記事をはてなブックマークに追加

第179回(平成29年3月2日)

2017年03月22日 | 例会報告

◇先生の講話

1.点(左下へ向かう点)
前回述べたように、楷書では点が一番難しい。特に左下へ向かう点が難しい。

①筆が紙に触れたら、筆を止めないでそのまま左下へ直線的に動かしながら強く押し込む。起筆で止めてはダメ。曲げてもダメ。

②終点まで行ったら筆跡がバサバサにならないよう端を整える(後処理)。
注:ウ冠、ワ冠の第1画目は点でなく線であり、同じ太さで筆が移動する走筆部分がある。

2.隷書の起筆

・横画は図のように3通りの起筆方法がある。このうち1、2は直線の場合、3は波磔のように弯曲する横画の場合に使う。

・縦画は図のように左縦画、右縦画がある。左縦画は筆を左に半回転、右縦画は右に半回転させる。

3.条幅作品の作り方
例として、書聖誌の月例課題のように、20文字・2行の作品を作る場合について説明する。

・ステップ1:20文字の一字一字について、隷・楷・行・草書での字形を字典で調べ表に書き出す。例えば楷書なら九成宮醴泉銘の字形、雁塔聖教序の字形など二つの字形を書き出すこと。

・ステップ2:条幅を模した短冊紙に、上で調べた2種の字形で20文字を2種類書いてみる。そしてその2種類の中から今回書いてみる字形案を選ぶ。

・ステップ3:選んだ字形案で実際に条幅に書いてみる。

・ステップ4:翌日見直す。行・草のとき、画数の少ない字は行書で、画数の多い字は草書にする、とか2行の文字並びを見て左右での文字のぶつかりをずらす、など。
見直した結果で書き直した浄書2~3枚を先生に見て貰い、添削指導を受ける。 このやりとりを3~4回繰り返して完成品に仕上げていく。
繰り返すことで、字典の真似でなく、先生の物真似でもない自分の字をものにして行くことになる。

◇実技指導については、通例通り各自の持ってきた作品に対し、時間をかけて懇切丁寧な添削指導が行われた。以後特記事項がない限り記載を省略する。

(出席者 13名 荻野 記)


この記事をはてなブックマークに追加

第178回(平成29年2月16日)

2017年03月05日 | 例会報告

◇先生の講話

1.点の基本

楷書では点が一番難しい。

・基本:45度の角度で入筆し筆をぎゅっと沈める。

・四点(烈火):1画目は筆を入れたら筆を止めずにそのまま左下へ運ぶ。2、3画目は上の基本通りの点。4画目は収筆時に底がバサバサにならないようにすること。

・烈火は元は「火」字であり最初の頃は右図のような書き順で書いていた。

2.「無」字の書き方

・筆字(左側)の場合と教育漢字(右側)とで書き順が違う。

筆字の場合、三つ目の横棒は4画目。

教育漢字の場合は二つ目の横棒を書いた後縦棒四つを書き最後に三つ目の横棒を書く。

・草書右図左のように中心線から右側に偏った字形になる。これをバランスよく整えた右図右のような字形もある。

◇実技指導

各自の持ってきた作品に対し、時間をかけて懇切丁寧な添削指導が行われた。

(出席者 12名 荻野 記)


この記事をはてなブックマークに追加