kosunki

韓国と日本について

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

瞋恚5

2010年11月09日 | 仏教
「打つ人も 打たれる人も もろともに

         ただ一時の  夢の戯れ」


室町時代の僧侶、夢想国師の歌です。

こんなエピソードが残っています。


ーーーーーーーーーーーー

夢想国師が弟子を連れて

天龍川にさしかかった時、

渡し舟に乗り込むと間もなく、

酒に酔った一人の武士が

乱暴に乗り込んで

船中で狼藉をはたらいた。

乗客はみな迷惑したが、

こわいので黙っていた。



国師は

「どうか、もう少しお静かに願います。」

とやさしくたのまれると


「何をこの坊主、わしに説教するつもりか」

といきなり鉄扇で国師の眉間を打ちすえた。


師匠の額からタラタラとほとばしる

鮮血を見た待僧の面々、

この人たちは今こそ出家の姿をしているが、

元は北面の武士、腕に覚えのある人々ばかり。



「おのれ、天に向かって成敗する」

と息巻くそれらの弟子達を見て国師は


「お前たちは口先ばかりの忍辱であってはならぬ。

 これくらいのことで怒るようでは

 仏道修行はつとまらぬぞ。」

と順々に戒められ



「打つ人も打たれる人ももろともに

   ただ一時の夢の戯れ」


と詠じた。




くだんの武士はたちまち悔悟の涙を流して

国師の弟子になったと言われる。


ーーーーーーーーーーーー


斬るか斬られるか、殺るか殺られるか

一時の瞋恚の炎に身を任せ、

尊厳な命さえも失う人が

どれほど多いことでしょう。。



国師のような忍耐は

なかなかできるものではないですが、

打つ人も打たれる人も、の歌のごとく、


「あいつ、こんなこと、言った。」

「あの人にこんなこと言われた。」


と心高ぶるときも


「言った人も

 言われた人も もろともに

  ただ一時の夢の戯れ」


と思い出したい。


「ふった人もふられた人も、、」

「儲かった人も損した人も、、」

「受かった人も落ちた人も、、」



常に思い出して、瞋恚の心を


泰然自若と乗り切りたいものです。



コメント   この記事についてブログを書く
« イチロー選手 | トップ | 『和顔愛語』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

仏教」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事