東京星人のたわごと

千葉都民を卒業した自堕落なオイラの日々をつらつらと・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第11回 ハイテクタウン駅伝に行ってきた件

2015-06-07 20:42:03 | 鍛える
会社の方に誘われて久しぶりの駅電参加。
会場の最寄駅となる西台駅へは都内とはいえ片道1時間以上。
いやぁ遠いの何の。
駅から更に徒歩15分で会場となる陸上競技場到着。

レースは、競技場スタート→第1折り返し→競技場通過
→第2折り返し→競技場ゴール という変なレースコース。
区間はトップバッターの1区。
スタートは混雑するし、他の方に釣られて
突っ込み加減になるのでペースが創り難いところ。

駅伝となると他の方にも迷惑がかかるので
すっごく久しぶりに中距離を必死で練習。
普段走ってる距離からすれば
たったともいえる5Kmのタイムを短縮するために
ここんとこはカナリ必死。

練習の成果が良くない方向で出た感じで
入りの1Km、4'15"予定が3'53"で通過。
やってもうたー的な。ただ、意外とツラくはない。

一旦ペースダウンやとばかりに
息の上がらない程度で歩を進めて2Km通過、
7'40"。どうしようもない自滅パターン。
ピッチだけを気にしつつ、レースを進める。

3Km通過が11'35"で、残りペース落ち込んで4'30"/Kmかかっても
20分半となって、ようやく気持ち的に楽になる。
4Km通過は15'29"で残り5分かかっても20分半、
どうにか最後まで持つかも~と思いつつ、一方で脚はきつくなる。
体感も熱さを感じつつ残り1Km必死に走って、
5Kmを19'20"で通過し、その先のリレーゾーンで
2区のランナーにたすきを無事繋ぐ。

会社内チーム対抗戦は、遅い他人にも不利がないように
申告タイムとの差を競うようになっていたところ、
オイラの申告は20'50"で実に1分半の過大申告となり、
チーム全体でも5分近いズレとなって、そっちの順位は全く振るわず。

なんだけど個人的には、実に11年ぶりとなる
5Kmの自己ベストであったことが家戻ってから判明。
あまりに前のことで自己ベストも覚えてなかったと。
この調子で練習して、他の距離も自己ベストでると嬉しいかも。
コメント   この記事についてブログを書く
« 4月25日(土)のつぶやき | トップ | 6月7日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鍛える」カテゴリの最新記事