ハナコマルまる二重丸

ハナコの亡後、兄ちゃんの甲状腺機能亢進症と新入りココの事&競馬の事。

傷の治しかた。(ペットロスを私なりに考える・・・)

2018-07-05 18:49:40 | 
今年も、もうじきお盆の季節です。

今朝、ハナコにいつものようにお水をあげて、もうじきお盆だから今年も馬つくるからね。
と、ハナコに話しかけました。


今でも思い出すと、胸がすっごくぎゅーっとなって泣けてくるんだけど。
ハナコが死んだ時に、写真撮ったの。
他人に見せた事はないけど、私には命が無いと分かっていても可愛い子だった。
(死体でも、こんなに可愛いって・・・変だけど、今も真剣にそう思う。)

私も、ハナコを看取る事ができたことを今でも幸せに思っているし、ハナコもきっと幸せだったろうと思います。


そして、なんか「シュン」となっている私を見て、ココや兄ちゃん、最近やっと少し触れるチャーちゃん、みんなが元気をくれます。


私は、ペットロスはズバリ!他の子を飼い始める事で乗り越えてきました。



最初の子の時は、2月ほど軽いノイローゼみたいになり。

たまたま、近くの公園に居た子猫を見に行き。
半ば誘拐みたいに連れ去ってしまい・・・・・

それが、現在の兄ちゃんです。
(最初は、2日ほどで親元に返す予定でしたが・・・もう、人間の匂いがついてるので無理だろうと・・・)

ほんと、発作のように気がついたら子猫をカバンに入れて走って帰った記憶があります。

今思えば、ひどい話ですよね。


でも、兄ちゃんにどれだけ救われたか。

そして、ハナコの替わりにココにも。


もし、このブログを見てペットロスで参ってる人がいたら。

決して、亡くなった子への裏切りじゃないので、替わりに新しい命を救ってあげるつもりで新しい家族を迎えてあげてください。

悲しみが無くなる訳じゃないけど、新しく癒してくれる子が出来るのは、本当に心の闇に光が差しますよ。



まぁ、お盆も近いって事で、余計なおせっかいです。
コメント

大切な思い出になっちゃった(涙)

2018-06-02 20:10:03 | 
本音を言えば、安田記念なんてどうでもいいです。

とてもショックな事が・・・・

ロードネプチューンが、登録抹消になってしまいました。
(屈腱炎になってしまいました。)

2017.12.24 勝った時のやつ。



初めての一口馬主で、初めて勝利をプレゼントしてくれた馬でした。
いつかは、引退ってわかっているし、馬は経済動物って理論もわかってる。

だけど、初めて父ちゃんにこの子を押しに推して決めた子だから。
思い入れもあるんだよね。

しかも、しかもレイローのレースは心配していた通りになってしまいました。
(だから、最初から長いと思ってたし、砂使うならもうちょっと工夫してほしい。)

そんなこんな。

ダービーは、ワグは買ってないし、コズミックフォースを推したのに・・・
複勝買い忘れたし・・・・


もう、やさぐれてます。


安田記念は、ペルシアンナイト、アエロリット、リスグラシュー、レーヌミノル、リアルスティール、レッドファルクス。

買い方は、まだ未定です。
(牝馬3頭は絶対買いたい。)

あと、お決まりのキャンベルジュニアの複勝。(単も買うかもw)

リス本命でもいいかしらとか・・・
なんか、やさぐれてるから決められないっす。

ごめんなさい。

コメント

ココに会えて良かった(キョンキョンの唄みたい)

2018-05-26 22:07:08 | 
仲良し?でも、ココが嬉しそう。



本日は、兄ちゃんの病院(検査の日)

やっぱり、肝臓のGPTが高い。
また元のお薬に戻した。

まぁ、気持ち悪いのが続くより、薬に頼る方がいいんだろう。
人間の年齢でいえば、80歳くらいだもんね。
長生きしてほしい。(ハナコの分までね)


思えば、ハナコが亡くなって寂しくて、里親サイトを見てて・・・
ココちゃんを見つけた。

ココちゃんを貰うためには、拾われた時にすごく風邪をひいてて、
目の炎症もあって治療費がかかっていて、それを立て替えて払うと言う条件だった。

そのため、閲覧数はあったけど・・・
申し込みや、交渉の記録は無かった。

ハナコに似ていない三毛なのに。

なぜかとても惹かれて、父ちゃんに相談した。
(父ちゃんは、あまり乗り気じゃなかったけど・・・)

でもね、実際に引き取って、お試し期間だったけど、その時で父ちゃんも気に入ったみたい。

最近は、帰ってきてご飯の後とかに、ココと遊んでる父ちゃんは楽しそうだ。
ココを大事そうに抱えて、頬ずりしているのを見ると、良かったなぁって思う。

ココに会えて良かった。


今でも、ハナコの月命日なると思い出して涙が出てくるけど・・・
横で、ハナコにお供えしたお水をココが飲んでしまうとかw
ハナコも、「あらあら、大変ねぇ」ってほほえましく見てる気がするんだよね。

みんなが癒されている事は間違いない。


もし、大事な大事なパートナーのニャンコを亡くしてしまった方は、
もう一度、新たな出会いを考えて見るのも良いと思う。

きっと、悲しんでばかりでは亡くなった子が癒されないから。

簡単な事じゃないけど、一歩踏み出してみてください。
コメント

見事なハズレっぷり

2018-05-22 16:14:15 | 
あれれ?
おかしいな??またハズレ?




まぁ、最近の外れっぷりは見事ですわ。自分。


今週はもう、決まってる。
ダノンから行く。

さて、カナロア産駒が勝ったのに・・・
父ちゃんは、ルーラーシップがいいみたい。ww
(リリーノーブルの成長力にやられたっぽい。)

どうなるやら、まだまだ揉めそうです。


っていうか、今テレビでは20歳の青年が真摯に自分と向き合って会見していますね。

なんだかねぇ。

確かに、一昔前にはそんなこと沢山あった。
野球だって、プロでもコーチが「ちょっとぶつけてしまえ」みたいな事を平気で指示したり・・・・

だけどね、もうそんな時代錯誤な事をやっていると日本のスポーツの未来は無いんじゃないかと思う。
ってか、普通のスポーツマンはわかっていて、転換期に入っていると思う。

どっかの財務大臣といい、この大学の監督(常任理事もやってるってねぇ)といい、この年代のオヤジはどうしょうもないのが多い。
素直にごめんなさいと言えない。
悪いことだと認識はしてるんじゃないのかね?

それとも、その認識すら持てないとか?(なんで自分が頭下げなきゃいけないのか??と思ってる?)

自分の価値観を、変えられないのは、もはやボケ以外の何物でもない気がする。(ある意味アルツハイマーだよね)


大学って、青年を育てるとこじゃないのかね?つぶすとこちゃうよね。

日本大学は、体質以前に日本を名乗らないで欲しい。
日本のスポーツマンシップは、こんなものかと思われたら恥ずかしいじゃない。

どっかの大臣は辞めて、どっかの監督も理事辞めて、日本大学は大学として人気が落ちるでしょう。

マスコミは、そのへんが落としどころだろうけど・・・

どちらにしても、青年二人を傷つけてしまった代償は、出来損ないのオヤジ達が責任取ったくらいじゃ済まない気がする。
コメント

お兄ちゃんの薬(2)

2018-04-05 13:29:47 | 
前に、兄ちゃんの薬の話を書いたけど。

兄ちゃんは、先月末からやっとステロイドのお薬が無くなった。
肝臓の薬(1日1錠)と甲状腺の薬(2日で1錠朝晩)だけになった。

甲状腺の数値(T4)も3.8と少し高めだが、食事療法と同時に行っているから安定してる。

薬が無くなった最初の頃、結構ゲロゲロ状態だったからどうしようかと思ったけど・・・
BCAA(ペット用)を朝晩みんなのご飯に混ぜるようになったら、気持ちわるいのも無くなったみたい。


父ちゃんと母ちゃんのお財布の負担も、ほんの少しだけ軽くなった。
(毎月検査してる時は、月に4万近くかかっていた)
本当に、助かる。

もう、いい歳のじいちゃんなので、なんか全てがスローなんだよね。
(ヨッコイショ、ドッコラショ?的な)
でも、それが可愛いんだよね。

もっとも、秋には16歳なので、あとは長生きを願うばかり。

爺さんと女子大生くらいの年齢差の2匹。
ココが、猫になつっこいからいいんだろうな。
(チャコとも仲良しだしな)


この寝顔に癒されるんだよね。
コメント