美杉の小さな庭でおきていること  ~カフェ葉流乃音のつれづれ~

 町ナカ(大阪府堺市)から
 山ナカ(三重県津市美杉町)に移住した店主夫婦が
 日々のアレコレを写真とともに綴ります

8月9月の営業予定

2018年07月31日 | カフェ葉流乃音からお知らせ
8月と9月の営業予定です。

勝手ながら、8月30日(木)は
臨時休業させていただくことになりました。

“夏休み” ならぬ “孫休み” です。

よろしくお願いいたします。

              はるのん1号

コメント (10)

美杉周遊♪ちょこっと旅気分♪♪

2018年07月28日 | 美杉とその周辺のイイトコ
“台風が三重県に上陸するぞ~”という天気予報が届く中
2年前に復旧した、名松線の車窓の風景を
お届けします。



現在の名松線の終着駅、伊勢奥津駅です。
カフェ葉流乃音からは徒歩7分ほどの、最寄駅なのです。



この車両、“軽快気動車”といって
“キハ25形”は、いまや4両が残るのみ。
JR東海では、名松線だけで運行されている
貴重な車両なのだそうです。



終着駅なので、ここから先は線路がありません。
名張まで走らせる予定だったのが
現在の近鉄大阪線ができたことによって
計画は中止となりました。



ボックスシートに座ると
タイムスリップしたような気分とともに
ちょっとした旅気分!
始動時のエンジン音が響きます。



伊勢湾に流れ出る雲出川を
右に見たり、左に見たり・・・



鉄橋や踏切を渡って、道路を
右に見たり、左に見たり・・・



雲出川沿いの渓谷美を楽しめます♡
広々とした水田や、茶畑の風景も望めますよ~



あっ!トンネルだ!!



トンネルの先には、どんな風景が
待っているのかな~(^O^)/







・・・というわけで
“ちょこっと旅気分”を味わっていただこうと
ご案内させていただいています。

変化にとんだ良い景色が望める、伊勢奥津駅⇔家城駅間を
折り返して乗っていただく
約1時間半の小旅行。
費用も、往復で640円です。
お車は、伊勢奥津駅前に無料で駐車できます(何時間でも!)。

乗っていただいた日に
「名松線で来たよ~」と云っていただくと
お楽しみもありますよ~♡
それはまた次回に、引き続きご案内しますね(^^)v

台風、豪雨、暴風・・・
万全の備えで
何事もなく通り過ぎてくれるのを
祈りましょう!!

                  はるのん2号
コメント (9)

美味しいもんを食べに・・・

2018年07月19日 | 好きなコト・好きなトコロ


毎日、暑い日が続きます。
美杉の夏も3年目を迎えますが
やっぱり今年が一番暑いです!
でも夜になると、吹いてくる風がひんやりとしてきて
窓を閉めて寝ないと、風邪をひくかも~
・・・なんて、町のヒトに云ったら怒られますね(^_^;)

6月の末に、かねてから訪ねたかった
伊勢志摩にある“鮨ふみ”さんへ。
東京から移住して来られた“十瑠窯”のご夫婦と一緒に
行ってきました~(^^)v



昨年の秋
美杉に来られた“鮨ふみ”さんご夫婦が
たまたま“葉流乃音”と“十瑠窯”に立ち寄ってくださいました。
しきりに「いいトコロだ~」「癒された~」
と云ってくださっていたかと思うと、数日後には
なんと!クール便で海の幸が届けられ・・・ビックリ!!
「え~っ!何にもしてないのに?!」と驚きつつ
「ぜひ一度食べに行こう!」と誓い合っていたのでした?!



“鮨ふみ”さんの目の前は、群青の海!
もちろん地元で獲れたものにこだわっておられます。
この日出していただいた
モズクやイカの、新鮮で美味しいこと!
お刺身の盛り合わせには、鮮度が第一のサワラのお刺身も!
生まれて初めていただきました~(^^)v
カツオのタタキに天ぷら・・・
いろいろなお料理を楽しませていただいて
最後はお寿司!



次男さんが一緒にお店を切り盛りしておられ
握ってくださったお寿司の繊細なこと!
デザートのキャラメルプリンも作られたとか。
気さくな親子3人のおもてなしで
楽しいひとときを過ごさせていただきました~
鮨ふみさん、また行きま~す(^O^)/



 <鮨ふみ>
 三重県志摩市浜島町浜島2801
  ☎0599-53-1678


           *****


ところで関西の夏の魚料理といえば・・・鱧(ハモ)。
京都の祇園祭、大阪の天神祭には欠かせない食材で
淡路島や泉州では、夏に玉ねぎたっぷりのハモ鍋(!)を
食べるんですって。

といっても、ちゃんと味わったことがあるわけでもなく・・・(^_^;)
先日大阪に出たので、食べに行ってみました~

いろいろな味を楽しんでみたいので、コースを。
注文を聞いてから、生け簀の鱧をさばき
骨切りをされるそうです。

突出しは「鱧の卵と野菜の炊いたん」です。



「おからの炊いたん」の“鱧の卵”版?!
贅沢~!!なのに、お出汁がきいていて
どこか懐かしさも感じるお味!

次は「鱧の落とし」です。



梅肉をつけていただきます。
酸味がまろやかで、茗荷のスライスとともに
さっぱりといただけます。

次は「焼き鱧」です。



鱧の表面を8割方、火で炙ってあり
中の方は生だそうです。
軽く塩を振ってあり、スダチを絞っていただきます。
香ばしくて、また違った味わいです。

いよいよお待ちかね、ハモ鍋です!



素焼きにした鱧の骨からも、出汁が出るのですね。
先に玉ねぎだけを入れて、鱧をいただきます。



鱧を入れると、15秒~20秒くらいで
身がふっくらと、花が咲いたようになります(^^)v



お好みで、しょうがのすりおろしをお出汁に溶いていただきます。
ふっくらした身が、口の中でホロホロとくずれます。
鱧と玉ねぎのうまみが溶け込んだお出汁も
美味しくて、いくらでもいただけそうです(^^)v
味のしみ出たところへ、他のお野菜と豆腐も入れて
一緒に頂きます。

〆はご飯かうどんを選べるのですが、ご飯に。
いったん厨房に鍋を下げていかれました。
再び戻ってきた鍋の中には
出汁に浮かんだ卵とじが・・・



出汁とともに卵とじをすくい
ご飯の上にかけます!



ごちそうさま!
大阪の味を堪能させていただきました~(^^)v
離れてわかる、大阪の良さでもあります。
柔和な笑顔の料理人のご主人と
テキパキ切り盛りされる奥さまに
「おおきに~」と見送られて、お店を後にしました。

お店から近鉄・鶴橋駅までは、徒歩5分。
鶴橋駅から名張駅まで、近鉄特急で約1時間。
名張から美杉町奥津まで、車で約40分の道のりです(^^)v

                     はるのん2号



 <やなぎ>
 天王寺区舟橋町11-4
 ☎06-6761-6061

コメント (15)

第5回 二胡の夕べ

2018年07月14日 | カフェ葉流乃音のこと


梅雨も明け、いきなり猛暑に突入です・・・
そんな中、葉流乃音では「二胡の夕べ」を開きました。
お店にはクーラーがないので、夏は夜7時の開演です。
常連さんやご近所さん、22名もの方々が
集まってくださいました~(^^)v

私たちだけでは、とっても手が回らないので
同じく東京から移住してこられた“十瑠窯(とおるがま)”のご夫婦が
いつもお手伝いくださってます。
ありがとうございまぁす(^o^)y

奏者は“二胡ユニット ぶち”という名前で活動されている
素敵なおふたりです♡♡



夏の夜を楽しんでいただきたく
恒例のキャンドルナイト。



薄暮の空を見上げると
うっすらと夕映えが・・・
美杉は山の中なので、日暮れも早く
夕焼けにお目にかかることがないので
これは嬉しい~(^^)v



ぶちさんとの出会いも、美杉つながり。
四日市にお住いのおふたりは
美杉の民宿によく泊まりに来ておられ
そのオーナーが「葉流乃音でライブをしたら?!」と
連れてきてくださったのです。



ぶちさんもうちを大変気に入ってくださって
「季節ごとに演奏会を開いて、100回はやりたい!」
と宣言(?)されたので、お客さまともども
「がんばって元気に長生きせねば・・・」と
誓い、励ましあっています(^_^;)



夜も更け・・・
涼しい川風が、お店の中にまで流れ込んできてくれました。

“七夕さま”からはじまったコンサートも
季節の歌から“糸”“イエスタデイ”“ローズ”など
心にしみる旋律の数々まで・・・
皆さん、熱心に聴き入ってくださっていました(*^0^*)



次回は10月19日(金)4時半の開演予定です。
また、ブログでもお知らせしますね♡

     *****

お話変わって、引き続き栗の実の成長日記です!
この暑さの中でも、雨や太陽の光を吸収して
元気に育ってます(というか、大きく美味しくなぁれ~)!



ブログを始めて、不思議なご縁で知り合えた
なおさん(なんと美杉のご出身!)とguuchanさんから
絵手紙をいただきました~♡♡
とっても素敵です!!

おかげさまで、この夏も元気に過ごせそうです(^^)v
お客さまにも、パワーをおすそ分けさせていただきますね~
ありがとうございました~(^O^)/
                    はるのん2号

コメント (9)

雨の日の楽しみ ~その2~

2018年07月06日 | 美杉とその周辺のイイトコ


雨の日が続きます。
局地的に大雨が降り続いて
地盤が緩んだり、川が氾濫したり・・・

美杉を走る、JR名松線も
2009年10月の台風による被災で
6年半もの間、伊勢奥津駅~家城駅の間が
不通となっていました。

その家城駅近く、白山町二俣という集落に
棚田を利用した蓮畑(?)があります。



4つの休耕田に、上からピンク・クリーム・ピンク・白・・・
蓮の花が、鹿に食べられないように(?・・・らしいです)
電柵で周りを囲んで、管理・手入れをされています。
ちゃんと、駐車場とトイレも用意されています。



畦道を歩いて行くと
あちこちで“ボチャン”“ボチャン”という音が・・・



逃げ遅れた(?)カエルが、困った顔つきで
つぼみの上でじっとしています・・・



葉っぱの上に溜まった雨水が
湛えきれずに “ジョボジョボジョボ~”と
こぼれ落ちます。

ブログを始めてから
いろんな方のブログにもお邪魔するようになりました。
絵手紙で、水玉を素敵に描かれているのを見て
カメラで挑戦!







大きな蓮の葉っぱの上を
コロコロとすべる水滴・・・
時を忘れてしまいます (^_^;)



蓮の花には、なぜか幽玄な雰囲気がありますね~
楚々としたピンク色の花に、惹かれてしまいます。
水滴をまとって、美しいです♡



そぼ降る雨の中
足取りも軽く
畦道を歩いて、帰りました~ (^^)v

                  はるのん2号
コメント (14)